« 小学校4年生11月の漢字表&漢字カード | トップページ | ターゲット開店&ダウンタウン »

2009年11月16日 (月)

寄付?売買?テストの成績


アメリカの学校では資金調達のために行事をしたり、クッキーなどを売ったりということがよくあります。
娘の小学校でも、年に一度、ウォーカソンをして資金調達をしています。

それだけでも、日本人からすれば、「そんなに教育費が足りないの?」と驚きでしたが、もっと驚く資金調達方法を考えた学校がありました。

North Carolina州の Rosewood Middle Schoolでは、
20ドルの寄付で、生徒が選んだ2科目のテストに10点ずつ加えるという資金調達システムの計画を立てたそうです。

いくら「寄付」と言っているとはいえ、お金でテストの点を買うようなもの。
お金で、Bの成績がAになったり、落としてしまう単位がもらえたりするのです。

ただ、実際には、このシステムは あちこちで批判を買い、教育上よくないという理由で実現はしませんでした。

Rosewood Middle Schoolの学区は、Wayne Countyの中では裕福な地域だそうで、実現していたらたくさんの寄付の申し込みがあったかも!?

校長先生は「何人かの生徒に20点が加わったからといって生徒全体の成績に影響はない。」と主張していましたが、そういう問題では。。。。。
coldsweats02

アメリカ人たちの反応として、「
あまりショックな事件でもないわ~」という人はいるものの、「とんでもない!」と不快感を表す意見がほとんどなので、その常識には ほっとしました。

教育関係者は、「
校長を解雇する理由にもなる。」と言いますが、確かにそういう感覚の先生がいるというのは問題がありますよね。
個人的には、きちんと何か処分をしてほしい気が。。。
   

|

« 小学校4年生11月の漢字表&漢字カード | トップページ | ターゲット開店&ダウンタウン »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学校4年生11月の漢字表&漢字カード | トップページ | ターゲット開店&ダウンタウン »