« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月29日 (月)

ショートセールの家を見学

ときどき、不動産はショートセール(short sale)で売られます。
ショートセールの家は、借金の返済に困った人が債権者(銀行など)と交渉して、担保物権を売却して売り上げを債権者に渡すことになっている物件です。
だいたい、家を売った額では全額返済にならないのですが、債権者は損をしても強制競売するともっと損になるため、ときどきこの方法が取られます。

ただ、30日以内くらいに購入手続きが完了しなくてはいけないなどの条件があったりするので、購入する側は、その間に家の調査や手続きを完了しなくてはならず、ちょっと面倒な物件ということにもなります。

まして、ショートセールで出た物件なのに、買い手の調査が完了しても、結局、銀行の了承が得られずに、買い手が調査の料金を損することもあるらしいのです。
リスクがある分、お得な物件であることも多いのですが。

友人が、そんなショートセールの物件を見に行きたいけれど、急な話なので自分しか都合がつかない、一人では不安だからついてきて、というので一緒に行ってみました。

この辺りでは珍しい、築5年の家。
学区のいいところにある、2000sqftの二階建て
さすがに、ちょっと珍しいくらい条件のいい家だそうです。
(私にとっては、高いけれど。
coldsweats01

ただ、まだ売主が住んでいるとかで、時間も指定されているのです。
それは、一人では行きにくいですね。
いくら、不動さん屋さんがついてきてくれるとはいっても。

私も、ちょっとドキドキ。。。

「担保の家が取られて、住むところがない。」とテレビニュースで嘆いていた白人女性や、仕事がなくなってローンが払えず、家に火をつけて家族で心中したインド人男性
そして、解雇された会社に銃を持って乱入し、乱射した中国人男性

いろいろなお金にまつわる不幸話が頭をよぎって、心配にもなるのでした。shock
どんな住人が住んでいるのか、社会を恨んで思いつめた住人が恨めしい顔で私たちを見つめたら。。。などと考えてしまいます。

さて、ショートセールの住所に着くと、立派な玄関ドアのついた二階建ての新しい家が建っていました。
築5年というと、まだきれいです。

不動産屋さんが家の呼び鈴を鳴らし、住人の方を呼び出してくれました。

なかなか出てこない。。。
ドキドキ。。。
despair

しばらくして家から出てきたのは、30前半くらいのヒスパニック女性でした。
そして、ニコニコ満面の笑みでやさしく迎えてくれたのでした。

ごめんなさいね。すぐに出てこられなくて。赤ちゃんのご飯の時間だったから。happy01

とても明るくて、家をショートセールに出すような状態に陥っているようにはとても見えません。

自由に見てね♪

といって、赤ちゃんをあやしていました。

家の中は、新しくてとてもきれい。
そして、家にある家具を見て、とてもびっくりしたのでした。

IKEAのような家具ではない、もっと重厚な高級家具がたくさん!

ダイニングテーブルも、コーヒーテーブルも、ベビーベッドも、オムツ替えの台も、赤ちゃんを授乳するロッキングチェアーも、み~んなすてき!
(高そう!)
ベッドは、王様が寝るようなベッド。
すばらしい。。。

それにしても、まだ生まれたての赤ちゃんがいるということは、少なくとも赤ちゃん関連用品を買い集めたのは一年以内ということ。
もう、お金の見通しが悪くなっているときにも、こんな買い物をしていたなんて。

ガレージやドライブウェイには、大きなベンツ2台BMW2台

このベンツって、ベンツの中でも一番高いベンツよね。

と、不動屋さん。

そうなの? ベンツはどれも同じに見えてしまう私。
私には縁のない世界ね。。。

住人の女性は、

どう? この家の前の通りも静かで、とってもいいところよ♪

と明るく語ってくれました。

最後に、「ばいば~い!happy01

と赤ちゃんの手を持って、楽しそうに手を振ってくれました。

堅実な日本人としては、とても信じられない豪華な生活。
家のローンが払えなくても、いろいろなお買い物はできてしまう楽観的な生活。
家を指し押させされてしまうかもしれないという不幸を微塵も感じさせることのない家庭でした。
やっぱり、アメリカって広いのね。
お金を貸した人は、怒り心頭かもしれませんが。。。
 

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

200字詰め原稿用紙(レターサイズ)

