« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

収穫期のお祭りHarvest Carnival♪


娘が通うシリコンバレーの小学校で、収穫期のお祭りHarvest Carnivalが開催されました。

PTAが主催しているもので、食べ物やアクティビティなどが用意されていますが、商品も労働力も、すべて父兄のボランティア
Harvest Carnivalに来た人々は、一枚1ドルのチケットを買って遊びます。
そのチケット代金が、学校への寄付になるのです。

食べ物は、
ホットドッグ綿あめカキ氷ケーキクッキーなどが並んでいます。
綿あめの機械も、誰かのママが髪を綿あめだらけにしながら作り、誰かのパパが売っていました。

Harvestcarnival1
   
 
Harvestcarnival2 遊びに来た人々への
フェイスペイントヘアーカラーリングも人気です。
髪をスプレーで染めた女の子。
本人の希望を聞いて、デザインが出来上がるようです。
でも、プロがしてくれるわけではないので、気分が盛り上がればいい
heart01というところでしょうか。

ピエロさんも登場!
こういうことをできる人がいるというのが、やっぱりアメリカ
happy01

Harvestcarnival3
 
 
楽しいアクティビティもたくさんありました。

まずは、
Dunk Tank

Harvestcarnival4

サメの絵に付いている的にボールを当てると、サメの絵の左にある椅子が斜めになって、座っていた人が水の中に落ちてしまう、というゲームです。

水の中に落ちてしまう生け贄の人は、校長先生を始めとした先生方が担当していました。先生達も大変!
happy02
何度も、水の中に落とされていました。

日本のパン食い競争のような、
ドーナッツ食い競争もありました。
糸で吊るされたクリスピー・クリーム・ドーナツを食べる、というだけの遊びですが、女の子達に人気でした。

Harvestcarnival5
   
Harvestcarnival6
このカーニバルで驚いたのが、ボランティアの半数がお父さん方ということ。
つまり、日曜大工の得意な人が多いので、手作り物が多いカーニバルなのです。

たとえば、この
ダックレース
この川(?)は、雨どいか何か。
そして、この川を支えているのは、横長の植木鉢を組み合わせて工夫して作った物でした。


そして、手作り
障害物競走

Harvestcarnival7

もちろん、くぐるトンネルも手作り。
happy01

Harvestcarnival8
 
 
そして、感心したのが、
水風船飛ばし機
もちろん、操作もお父さん達が力を合わせて行います。
この映像は、完全に成功したものではありませんが、実際には多くの水風船がもっと遠くまで飛んで、子供達が受けるのを楽しんでいました。
  

 
もっともっと手作りのゲームがたくさん並んでいたのですが、すべてを特集していると、すごく長い記事になってしまうので、メインのものだけを記載しています。

これほどの手作りカーニバルは初めてでした。
主催する方も遊ぶ方も楽しそうで、そんな人々を眺めるのも楽しかったです。

それにしても、このような手作りの催しをするには、精神的な余裕だけなく、時間的な余裕も必要なわけで。。。日本で働く人々も、これだけ余裕のある社会になれば、もっと豊かに暮らせるのに。think
   

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

携帯電話を無くした?


少し前に、友人の娘さんは、自分の携帯電話が見当たらなかったそうで、「
どのカバンに入れたかな」と気になりつつも、親が怖いのと、すぐに見つかるだろう、という気持ちから、しばらく放置していたそうです。

まもなく、携帯会社から請求書が送られてきて、携帯は、紛失していたか盗まれたことが判明!
bearing
というのも、2500ドルの請求を受け取ったからだそうです。shock
中米への国際電話を何度もかけられたらしく、国際電話で料金が嵩んだそうです。

確かに、大人であれは、携帯電話を無くしたかも、と思ったら、真っ青になって探しまくり、見つからなければ携帯電話会社に連絡、とは考えられるものの、子供では すぐに報告してくれない可能性がありますよね。

うちは、まだ携帯を持たせてはいませんが、8才の子供でも、そろそろ携帯を持たせている家庭を見かけるようになりました。
子供の携帯には、要注意ですね。
think

結局、友人は、電話会社と交渉して、半額近くにまで請求金額を下げてもらい、支払いを済ませたそう。

アメリカの面白いところは、請求書が来て、何度も交渉すると、少しずつ請求金額を下げてくれるところ。
携帯電話の請求でも、クレジットカードの請求でも、「
見に覚えがない」「払えない」などと言って支払わないと、請求相手は、徐々に請求金額を下げてくることがあるのです。

