« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

慈善行事で初めての無料奉仕

娘のバレエ学校には、高校生の上手な女の子たちが集められたカンパニーと呼ばれるグループがあります。
まだ小学二年生の娘からすると、カンパニーのお姉さんたちは、憧れの存在。

そんなカンパニーメンバーの一人のママが、先日のバレエ発表会を見て、娘に目を留めました。

あの目を引く子は、いったい誰!?
ぜひ、私たちが主催するチャリティーイベントで踊ってほしい!

と思われたそうで、先生方に事情を話し、娘について聞いたらしいのです。
先生方は、「あぁ、あの子ね。」と、すぐに娘の名前を教えてくれたそう。
それから私を捕まえるのに翻弄し、日曜日の公演前に娘を送りに来た私を捕まえました。

知らない人に声をかけられ、状況が よくわからなかった私は、

観客たちだけでなく、先生方も魅了させてるのよ。
 娘さんには特別な才能があるよ。ぜひ、協力して!

と日本人には口にできないcoldsweats01、とってもアメリカンな熱烈ラブコールを受けました。

そのイベントは、ILF (International Leadership Foundation) というアジア系アメリカ人のための組織の慈善行事なので、日系アメリカ人の娘とは全く関係がないわけではないようです。
協力したいとも思ったのですが、声をかけられたのが日曜日で、チャリティーイベントが開かれるのは、その週の金曜日

他に、バイオリン奏者チェロ奏者歌手チャイニーズダンスなどの出演者たちがいるそうですが、皆、ずっと年上で、準備期間もある。。。
うちのチビで大丈夫?
wobbly とかなり心配でした。

とはいえ、当の娘は、カンパニーのお姉さん&観客が自分を見てくれる!と思えば、やる気いっぱいで、断るなどという発想は浮かばないようでした。

それから、4日間。
曲探しから始まり、振り付け練習、とバレエ一色の日々が始まりました。
バレエ経験のない私は、ただ、音楽プレイヤーのスイッチを入れたり切ったりするだけしかできない役立たず。。。
despair

イベント前日のバレエ学校では、クラスの終了時刻が遅かったので、先生にお願いして空いた教室でリハーサルをさせてもらいました。
学校の中でも特に親切な先生だったので、「
もっとそこは見上げる感じで」などとアドバイスもくれました。
感謝!
happy01

そして当日、会場のチャイニーズレストランへ。
そのレストランには食事に来たことがありましたが、一般客の入れる場所とは別に、レストランの奥にたくさんの個室や 600人ものお客さんが入るパーティ会場までがありました。
こんなところに、こんな広い場所が。。。!

会場に着くと、カンパニーのお姉さんや、お姉さんのママ(イベント主催者の一人)が走り寄ってきて、娘に

あなたは、どうして今ここにいるかわかる?

娘「??
(どう考えても、「
踊りに来た」のでしょう。。。coldsweats01

あなたには、他の子にない特別な才能があるからなのよ!

と、これまたアメリカらしいモチベーションのつけ方
思わず、笑ってしまいそうになるのをこらえる私。
coldsweats01
このくらい言えた方が、アメリカでは生きていきやすいのかもしれないですね。think

そして、娘は、前に頼まれてモデルをしたときに、先生がプレゼントしてくれたチュチュを着て登場。

Ilf20100

後ろにいる水色のドレスを着ているのが、司会者役をしていたカンパニーのお姉さんです。
品がよく、美しいです。

Ilf20101

娘は、小さな身体で踊りまわりました。

Ilf20102


 
perfect Attitudeだったとか、beautiful Pique turnsだとか言われ、「
大きな子でも上手にできない子も結構いるのよ。」と、美しいお姉さんに言われて大喜び。
(会場のほとんどの人にとっては、バレエの技術など どうでもいいこととは思いますが。)

娘は、帰りの車の中で「楽しかったね~♪」と大満足でした。

私は、ぐったり疲れた5日間でした。。。coldsweats01
 

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

来年度のクラス分け要求

いよいよ年度末。
学校も、習い事も、特別にしなくてはならないことが多く出てきて、毎日あわただしく過ぎていきます。

娘の小学校では、この時期、来年度のクラス分けを決めるときに使われる、クラス分け要求の書類を提出します。
希望者だけが提出しますが、特に個性的な先生がいる学年に上がる場合などは、親たちの話題に上り、書類を提出する人が増えるようです。

どんな要求ができるのかというと、いじめを受けるなど自分の子供と特に性格が合わない子供がいた場合に書いたり、どういう雰囲気のクラスがいい、などとの要望が書けるようです。
あと、自分の子供に、
何か特別な問題がある場合にも、その対応をお願いする要望を書くことができます。

子供の友達に関しては、「仲良しの○○ちゃんと一緒のクラスがいいです。」などと書いても受け付けられない、などと言われますが、実際に、私の友人が第一志望に私の娘の名前、第二志望にもう一人、穏やかな性格の女の子の名前を書いて提出したら、当時の担任の先生に、

第一志望の子は一緒にできなかったわ。第二志望は通したわ。

と言われたそうです。
つまり、新学年が始まる3ヶ月近く前に、新学年で仲のいいお友達と一緒のクラスになれると安心できたらしいのです。

こんなダイレクトな要求は、日本人の性格からすると考えられませんが、書いてしまえば通ることもあるのねーと驚きました。

また、先生についての要望は、書いてはいけないことになっています。
そのため、担任になってほしくない先生がいる場合には、婉曲的に要望を書きます。

たとえば、「厳しい○○先生が嫌」なのであれば、

厳しく接せられると萎縮してしまう性格なので、明るく楽しい雰囲気で、のびのびと学べるクラスを希望します。

などと書けます。

宿題を出さない○○先生が嫌」なのであれば、

「自分からコツコツ努力するタイプではないので、毎日、きちっと宿題が出て日々の学習習慣がつけられるクラスが希望です。

などと書くことができます。

ただ、去年、「○○先生のクラスには、なりたくないです。」と、はっきりと書いた人がいました。
そして、その要望は通ったそうです。
いけないと言われる内容でも、やはり通ることもあるようです。
しかし、かなりマナーに反するような気が。
despair
クラス分けの会議には、旧学年の先生たちと、新学年の先生たちがいるというのに。
私には、絶対に書けない。。。
bearing

たかが来年一年だけのクラス分けですが、各家庭、いろいろ考える時期ですね。think
 

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

チャイニーズ・フォークダンス


去年、観に行ったチャイニーズ・フォークダンスのショーに、今年も誘われて行ってきました。

ダンス学校が合併したということで、今年は名前が変わって、Xiaopei Chinese Danceという学校のショーです。

Xiaopeiさんの蝶々の演技も見ることができました。
とてもきれい
shine

この先生の演技が、YouTubeにも載っていました。



チャイニーズダンスは、とても華やかで、小さい子でもとても上手に真剣に踊ってくれます。
クラスも中国語で開かれていると言うので、何から何まで中国。
そのため、先生は厳しく、生徒は真剣で、レベルも高くなるのでしょうね。

通常のアメリカのダンス教室と違って、とても能力主義。
上手な女の子たちが、いつも目立つところで踊ります。
そして、ほとんど見えない後部で踊る子もいます。
シビアな世界です。。。

娘のバレエ学校は、まじめにやっていない(ように見える)子でも、背の順の関係で真ん中で踊らせてもらえるので、とても平等な学校なのですよね。(年齢にもよりますが)
どちらがいいと思うかどうかは、人によって違うのでしょうけれど。

最後に、生徒たち全員がステージに集合。

Chinesedance2010

カラフルでとてもきれいです。
「みんな、がんばった!」という笑顔でした。
happy01

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

バレエ発表会

週末は、年度末のバレエ発表会でした。

何回もリハーサルがあるので、その度に、親たちはボランティア。
ボランティアの予定がなくても、取りまとめ役をしている知り合いに

今日は、このグループにボランティアが見つからなくて。

などと言われてしまうと、日本人の私はついつい、

じゃあ、私がやるわ。

と、引き受けてしまい、小さい子達の面倒を見ていた私でした。coldsweats01

2010rehearsal 去年、娘が入っていたレベルの子供たちも見ましたが、今年は子供たちが収拾つかなくなることもなく、無事に数回のリハーサルは終了。
やっぱり、去年は、大変な子が数人いたために、他の子供たちにも伝染していただけだったのね、とほっと胸を撫で下ろしました。

そして、3回の公演も、無事に終了。

最終日の公演の最後には、高校を卒業して巣立っていく子供たちが花束をもらうシーンがあります。
今年は、娘にやさしくしてくれた2人のお姉さんも含まれていました。

実は、私はこのシーンがすっごく苦手!sad
見ているだけで、涙がボロボロ出てきてしまうのです。
crying
なるべく目を反らして、感情が出ないようにするのに必死でした。
つらかった。。。(昔はこんなじゃなかった。年かなぁ
coldsweats02

実は、年末のくるみ割り人形公園で、友人の娘さんがクララをしましたが、彼女が最後に花束をもらうシーンを見るのもウルウルしてきて大変でした。crying
彼女が卒業するときには、

陰ながら成長を見守ってきた彼女が こんなに育って。。。」と、絶対に涙を抑えられない自信があるので、4年後の最終公演は観ない、と今から思ってしまうのでした。
(そして、後から公演のビデオを観ながら、一人で泣くのよね。
coldsweats01

さて、すべての公演を終えた娘を迎えて一緒に歩いていくと、いろいろな人が

あの子! あの子よ!

などと言いながら寄ってきて、

上手だったわよ。
とっても、かわいかったわよ!

と声をかけてくれたので、娘は上機嫌でした。

舞台の上では、顔がちょっと変わるので、去年は友人に「誰かわからないくらい違った。」と言われたのですが、今回は YouTubeでバレエのメークを勉強したからか、みんなが認識してくれたようです。
私の舞台メークも少し上達したようで、よかった♪
happy01

わざわざショーを見に来てくださった方々、どうもありがとうございました!
   

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

テスト中にしていい事は?(三択問題)

前に、カリフォルニアの公立学校で行われている STARテストについて記事にしましたが、あれから二週間。
やっと STARテストは終了しました。

結局、二週間のテストと言われてはいたものの、英語で3日間、算数で3日間の合計6日間のテストだったそうです。

テストは、朝、学校が始まってからすぐに行ったそうですが、一日のテスト量は とても少なくて、用事のために9時過ぎに学校に行ったときには もう終わっていたので、子供たちにとっての負担は少ないと思います。

それでも、そんなに分けてするとは、さすが、余裕の好きなアメリカ。

さて、そんな学校にとっては大事の STARテスト。
このテスト中に、
娘の教室で 許されていた行為は、次の3つのどれでしょう?

あくまでも、テスト中です!!

  1. 話をしてもよい。
  2. 鼻をかむためのティッシュペーパーを先生のところに取りに行ってよい。
  3. お菓子を食べてもよい。
   

続きを読む "テスト中にしていい事は?(三択問題)"

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

母の日のランチ♪

Simon's Hook

昨日は母の日だったので、娘がランチを作ってくれました。
去年からの新しい習慣になっています。

娘が私に見られないように こっそり見ていたのが、この初心者用のお料理の本です。
はじめてのキッチン」というこの本は、小学生からお料理をしたことのない大人まで楽しめる本。
ゆで卵から、小さい子でも作れるおにぎり、サンドイッチ、そしてハンバーグなど、ごく初心者が「これなら作れるかも♪」と思えるようなレシピが載っています。

今年、娘が作ってくれたのは、ピザでした。

Mothersdaypizza
一つのピザは、ごく普通の、チーズにサラミが乗ったピザ。
もう一つのピザは、とっても珍しい、缶詰の桃とクリームチーズのピザでした。
この桃とクリームチーズのピザも、この本に載っていたようで。。。ちょっとびっくり。
桃の缶詰は、日系スーパーではなく、WholeFoodsで見つけたものです。

生地は、焦げ目がつくまで焼き、パリパリに上手に出来上がっていました。
味も、まぁまぁ。桃とクリームチーズピザは、これはこれでアリかなぁ、というデザート系のピザでした。

娘は「
お料理、大好き!happy01」と、大満足。
だけど、小さいうちって、何もかもおまかせっていうわけにはいかないから、母の日こどもの日かわからないのよね。。。
coldsweats01

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

アメリカ流(?)いじめ対処法

Simon's Hook

娘が小学校で、虐めを無くすための教育を受けてきました。

父兄の一人がボランティアで、「Simon's Hook」という本を読んでくれたそうです。
いじめられた男の子が、近所のローズおばあさんから聞いた話を元に、どのように虐めに対応し、その虐めを止めさせるかを学んだ お話です。

この本には、虐めにあったときの対処や、どうしたら虐めの被害者にならないかのヒントが書いてあります。

  • 虐めの言動に対して反応しない。
  • 相手の言うことに同意した振りをする。
  • 相手のふってきた話の内容から話題を変える。
  • 笑い飛ばして、ジョークを言う。
  • 危険な相手とは距離を保つ。


などの戦略が考えられるようです。
日本人が考える「虐めの対処法」と似ている部分もありますが、「ジョークを言う」の対処法は、ちょっと日本人には無理そうですね。
coldsweats01


学校では、その本を読んでもらった後、「
自分が受けたいじめについて」の作文を書かされたそうです。

ただ、この作文書きの問題は、2年生の娘の周りでは、虐めなどの問題がまったく見たことも聞いたこともないこと。
書けと言われても、題材がないことに困った娘は、適当に「
今まで友達に言われて、ちょっと嫌だな、と思ったこと」を無理やり書いて提出したそうです。

先生にとっては、少しでも虐めの兆候があったら見つけて対処したいと思っての時間だったのでしょう。

帰宅後、娘は、

でも、変なの。
 先生は、書いた作文に自分の名前は書かないでいいって言ったの。


まだ幼い娘には、なぜ無記名の作文を書かされたのか、先生の意図がわからなかったようです。。。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

読み継がれている本&アメリカで空気鉄砲

moguraharappa

モグラ原っぱのなかまたち」。
まだ、日本の子供たちが今ほど金銭的に恵まれてなかった頃、でも、遊び回る時間も、場所もたくさんあって、生活環境がとても恵まれていた頃のお話です。

きっと娘が気に入るだろうと思って日本で買ってきました。
普段は、読書よりも創作活動を多くしている娘ですが、この本はとても気に入ったようで一気に読み終えてしまいました。

そして、本の中に出てくるもので、彼女が とても気になったもの、それが空気鉄砲でした。
懐かしい空気鉄砲!
confident
小学生の頃、先生が空気鉄砲の竹鉄砲セットをクラス全員に配って、みんなで遊んだのを思い出しました。

今思えば、あれは理科の空気の実験だったのかもしれません。
でも、子供の私たちは、当時でも珍しかった竹に大興奮。
楽しい遊びの思い出として、記憶に残っているのでした。

そして、私の竹鉄砲の話をすると、娘は、

竹鉄砲、作りたい!!

でも、ってアメリカにそんなに生えているものではないし。。。
El Camino Hospitalに生えていたけれど、あれは飾りだから抜いてくる訳にもいかないのよね。
coldsweats02

そこで、インターネットで調べてみると、今は、竹鉄砲セットどころか紅葉した葉っぱセットまでネット販売されている時代なのですね。
coldsweats01
日本も、竹を手に入れたり、葉っぱを手に入れるのは難しいなんて。
自然から遠い場所が増えているのでしょうね。。。
think

しばらく、竹のことを考えていましたが、ないものはない!!
そこで、アメリカにある身近な材料で空気鉄砲を。。。とあれこれ考えだしました。

そして、大成功だったのが、竹鉄砲ではなく、
ストロー鉄砲!

Kuukideppou カリフォルニアのあちこちあるパールドリンクについている太いストロー
これがぴったりなのです。
尖っている部分を切り落として、きれいな形の筒にします。

そして、ティッシュを4分の1に切って丸め、湿らせたものを2つ作り、にします。
ストローの奥に一つの玉、少し空洞を作ってもう一つ玉を入れます。
最後に、通常よりちょっと太めで丈夫なストローで玉をつくと、立派な空気鉄砲として機能するのです。
玉をつく方のストローは、割り箸でも大丈夫だと思います。

こんなストローの空気でっぽうでも、玉が飛び出すと、「
ポーン!!impact」と懐かしい立派な音が出ます。

娘も大喜びでした。
お時間のあるときには、ストロー空気鉄砲、試してみてくださいね。
happy01

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

STARテスト準備始まる

カリフォルニアでは、毎年、公立高校に通う2年生から11年生までの生徒全員が、州教育委員会によって指定された標準テストを実施しています。
California Standardized Test and Reportingというもので、略してSTARと呼ばれています。

このSTARテストの結果で学校が格付けされるので、学校も真剣に準備に取り掛かるわけです。

もちろん、小学校、今年初めてSTARを受ける娘の二年生でも、まじめに取り組んでいます。
学校で行われた早朝補習も、STAR対策の一環ですね。

そして、最近は、学校の宿題がSTARテストの練習になりました。
授業時間中にも、STARのための模擬テストをしています。

STARテストは、二週間もの間、毎朝行われます。
その二週間は、
水のボトルを持ってきてテスト中に飲んでもいいとか、乾燥したスナック(りんごなどは水が垂れるのでダメ)を持ってきてテストの合間に食べていい、などと新たな決まりができています。

日本だったら「ちゃんと朝食を取ってきなさい。」で済むのでしょうけれど、こちらの二年生では授業中に「先生、おなか空いた~!」などと言い出す子がいるので、テスト中はそんなことが起きないように、との配慮なのでしょう。

さて、こんな真剣に取り組んでいるSTARテストの内容がどのようなものかというと。。。

実は、簡単なテストなのです。coldsweats01
集中すれば、満点近い成績が取れて普通!というような内容です。
だから、学校によっては、平均点が満点に近くなってしまうようです。

ただ、算数なのに、問題をリスニングして解く、という形式があります。
問題は二回読まれますが、英語のリスニング能力に問題がある「英語が母国語でない子供たち」にとっては不利ですね。

先日、先生は、授業中に、

ちゃんと、ご両親が宿題のチェックをしてくれた人!

と挙手させたそうです。
だいたい半数くらいの生徒が手を挙げたそうで、その結果からか、学校から通知を受け取りました。

今は、STARテストの準備をしています。
 子供たちが持ち帰った STAR模擬テストの結果をチェックしてあげてください。
 問題などがわからない場合はメールか手紙で知らせてください。問題のコピーを渡します。

というものでした。

問題が簡単なので、学校のレベルを上げるには底上げが必要ですが、たぶん、問題のない子の親がチェックをする親で、ちゃんとサポートしてほしい子の親がチェックをしない親だったり。。。という懸念があるのですが。

ちなみに、先生は、生徒たちの模擬テストは見ません。
解答のみ、生徒たちに言い、生徒が自分で丸つけしたそうです。
日本だったら、親が頼りの教育をするな!と言われそうですね。
coldsweats02

STARテストは、もう来週。
テスト期間中は、遅刻をしてはいけないそうです。
(当たり前!?
coldsweats01
 

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »