« Stanleyくん、世界を旅する♪ | トップページ | タウンハウスに住んで我慢すること »

2010年7月 9日 (金)

Summer Intensiveの準備

いよいよ、バレエのSummer Intensiveが始まる時期です。

実は、サンノゼバレエのオーディションを受けたときには、まだあまり本気で参加するつもりではなかったので、あまり書類に目を通していませんでした。

Summer Intensive直前になって、「そうだ、持ち物は!?」と、書類に目を通してみると、いろいろな細かい指定がありました。

ピンクのタイツは普通として、レオタードはキャミソールレオタードと指定されています。
普段は、こんな ひらひらレオタードを着ている娘なので、シンプルなキャミソールレオタードを新しく購入しました。

そして、靴はバレエシューズ(写真左)の他に、ジャズシューズ(写真右)やキャラクターシューズ(写真中)の合計3足の靴が必要でした。

Itsv20101

う~ん。思わぬ出費。wobbly
きっと、ジャズシューズやキャラクターシューズは、Summer Intensiveの4週間しか履かないで終わりなのでしょうね。もったいない!coldsweats02

そして、キャラクタースカートも持参のこと、と書かれていました。

キャラクタースカートやキャラクターシューズは、キャラクターダンスやフラメンコで使用するようです。
キャラクターダンスは、古典バレエにはよく出てくる有名なダンスらしいのですが、一般にはあまり知られていないようで、衣装のお店でキャラクタースカートを探していると言うと、「
キャラクタースカート?? 何のキャラクターになって踊るの?」などと質問をされることも。。。

結局、いくつかのお店を回って、大人用のキャラクタースカートを見つけたものの、子供用は見つけられませんでした。
もっと早くに探していれば、インターネットで購入できたのですが。
despair

そこで、大人用のキャラクタースカートを見たときに、こっそりチェックして、自分で作ってしまいました。

レオタードに比べたら、キャラクタースカートを作るのはとっても簡単!
ほんの半日で作れるものでした。

Itsv20102

娘は、くるくる回ってスカートを広げて踊って「このスカート大好き!happy01」と大満足。

売り物のキャラクタースカートを短時間でしか見られなかった私は、「みんなが持ってくるキャラクタースカートと同じようでありますようにthink」と願っていたのでした。
   

|

« Stanleyくん、世界を旅する♪ | トップページ | タウンハウスに住んで我慢すること »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Stanleyくん、世界を旅する♪ | トップページ | タウンハウスに住んで我慢すること »