« ライティング授業:お友達からのラブレター | トップページ | たくさんの渋柿をいただきました♪ »

2009年12月10日 (木)

手作りシニヨンネット♪

バレエのときに使っているシニヨンネット。
同じ素材で二種類、手作りしてみました。

Buncover

材料は、ある程度伸びる素材でできたネットリボン小さなバラの花バレッタピン細いゴムです。
(すべて、Jo-Annで揃います。)

作り方は、

  1. ネットを直径17~20cmの円形に切ります。(髪量によります)
  2. ネットの縁から1cmくらいのところにゴムを通します。
  3. ゴムを引っ張り、直径4~5cmくらいの小さい輪にして止めます。
  4. シニヨンネットをつけたときに上部になる部分の裏側にバレッタピンを縫い付けます。

これで、シニヨンネットのネット部分は完成。

写真左のシニヨンネットの作り方は、

  1. バラの花3つの根元に針を通し、3つの花を糸でつけます。
  2. リボンを好きな形に飾りつけ、糸で留めます。
  3. バラの花とリボンを合わせてつけます。
  4. シニヨンネットのネット部分の表側に、できあがったリボンをつけます。このとき、リボンとネットとバレッタピンをすべて通すように糸を止めます。

写真右のシニヨンネットの作り方は、

  1. リボンを適当な大きさの輪にして糸で留めます。
  2. 輪の真ん中を絞って、リボンの形にします。
  3. 真ん中にお花をつけます。
  4. このお花のついたリボンを5個作ります。
  5. シニヨンネットのネット部分の表側から、できあがったリボンを一つつけます。このとき、リボンとネットとバレッタピンをすべて通すように糸を止めます。
  6. 残りの4つのリボンを等間隔に配置して、ネットにつけます。

こんな手順で、簡単に作れます。
左側のシニヨンネットの方が、短時間でできて簡単です。
右側は、伸縮する部分に等間隔にリボンをつけるので、少しだけ難しくなります。
   

|

« ライティング授業:お友達からのラブレター | トップページ | たくさんの渋柿をいただきました♪ »

手作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライティング授業:お友達からのラブレター | トップページ | たくさんの渋柿をいただきました♪ »