« カリフォルニア公立小学校の算数って。。。 | トップページ | 週三日のバレエ生活 »

2009年9月15日 (火)

アメリカ製から日本製のパン焼き機へ

Breadmachine

日本からアメリカに、パン焼き機を運んできました。
パナソニックのホームベーカリー SD-BM152

アメリカ製のパン焼き機(2代目)が壊れたわけではなかったのですが、アメリカで生活していると、日本に住んでいたら、わざわざ作ろうと思わないものまで自分で作ろうかなぁと思うことが多くなるのです。
日本のように、おいしいものが何でも手軽に手に入る環境ではないからかもしれません。

それで、
うどんおもちピザドウなど、いろいろな機能がついたパン焼き機を購入してみようかなぁと思うようになりました。

さて、アメリカにどうやってパン焼き機を持ち込むかと言うと、パン焼き機はお店でしてもらった梱包を考えると、かなりな大きさになっています。
そのため、機内持ち込み荷物にはできませんでした。
こわごわと、スーツケースと一緒に、チェックイン荷物に入れることになります。
いちおう、
壊れ物シールは貼ってくれるのですが、そんなのアメリカの空港では考慮されない気も。。。

アメリカの家に戻り、どきどきしながらパン焼き機を稼動させてみると、運よく正常に動きました!


日本製のパン焼き機を使うのは生まれて初めて。
パン焼きの機能は、アメリカ製も日本製も変りはないだろう、と勝手に思っていたのですが、実際には、かなりな違いがありました。

とても驚いたのが、音!!
アメリカ製のパン焼き機は、私が使った二台とも、ドッタンバッタン!という感じだったのですが、パナソニックのパン焼き機はとっても静か

うちはキッチンのカウンターがテレビを見ているリビングと接しているので、今までパン焼き機を使用しているときにはテレビが聞きにくかったのに、日本性パン焼き機では音が全く気になりませんでした。
壊れているのかと思ったくらいです。(あり得たし


もう一つ、パンが焼き終わって取り出したときに、
アメリカ製のパン焼き機では羽に かなりの量のパンがついてしまうのですが、日本製のパン焼き機では羽にパンが残りません

羽の材質だけでなく、羽の角度が、パン焼き機のうち釜から90度になるようにできているからなのでしょうけれど、これでキレイにパンのドウを練られるのなら、なぜアメリカ製もマネをしないのだろう??と思ってしまいました。
このおかげで、出来上がりをスライスしたときの見た目もきれいです。

できあがった食パンは、皮がパリッとしていて、中はふんわりとてもおいしかったです。


おもち機能も試しましたが、日本の餅つき機と違って、おもちが出来上がったときに取り出して成形する台はついていないので、自分の手で一つ一つ丸型に成形するのがちょっと面倒でした。
味は、とっても Good!
でした。

わざわざ日本製のパン焼き機を購入してよかったと思います。
ただ、今回は上手に持ち込めたからよかったのですが、チェックイン荷物として扱わなくてはいけないので、壊れるリスクもあります。
よーく考えてから持ち込まないと、壊れていたときのショックが大きいかもしれません。

|

« カリフォルニア公立小学校の算数って。。。 | トップページ | 週三日のバレエ生活 »

パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カリフォルニア公立小学校の算数って。。。 | トップページ | 週三日のバレエ生活 »