« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

お引越しします!(^_^)


この一ヶ月、ブログの更新もなかなかできず、本当に忙しい日々を送っていました。

というのも、日本への一時帰国に忙しかったからだけでなく、実は、趣味のオープンハウス廻りから発展して、結局、不動産
house を購入することになったからなのです。
(つまり、莫大な借金持ちということですね。
coldsweats02

まったく知らなかったアメリカでの不動産売買の手順を一から勉強しなくてはいけなかったので、毎日何かに追われているような生活でした。

そして、現在は購入手続きが ほぼ完了し、主にお引越し作業をしています。

お引越し先は、パロアルト。
10年前にHPから始めて、現在のブログまで、ず~っとサニーベール在住として書いて来ましたが、二週間後にはパロアルトからの発信になります。
(タイトルを、「サニーベール日記」にしていなくてよかった!coldsweats01

これからも、よろしくお願い致します。happy01

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

新しいサイバーショット購入


Cybershot 日本で、新しいデジカメ
camera を購入してきました。happy01

今まで使っていた FinePixは、起動時に日付設定がクリアされ、再設定しなくてはいけなくなってしまうという、使えないわけではないけれど面倒な現象になってしまったことから、購入を決心しました。

一眼レフは元気だけど、大きな一眼レフだけでは、毎日携帯するのに不便だものね。

ということで、今回購入したのは、サイバーショット DSC-WS5

カメラの本体サイズは、今までのFinePixと そんなに変わらないけれど、レンズがとても明るくて、室内で撮った写真も とてもきれい♪

一年ぶりに再会した友人達との写真も、きれい
shineに撮れました。

顔の認識が優れているので、笑ったら
happy01 写真を撮ってくれたり、写真を撮ったときに目をつぶるgawk と お知らせしてくれたりと、なかなかおもしろいです。

5~6人で撮った写真でも「目つぶりを検出しました」などと表示されるので、「え!? 誰が!?」と「きゃーきゃー」楽しむこともできます。
coldsweats01

セルフタイマーも、写真を写す範囲内に、一人入った
runのを検知したら写真を撮ってくれたり、二人入ったgemini のを検知したら写真を撮ってくれたりと、一人か二人で写真を撮るのに便利そうです。

まだ多忙な日が続いているので、なかなか細かい機能を試せませんが、こういう新しい製品を持つと気分が明るくなりますね。
happy01

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

日本の音声認識おもちゃ購入

Stanley

ペットがほしくてしかたがない娘は、日本で私の母に「さかだちラッキー」を買ってもらいました。

ラッキーは、音声を認識して、いろいろな芸をしてくれる おもちゃです。

ラッキー!」と
名前を呼んで、ラッキーが「わんわん!dog
と応えた後、

こんにちは」、「おいで」、「はいはいして」、「ふせ」、「おすわり」、「あくしゅ」、「ごはんだよ」、「あそぼ」、「さかだちして」、「おやすみ」、「うたって」、「いいこ、いいこ」、「ダメ、ダメ」の声に反応して、芸をしてくれます。

こんな感じ。


ペットにしては、従順すぎるのですが。。。coldsweats01

でも、娘は気に入ったみたいで、いろいろな芸をさせて よろこんでいました。

やっぱり、日本の物っておもしろい!happy01

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

パーティルーム巡り♪

日本への一時帰国。

小学校schoolの頃からの友人に始まって、シリコンバレーで知り合い、帰国した友人達まで、会うお友達がたくさんいるので、かなりハードです。

今年は、マンションbuildingのパーティールームを借りてくれた友人たちが何人かいて、パーティーを楽しみました。happy01

最近(?)のマンションには、友人達との会合のためのパーティールームや、友人を泊めるためのゲストルームがあるそうで。。。便利な世の中ですね。confident

パーティールームは、マンションによってそれぞれですが、広い一部屋にカラオケのシステムがあったり、大きなスクリーンがあったりします。

そして、広いキッチンバーカウンターが着いているマンションもあります。

とてもきれいだった横須賀のパーティールームは、二つの階にまたがって、パーティールームが作られていました。

上の階(マンションの中では最上階)には、広いキッチンとダイニング

ダイニングテーブルは2つあるので、人数の多いパーティーをした私達は、二つのテーブルをくっつけて大きなパーティーテーブルを作りました。

上の階からは、下の階が見下ろせます。
下の階には、リビングルーム、その奥にはバーカウンター
barがあって、ダンスができそうな大人の雰囲気に作られていました。

写真は、上の階から見下ろした、階下のリビングルームです。

Ypr2

横須賀の海沿いなので、リビングルームから海waveが一望できます。
お天気だったら、もっといい景色が見られたのでしょう。

Ypr1

(もっとたくさん、きれいなパーティルームの写真を載せたかったのですが、どの写真にも友人達が写っていて。。。2枚の写真しか載せることができませんでした。coldsweats01

このパーティールーム、横須賀開国記念花火大会のときには、みごとな花火が楽しめるそうです。
そのため、マンションの住民達、みんなでくじ引きが行われ、一家族だけがパーティールームを予約できるとか。

すてきなパーティールームでの、一年ぶりの友人達との再会は、とっても楽しかったです♪happy01

この友人のマンションのゲストルームは、ビジネスホテルのツインの部屋のような感じだそうですが、なんと一泊1500円
帰国時には、使っていいわよ。wink」と言ってくれたので、いつかお邪魔してみたいですheart
 

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

日本に来ています

現在、日本に滞在中です。

日本に来てから、すぐに箱根ユネッサンに行ってきました。
噂に聞くとおり、子供天国でした。happy01

ユネッサンは、屋内のプールなども多く、屋外のプールやお風呂も木陰だったり日陰だったりする場所が多いので、日焼けを気にする女性にもいい場所でした。

まして、遊びに来ているのは、子供と親とご老人(三世代で来ている家族も多い)ばかりなので、それほど人目を気にする必要もなくて。。。お化粧なしの子育て中女性がいっぱい。
気を使わない遊び場でした。
逆に、若いカップルには、ちょっと。。。かもしれません。

暑い日々の中なので、さすがに混んでいましたが、いられないほどではなく、楽しめました。

今回の箱根旅行で驚いたのは、中国人がとっても増えたこと。
あちこちで中国語が聞こえ、学生の団体や、カップルも多く見かけました。

時代は、どんどん変わっていっているのですね。

ユネッサンから戻ると、今度は、毎日、友人たちとの再会に忙しくしています。
前半は、同窓会の日々です。
あまり暑くなりませんように。。。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

決断は難しい。。。が

サンノゼバレエのSummer Intensiveに参加し、その後、勧誘を受けた件についての お話ですが。。。

今のバレエ学校で、いろいろな先生方に可愛がっていただきながら、突然、いなくなってしまうわけにはいかないので、軽くお話をしてみました。

すると。。。

かなりな反対を受けてしまいました。

彼女が才能を持って生まれた以上、そういうオファーがあるだろうとは懸念してたわ。

という消極的な言葉から始まり、まったく明るい反応はなく。。。

ここには詳しく書けませんが、結果として大反対でした。

娘の意欲をかき立てるような、そして娘の才能を伸ばすための計画をディレクターと共に立てさせてほしい、娘のために全力を尽くす、と言われました。
(そこまでしていただかなくても。。。)

サンノゼバレエに心が傾いていた私ですが、さすがに、可愛がってくれた先生の反対には、揺れてしまいました。

また、今の学校に残れば、バレエ関係にかける時間は半分で済みます。

冷静になって、よく考えると。。。

今回のSummer Intensiveで、年上で長い期間、長時間の練習を積んできたProfessional DivisionのPro 1A、Pro 1Bの生徒達を見てきたこと。

そして、同じ学校からSummer Intensiveに参加した11歳のお姉さんは、一番上のレベルに配置され、かなり評価が高かったこと。
(たぶん、彼女も、同様のオファーを受けているのでは。。。)

どちらの学校と言うより、個人次第というのが大きいものなのかも。

やっぱり、今の学校に残るかも。」と、前述の、今のバレエ学校のオープンクラスを教えているサンノゼバレエ所属の先生に話してみると、

うん。それも、いいと思うよ。
 もし、スカラシップ(奨学金)がほしかったら、今の学校のディレクターに話してみたら?
 彼女なら、きっと喜んで力になってくれると思うよ。

と、どちらに私が傾いても楽天的な明るい反応。

ん? それにしても、突然、スカラシップ??

その話は、彼にはしていなかったけれど。。。

どこかで誰かとつながってる??coldsweats02

まぁ、あまり気にしないでおこう。

ということで、バレエ学校は今のまま、続けていこうかと思うようになりました。
 

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

ついにディレクターと。。。

サンノゼバレエで、いつもお世話になっている先生が私のところに来ました。

今日、後で、ディレクターとお話してほしいの。

そして、ホワイトボードを見ると、先生方のスケジュールが、いつもと違っています。
今までのSummer Intensiveで、いつもは もっと上級のクラスを教えていたディレクターが、娘のクラスを教えることになっていました。

参観日なので、私は教室の隅でディレクターが教える授業を見ながら、

この後、ディレクターと話をしなくてはいけない段取りなのね。

と考えていました。

授業が終わると、予想通りディレクターが寄ってきて、自己紹介をされました。

そして、

娘さんをPro Division(プロフェッショナルディヴィジョン)に迎えたいの。
Pro 2 レベルに入ってもらいたいわ。

と言われました。

彼女は、他の生徒たちよりも若いけれど、彼女なら全く問題はないわ。
質問など、私と連絡を取りたいときには、いつでも私の携帯に電話してね。

と書類や携帯番号をいただきました。ディレクターは、

彼女を時々見て来ていたのだけど、すばらしいわ。とてもいいわ。

と言い、娘には、

あなたも、ここで練習したいでしょ?

と話しかけていました。

どうも、娘の担当の先生が、もっと前からディレクターに娘の話をしていて、ディレクターは、時々、娘を見に来ていたらしいのです。

家に帰って資料を眺めてみると、Pro Division(プロフェッショナルディヴィジョン)Pro 1Aレベルから始まって、Pro 1B、そして Pro 2に上がるよう。
Pro 2は、トゥシューズでの練習時間があるけれど、娘は履ける年になるまで まだ2年以上あるから、その時間は履かないまま参加するのかも。

娘にとって何がいい事なのかわからなくなってしまいました。

Pro 2のレベルに入るということは、通学時間を加えると、週に10時間をバレエ関係に割くということ。
それは、娘だけでなく、私の時間も割かなくてはいけないということ。

さらに、もっとレベルが上がると、練習時間も日数も増えるし。。。

娘は、まだ8才。
これから、ず~っとそんな大変な生活?

その努力の後、バレリーナに成長した娘に結婚したい相手を紹介されて、

彼は、まだダンサーの卵だけど、私が生活の面倒をみるから大丈夫。happy01

なんて言われた日には、この努力が空しくなるんだろうなぁなどと、変なことまで考えてしまいました。
(深く考えすぎ?
coldsweats01

今のバレエ学校のオープンクラスを教えているサンノゼバレエ所属の先生で、娘を個人レッスンで指導したいと言ってくれた先生に話してみると、

すごくいい話なんじゃない? 彼女は才能あるし、将来かなり上のほうに行くと思うよ。
 そうそう、9月中ごろにカナダから戻ると思うけれど、個人レッスンはどう?

と、楽天的な反応でした。
プロの人やプロを目指す人は、勉強や日本語との両立に悩む気持ちは、理解しがたいかも。

Summer Intensiveで一緒に練習していた子供達を思い出し、他の家だったら、手放しで喜んでもらえたんだろうなぁ、と思うと、娘に申し訳ない気もしてしまいました。
   

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »