« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

お家でプラネタリウム♪

毎年、娘はサンタさんに手紙でほしいものをお願いしています。
今年お願いしたプレゼントは、おうちでプラネタリウムが見られるシステムでした。

年に一度この寒くなった時期に、近所にあるDe Anza Collegeのプラネタリウムに行くので、家でもプラネタリウムのシステムがほしくなったようです。coldsweats01

Startheater そこで見つけたのが、Star Theater Pro
こちらではわりとよく購入されているシステムのようです。

定価は$169.99ですが、アマゾンでは運よく40ドル弱で売られていました。happy01
(現在は、$98.91に上がってしまっていますが。)

近年のプレゼントは高額だったし、お引越しや家のトラブルで出費も多かったので、これなら安価に。。。とプラネタリウムシステムのプレゼントになりました。coldsweats02

このプラネタリウムは、杯のような形の物に、球体のプラネタリウムのシステム本体を乗せてでき上がり、という簡単な構造です。
そして、プラネタリウムの本体にディスクを入れて、天井や壁に画像を映し出します。
星の画像地球・太陽・月の画像の二枚のディスクが添付されているので、入れ替えて楽しむことができます。
(別売で
星座のディスクなどもあります。)
ディスクの画像は、回転させることもできるので、星が季節によって移り変わるのを楽しめます。

星を見るのに年齢は関係ないですが、いちおう、10才から15才向けの商品です。
扱いが簡単なので、小さい子供でも問題はないと思いますが、プラネタリウムの本体が球体のため、小さい子供はボールのように転がして壊すのではないかという心配がありそう。
coldsweats01

私の理想としては、外で見る本物のプラネタリウムのように、天井や壁全体に星が映し出されてほしかったのですが、写真の上の部分にレンズが付いていて、そこから画像を映し出す構造なので範囲が限られていて、天井や壁全体の壮大な星景色というわけにはいかないのがちょっと残念でした。
(通常、天井に写すか、本体を傾けて壁に写す、ということになると思います。)

ただ、ピントを合わせられるので、天井の高さや壁の距離によって簡単に調節できるのが便利です。
プラネタリウムのシステムによっては、この辺りの調節がかなり厳しいらしいので。

30ドル台で購入できたことを考えると、お得だったかな、という感じがしました。
定価で購入するには、ちょっともったいないかも。

夜、いろいろな星を探したり、ぼーっと星空を眺めながら眠りにつく、というのはストレス解消にもいいかもしれませんね。confident
(タイマー機能がついています。まだ使ったことがないのですが。)
 

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

メリークリスマス!

トラブル続きではありますが、ローストチキンを作り、クリスマスケーキを焼き、クリスマスらしいクリスマスを迎えましたnote

前日は、サンタさんが来ても大丈夫なようにと、リビングの一部分、つまり暖炉とクリスマスツリーの部分だけ、お引越し状態ではないように段ボールや不要品(前の家で使っていて、今は処分予定の物)をどかし、家らしくしました。
happy01

2010christmas
なぜ、こんな暖炉の端っこに靴下がかけられているのかと言うと、娘のサンタさんへの気遣いです。。。
coldsweats02

というのも、暖炉の真ん中に靴下をつり下げておくと、
サンタさんが煙突を通って暖炉から出てきたときに靴下に頭をひっかけ、靴下を吊るしている重い飾りがサンタさんの頭の上に落ちて、サンタさんが脳震盪を起こして倒れていたら困る、と言うのです。

サンタさんって、そんなにドジなのかな。。。?
coldsweats02

ちょっと疑問ではありますが、娘の言葉に従い、暖炉の隅っこに靴下を下げたのでした。
coldsweats01

せっかく、一部分だけでも家らしくなっている部分を作ったので、ツリー前でクリスマスカード用の写真を撮りました。

え、もうクリスマス当日だった!?
wobbly

今年は、クリスマスカード兼年賀状ですね。。。coldsweats01
(ちなみに、アメリカは1月の10日ちかくまでツリーを飾っている家が多いです。)
 

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

くるみ割り人形バレエ鑑賞♪

サンノゼバレエ団のくるみ割り人形を鑑賞してきました。

もともと、引越しの作業が終わっていない この忙しい時期に鑑賞に出かける計画はなかったのですが、娘をプライベートレッスンしたいと言って下さっているサンノゼバレエ団所属の先生とスケジュールの話をしていたときに、

年末は、バレエ団のくるみ割り人形に出演するから忙しいんだ。
 明後日は、メインパートで出演するんだよ。
 夜7時半からの公演なんだ。

と聞いたので、公演時間まで話すということは「来て!」という意味なのだろうと思い、急遽、彼の演技を娘と見に行くことにしました。

Nutcrackerbsj10 早く着いたので、劇場内をフラフラしていると、貴族のような華やかなドレスを着た女性が、娘にアクセサリーをプレゼントしてくれたり、くるみ割り人形と写真を撮ってくれるサービスを受けたり、待ち時間を楽しくさせてくれる演出がありました。happy01

写真は、くるみ割り人形さんとの写真です。
写真を撮ってくれる女性も、くるみ割り人形と行動をともにして劇場内を歩いていました。(写真、ちょっと斜めに傾いているような。。。
coldsweats01

くるみ割り人形のパンフレットをもらって、バレエ団の写真を見てみると、日本人が5人も!
日本人がよく入るバレエ団とは思っていましたが、一度にこれほど所属しているとは。
それで、ロシア人であるはずの先生が、ときどき娘に「サヨナラ」と声をかけていたのね。

サンノゼバレエ団のくるみ割り人形は、演出が普段見慣れているものと違うので、とても楽しかったです。
ここで この音楽を使うのか、という意外なところもあり、ときどき娘と顔を見合わせていました。
それに、バレエ学校と違って、音楽がオーケストラなのも嬉しいですね♪

ネズミ役のバレエ学校の生徒達も、とても一生懸命で、かわいらしく、きちんと練習を積んでいるのがわかりました。happy01

メインパートを踊った先生の演技は、うちのバレエ学校でゲスト出演するよりも熱が入っていたような。。。
やはりプロばかりの舞台だと、ちょっと気分が違うのかも。
実は、この公演の数日前、別場所で踊った公演で脚を痛めていたらしいのですが、それとは気づけない演技をしていました。(プロだものね。)

公演が終わった後は、私のスケジュール上、すぐには劇場を出られなかったので、劇場内で時間を潰していると、ダンサーたちが何人か姿を現しました。

先生と一緒にメインパートを踊った女性も目撃!happy02
アメリカ人としては小柄で かなり華奢。
そして、きれいで可愛い
lovely
お友達から、たくさんのプレゼントpresentをもらっていました。
こんなに近くで見られるなんて嬉しい
note

家に帰ると11時。
年末は、朝早かったり遅かったりと、たくさん予定が詰まっていてハードです。。。
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

お菓子の家作り♪ &ごめんなさい!

学校は、先週で終わり、冬休みsnowに入っています。
最終日には、クラスでCandy House(お菓子の家)作りをしてきました。

Preschool時代は、冬になると何度もCandy Houseを作りました。
そのときは、壁を作るのに、牛乳パックを真ん中に入れて、周りにGraham Cookie(板状のクッキー)をアイシングでつけていきました。
その方法だと、小さくても一人で家が作れるのです。

でも、小学校3年生になった今年のクラスでは、中に芯を入れない家作りをしました。
Graham Cookieをそのままアイシングでつけて、壁にするのです。
みんな、大きくなったのね~
happy01と感心してしまいました。

とはいえ、男の子などは、まだ上手にできず、壁がめちゃめちゃに崩れてしまい、「Candy House(お菓子の家)ではなくて Candy Wreckage(お菓子の瓦礫)になった~bearing」などと騒いでいたそうですが。

先生は、「それはそれでOK!wink」と認めているので、うまくできなかった男の子は「クッキーとお菓子の山積み」をお持ち帰りしたそうです。

娘は、こんな Candy Houseを作って帰ってきました。

Candyhouse2010

そして、お休みに入ると、娘は、お友達から「Gingerbread House Making Party(お菓子の家作りパーティ)」に誘われて行ってきました。

パーティーの前日は、お友達が立派な Gingerbread House Kitを家に届けてくれ、自宅でデコレーションの木を作ってからパーティに参加。

Gingerbreadhouse1jpg

この時期になると、安いものから高価なものまで、あちこちで Gingerbread House Kitが売られています。
これを使うと、簡単にお菓子の家が作れるのです。

みんなに Gingerbread House Kitをプレゼントして、パーティを開いて、と、パロアルトは お金も労力もかけて育児をしている家庭がかなりあります。
(うちは、その恩恵を受けてばかりで申し訳ない!
coldsweats02

娘は喜んでパーティに参加して来ました。
10人くらい集まったパーティでは、なぜか娘以外は全員白人。
白人、アジア人、半々の学校なのに、珍しい人種構成のパーティでした。
やっぱり、こういうパーティが好きなのは白人なのね。
娘も、呼んでいただけて感謝です♪

そして、こんな Gingerbread Houseを作って帰ってきました。

Gingerbreadhouse2jpg


 
今、うちには お菓子の家が大小2つ、並んでいます。

Gingerbreadhouse3jpg


 
ところで、お引越し作業や異臭事件などがあり、クリスマスカード作りがまったくできていません。
リア友の方々、不義理していて、すみません!
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

スケート遠足へ♪

シリコンバレーの小学校に通う娘が、遠足に行って来ました。happy01

3年生全員で行く年末の遠足は、近所のスケート場 Winter Lodge。
この雨季には、屋内スケートリンクも持ったスケート場が安心、ということなのでしょう。

私もドライバー&監視のボランティアとして参加して来ました。
たくさんの子供を乗せられない車なので、ドライバーボランティアとして役に立つのかと心配しましたが、今回は行き先がスケート場とあってか、希望者が少なかったようです。

娘のクラスは、22人の子供達に8人のボランティアでした。
3年生なのに、すごいボランティアの人数!

Winter Lodgeは、前回と違って晴天に恵まれ、屋外スケート場でもスケートを楽しむことができました。

121510winterlodge1

他人に迷惑さえかけなければ、人と違っていても許されるアメリカ。
女の子によっては遠足の間中、ず~っとママの陰に隠れていて、一度も氷の上に立たず、ベンチに座っているだけの子もいましたが、先生も親も、ただ見守っているだけでした。
気楽なアメリカです。
happy01

滑れない子は、ほとんどリンク内のベンチで休んでいました。
できなくてもやりたい!と意思表示する男の子は、先生たちが両側から抱えるように滑ってあげていました。
やっぱり、積極的な子が得ですね~
coldsweats01

121510winterlodge2

最後に、3年生全員で記念撮影。
3クラスしかないので、前の小学校と比べるとだいぶ こじんまりしています。
このくらいの規模だと、全員の顔が早く覚えられて楽ですね。
胸につけた名札から、日本人の子供も発見!
happy01
まだ知り合いにはなれないけれど、日本人もいたのね~と、つい暖かな目で見守ってしまいました。confident
 

| | コメント (0)

2010年12月17日 (金)

家の中が、なぜか臭い!(-_-#)

実は、ここのところ、ものすご~い悩みがありました。

キッチンの一部の壁沿い辺りから、変な臭いがするのです。bearing
嗅いだことのない異臭なので、原因はわからず。。。
とても不思議なのです。

ネットで、『odd smell in my house』を検索してみると、同じように悩んでいる人たちがアメリカでたくさんいることがわかりました。

一般的に、異臭の原因として考えられるのは、

1) カビ

確かに水周りではカビが原因の異臭はありそうですね。
ただ、うちは きれいに改築されている家なので、それはあり得ません。
think

2) 腐った食べ物

これも、絶対にあり得ません。confident
男の一人暮らしならいざしらず。。。といっても、最近、日本では片付けられない女、という不潔な女性の話が流行っている(!?)そうですが。coldsweats02

3) ガス

ガス管などの不良でガス漏れが起きている場合に異臭がする、というのはわかるのですが、さすがにガスの臭いは日本育ちの私にもわかります。
これも、違うなぁと思うのですが。
万一、ガス漏れの場合は、すぐにガス会社に連絡する、または最悪の場合、911でも問題ないようです。

4) 下水管などの不具合

体験したことがないので、どのような臭いなのかがわからず、原因としてあり得るのかもしれません。
ただ、メンテが行き届いている家に越してきたばかりなので、大丈夫なのではと思いますが。
(私が越してきて年月が経ったら危ないかも!?
coldsweats01

下水の問題が疑われる場合は、plumber(配管工)に連絡するものだそうです。
一時間当たり45ドルくらいの労働費+修理費かかるだろうと、異臭事件の相談に乗ってくれた うちのコミュニティのHOA役員をしている ご近所さんが教えてくれました。

5) 小動物が、壁の間や床下に入り込み、そこで死んでしまった

アメリカでは、この原因がものすごく多いそうです。
この入り込んだ小動物で一番多いのが、野ねずみ

小さな小さなネズミ。
私も、かわいらしい野ねずみをサニーベールにいた頃も、パロアルトに引っ越してからも、見たことがあります。

いろいろ原因を考えてみると、うちの原因も、5が一番有力なのかな、と思うようになりました。

この場合、pest control(有害生物駆除業者)に来てもらって、死骸を探してもらうそうです。
ただ、死骸は、放っておいても2~3週間で臭いが消え、問題はなくなるそうです。(白骨化するから??
shock

でも、怖いので、pest controlに連絡してみました。

pest controlによると、この時期、ものすごく同様の出動依頼が多いらしいのです。
野ねずみたちは、急に寒くなったり、雨が降るようになったりという気候の変化に困り、あちこちに入り込み、運の悪いネズミがその場で死んでしまうそうです。

今、大人気で超多忙な pest controlに来てもらえるのは一週間後。
業者の方に、「
もし、もっと早く来てもらえる他のpest control業者が見つかったら、いつキャンセルしてもいいですから。
と、言われました。
本当にいくらでも仕事があるようで、余裕の発言です。
coldsweats01

早く解決してほしい異臭事件。。。
pest controlに来てもらえる前に白骨化してしまっても、とりあえず、床下に入ってもらって調べてもらおうと思います。

(ちゃんと床下への入り口があって、私でも入れるんですけどね。。。
 そんなこと、慣れない日本人には怖くてできません。
sad
 

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

バイオリンを習い始めました♪


娘のバイオリン個人レッスンが始まりました。

よく考えると当たり前なのですが、バイオリンはピアノと違って、最初のレッスンから弾いたりはできないんですよね。
coldsweats01

一日目のレッスンは、パーツの名前や構えだけを習いました。
二日目のレッスンは、ピチカート

まだ弓を持って弾いたことはありません。
バイオリン、道は長いですね。。。
coldsweats02

先生は、ものすごーくまじめな方で、個人レッスンの短い30分の間に、ぎりぎりいっぱい真剣に話し続け、一生懸命教えてくださる方でした。
逆に、適当な生徒では面倒みられないのではないかと思うような雰囲気で、レッスンは緊張感でピリピリした時間でした。
アメリカなので、バイオリンももうちょっと気楽なものかと思っていましたが。
coldsweats01

先生からバイオリンノートが渡されて、毎回、家で練習する課題が渡されます。

最初の宿題は、バイオリンのパーツの名前を8回と、弾くポーズに至るまでのそれぞれのポーズを8回、毎日練習すること、でした。
地道な(つまらなそうな?)練習内容ですが、大切なことなのでしょう。
think

二回目の宿題は、ピチカートで二曲を8回ずつ。
もう冬休みに入ったので、年が明けてからのクラスまで四週間近く、毎日毎日ピチカートの曲を16回弾く生活が始まりました。
coldsweats01

一日の練習時間は、だいたい20分だそうです。

音楽の道を将来の選択肢として考えている生徒は、一日6時間の練習時間が必要だとか。
でも、家に帰るのが3時として、6時間練習したら9時。
食事と宿題と寝る時間を考えると、6時間の練習時間なんて無理なのでは。。。
wobbly
本当にそんなに練習する人がいるのかな??
音楽を真剣に習っている生徒たちって、本当にものすごい努力が必要なのですね。

まだたった二回のレッスンしか受けていませんが、とても真面目な先生についていかれるのか、ちょっと不安なものがあります。
数ヵ月後に、「バイオリン断念!」などという記事を書くことになっていなければいいのですが。
coldsweats01
   

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

日本→U.S.の453g制限問題(-_-#)


海外に住むと、まったく予期しない事態が起こります。
とはいえ、ここシリコンバレーでは平和に日々を過ごしていました。

中国と日本の間で問題が起きていても、たくさんいる中国人の友人たちとの仲はとてもいいままだし、朝鮮半島の情勢不安の中でも、帰国する韓国人の知人を見て「この時期に帰国するのは大変だなぁ」などと遠くの出来事で、身の回りは平和な気がしていました。

ところが、自分の身にも降りかかる453g問題が。。。

11月の中ごろから、EMSやSALが、アメリカへの「453g」以上の荷物の輸送を無期限で停止してしまったのです。

テロ対策とのことですが、母は、郵便局員から「
今後、453gを超える荷物は船便にするように」と言われたそうです。
普通、送りたい荷物が453g以下のことなんてないでしょう。
coldsweats01
船便といえば、一ヶ月かかるのに。。。
そんなに待てない!
bearing

毎月、月末に母から娘の通信教育の教材を送ってもらっていた私は、真っ青。
一ヶ月でも荷物が遅れたりしたら、日本の勉強も一ヶ月遅れるということで。。。
shock

EMSは、郵便局との法人契約の後納契約があれば荷物を送ることができるそうなのですが、個人ではそのようなことはできないし。

そこで、調べたところ、ヤマト国際宅急便なら受け付けてもらえることがわかりました。
ところが、この宅急便について調べると、個人で荷物を送る場合は、インボイスにSocial Security Numberを書かなくてはいけないと言うのです。

じょっ冗談でしょう!?bearing

私のSocial Security Numberを盗まれて起こったクレジットカードの不正使用事件では、裁判所からの財産差し押さえ事件にまで発展して、解決までに3年を要したというのに。

そんな大切な番号を、送り状に書いて送るなんて。。。
despair

そのとき、注意書きが目に留まりました。
Social Security Numberを記載いただけない場合は、米国輸入通関時に荷受人様へ電話で確認を取らせて頂きます。」という記述。

母に「
Social Security Numberを書いてくださいって言われたら、米国輸入通関時に電話を受けるので書きません、と言ってね。Social Security Numberは、社会保障番号とも呼ぶから、とにかく番号を聞かれたようだったら断ってね。coldsweats02」と念を押して、ヤマト国際郵便で荷物を送ってもらうことにしました。

日本から荷物を送って5日半後、無事に荷物が届きました。
happy01

いつものEMSの袋に、赤いDHLのSecurity Checkedのスティッカーが張られていました。
Social Security Numberの書かれていない不審な荷物でしたが、中身は空けられていないようでした。
coldsweats01

結局、通関時の電話もなく、たった5日半で無事に荷物を手にすることができました。

しょっちゅう、日本の食べ物やお菓子を送ってくれる高校時代からの友人は、

450gずつに分けて、いくつも送るから大丈夫!happy01

と、みんな、それぞれの方法で何とか荷物を送ってくれるようなので、今後も受け取ることができそうです。
よかったぁ~!
happy01
 

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

屋内&屋外スケート場へ

 
娘の通うシリコンバレーの小学校で、冬休み前の遠足としてスケートに行くことになりました。
娘は、まだスケート未経験。

そのため、遠足で行くスケートの場所でもある、家からすぐ近くのWinter Lodgeへスケートに行って来ました。

私は、アメリカでスケートに行くのは初めて。
どんなシステムなのかとドキドキでしたが、入り口で「パーティに来たの?」と聞かれるだけで、「違います。」と答えるだけで、自動的に入場料&貸し靴料金の場所に流されていくので、簡単に入場できました。

スケートリンクは二つあり、一つは、誰でも入れる屋内&屋外スケート場。
スケートリンクの半分に屋根があり、半分は屋外です。
Winterlodge1


 
ただ、この日は雨が降っていたので、屋根のある部分しか利用できませんでした。
Winterlodge3 そのため、ちょっと混雑。
それでも、ベビーカーで滑ってしまう人たちもいるので、さすがアメリカ。
日本だったら顰蹙をかいそう、というか禁止行為かもしれませんね。

 


 
 
 
混雑気味のスケートリンクですが、実はもう一つ、空いている屋内のみのスケートリンクがありました。
こちらは、バースディパーティ用。
ゆうゆうと滑っていて羨ましい感じでした。
Winterlodge2


 
夜になると、屋根の上から雪
snowが。。。
人口の雪ですが、子供たちが集まって雪を触りに大騒ぎでした。
でも、この屋根の向こうは雨。
snowと雨rainが入り混じっていました。
Winterlodge4


すご~く久しぶりのスケートで心配でしたが、子供の頃の身体の記憶はすばらしいもので、あっという間に昔の感覚が戻ってきます。
子供達のケアもできそうなので、遠足の付き添いボランティアに立候補したいけれど、スケート遠足はパパ達にも人気になりそうだから、車の小さい私は今回も参加は無理かも。

いちおう、娘に、

「ママがボランティアに行っても、ママとは滑らないのよね?」

と聞いてみたら、

「そりゃそうでしょ。
happy01

と言われたので、やっぱりボランティアになれなくても娘はいいのかな。。。
coldsweats02

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

日本人には恥ずかしい?傘でおめでとう♪


知人が結婚しました。
もう20代の娘さんが二人いる方で、娘さん達も祝福。
ご結婚相手は、はるか昔、学生時代に同級生だった方で、同窓会で再会し、数年前からお付き合いをするようになったそうです。

お相手には お子さんがいないので結婚への障害はなく、円満に結婚話が進みました。
一年ちょっと前に「いつかは結婚するかも。」と話してくれていたのですが、思ったより早く「いつか」が訪れた感じがします。

お二人とも50代半ばですが、20代と変わらぬ幸せオーラがいっぱい出ていました。
日本のように「この年で浮かれていたら恥ずかしいかしら」などと周りを意識することもないので、結婚直前は20代のように可愛らしく
virgoなり、結婚への幸せ話heartばかりでした。

結婚のお祝い会をするの。
結婚のときは、どんな格好をしようかしら。
結婚の記念撮影は。。。

と、準備も大変そう。

そんな中、ほんの企画の一部ですが、結婚の記念撮影をするときの小物の話になりました。
彼女が気に入ったのは、傘
note

Justmarried 「小物に使う傘をオーダーしたの。」とは聞いていましたが、見てみてびっくり!
大きく「Just Married」と書かれていました。
これは、目立つ!

この傘を持って、海岸での記念撮影をしたそうです。
海岸沿いなので、もちろん、お散歩の人たちや観光客もたくさん。
きっと、たくさんの行きかう人々から「おめでとう
heart04」の嵐を受けたことでしょう。

翌日、傘を二人で持った、たくさんの写真を披露してくれました。

日本人には、なかなかできないストレートな感情表現。
こうやって、感情を表に大きく表現できるのは、幸せですね。

アメリカンな結婚記念の撮影をしたい方は、こちらから傘を購入できます
note

| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

Girls Night OutでGOKAKUへ♪


仲間とGirls Night Outしてきました♪

日本でも、最近、女性が集まってお食事&飲み&おしゃべりをする「女子会」というのが盛んだそうです。
「女子会」実は今年、初めて知った言葉です。
coldsweats01
日本語は、続々と増えていきますね。

Gokaku1 さて、Girls Night Outで出かけた先は、GOKAKUというレストラン。
私達への特別お任せコースということで、会席食事コース+お酒のサンプルをいただきました。

最初のおつまみから、とても美しくて感動!
パリパリした食感とほどよい辛さがおいしい。。。


 

 
Gokaku2そして、日本酒をいただきました。
右から、菊水、獺祭(だっさい)、八海山。

 
 

二品目。真ん中は、なめこ(下にご飯)です。一品ずつ、説明していただけます。
Gokaku3

 
三品目。こんなにきれいに盛り付けられていると、どこから食べていいのか悩みます。
Gokaku4

 
四品目のかぶら蒸し。おいしくて、一滴残らずいただいてしまいました。
Gokaku5

 
五品目。秋らしい一品。
Gokaku6

 
六品目のすき焼き。もう、かなりおなかがいっぱい。。。
Gokaku7

 
七品目のお寿司。写真は4人前です。
手前のシソの内側はうに。
Gokaku8

 
Gokaku9 最後にデザートのアイスクリーム。



話もはずんでいる最中でしたが、手のかかる年頃の子供を持っているのは私だけなので、ちょっと早めに一人さよならしてきました。

Aycookie 仲間の一人から、「お留守番している娘さんに」と、手作りクッキーをいただきました。
さみしく待っていた娘は、こんなにかわいいクッキーを見て、急に元気に!

ものすご~く久しぶりのGirls Night Out。
数時間、思いっきりの おしゃべり&笑いに、すっきりして帰ってきました。
happy01

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »