« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

Thanksgiving Day(感謝祭の日)


11月 第4木曜日の Thanksgiving Day、感謝祭の日。

Turkey2009s 今年も、一昨年ご紹介した「もち米ドレッシング(詰め物)レシピ」のローストターキーを作りました。
写真は、オーブンから取り出したところ。
今年も大きいです。

ソースは、グランベリーソースとグレイビーソース。
そして、ポテトにパンプキンパイと、アメリカ色の濃いサンクスギビングのディナーでした。

途中、グレイビーソースを作っている私に、

これ、何?

と聞く娘。

内臓よ

というと、

どうして、そんな気持ち悪いもの入れるの!? 入れないで~sad

それじゃあ、グレイビーソースにならないでしょう。
coldsweats02
おいしいのにねぇ。。。coldsweats01

そんな娘、先日は学校からサンクスギビングに向けた感謝の手紙を持って帰ってきました。


ママに一番感謝してます。
ママが、私のママでほんとうにうれしい!


などと、かわいらしい文面の長い手紙です。

さて、男の子が書いていた手紙はと言うと、もちろん母親や家族に向けたものもあったそうですが、


僕は、洋服t-shirt に感謝しています。
(確かに裸は困る!)


僕は、テレビtv に感謝しています。

僕は、ゲームgame に感謝しています。

など、おかしな内容がいっぱいあったそうです。

男の子って、やっぱり可愛くておもしろいわ~
happy01

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

写真モデル体験♪


バレエ学校の先生に頼まれたチュチュ姿の写真モデル。
先日、写真撮影に行ってきました。

撮影場所のメインは、バレエ学校。
先生が一番大きいスタジオを抑えていてくれました。

先生は、車に大量の衣装や小道具を積んできていて、数え切れないくらいのチュチュを着ました。
そのチュチュが すべて手作りなんて、すごい!!

小道具には、
撮影するチュチュと同じデザインのチュチュを着たぬいぐるみシルクの布お人形ネックレス小さな妖精小さなかぼちゃ娘はまだ履くことの許されないトゥシューズコサージュ風船魔法の棒など、ものすごい量でした。

私自身も、
黒のレオタードピンクのレオタード、そのほか小道具としてドレスシューズ長靴いろいろな色のシャツなどを頼まれて用意していきました。

次々といろいろなチュチュを着て、うれしそうにポーズを取ったり、踊ったり。。。
和やかな写真撮影でした。
いつもバレエを習うスタジオ、いつもの先生だものね。

Tutu1
その後、スタジオを後にして、近所の Shoreline Parkへ。
ここでも、いろいろなチュチュを着て、走り回って撮影しました。

Tutu2
チュチュはバレエのもの!という感覚もありますが、他にも様々な着方があるのよ、ということを表したかったようです。
右の写真のチュチュは、すそにお花がたくさん入っていて揺れ動くので、とてもかわいいです
note

朝から、2時頃まで。
食事も取らず、ず~っと撮影に熱中していました。

この撮影の後、この写真を先生がバレエ仲間たちに公開したそうです。
写真を見ての反応は。。。

「7才児のElevation!」

「これだけじゃないわ。petit jetes や tour jetesも、見せてくれたのよ~!」

と私には
??なバレエ会話。
バレリーナは、心はいつもバレエでいっぱい。
やっぱり、娘はルックスで声をかけられたわけじゃないわよね~
わかっていたけれど。
coldsweats01


さて、こ~んなきれいなチュチュを購入したいと思われる知人の方々は、個別にご連絡ください。
今日明日にも販売サイトが公開される予定なので、お知らせします
heart
 

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

先生との個人面談&英語・日本語

今週、娘の通うカリフォルニアの小学校で、先生との個人面談が行われました。
そのため、毎日、学校は午前中でおしまい。
その後は、個人面談になります。

娘の2年生のクラスは、20人くらいの生徒しかいないので、一週間、午後全部を使って面談というと余裕のスケジュールになります。
こういうところも、日本と違うなぁ~という感じですね。

一般的に日本人の子は皆、まじめで勉強もでき、生活態度もいいので、アメリカでは「どの分野もパーフェクト!」と言われ、個人面談は ものすご~く和やかに終わります。
娘も、典型的な日本人なので問題はなく。。。