200字詰め原稿用紙(レターサイズ)を作りました。
よく作文を書くために使った、修正する空白のある原稿用紙です。

このマス目の大きさなら、小学生の中学年でも十分なのではないかと思います。
ダウンロード&プリントアウトしてお使いください。

レターサイズいっぱいに作っているので、A4サイズに出力すると横が入りきらないのではないかと思います。

「200MPaper-Letter.pdf」をダウンロード

その他の教材は、教育カテゴリでどう ぞ。

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

恥ずかしい宿題

アメリカの学校の先生は、発想豊かだなぁと思います。
その発想の豊かさは、宿題にも表れます。
そんな宿題を楽しんだり、困ったり。。。いろいろあるわけです。

さて、先週、St. Patrick's Day(聖パトリックの祝日)がありました。
2年前に、Leprechaunを捕まえる罠を作る宿題について記事を書きましたが、今年は、Leprechaunの絵を描いてくる、という宿題が出ました。

その宿題、生徒たちがLeprechaunを描くというのなら、美術の宿題のようなもので、そういう宿題もアリだな、と思うのですが。

今回の宿題は生徒だけでなく、家族全員が描かなくてはならない!?wobbly
私も、Leprechaunを描くの!?coldsweats02

それも、クラス全員の家族が書いたものを集めて、クラスブックを作るとか。
つまりは、クラス全体に公開するということ。
恥ずかしい。。。!
bearing

実は、うちは、娘以外は字も絵も苦手。
手紙を出すときには、だいたいプリントアウトです。。。
coldsweats01

提出日期限ぎりぎりまで、何もできずにいると、先生から家族全員分の10cm角くらいの紙を渡されてしまいました。
こんな小さな紙に人間の格好を描くなんて、ますます無理。
wobbly

でも、これは私の宿題なのよね。
しかたがないので、まるまるとしたLeprechaun赤ちゃんの絵を描きました。
これなら、ユニークでいいかな。
(もちろん、ここで公開なんてできませんが。
coldsweats01

Stpatricksday 娘は、小さな紙に、小さなLeprechaunを描きました。
そうそう、St. Patrick's Dayといえば、Leprechaunの他に、コインShamrock(クローバー)
アメリカの子がSt. Patrick's Dayといって思い出すもの全てが入った絵でした。

何とか、体裁を整えて、うちの分の宿題は終了。
(実は、娘は、父親の分の絵も自分で描きました。。。
coldsweats02

今後、こういう宿題は止めてほしいなぁ。。。coldsweats01
 

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

バレエの発表会練習が始まる

毎年恒例のバレエ学校発表会を2ヵ月後に控え、ほとんどのクラスで練習が始まりました。

去年は、バレエ学校に入った最初の年だったので、驚くことの連続でしたが、今年は落ち着いて練習が見られます。
といっても、バレエ学校に慣れたからではなく、子供たちがすごく成長したからなのかもしれません。

娘は年末生まれなので、一学年上のクラスに入れてもらっていますが、去年の小学校2年生以上のクラスでも、まだみんな、ものすごく赤ちゃんでした。

先生の言うことを聞かず、授業中に床に寝転がる子、先生の回転椅子でクルクル回っている子、そういう子達に引きずられて集中できない子たち。
とても大変でした。

日本人の私から見ると、その光景は異常で、

「アメリカのお金持ちは、発達障がい児の療育にバレエ学校も使うのね。
 先生は大変ねー
think

と思ったものでした。
(実際に、中国からの移民のお友達と一緒に、「大変ねー」などと話してしまってました。
coldsweats02

その子達も3年生以上になり、とても落ち着きました。
実は、みんな、普通に成長している子供たちだったのです。
今では、きちんと真面目に練習しています。
2年生と3年生で、こんなに違うとは!

そんなに成長したので、今年のクラスは、全員が「背の順」に並んで演技をするようになりました。
去年は、一学年以上年上の子と比べても精神的成長が早くて落ち着いた(日本では普通の)娘は、自分より背の高い子と入れ替わって真ん中で踊りましたが、今年は一番小さい子らしく一番端に立つようになりました。

背の順になると、見た目がきれいになります。confident
上手でない子も、集中してがんばっているので、それなりに演技ができるようになりました。

2年生から、3年生。
一年でこんなに成長するなんて、本当に驚きです。happy01

たぶん、日本で、「幼稚園生と小学生では、こんなにちがうのね!」と感動するのと同じなのでしょうね。
日本基準で考えていた自分の視野の狭さに、今思い出すとおかしくなってしまいます。

もっと大きな子供を持つ友人たちが口を揃えて、

「アメリカの子は幼いから、かわいい。」
「日本の子と比べると、中学生でも会話の内容がとても幼い。」
「アメリカで育ってしまったから、日本の子の中に戻ったら負けるだろう。」

と言うのを思い出してしまいました。

もっと成長しても日本の子達と比べると差があるということは、もし日本に戻って生活する日が来たら、娘はうまく学校生活を送れるのかしら。。。
楽しそうに踊る子達を見ながら、ふと不安になってしまいました。
   

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

Googleデザインコンテスト学校代表に!

きっとほとんどの人が見たことのある google.com や google.co.jp のロゴ。
実際には、こんな感じで作られているそうです。

そんなGoogleロゴを募集する、全米デザインコンテストが毎年行われています。

最近は、日本でも行われているようで、学校の先生の指導のもと参加するそうです。
そして、「Doodle 作成ガイドブック」などという立派な資料まで配布されているので、知名度の違いか!? 日本ではマメさが求められる!?と驚いたものです。

アメリカでは、もうちょっと適当。
簡単な案内通知が来て、勝手に生徒個人個人がデザインして学校に提出し、先生方が選ぶだけです。

賞品は、アメリカも日本も、同じように、学校への寄付がメイン。
とはいっても、ものすごい人数が参加するので、寄付を受けられる確立はほとんどないのですが。

去年のテーマは、"What I Wish for the World" でした。
優秀者のデザインは公開されています。

さて、今年のテーマは、"If I Could Do Anything, I Would …"

去年は参加しなかった娘も参加すると言い出し、家で何やらデザインを描いていました。

その後、小学校に提出してしばらくした頃、校内放送が流れたそうです。
なんと、娘が小学校代表に選ばれたという内容。

Congratulations!!

と放送されると、クラスメートたちが「わ~~~~~っ!happy02」と盛り上がり、男の子も女の子も、次々と抱きついてきて、もみくちゃになったそうです。

でも、まだ小学二年生。
みんな、どこまでわかっているのか。。。という状況で、

お友達は、
すごいわ! 家に帰ったら、ママに googleのホームページを見せてもらおう!happy01

と言っていたそうです。

学校の代表だけで、何万ものデザインが集まってきているわけで。。。
何万分の一に選ばれただけのデザインが、Googleのホームページに載るわけはないんですけどね。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

クレイジー・ヘア・デー in 2010

今年も、小学校で Crazy Hair Day(クレイジー・ヘア・デー)がありました。

去年のクレイジー・ヘアに引き続き、かわいい系を希望する娘。

私は、もっとみんなが笑うような髪型にしたかったのですが、諦めて、こんな感じにしました。

Crazyhairday2010
 
左右の髪を編み込みにして下の方はみつ編み。
そして、左右のみつ編みを後ろ髪の下側で結びます。
編み込み部分にカラフルな小さいピンをあちこち止めてできあがり!

これも、あまりクレイジーでない。。。coldsweats01

学校の後、年上のお友達に会ったのですが、みんなから「かわいい!」と言われて、娘はご機嫌でした。

やっぱり、クレイジーでない。。。coldsweats02

今年の学校の様子は、やはりあまり写真に収める勇気はありませんでしたが、2枚だけ。

Crazyhairday20103

左側は、ごく一般的なクレイジーヘアで、髪をピンクや青にスプレーしている姉妹です。
右側は、モールでおもしろく左右に型を作った女の子です。
実物は、左右のハートがポヨンポヨン揺れていて、なかなかでした♪
 

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

びっくり! Palo Altoの超格安一戸建て!

シリコンバレーは、本当に地価の高い場所です。

「こんな家、誰が買えるの!?」

と思ってしまいますが、買える人は買えるのですよね。

一億円くらいの家は、お金持ちの中国人が「バン!」と現金で買ってしまうことも珍しくないとか。
もちろん、本当にそれだけのお金がある人もいますが、中国の方が安くお金を借りられるそうで、ごっそり借りて持ってくる人もいると不動産関連の知人が言っていました。
うらやましい。。。
coldsweats02

この辺り、一億出しても、そんなに広い いい家が買えるわけではありません。
まして、Palo AltoLos Altosなどでは、1000sqft以上で一億円を下回る一戸建ての家を見つけるのは、困難なことでしょう。

そんな住宅事情の中、先日、Palo Altoにものすごい超格安物件を発見しました!

