« 元気なアメリカのご老人たち | トップページ | うちの軒下に蜂の巣が。。。 »

2010年4月23日 (金)

いじめ防止(?)細かいルール

先月、サンノゼバレエ学校のオーディションの結果を受けて、Summer Intensive Course(夏の集中トレーニング)に通うための予約金を支払いました。
すると、学校から細かいルールを書いた書類が一枚、送られてきました。

書類の内容は、子供たちが安全で健康な環境下で経験を積めるように、との配慮から作成されたもののようです。

お互いの尊厳を守り、誰にでも思いやりを持って接してください
生徒たちは、お互いに励みになる存在です。相手に自信を与える言動をしなくてはいけません。
身体的、感情的に悪影響を与える言動はしないように注意してください。

生徒たちの言動に、相手を精神的、肉体的に屈辱するようなことがあってはいけません。
サンノゼバレエ内での活動にのみならず、サンノゼバレエ以外の場所でも、言動に注意してください。

適切でない批評をしたり、会話をしたり、またそういった内容を直接言ったり電話で言うことはもちろん、書くことも許されません。つまり手紙電子メールテキストメッセージ送信ソーシャル・ネットワーキング・サイトなどを介して、またその他、いかなるコミュニケーションツールを介しても行ってはいけません。

サンノゼバレエは、バレエを学ぶところであり、バレエに集中する場所です。陰口やいじめはクラスメート、周りの人、すべてを傷つけるということを肝に銘じてください。

サンノゼバレエのインストラクター、ピアニスト、スタッフを尊重してください。
学校内では、集中し、いつも前向きな態度で全力を尽くしてください。
学校のロビー内にいるときにも、他人を尊重した態度で行動し、静かな声で話し、他人に迷惑をかけないようにしてください。

タバコ、アルコール類、薬物は使用すること、所持することは全て禁止します。
クラスの開始時間を厳守してください。
決められた服装をしてください。

上記のないように違反しているのを目撃した場合は、直ちに学校のディレクターに報告してください。

規約違反を犯した生徒は、除籍する可能性があります。

というような内容の書類でした。
親子ともども署名をして提出しなくては入学できません。

よく読めば当たり前のことで、「そんないじめをする?」という気もするのですが、この学校のように能力でクラス分けするような場所では嫉妬心も出てくるので、あり得ないことでもない、ということなのでしょうね。

こうやって書面で通知され、署名をすることで、親との会話でも他人に対する態度について話すことになるし、それがいじめの抑制につながるのかも。confident

それにしても、メールソーシャル・ネットワーキング・サイトなど、虐めに関する内容も時代を反映しているのねーと変なところで感心してしまいました。coldsweats01

うちが守れないかもしれないルールは、「開始時間を厳守」かな。
平日の朝9時45分に、
ダウンタウンで駐車する場所が見つけられるのかが今から心配です。。。think
 

|

« 元気なアメリカのご老人たち | トップページ | うちの軒下に蜂の巣が。。。 »

バレエとダンス」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元気なアメリカのご老人たち | トップページ | うちの軒下に蜂の巣が。。。 »