日本人の親が気にしてしまう英語能力、英語の語彙力についてですが、小学校2年生にもなると、英語と無関係な家庭生活をしていても、英語力にはまったく問題がなくなります。

実際に、我が家は日本語教育に力を入れているので、英語はリーディングの宿題をするのみの生活でしたが、リーディングのレベルはついに小学5年生の平均に突入。

確かに、家庭で親子の会話に上る単語って、すごく限られた範囲なんですよね。
だから、アメリカ人家庭の子との差は、案外早くに埋まってしまうのです。

学校での勉強と、宿題の20分間リーディングだけで、英語はこの結果。
家では、ものすごく日本語に力を入れていましたが、まだ5年生レベルの本には到底到達できず。。。
coldsweats02
小学校中学年の本でも、ときどき漢字の読みやイントネーションが変になったりするので、日本語力は英語力に抜かれてしまったことになります。shock

アメリカで小さいお子さんを育てている方、英語は大丈夫ですから、日本語をがんばって教えてください!!

アメリカ育ちの場合、英語に力を入れて育てた日本人の子供と、日本語に力を入れて育てた日本人の子供は、最後には日本語能力の違いしかなくなります!

英語より、日本語のほうがずっと難しい言語だから、というのもあるのでしょうね。

どうしても日本語に接する機会が減ってしまうアメリカ育ちの子供たち。
どれだけ親が意識しながら、多くの話題、いろいろな言い回し、知らない言葉の説明をしているかということも重要になると思います。
(逆に、アメリカでは、あまり気をつけて会話をしていない家庭が多いから、アジア人の子ども達に抜かれる結果になっているとも言えますね。)

私も、時間のあるときには、ものすご~く注意しながら会話をしています。
英語との差があまり広がらないように、これからも がんばらないといけないですね。。。大変だけど。
think
 

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

ターゲット開店&ダウンタウン


Sunnyvaleダウンタウン開発。
不況のため遅れていましたが、その一部であるターゲットが、先日、無事に開店しました!
しばらく、荒れたダウンタウン地区でしたが、これで少し活気が!?
happy01

新しいターゲットは、一階が駐車場、二階が売り場になっています。
開店した15日(日曜)は、とても混雑していました。
ターゲット一階の駐車場は満車!

とはいっても、ターゲットの向かいが立体駐車場になっていて、その駐車場二階からは渡り廊下でつながっています。
立体駐車場からの入り口は、こんな感じ。

Svtarget1
一階駐車場から店舗へはエスカレータがあります。
つまり、ターゲット一階、立体駐車場一階、二階、どこに車を止めても、店内にはとても行きやすくなっています。
足の悪い方
wheelchair にも便利ですね。

中は、普通のターゲット(当たり前!)で、店舗は二階にしかないといっても 売り場面積は広いので、商品は豊富にあります。
カートが他のターゲットと違った新しいものに変わっていて、全体がプラスティック製で角が丸く、安全設計(?)になっていました。

ターゲット渡り廊下からダウンタウン中心部を見ると。。。だいぶ工事が進んできて、新しい街になりつつありました。

Svtarget2 早くすべてが新しく生まれ変わるといいな~
   

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

寄付?売買?テストの成績


アメリカの学校では資金調達のために行事をしたり、クッキーなどを売ったりということがよくあります。
娘の小学校でも、年に一度、ウォーカソンをして資金調達をしています。

それだけでも、日本人からすれば、「そんなに教育費が足りないの?」と驚きでしたが、もっと驚く資金調達方法を考えた学校がありました。

North Carolina州の Rosewood Middle Schoolでは、
20ドルの寄付で、生徒が選んだ2科目のテストに10点ずつ加えるという資金調達システムの計画を立てたそうです。

いくら「寄付」と言っているとはいえ、お金でテストの点を買うようなもの。
お金で、Bの成績がAになったり、落としてしまう単位がもらえたりするのです。

ただ、実際には、このシステムは あちこちで批判を買い、教育上よくないという理由で実現はしませんでした。

Rosewood Middle Schoolの学区は、Wayne Countyの中では裕福な地域だそうで、実現していたらたくさんの寄付の申し込みがあったかも!?

校長先生は「何人かの生徒に20点が加わったからといって生徒全体の成績に影響はない。」と主張していましたが、そういう問題では。。。。。
coldsweats02

アメリカ人たちの反応として、「
あまりショックな事件でもないわ~」という人はいるものの、「とんでもない!」と不快感を表す意見がほとんどなので、その常識には ほっとしました。

教育関係者は、「
校長を解雇する理由にもなる。」と言いますが、確かにそういう感覚の先生がいるというのは問題がありますよね。
個人的には、きちんと何か処分をしてほしい気が。。。
   

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

小学校4年生11月の漢字表&漢字カード


小学校4年生11月に習う漢字の漢字カード漢字表 です。
使い方などは、4月の漢字カード漢字表をご覧ください。


なお、この漢字カード漢字表は、海外在住者統一の教科書光村図書」を元にしています。
なかなか教材を手に入れられない世界各国の方々に利用していただければ幸いです。
(レターサイズで作成していますが、A4でも印刷可能だと思います。

 

漢字カード 「4th-grd-kanjicard11.pdf (34.6KB)」をダウンロード

漢字表 「4th-grd-kanjilist11.pdf (417KB)」をダウンロード

 

その他の教材は、教育カテゴリでどうぞ。

 

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

トランス・ジェンダーを扱う英語の絵本

willliamsdoll

娘が、小学校の授業中に、ちょっと変わった絵本を紹介されてきました。

アメリカでは、トランス・ジェンダーやゲイ(同性愛主義者)を扱う子供向けの絵本が、たくさん出版されています。

その一つが、この本 William's Dollです。
昔から口ずさまれていた歌が元だと言われる絵本で、有名な本です。


男の子 Williamのほしい おもちゃは、お人形。
かわいいお人形を抱っこして、かわいがって楽しみたいのです。
でも、誰もそれを理解しようとしてくれません。

お父さんは嫌な顔をするし、周りの子供も馬鹿にします。
Williamが何を言っても、お父さんは相手にしません。
そして、男の子が喜ぶもの、つまりバスケットボールやグローブをくれます。
男の子らしく育ってほしいのです。

でも、一人だけ、Williamの気持ちをわかり、ありのままの Williamを受け入れてくれる人がいました。
Willliamのおばあさんでした。

おばあさんは、Williamに お人形を買ってくれました。
Williamは、お人形を抱きしめて、とてもよろこびました。

もちろん、お父さんはいい顔をしません。
でも、おばあさんはお父さんに、

「Williamがいつかお父さんになったときの練習よ。」

と言って、にっこり微笑んでくれました。


Williamのお人形への固執の仕方を見ると、おばあさんのお父さんへの言い分は、単なる言い訳でしかないように感じますが。。。

昔は、育て方によってトランス・ジェンダーになるなどと言われ、親が非難されました。
でも、今、小さいうちから興味や感情の持ち方の違う人間はいるという考えに至り、ありのままの姿を受け入れられるようになりました。

そして、トランス・ジェンダーやゲイを扱う子供向けの絵本がどんどん出版され、自分の子供の資質を見て「ん?」と思う親や、そういう子をからかう子供の親たちが、子供に読ませるそうです。
(他にも、ドレスが着たい男の子のお話や、お母さんとママがいる子供のお話など、バラエティに富んだ内容の絵本が出版されています。)

今回、授業で William's Dollを使用したのは、個人個人の違いを尊重しようという教育の一環なのでしょう。
確かに、
生まれつき男の子のものに興味が持てない男の子に、それを間違いだと言うのは酷ですよね。despair
   

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

Comcastアドレスへのメール送信不具合(その後)


HotmailやComcastのアドレスへのメール送信が拒否されてエラーで戻ってくるという不具合をニフティに連絡して二週間。
Hotmailアドレスに関しては解決したものの、Comcastアドレスについては未解決でした。

もうニフティからの連絡はないものと諦めていたところへ、カスタマーサービスからメールを受け取りました。

 弊社よりComcastにメール制限の解除を依頼しましたところ、一部サーバー
については解除されたことを確認できました。

 しかしながら、現在も一部のサーバーについては制限が解除されず、また、
@nifty側にも依然としてComcastより連絡がきていない状況でございます。

 お問い合わせいただきながら誠に恐縮ではございますが、現状、@niftyか
らのこれ以上の対応は難しい状況でございます。


ということでした。

アメリカの会社は日本の会社ほどしっかりしていないから、問題が起きても日本からは何もできないのですよね。。。
今後も、Comcastアドレスにはメールが届くか届かないかわからないなんて。

つまり、ニフティアドレスで、日本国外のアドレスにメール送信するのは問題がある、ということ。
長い年月、ニフティIDを使い続けてきたけれど、別アドレスをメインに変えようかなぁ。
 

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

目を引いた絵 The Melting Pot


Meltingpot ある劇場の廊下に、たくさんの絵が飾ってありました。
何気なく眺めていて、目に止まった絵。
The Melting Pot。

アメリカが大きなお鍋で、世界中の国々が Potに飲み込まれて溶けていく??
ぼーっと眺めていたので、どの国の誰が描いたものなのかも見てこなかったのですが。。。
ちょっと気になった絵でした。
 

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

ハロウィンパレード♪


アメリカの学校では、ハロウィンの日またはハロウィンに一番近い登校日にハロウィンの衣装を見せ合うハロウィンパレードがあります。

娘の小学校でもハロウィンパレードがありました。
みんな、それぞれのコスチュームを着て、校庭を一周。
それぞれの家族も、みんな校庭で子供たちを眺めました。
ガイコツも、小さい子が着ているとかわいい♪
happy01
1

Hwscary 大きくなると、怖い格好も様になるというか、あまり近づきたくなくなるというか。。。
shock







Hwkigurumi 子供が全身を覆うコスチュームを着ているのを見るのは好きなのですが、こういった衣装は高級なんですよね。

2 個人的に気になったのが、UPSの配達員。
amazon.comからの小箱を抱えて、本物っぽい!
一見、地味な衣装&仕事なので、「こんな衣装が売っているんだ!」とびっくりしてしまいました。

Hwjapan 去年は、日本人(?)の格好のコスチュームといえば、男の子のお相撲の格好でしたが、今年は着物らしきものが見られました。
着物の合わせが逆だったのがちょっと気になりましたが。。。
頭には、かわいい真っ赤なかんざしもつけていました。
でも、途中で落ちてしまい、つけながら歩いていて大変そう。





相変わらず、ついつい楽しんでしまうのが、先生や父兄など大人たちの仮装。

Hw20091 まずは、定番の魔女やきれい系の妖精など。

Akigurumi かわいい着ぐるみ系は、しっかりした体型のアメリカ人には似合っていいな~

Hw20092 個性的な人は、こんな衣装。
左は、クラゲ!? 手作り?
この新型インフル流行の時期に、真ん中の衣装はちょっと怖いですね。

Hw20093 とにかく目立ちたい!
みんなを喜ばせたい人は、こんな衣装も。
右端は、休み時間の子供たちを見守るボランティアのご老人。
もう80才くらいかな、と思えるのに、これだけのサービス精神!

Hwclass パレードが終わった後は、クラスで記念撮影しました。
うちの娘は。。。一番左の赤いプリンセス。
性格が現れているというか。。。
バレエをする子は、こういう夢見る乙女な子が多いです。
coldsweats01

Hwtreat クラスに帰ってからは、ハロウィンにちなんだお菓子を作りました。
左が、クリームチーズを挟んだクモ。
右は、ロウソクです。





夜は、女の子のお友達とTrick or Treatに行きました。
途中、同じ学年の知っている男の子たちに会うと、彼らはワーワーと賑やかに何度も娘の名前を呼びながら寄ってきて話しかけ、ついてきました。
なかなか離れない男の子たちに、一人の硬派な(?)男の子が、

「くっついていくなよ!
 彼女は女の子だぞ!
 それとも、彼女と結婚でもしたいのか?」

とからかいました。

からかわれた男の子は、

「No Way!!(バカなこと言うなよー!)」

と返して離れていきました。
聞いていた私は おかしくて。。。

男の子は、まだまだ赤ちゃんだと思っていたけれど、こんな会話をするように成長しているのですね~
かわいい
heart

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

Googleより「Click or Treat!!」


いよいよハロウィン当日になりました。

昨日は、ハロウィンパレード、今日は Trick or Treat と忙しくなりそうです。
(昼間は、Nutcracker公演の練習も!)

ところで、昨日から、google.comでは、おもしろい仕掛けができていました。

Googleのロゴにカーソルを乗せると

Click or Treat!!

の文字。

それをクリックすると。。。おいしそうな Googleに!

なかなかのアイディアですね。
happy01

# ハロウィンパレードのご報告は、また後ほど。。。

 

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »