« アメリカ式 高熱対処法 | トップページ | 病み上がりのタップダンス »

2009年6月26日 (金)

ダンス★リサイタル &パパたちのダンス

ダンススクールのリサイタル当日の朝 37.9度だった娘の熱は、夕方近くになると 38.4度に上がりました。

それでも、その晩も、翌日の晩も、リサイタルに出演したいという娘。
リサイタルは、San Jose Downtown近くのシアターで遠いので、いちおう、支度をして、シアターに着くまで車の中で様子を見ることにしました。

すると、不思議なことに、一番熱が上がる時間帯というのに、シアターが近づくに連れて、娘の熱は下がり、37.9度に。

熱は気力で下がるもの??
小さいのに、ものすごいプロ意識。
coldsweats02

お医者さんに、
「運よく、37度台まで下がれば、解熱剤を飲んで出演できるだろうけれど。
 夕方から熱は さらに上がるから難しい。」

と言われていましたが、結局、元気になったので薬なしで出演してきました。
写真の真ん中は、楽しそうに踊る娘。

Cpashow
待っている間中、私は、具合が悪くなっていないか心配で仕方がなかったのですが。
娘を迎えに行ったときには、更に熱は下がり、37度になっていました。
「病は気から」って本当なのね。

それにしても、ダンススクールで うつったはずの風邪。
それも、娘の熱が出る前日の、一番感染力の高い時期にも、ダンススクールに行っているというのに、みんな元気と言うのも不思議でした。
娘は まだ小さいから弱いのか、周りの子たちも気力で病気にならないのか。。。


この記事の締めくくりは、恒例のパパたちのダンス。
やっぱり、アメリカンパパは明るくて おもしろい!
happy01

ダンススクールには、アジア系の子供たちも多いのですが、こういうのに出てくれるパパは、やっぱりアメリカンなんですよね。
アジア系は恥ずかしがり屋なのかな。

|

« アメリカ式 高熱対処法 | トップページ | 病み上がりのタップダンス »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ式 高熱対処法 | トップページ | 病み上がりのタップダンス »