« 家の敷金は返ってくるか? | トップページ | 収穫期のお祭りHarvest Carnival♪ »

2010年10月28日 (木)

携帯電話を無くした?


少し前に、友人の娘さんは、自分の携帯電話が見当たらなかったそうで、「
どのカバンに入れたかな」と気になりつつも、親が怖いのと、すぐに見つかるだろう、という気持ちから、しばらく放置していたそうです。

まもなく、携帯会社から請求書が送られてきて、携帯は、紛失していたか盗まれたことが判明!
bearing
というのも、2500ドルの請求を受け取ったからだそうです。shock
中米への国際電話を何度もかけられたらしく、国際電話で料金が嵩んだそうです。

確かに、大人であれは、携帯電話を無くしたかも、と思ったら、真っ青になって探しまくり、見つからなければ携帯電話会社に連絡、とは考えられるものの、子供では すぐに報告してくれない可能性がありますよね。

うちは、まだ携帯を持たせてはいませんが、8才の子供でも、そろそろ携帯を持たせている家庭を見かけるようになりました。
子供の携帯には、要注意ですね。
think

結局、友人は、電話会社と交渉して、半額近くにまで請求金額を下げてもらい、支払いを済ませたそう。

アメリカの面白いところは、請求書が来て、何度も交渉すると、少しずつ請求金額を下げてくれるところ。
携帯電話の請求でも、クレジットカードの請求でも、「
見に覚えがない」「払えない」などと言って支払わないと、請求相手は、徐々に請求金額を下げてくることがあるのです。

そういえば、私の2006年2007年クレジットカード不正取得&使用事件は、解決するのに2009年までかかりましたが、その3年の間にカード会社は請求金額を 1/3にまで下げてきて、「
これを払ったら、この件は終了にしますから。」と、少しでも払わせて終わりにしようとしていましたっけ。coldsweats02


今回の教訓として。。。

子供には、普段から、携帯電話が見つからなかったら、すぐに親に報告すること約束させなくてはいけないということ。

そして、もし、携帯電話を無くしたら、

すぐに、携帯電話会社に連絡して、携帯の使用を止める!

もし、勝手に使われて高額の請求が来たら。。。

電話会社との交渉は可能で、半額に負けてもらえることも多いと心に留めて、粘り強く請求の減額を求めましょう!
coldsweats01
 

|

« 家の敷金は返ってくるか? | トップページ | 収穫期のお祭りHarvest Carnival♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家の敷金は返ってくるか? | トップページ | 収穫期のお祭りHarvest Carnival♪ »