« アメリカンパパ&娘たちのダンス、etc | トップページ | ガレージオープナー故障&付け替え »

2009年3月25日 (水)

アメリカの警察署体験!(事件の届出)


アメリカで、ID theft事件に巻き込まれてしまった私。
警察署へ出向き、事件について報告しようと試みていましたが、なかなか担当の警官に会うことができません。

その後、警察署へ三回目の訪問をしました。

すると、また、

今、担当者がいないの。明日来て

と言われてしまいました。

帰り道、「
明日って、よく考えると日曜日だけど、アメリカの警察所って日曜日もやっているのかな。

不安に思いながら、翌日、警察署へ四回目の訪問。

ところが。。。
やっぱり、日曜日はお休み!でした。
そりゃ、そうよね~
coldsweats01

ということで、週明けを待って五回目の警察署訪問を試みました。

受付前のロビーで待つこと一時間。

Policestation2
すると、写真の受付左側にあるセキュリティのかかったドアから、一人の警官が出てきました。

アメリカの他の州からシリコンバレーに来た人たちは、「シリコンバレーには小さい人が多くて びっくりした。」と言いますが、警察官や消防士たちは、普通のアメリカ人のように身体が大きくがっしりとしています。
シリコンバレーにどっぷり浸かっている私などは、逆に「この人たちは、どこから来たんだろう!?」と思ってしまいますが。

そんな普段見慣れない立派な体格をした警官の後について、どきどきしながら警察署の中へ連れられていきました。
セキュリティのドアを入ると、そこは小部屋になっています。

事務机が並んでいて、椅子を勧められました。
そして、ID theft事件について詳しく説明しました

警察官は、事件の経緯を書類に書き込んでいきます。(身体に似合わず、小さなきちっとした字なのに、びっくり!)


犯人が書いたカードの申込書や、何の調査もしないままカードを発行してしまったクレジットカード会社の督促状など、すべてが証拠書類になります。

これらの資料をコピーして、クレジットレコードを持ってくるように言われました。
そのクレジットレコードを見て、現在も犯罪に使われていないかチェックするそうです。
ということで、また警察署を後にしました。

クレジットレコードは、インターネットで取り寄せることができます。
たった一晩でクレジットレコードが得られて、すぐに警察への準備が完了になりました。

そして、今までの資料やクレジットレコードを警察に渡せるようにすべてコピーして、警察へ届けました。
これで、警察への届出は すべて完了。
happy01

ただ、犯人は、私のSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)と名前だけは知っているはずなので、また悪用されることもあります。

でも、警察への届出が完了したので、犯人に知られているSSNを変更することも可能になりました。
happy01
 

|

« アメリカンパパ&娘たちのダンス、etc | トップページ | ガレージオープナー故障&付け替え »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカンパパ&娘たちのダンス、etc | トップページ | ガレージオープナー故障&付け替え »