« バレエの発表会練習が始まる | トップページ | 200字詰め原稿用紙(レターサイズ) »

2010年3月23日 (火)

恥ずかしい宿題

アメリカの学校の先生は、発想豊かだなぁと思います。
その発想の豊かさは、宿題にも表れます。
そんな宿題を楽しんだり、困ったり。。。いろいろあるわけです。

さて、先週、St. Patrick's Day(聖パトリックの祝日)がありました。
2年前に、Leprechaunを捕まえる罠を作る宿題について記事を書きましたが、今年は、Leprechaunの絵を描いてくる、という宿題が出ました。

その宿題、生徒たちがLeprechaunを描くというのなら、美術の宿題のようなもので、そういう宿題もアリだな、と思うのですが。

今回の宿題は生徒だけでなく、家族全員が描かなくてはならない!?
私も、Leprechaunを描くの!?

それも、クラス全員の家族が書いたものを集めて、クラスブックを作るとか。
つまりは、クラス全体に公開するということ。
恥ずかしい。。。!

実は、うちは、娘以外は字も絵も苦手。
手紙を出すときには、だいたいプリントアウトです。。。

提出日期限ぎりぎりまで、何もできずにいると、先生から家族全員分の10cm角くらいの紙を渡されてしまいました。
こんな小さな紙に人間の格好を描くなんて、ますます無理。

でも、これは私の宿題なのよね。
しかたがないので、まるまるとしたLeprechaun赤ちゃんの絵を描きました。
これなら、ユニークでいいかな。
(もちろん、ここで公開なんてできませんが。

Stpatricksday 娘は、小さな紙に、小さなLeprechaunを描きました。
そうそう、St. Patrick's Dayといえば、Leprechaunの他に、コインShamrock(クローバー)
アメリカの子がSt. Patrick's Dayといって思い出すもの全てが入った絵でした。

何とか、体裁を整えて、うちの分の宿題は終了。
(実は、娘は、父親の分の絵も自分で描きました。。。

今後、こういう宿題は止めてほしいなぁ。。。
 

| |

« バレエの発表会練習が始まる | トップページ | 200字詰め原稿用紙(レターサイズ) »

小学2年生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バレエの発表会練習が始まる | トップページ | 200字詰め原稿用紙(レターサイズ) »