そういえば、私の2006年2007年クレジットカード不正取得&使用事件は、解決するのに2009年までかかりましたが、その3年の間にカード会社は請求金額を 1/3にまで下げてきて、「
これを払ったら、この件は終了にしますから。」と、少しでも払わせて終わりにしようとしていましたっけ。coldsweats02


今回の教訓として。。。

子供には、普段から、携帯電話が見つからなかったら、すぐに親に報告すること約束させなくてはいけないということ。

そして、もし、携帯電話を無くしたら、

すぐに、携帯電話会社に連絡して、携帯の使用を止める!

もし、勝手に使われて高額の請求が来たら。。。

電話会社との交渉は可能で、半額に負けてもらえることも多いと心に留めて、粘り強く請求の減額を求めましょう!
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

家の敷金は返ってくるか?

シリコンバレーでも、通常、家を借りるときには敷金が必要になります。
家賃の20%くらいの安い敷金を取られることもありますし、家賃二か月分の敷金を取られる場合もあります。

一般的に、価値の高い家の方が、高い敷金を必要とすることが多いように思います。
家賃 $14,990、敷金 $29,980などという広告を見ると、いったい住居費にいくらかかるんだろう?と思ってしまいますが。
wobbly

さて、私も、Sunnyvaleの家を借りたときには2か月分の敷金を払っていました。
そして、家を返した今、その敷金が返ってくるはず。。。

敷金は、賃貸契約が終了した後、私が居住している間に与えた家のダメージを復旧する費用が差し引かれ戻ってくるはずなのです。

でも、どの大家さんも、一時的に手に入ったお金は、もちろん返したくないもの。sad
そのため、いろいろとケチをつけては、返却する敷金を減らそうとすると、友人たちから聞いていました。

あそこを悪くした」「ここを直さないといけなくなった」と言われて、やっと半分近く返してもらえた話を聞いたり、ひどいところでは、

キッチンカウンターに少しダメージを与えたから、カウンター全てをリフォームしなくてはいけない。
他の雑多の修理を考えると、敷金では到底足りないが、これ以上請求するのは止めてあげましょう。
返却する敷金を0ドルとして許しましょう

と言われて了承したという友人もいました。

だいたい、こういう言われ方をすると、多くの日本人は、

足の出た部分を請求されなくてよかった。
 敷金が戻ってこないのは仕方がない。

と思い、了承するようです。
そういう大人しい性格を見越して、日本人を賃借人にしたい大家さんが多いのでしょうね。
despair

うちの元大家さんは、いったいいくらい返してくれるのでしょう。

家の引渡しのときには、必死に文句をつける場所を探そうとする大家さんに、「これは、借りたときからだった」などと説得したり、「よく見て、問題点を指摘してくれ」などと、後々、文句をつけられないように、こちらも気を使わなくてはいけません。

それでも、あの「強欲 大家さん、ひどーい!!」事件を思い出すと、かなり不安が募っていたのです。

お引越し後、そんな心配をしながら過ごしていましたが、やっと元大家さんから敷金返却のチェックが届きました。

恐る恐る開けてみると。。。

引かれたのは、たったの96ドル。

驚いたことに、ほとんどの敷金が戻って来ました

信じられない!!coldsweats02
頻繁だったオープンハウスに、大変な思いをしながら協力してあげたから??
家の引渡しのときに、かなり、小うるさくしていたから文句をつけられなかった?
coldsweats01

何はともあれ、高額のチェックを受け取って、ほっと一息なのでした。confident
 

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

女の子の環境変化

私達のお引越し前、作業に追われる私達を気遣って、娘の友人家族が週末になると、入れ替わり立ち代り、娘を預かってプレイデートをしてくれました。
おかげで娘はお引越し前でも楽しく過ごせて、本当に感謝しています。

そんな密な付き合いをしてくれた友人の一人がディアーナと その家族。
忙しいだろうと、ディアーナとディアーナママは、わざわざ我が家まで
娘を迎えに来てくれて、プレイデート。
お昼ご飯
restaurantやおやつcakeまで食べさせてくれて、夕方には家に娘を送り届けてくれました。
至れり尽くせりで、本当に申し訳ない。
coldsweats02

学校でも、ディアーナと娘はとても仲よくしていて、毎日一緒に遊んでいたそうで。。。

そんな関係になると、ディアーナにとって娘のお引越しは一大事。
娘がお引越しした後、学校はさみしいものに変わってしまったそうです。

二週間、何とか我慢して、ストレスの多い学校生活を送っていたそうですが、その後、ついに身体を壊し、一週間、寝込んでしまったそうです。

重ね重ね、申し訳ない!!bearing

そのため、「お引越し後で忙しいのはわかるけれど、プレイデートしない?」とディアーナママに誘わました。

まだ、カーテンないけれど。
まだ、ソファもないけれど。
もちろん、コーヒーテーブルもないけれど。

当然、プレイデートでしょう。coldsweats01

近所のパロアルトの公園まで母娘で来てくれました。

Kae2

久しぶりに会った ディアーナと娘はとても嬉しそう。
広い公園で のびのびと遊びまわりました。

Kae

親同士、私達も近況報告。

ディアーナが病気の間、ディアーナママはカレッジを休み、4クラス連続して休んだので、先生に最後通告をされたそうです。
仕方がないので、来週はディアーナの学校が一日休みだけど、その日はパパが
ディアーナを会社に連れて行って面倒をみて、ママがカレッジの授業に出席するとか。

私達家族は、ディアーナ家族を ひどく振り回してしまったようです。despair

まだ8才だから大丈夫、と思っていたけれど、女の子は8才ともなると、友人関係はかなり固まっていて、その関係が変わるのは大変なものなのですね。

まだこれから、中学、大学、就職、と新しいお友達を作らなくてはいけない機会がたくさん訪れて、少しずつ、みんな強くなっていくのかな。think
 

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

新しい学校へ。。。

SunnyvaleからPalo Altoにお引越ししたので、娘は小学校を転校しました。

教育熱心なシリコンバレーでは、「お引越しする」というと、「どこに? 学校は?」と聞かれます。
Palo Altoと答えると、「
(娘の)小学校は?」を飛び越して、「(いつか通う)高校は?」と聞かれることも多く、それだけ将来まで考えた学区選びへの関心の高さが伺えます。

Palo Alto学区への転校というと、だいたい人々の反応は、

いいわね~happy01」か「えー! 大変!bearing

のどちらか。

Palo Altoの学区の学校に通うと、「いい教育が受けられるheart01」イメージと、「子供へのプレッシャーが高いbomb」イメージが強いからなのでしょう。

さて、実際に娘がPalo Altoの小学校schoolに通って数週間。
どんな様子かというと。。。

人種的には、どちらの学校もアジア人と白人が多数で、ほとんど雰囲気は変わらず。

3年生5クラスあった学校から、3年生3クラスの学校へ転校したので、多少、学校規模が小さくなったかな~という印象でした。

家庭環境はというと、クラスマザー(クラスをまとめる係りの親)が

学校の情報交換のためにリストを作るので、両親の氏名と電話番号とメールアドレスをください。

と言えば、瞬時に全員の親の名前と電話番号とメールアドレスが集まり、びっくり。
前の学校は、何人も提出しない人がいるものだったのですが、新しい学校では、それだけ教育に対する熱意が高い家庭が多いのかもしれません。

そのため、PTAの行事もかなり多いです。
SunnyvaleでもPTA行事の多さには驚きましたが、さらに行事数が多くなり、寄付のお願いも多いのです。
coldsweats02

気になる勉強は、宿題が毎日(でも、簡単)で週末の宿題もあり、単語テストは週一回。
その他、ちょくちょく算数のテストなどが行われているようです。

驚いたのが、毎週金曜日になると、学級通信のような報告書が渡されることです。

この一週間、クラスで何をしたか。
何を学んだか
現在何を学んでいるか
来週、何をするか
来週、どのようなことを学ぶか

など、時には計算式の説明も交えながら書かれています。
細かい字でレターサイズ(日本のA4サイズに近い)2ページは書かれているので、読むのも大変なくらいです。

そして、二週間に一度は、生徒個人のレポートが届きます。
これは、レターサイズ半分のサイズで、

○○○ continues to do excellent work in all areas.
She is so neat and careful - and so accurate. 
Guess what? 
She was the only one in the whole class who got 100% on our polygons quiz, fill of tricky questions!
Way to go! 
I've enjoyed seeing
○○○ participate a lot more, too :)
KEEP IT UP!

という具合の、教師の愛情溢れるメッセージが届くのです。

とはいえ、上記の算数テストの内容を娘に聞くと、「何も難しいことのない、普通の問題の羅列だった。」というので、学ぶ内容のレベルとしては特別に高いということはないようです。
普通の公立学校では、どこの学校に行っても、中国人や日本人の子供達には物足りないものなのかもしれませんね。coldsweats01

新しくできた友人に、娘の先生の名前を話すと、「あの先生は熱心でいいわよ~」と言われたので、ここまで手をかけてくれる先生はPalo Altoでも多くないのかもしれません。
ラッキーだったのかも?
さて、これからどのような学校生活を送ることになるのか、楽しみです。
happy01
 

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

友人家族が体験した日本

ご近所の、といっても、今は少し遠くなってしまいましたが、Sunnyvaleに住む友人家族が日本旅行に行って来ました。

もともと親日派のご家族だったので、日本旅行を早くから とても楽しみにしていて、私にもいろいろな質問をしてくれていたのでした。

そして、帰ってきた今、引越しして少し遠くなってしまった私にも、日本旅行の話をしてくれました。

訪れた場所は、大阪、広島、奈良、など関西方面ばかり。
というのも、広島の平和記念資料館を見たかったからだそうです。

彼らは、日本に原爆を落としたことを正当化せず、「今後も、いかなる理由があっても核兵器は使用すべきでない」という考えを持つアメリカ人家族なので、子供達にもその悲惨な歴史を見せたかったそうです。その考えは、アメリカでは多数派ではないのですが。

下の娘さんは、まだ小学5年生。
記念館にある展示のいくつかは、衝撃が強すぎるのではないかと心配していましたが、「娘の顔を見なかったから、どうだったかわからない」とのことでした。
coldsweats02
うちは、少なくとも中学生になってからかな。
怖がりだから、毎晩、うなされてしまいそうで。。。


さて、そんな日本旅行の感想は。。。

外のゲートつき商店街が、あちこちにあるのがよかった。
暑い日ざしも避けられて、すばらしい!


日本のゲートつき商店街については、娘が日本に行った時にも感動していました。
昔からの日本を知る私としては、商店街というと、ちょっと古めかしい気がしてしまいますが、アメリカからの旅行者にとっては新鮮で、格好いいのかな?
coldsweats01

テレビの、野球中継がすごく多くて驚いた。
毎日一時間ごとに、どこかのチャンネルで野球について触れていてびっくり。


日本では、最近、野球中継が減ったと聞いていましたが。
それでも、アメリカ人にとっては、テレビで野球選手などに触れることが多いと感じるのですね。

お好み焼きが、地方によって違って楽しい。
(大阪風、広島風)


ちゃんと二種類のお好み焼きをチェックしてくるとは、さすが日本通!
happy01
広島風は、とても懐かしいな。
アメリカでは大阪風は時々見ても、広島風にはまだ出会えていません。
最近は、NIJIYAでも大阪風が売られていますね。

奈良の街中の鹿は、鹿せんべいをたくさん食べられて幸せだが、宮島の鹿は、何ももらえずかわいそう。
旅行客の紙を食べていた。


同じ鹿でも、扱われ方が違っていたのですね。
彼らは、かなり「宮島の鹿」を不敏に思い、印象深かったそうです。

猿と、その猿のペット(人間)が芸をしていて、おもしろかった。

猿廻しの猿を飼い主、人間をペットと表現するとは。
思わず笑ってしまいました。
happy01

立体駐車場というものを見て、すばらしいと感じた。
大きなコンベアーベルトに乗った車が、ビルの上の方に上っていく。
自分の車を出してほしいときには、自分の車が回って降りてくるまで待つようだ。


こういった立体駐車場、確かに、シリコンバレーにはありません。
場所が狭いという理由で作られた駐車場だと思いますが、外国人には珍しい光景で写真に収めたくなるようです。

日本の普通の電車は混んでいる。
新幹線は、早くて格好いいけれど。


見せてくれた日本の電車の写真、あれは混んだうちに入らないのですが。。。
通勤時間帯の小田急でも体験させてあげたくなりました。
coldsweats01

いろいろな驚きがあって、日本旅行はとても楽しかったようです。
そんな話を聞くと、私もとてもうれしくなってしまいます。
娘が日本で感動した部分と重なる部分も多くて、娘もアメリカ人になっているんだなぁとちょっと複雑な気もしましたが。
coldsweats02

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

新しい環境へ。。。

新しい環境に移って、数週間が経ちました。
いろいろ私的に忙しかったので、まだソファも、コーヒーテーブルもなく。。。段ボールに埋もれています。
gawk

一ヵ月~二ヶ月後には、きっと普通の生活に戻っているでしょう。
happy01

たぶん。。。coldsweats01

かな。coldsweats02

だといいな。。。despair


ところで、実は前の家を大家さんと一緒にチェックして鍵を返却する当日、

あ! シャワーヘッドをフィルターつきの物に付け替えたのを戻してなかった!!bearing

と大慌て。
パロアルトの引越し先に取りに行ったら間に合わないので、ご近所の友人宅に駆け込んで、工具をお借りしました。

やっぱり、お友達って大きい。。。
confident

こんなことがあると、ほとんど知る人のいないパロアルトにお引越しして、またいい人たちと巡り合えるのか、うまくやっていかれるのか。。。と、とても不安でした。
think

第一、日本のように お引越し挨拶をする習慣もないので、引っ込み思案な私は ご近所と知り合えるのかどうかもわかりません。
タオルか何かを持って「
お引越しして来ました。よろしく♪」などと挨拶できる日本が羨ましい気がしました。

そんな不安な日々を送りながら、ガレージにある引越し荷物をガタガタと移動させていると、新しいご近所さんらしき母娘がニコニコと近づいて来ました。

お引越しされてきたのね! 私たち、ご近所なのよ。

と自己紹介してくれました。

私も名前を言うと、急にうれしそうな顔をして、

ひょっとして、日本人!? 私、実は日系三世なの。happy01

と言われて、びっくり!

日系三世と四世の母娘だったのでした。

こんにちは」「さようなら」「よろしく

などの簡単な日本語はご存知のようです。

他にも、バレエ学校で新しく知り合ったママがご近所さんで、近所のお店情報を教えてくれたり、娘のお迎えの時にバレエ学校のお友達を見つけたり。。。

少しずつ、少しずつ、パロアルトにも友人ができたり、知り合いを見つけたりすることができました。

まだまだこれからですが、少しずつ、パロアルトにも慣れていかれたらと思います。
confident

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

ガラスのパンプキンパッチ


もう少しでハロウィン。
気候も、秋
maple らしくなりました。

Palo Altoでは、ガラス細工の かぼちゃが並べられている The Great Glass Pumpkin Patchが一般公開されます。

娘の小学校では、このパンプキンパッチへ遠足に行きました。
ガラス細工のパンプキンを眺めたり、ガラス細工を作っているところを見学したり(写真)、気に入ったパンプキンの絵を描いたりします。

Glassp0
 
この遠足は、ドライバ&付き添いボランティア希望者があまりに多かったので、私は今回は参加できませんでした。

でも、週末に友人家族と一緒に見学に行って来ました。
娘は既にクラスメートと行っているので、二回目の見学です。

広い敷地に、大きいものから小さいものまで、たくさんのかぼちゃのガラス細工が飾られていました。

Glassp1
 
色も、オレンジ、緑、紫、ピンク、茶色、灰色、とカラフルです。
そして形も様々。

Glassp2
 
木製ワゴンの中も、かわいいパンプキンでいっぱい。
それぞれに値段や作者名の書かれた札が付けられています。

手のひらと同じくらいのサイズのかぼちゃは、200ドルくらい。
ちょっと大きいかぼちゃは、600ドルも!
でも、数百ドルのかぼちゃをいくつも買っている人たちを たくさん見かけました。

Glassp3
 
藁なども使って、きれいにディスプレイされていました。
これだけカラフルで形も様々だと、「これってかぼちゃ?」というかぼちゃもたくさんありました。
下の写真の一番左は、スイカのよう。
白い小さいパンプキンは、ニンニクのようでした。
coldsweats01

Glassp4
 
こんなティーポットの形をしたパンプキンもありました
happy01
ただし、穴はないので、本物のティーポットとして使用することはできません。

Glassp5
 
片隅のテントには消防士さんたちが来ていて、風船やプラスティックヘルメットを配っていました。

Glassp6
 
娘も、ガラス細工のかぼちゃを一つだけ購入しました。
直径5cmもないくらいの小さなかぼちゃです。
いくつもほしくなってしまうのですが、きりがなくなってしまうので、毎年一つだけ、と決めました。
happy01

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »