« クラスメートの入院 | トップページ | アメリカっ子の びっくり!お弁当 »

2009年2月 3日 (火)

Gum Specialist(歯茎の専門医)に会いに


先日、かかりつけの歯医者さんに 歯のクリーニングに出かけたとき、「
状態のよくない部分があるわ。」と言われてしまいました。

そして、Palo Alto にある Gum Specialist(歯茎の専門医)を紹介されてしまいました。

今まで、Gum Specialist などという存在を知らなかったのですが、歯茎を治療したり、骨の移植差し歯などを専門にしているそうです。

かかりつけの歯医者さんの紹介状には、「
骨の移植の可能性について、評価を~」などと、恐ろしいことが書いてあります。

かなり神経質になっていた私に、歯医者さんたちは、


「大丈夫よ。すごく腕のいい Gum Specialist なのよ。」
「患者さんは、皆、その Gum Specialist が大好きになって、また会いたくなるのよ。行く理由なんて忘れてね。」


と能天気な発言。


どんないい人だって、私は Gum Specialist になんて会いたくないわよ~

と思いつつ、今日、Gum Specialist に会いに行ってきました。

入り口で、事務の女性に「
How are you?」と言われたので、苦笑いをすると、

いいはずないわよね~  誰も、ここに来たい人なんていないもの。

すると、奥にいた別の事務員が、

あら~ ここはいい人が揃ってる、楽しい場所よ~♪

思わず、みんなで笑って和やかな雰囲気。
アメリカの病院の人たちって、みんな明るい。。。

当の Gum Specialist も、明るく親切で、私が知らなかった医療用語も英英辞典に載ってるような説明をしてくれるので、とても わかりやすい診察でした。

さて、私の状況はと言うと。。。

もう10年以上も前に日本で歯の治療をしたときに、歯を削って覆った部分に菌が残っていて、そこから悪くなってきたのだろう、と言うことでした。
それが、歯茎と歯の間なので、かなり面倒なことになるのです。

あなたは悪くない。どんなに上手な手入れをしても起きたことだろう。

そう言われても、かなりショックを受けてしまった私。

簡単な手術を受けることになりました。
たぶん、日本では「手術」ではなく「治療」と呼ぶものなのでしょうけれど。

手術の日程を決めるときに、

3月2日はどうかしら?

と言われたので、

え、3月2日!? それ、私の誕生日よぉ!

と応えると、

あら、まぁ!」と大笑い。

そばで資料を見ていた Gum Specialist も、

そりゃ、いい誕生日が迎えられるなぁ。
 ここですっきりした後に、誕生日を楽しむっていうのはどうだい?


事務所と待合室、全体に笑いがおきました。

結局、「
やっぱり、誕生日の一週間後くらいがいいんじゃないか。」などという話に落ち着きましたが。

確かに、かかりつけの歯医者さんの言われたとおり、楽しい Gum Specialist ではありました。

もちろん、それでも本心は、もう行きたくはないのですが。。。
ふぅ。。。手術の日まで、ときどき思い出して憂鬱になりそうです。

 

| |

« クラスメートの入院 | トップページ | アメリカっ子の びっくり!お弁当 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラスメートの入院 | トップページ | アメリカっ子の びっくり!お弁当 »