El Camino の南側にある一戸建てばかりの住宅地の中にあり、Gunn Highという人気の高校の学区にあるそう。

の広さは、1495 sqft
土地の面積は、5512 sqft
3ベッドルーム
1925年に立てられた家のようですが、Palo Altoとしては普通の古さでしょう。

さて、この物件がいくらかというと。。。

700,000ドル!

信じられない!!wobbly
そんな物件があるの!?

興味津々の私は、オープンハウスに出かけてきました。

結果は。。。ものすごくびっくりしました。coldsweats01

家は、廃屋同然。
床もギシギシしているし、歪んでる。。。
水周りは、もう近くによるのも怖いほど汚い!
shock
家のどこを見ても一年以内に人間が住んでいたとは思えない。。。sad

ちょっと入っただけで具合が悪くなり、すぐに退散してきました。
何か変な虫でも身体につかなかったか心配になるほど、ものすごい家でした。

でも、売り手の不動産屋さんの周りに、中国人たちが固まって、何やら質問していたんですよね。
物件に興味がある人たちなのでしょう。

更地にして新しい家を建てる計画なのかしら。
いくらなんでも、住めないとは思うのだけど。

う~ん。それほどの家でも、700K。
さすが、Palo Alto!!
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

え!? 体育をサボってた??


シリコンバレーの小学校に通う日本人の子供たちは、勉強だけでなく、体育もトップクラスの子供たちが多いです。

もっと大きい立派な体格の子達が多い中、どうして?という気もしますが、理由は、


単に、まじめだから!coldsweats01

なのです。

かけっこをしても、娘は女子の中では いつも一番。

でも、もし、アメリカ人の子達が真剣に走っていたとしたら、きっと娘は真ん中くらいになるのではないかと思います。
think
身体は1~2番に小さいし、体重で言ったら、文句なしに一番軽いでしょうから、それも仕方がないのですが。

そんな娘ですが、ひょんなことから、実は最近体育をサボっていたという話を聞いてしまいました。
娘は、ただ走りたいのに走れないという愚痴を私にしたかっただけで、「サボっている」という意識はなかったのだと思います。

長距離を走る時間になると、お友達が

駆けるの嫌だわ。一緒に歩こうよ!

と言って、走らせてくれないからと言うことでした。

まじめな娘がサボり。。。びっくり!

娘は、すべての科目で最高の成績を取りたいという超日本人的な子なので、

「授業、まじめに受けていないの?
 サボってると、今度はSがつかなくなっちゃうかもね。」

と言うだけで、かなりなショックを受けて絶句してしまいました。

その次の体育からは、何度も友達に

どうして、先生の言うとおりにしなくちゃいけないの?
 どうして、駆けなくちゃいけないの?


と言われながらも、まじめに走るようになったそうですが。

そんな話を友人たちにしていたら、「
お友達が足かせになる現象は学年が上がるに連れて、どんどん増えていくもの」と言われてしまいました。

今は、体育の問題として気がついたけれど、それが語学算数にも広がってくるそうなのです。

サボりたい子達の中で、どれだけ自分のペースを守るか。
どうすることが自分のためになるのか。
きちんと考えて行動する子供に育てないといけないですね。

その後、娘は走りたいだけ走り回り、

「今日は、短距離走で男の子に勝った!
happy01

とよろこんで帰ってくるようになりました。

よかったような、日本のように いじめられないか心配なような。。。
本当に速いわけではないのに、周りがまじめでないばかりに速いと思ってしまっていいのだろうかと心配でもあり。。。

(2年生では、まだ走る速度に男女差はないだろうと思うのに、長距離でいつも娘の前に何人かの男の子たちが走っているそうなので、たぶん、まだ男の子は純粋で、もっと真剣に授業を受けているのではないかと思います。)
   

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

手作りお誕生パーティ

先日、私のお誕生日がありました。
娘は、一週間も前から、私のお誕生日にパーティを企画しようとソワソワしていました。

とはいえ、日本の子供と違い、アメリカの小学二年生は一人で道を歩くこともできず。。。
パーティをしようと思っても何も買えません。
そこで、家の中のものを利用した手作りパーティを考えたようです。

一週間もあるのだから、企画を練る時間はたくさん!
私が家事をしている時間に、いつも一人でコソコソ何かを作ったり書いたりしていました。

そして当日。

パーティ会場になったのは、リビングとダイニング。

入り口には、Admissionがあり、そこであらかじめ渡されていた10ドルのお金(娘手作りの偽札coldsweats01)を払うと、入場チケットがもらえて、会場へ。
私は、パーティーガールだったので、入場チケットの裏にもう一枚、次回パーティの無料券が付いていました。
(母の日パーティで使えるのかな?)

0302101 パーティ会場の天井には、

「Happy Birthday Mommy!!」

とハートで書かれた紙や、折り紙で作った飾りが天井に吊るされています。
(まだ、トラブルのあった天井の電気は修理されていない。。。coldsweats01

0302102 壁には、パーティのタイムテーブルが書いてありました。

  1. 入場券のチェック
  2. 夕食
  3. バースディソングを歌い、ローソクの火を消す。
  4. (娘の)歌
  5. クラッカー
  6. クラッカーのゴミ拾い
  7. プレゼント
  8. ケーキを食べる。
  9. お楽しみ

0302103 「お楽しみ」の詳細を書いた紙も張られていました。

  1. ジャグルの芸(お手玉みたいなもの)
  2. 宝探しゲーム
  3. ピニャータ
  4. ピニャータのお菓子を食べる。

ゴミ拾いまで計画に入れているのは偉いけれど、すごいボリューム!
平日の夜に、これだけの催しをしたら、寝不足になりそう。。。
でも、娘が一生懸命、企画してくれたパーティなので、全てこなさなければ、とかなりなプレッシャーでした。coldsweats02

0302105 さて、今回のパーティで おもしろかったのは、クラッカー
もちろん、「
パーン!!」などという派手なものは作れないので。。。一見、クラッカーには見えるのですが、実はこれ、吹き矢式クラッカーなのです。
円錐形の紙の中に紙吹雪が入っていて、頂点についたストローを吹いて紙吹雪を飛ばすという。。。

(なぜ、娘が変な格好をしているかというと、大道芸人に変身するためです。いつも緑のスカーフをしているわけではありません。)

0302104 そして、ピニャータ
売っているような、かっこいい or かわいいピニャータは使えません。
そこで、紙袋を利用した簡単ピニャータを作ったようです。
洗濯ハンガーに吊るして、すごーく庶民的なピニャータでした。

宝探しゲームは、一枚のメモ用紙を渡され、そこに書いてある場所で次のメモを探し、また次のメモを探し。。。と最後に宝物(娘の描いた絵)を探し当てるゲームでした。

あちこち、いろいろな おもしろいアイディアが盛り込まれていて、小学校低学年らしい楽しい手作りパーティでした。happy01
ちょっと寝不足になってしまいましたが。。。coldsweats01

| | コメント (2)

2010年3月 2日 (火)

あわや大惨事!電気落下事件


家のコンピュータルームでディスプレイに向かっていたとき、


ガッシャーーーンthunderthunderthunder

と遠くから ものすごい音!

いったい、どこから?? まさか泥棒??
bearing

と思いつつ、恐る恐るリビングを抜けてダイニングを除くと、ダイニングテーブルの下に欠けた白いプラスティックの物体と破片落ちていました。

Ceilinglight2
いったい、これは何!?

とキョロキョロしてみると、どうも、ダイニングテーブルの上の電気カバーが落ちて、ダイニングテーブルや床に当たって砕けたよう。

こわ~~~~っ!!
shock

これが、もし食事の時間だったら、頭を直撃していたでしょう。

この電気は、私がここに入居した5年くらい前に取り付けられたもので、ずーっと何の問題もなかったのです。
それなのに、突然、落ちてくることもあるのね。。。
落ちてくるのは、重いシャンデリアだけかと思っていたのに。

それ以来、天井の電気が怖くなってしまったことは言うまでもありません。
天井についているのものは、ときどき何もトラブルがないかチェックしなくてはいけないですね。
think
特に、シリコンバレーの家は、と~っても古いんだもの。

写真は、元の電気は、こんな感じ。と、現在の裸になってしまった電気。。。
Ceilinglight1
早く新しいものを買わなくては。
   

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »