« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

クラスメートの入院


小学校の授業中、私がボランティアをしている時間に先生が話し出しました。


「Sallyが入院してしまったの。
 ほんとに、とても とても悪い状態なのよ。」


Sallyは、なぜか娘のことを とても気に入っていて、「プレイデートしたい!」「一緒にお泊りしたい!」と私に頼んでくる女の子でした。
私にもなついてくれていて、遠くからでも私を見つけると、元気に手を振ってくれる子でした。

先生の口調から察すると、かなり深刻な状態にある様子。
まだ7才になったばかりの小さな女の子が、と思うと、かなりショックな出来事です。

先生が、

「私たちの仲間なのだから、励ましのお手紙を書きましょう。
 文字と絵を描いてちょうだい。
 どんなことを書けばいいと思う?」


生徒たちは、

「Get well.」
「I miss you.」

と案を出していきます。

そして、みんなで手紙を書き出しました。

でも、驚いたことに、生徒たちは 案外、ケロッとしていました。
ニコニコと元気に教室内を走り回ったりしています。

6~7才の子供の成長度合いって、まだこんなものなのね。
ほんの数年前までは赤ちゃんだったんだものね。

私の方がショックで、一緒に働いていたもう一人のボランティアに、


「知ってた? 何の病気なのかしら。」

というと、


「癌とかの病気なんじゃないの? それで、もう。。。」

え、そんなこと言わないでよ~
despair

先生の口調があまりに深刻な病状を思わせたのだけれど、それは生徒たちが まだまだ幼くて、大げさに言わないと「元気づけなくちゃいけない」ということがわからないから。。。と思いたい。。。

私は、何だか気が滅入って胃痛が。。。
sad
その後の昼食も食べられませんでした。

小学校一年生という年齢の子供たち。
もう生意気なことを言う女の子たち、理解力があると感じる子たちでさえ、他人の気持ちになって思いやるという感情の部分が、まだ未発達のよう。
だから、大人でも 環境などによって成長しきれていない人が心無い犯罪をしたりするのも、高度な発達を遂げられていないということなのよねぇ、と改めて人間の進化を考えてしまった私でした。

病気と闘っている女の子。
よくなりますように。。。
 

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

強力な食器洗い機で溶けたお玉


アメリカの食器洗い機は、日本で使っていたものと比べると、とっても大きくて、お鍋まで洗えて うれしい!
happy01

アメリカで使っていて日本に持って帰ったお玉やフライパン返しはサイズが大きくて、日本の食器棚には入らなかったけれど、もちろん、アメリカでは食器棚どころか食器洗い機にも入ってしまいます。

そんななので、私はいろいろな
お鍋お皿調理用具調理器など、多くのものを食器洗い機に入れてしまうのですが。。。

先日、何故か、食器洗い機での洗浄中お玉が食器洗い機の中でジャンプしたらしく。。。中のカゴから滑り落ちて、食器洗い機の下についている金属部分(高熱になって内部を暖める部分)に当たってしまったらしいのです。

乾燥時にプラスティックが解ける嫌~な臭いがして、「
これは何かがあった!」とすぐにわかり、食器洗い機のスイッチを切りました。

そして、内部を確認してみると。。。
お玉に穴が!!
wobbly
Ladle
後が大変でした。
解けたプラスティックが、食器洗い機内部の金属部分にべったり。
いちおう高熱対応のお玉だったのですが、さすがに、食器洗い機の内部金属の高温にはたえられなかったみたい。

ついたプラスティックをガリガリと削ってみても、取れない!
coldsweats02
どうしよう。。。と思ったところで、お玉が溶ける高温なのだから、もう一度高温にしてみれば。。。ということで、もう一度、食器洗い機のスイッチをON!

また、プラスティックの溶けるいやな臭い。。。
sweat01
でも、食器洗い機の金属は、きれいになりました!happy01

それにしても、カゴの上段に入れていた お玉。
後で、食器洗い機を眺めても、ジャンプして飛び落ちたというのが信じられないのですが。
これからは、気をつけなくては。
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

旧正月のパレード:Lunar New Year Parade


カリフォルニア シリコンバレーにある、小学校の Lunar New Year Parade(旧正月パレード)を見てきました。
去年は、見損なってしまったのですが。)

Lunar New Year(旧正月)は、太陰暦・太陰太陽暦一般の年初を表す言葉で、
中国暦モンゴル暦イスラム暦など すべてを含めての行事です。

とはいえ、どうしても「
旧正月=中国」のイメージが強く、今回のパレードも中国色の強いものでした。

まず、いろいろな武術を見ました。
Lunarnewyear1 大人たちの他に、小学生たちも、自分たちの武術を披露。
女の子たちも、なかなか勇ましい!
happy01

Lunarnewyear2 次に、龍の踊り(Dragon Dance)(?)がありました。
中には、小学生の女の子が入っていて、男の子が後ろの胴体(?)を支えています。
カラフルな龍は、全校生徒&父兄たちの輪の中を一周しました。

実は、隣にいた中国人(正式には、生まれも育ちも台湾)の友人に、
あれは、龍?」と聞いたところ、
う~ん。獅子かしら。龍かしら。
と言われてしまいました。
coldsweats01

とはいえ、気を取り直して、再度質問。
中国の旧正月って、獅子とか龍とかよく見るけれど、いったい何を表してるの?
獅子は、悪運を蹴って追い払うって意味だと思うわ。
 龍は、皇帝が身に着ける模様だったの。
 だから、皇帝のシンボルっぽいイメージだわ。
 よくわからないけれど、皇帝のシンボルだから いい運を呼び寄せるんじゃないかしら。


ということでした。
いまいち、鵜呑みにしていいのか不安な言い方。。。
coldsweats02

Lunarnewyear3 そして、最後は全校生徒のパレードがありました。
それぞれ、自分が作った龍などの工作や新年のお祝いの言葉を書いた工作を持って歩きます

中国系の子供たちは、民族衣装を着ている子達も見られました。
女の子も男の子も華やかです。
アメリカでも、他の地域では このような行事は見られないところが多いそうで、
中国系の多いシリコンバレーに住んでいるんだなぁと実感するパレードでした。
 

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

生徒が先生に怒られる理由


アメリカでの小学校生活。
心配なので、よく娘と話をして、学校で何が起きているのか聞いています。

でも、他の親たちと話をしてみると、案外、学校生活のことは知らないのです。
子供は、面倒がって、あまり話さないそう。
やはり、
精神面の発達を知るためには知りたい!とは聞くのですが。

そこで、今日は、最近、先生が小学校一年生の生徒たちを叱った内容についてです。
まずは、まだ単純で かわいい男の子たちから。

A「(二人で一枚使うように指示されている)雑巾、貸して」

B「やだよ」

A「ちょっと貸してよ」

B「やだよ」

Aくん、ちょっとした隙に、雑巾を取って使う。
Bくん、バシッ!とAくんを叩く。

A「何で叩くんだよ! 何もしてないのに叩いた~!!」

B「違うよ。雑巾取ったからだよ。」

先生
「Bくん、頼まれたら貸しなさい。」
   「Aくん、どんな時にも、殴ったりしたらダメよ!」


最後に、Aくんが捨て台詞
「お前となんか、友だちでいたくないよ!」

と、男の子は、こんな些細な喧嘩や、指示通りに動かなかったりして叱られることがメインです。

さて、女の子はと言うと、ちょっと複雑になってきます。

C「Dは、あなたのこと、すごく好きみたいね。
  だから、Dがそばにいるときには、私に意地悪してよ。
  それで、Dがそばにいないときには、私と仲良くして。」


E「え、そんなことできないよ。」

C「ねぇ、お願いよ。私に意地悪して! そうして!そうして!」

先生
「C、今、Eに何て言ってたの!?」
   「どうして、そんなことを頼むの?」
   「どうして、一番いい子のEがあなたに意地悪しなくちゃいけないの?」


他人に物事を強要するのがいけないということなんでしょう。
先生は、結構見ているものなんですね。
でも、日本だったら、このくらいで叱る先生いるのかなぁ。

それにしても、EちゃんとDちゃんに やきもち焼いて、Eちゃんを自分に振り向かせたくて変なお願いをするって。。。女の子って小さいときから難しくできているんですね。 

 

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

小学校もアメリカ大統領就任式&オバマぬり絵


昨日は、アメリカ大統領就任式でした。
アメリカの小学校では、生徒たちが「の洋服を着て登校しました。
(もちろん、「着てきましょう」というだけで、強制ではありません。)

アメリカでは、「アメリカ大統領の就任演説は、選挙権のある大人のもの」と言ったら大間違い。
アメリカ国民として、子供たちにも関係があることなのです。
娘の小学校では、いつもの授業のスケジュールが変更になりました。

小学校への登校後、生徒たちは、多目的ルームに集められました。
そして、生徒全員でアメリカ大統領就任式の中継を見るのです。

娘が、
オバマ大統領就任演説を聴いたり、国歌「My Country 'Tis of Thee」の歌を聴いた、と話してくれました。

でも、オバマ大統領就任演説は、長くて、早く終わらないかなぁという気分だったとか。
周りを見ると、みんなつまらなそうにしていて、「このスピーチは、まだ早い」と思ったそう。
それは、一年生が聴いて、おもしろいものではないでしょう。
coldsweats01

その反面、生徒たちにウケたのが、
「My Country 'Tis of Thee」の歌だったそうです。
歌が始まると、どこからともなく笑いが流れて、どの学年も、みんなクスクス笑っていたらしいのです。

先生が怒るかと思ったら、先生たちも生徒の様子を見て笑っていたとか。
あの歌は、そんなにウケるものだったのかなぁ、と私が自宅で見ていた大統領就任式を思い出していました。。。あの力強い歌い方が子供たちの笑いを誘ったのかもしれません

家に帰ってきてからも、娘は歌手のマネをしていました。coldsweats02

Obama 教室に戻ってから、一年生たちは Barack Obama大統領のぬり絵」をしました。
「私も、このオバマ大統領の塗り絵がしたい!」という方は、こちらからどうぞ。
happy01

今回のアメリカ大統領就任式。
子供たちが大人になって心に残っている記憶は、「
My Country 'Tis of Thee が おかしかったこと」だけかもしれませんね。

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

あなたの家は大丈夫?【カビチェック】


昼間は暖かくても、朝晩は冷え込む日々。
暖房をつけて、かなり気になるのが家の中の空気なのです。
ふる~い暖房器具から何だか
カビが わんさか出てきているような気がして。。。

そこで、探してきたカビテストキット
OSHで、10ドル前後で手に入ります。
ただ、ものすご~くわかりずらいところにあるものなので、(通常の通路にある棚ではなく、カウンターについている小さな棚にあって よく見えない、など)熟練の店員に聞くのが早いです。
店員さんによって、かなり知識の量が違うので、何人かに聞くのがコツです。

Moldtestkit さて、肝心のテストキット。
私が入手したのは、Green Check Environmental Resourcesという会社のものです。

付属の小さなブラシで家の中の危なそうなところをこすり、それを付属のシャーレの中に入っているゼリー状の物体にこすりつけます
そのシャーレを付属のジプロックに入れて室温に置いておくだけでOK。

3日くらいすると結果がわかります
カビが元気に育ってきたら、家の中にカビの菌がいるということになります。

古い私の家は。。。暖房の空気の吹き出し口をチェックしました。
もちろん、陽性!
3日すると、カビが元気に育ってきました。
coldsweats01

そんなときは、オプションの「研究室でのカビの種類の検査」を受けられるのです。
このカビの生えたシャーレを 35ドルのチェックと一緒に Gree Check Environmental Resources に送ると、カビの検査をしてくれます。

ほんの数日で研究所に着くので、研究所からは、シャーレを受け取った旨の電子メールが すぐに来ます。
その翌日には、もう検査結果の電子メールが送られてくるという超スピード!

さて、結果は。。。3種類のカビが見つかりました。
メインは、Penicilliumつまりアオカビ
全部のカビの詳細を知るには、ここでチェック。
でも、本当に危険なものなのか、よくわからないのですよね。
coldsweats02

一番簡単な方法は、カビの種類の和名や通称を英辞郎などの辞書で調べ、それを日本のサイトで検索して詳細を知ることです。

その道を研究していらっしゃる方のサイトから、詳細な記述が見つかりました。
「この菌は、通常の生活に存在し得る菌だが、がん患者など抵抗力の弱い人には~」などと、危険度がわかるのです。
ありがたいですね。
カビは簡単に対処できるものではないし、お引越しも簡単ではないけれど、現状を知っておくと少しは安心ですから。
 

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

クレイジー・ハット・デー(Crazy Hat Day)


去年、アメリカの小学校で よく行われるクレイジー・ヘアー・デーについて お話しましたが、昨日は、初めてクレイジー・ハット・デーを体験しました。

先生が、

おもしろい帽子や、変った帽子をかぶってきてね~

というと、男の子は、

僕は、いくつもの帽子を重ねてかぶってこよう!

あわてて、先生が、

重ねていい帽子の数は2つまでよ。
 それ以上かぶってくると、無くして泣いたりするからダメよ。


と制止する一幕も。

ということで、娘は、家に帰ってきてからクレイジー・ハットの製作に熱を上げていました。
既成の派手な帽子より、手作りの方が人目を引くだろう!ということだそうです。

日本人の手製の帽子といったら。。。やっぱり、
かぶと!

と考えたらしく、大きなカレンダー2枚を貼り付けてくっつけ、かぶれるサイズのかぶとを折っていました。

折り終わったかぶとには、マーカーで落書きしたり(表)、たくさんのシールを張って(裏面)完成!

Crazyhat
と、こんな帽子を作りました。
かぶとの下には、もう一つピンクの帽子。

当日。
周りは、
既成のつばの大きな帽子やカラフルな帽子が多く、思ったより普通の帽子でした。

手作り帽子はほとんどいなかったので、娘の帽子に対する お友だちの反応は大きい!
みんなに ほめられて機嫌よく帰ってきました。
さすがに、「かぶと!」とわかった子供はいなかったそうですが。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

Third-Hand Smokeって何?


ここのところ、ちょっとした時間に、iPod touchPodcast を聴くのが習慣になっている私。
通常のニュースの他に、Science、Stuff you should know、TechStuff などが お気に入りです。

最近、初めて聴いた(& ここでの説明がやさしい)話で、
初耳~!と思った話題が、今日のお話です。


Second-Hand Smoke(受動喫煙)が世間を騒がせていたのは、もう昔の話。
現在では、Third-Hand Smoke(残留受動喫煙) が問題視されているそうです。

Second-Hand Smoke が身体に悪いからと、人の前でタバコを吸わなかったり、吸い終わってから部屋の空気を入れ替える人も多いと思います。

でも、たとえ そんな気遣いをしていたとしても、吸っていたときの煙から出た重金属、発癌物質、放射性物質などの有害物質が、家の中のあちこち、つまりクッションやカーペット、家具などを汚染しているらしいのです。

これらの有害物質は、きれいに拭き取るまで、ずっと残り続けるそうです。
そして、目に見えない有害物質を触った
子供が知らずのうちに、口に手をやり。。。毒物にさらされているとボストンの MassGeneral Hospital for Children の医者たちが警告しているのです
つまり、これが Third-Hand Smoke(残留受動喫煙) です

もちろん、この話は、家の中だけでなく、車の中で吸うのも危険だという話です。

世の中、だいぶ Second-Hand Smoke の認識は広がっているものの、Third-Hand Smokeの知識はなく、非喫煙者の65%、喫煙者の43%だけが、「Third-Hand Smokeは、有害だと思う。」とアンケートに答えているそうです。
(え、案外、有害だと思ってる人っているんじゃない、と思ってしまった私。
coldsweats01

ゲストの准教授は、家を買うときにはタバコを吸わない人から買ったほうがいいだろう、とか。
そして、この経済不況のご時世。
喫煙者は、お金のためにも、禁煙をした方がいいでしょう、と締めくくられていました。
確かに、年に何十万円単位で かかるタバコ代を考えると、ね。
(特にアメリカは、タバコが高いらしいし。)

でも、日本では、たばこを吸わないとストレスで精神がもたないと言う人たちもいるし。。。ただ単に たばこを止める決心をするのは つらい人も多いんですよね。
難しい問題ですね。
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

Seymour Marine Discovery Center 遠足


Santa CruzSeymour Marine Discovery Center へ、フィールドトリップ(遠足)に行ってきました。

今回は、生徒17人に、ボランティアの付き添い7人(父親2名、母親5名)、そして先生
つまり、ほとんど2人の生徒に1人の監視役です。
まるで、乳児を扱うみたい。。。
coldsweats01

この不況で、1月いっぱいお休みの会社もあるので、これだけ監視役の多い豪華な(!?)フィールドトリップになったようです。
親は、「
お休み中、お給料が出ないんだから、困るわよ~」と言いつつ、普段はできない子供のフィールドトリップ ボランティアに、結構、うれしそうだったりします。

スクールバスに乗って、約一時間走り、Santa Cruz へ。

Seymour Marine Discovery Center の入り口には、87フィート(約26.5m)の大きなシロナガスクジラ(Blue Whale)の骨が飾られています。
シロナガスクジラは、オキアミ(Krill)などの餌を求めて、モントレー湾に よく現れるそうです。
Smdc1

 
建物の中に入っていくと、たくさんの水槽があり、いろいろな海の生き物を観賞できます。
子供の好きなイソギンチャク、クラゲ、エイなどもいます。
Smdc2  
Smdc3
 
学校のフィールドトリップの場合、特別プログラムを受けることができます。
班ごとに分かれて、いろいろな海の生き物の生態を学ぶのです。
今回、あまりに付き添いが多かったので、くじ引きで半数の親だけが 生徒と一緒に特別プログラムを受けました。

私は、クジに はずれてしまったので、その時間は近所を散策。。。
周りは とっても いい景色。
の~んびりした気分です。

Seymour Marine Discovery Center の東側の景色
Smdc4

 
Seymour Marine Discovery Center の西側の景色
Smdc5
 
特別プログラムが終了すると、Seymour Marine Discovery Center 一番の目玉、海の動物とのふれあいの時間です。
クラゲヤドカリヒトデなど、いろいろな生き物を触ったり、手に乗せたりして、感触を楽しむことができるのです。
子供たちは、大はしゃぎしていました。
Smdc6
Smdc7  
外には、いるかの水槽もあり、触ることはできませんでしたが かわいい顔を眺めることができました。

ボランティアが多くて楽だった今回のフィールドトリップ。
初めてスクールバスにも乗れたし、とても楽しい経験になりました。
happy01
 

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

アメリカのスクールバス体験


Schoolbus 初めて、黄色いアメリカのスクールバスに乗ってきました!
happy01

スクールバスは、小型のものから大型のものまであるのですが、今回は遠足の付き添いだったため、大型バスの体験です。

中に入ると、運転手さんがスクールバスの説明をしてくれました。

非常口は、車体真ん中の左右、前、後ろにあって、一般のバスよりも大きな説明書き、つまり非常時の対処方法の表示がありました。
美的にはいまいちですが、非常レバーが むき出しになっていて、非常時には非常口が すぐに開けられるようになっています。
そのため、非常口そばの座席は、空席にするか大人が座るように言われました。

Schoolbus2 写真のように、後ろの窓には大きな鏡がついていて、バスの外の交通状態が把握できるようになっています。

は、上部と下部にガラスが分かれていて、真ん中を蹴破ると、上下にパカッと開くようになっているそうです。

Schoolbus3 バスの運転席近くには、消火器救急箱が揃えられています。
また、バス出入り口の上方には小さなレバーがあって、押すとドアを開けることができます。

さすが、スクールバス。
安全に関しては、細かく考えて作られているのです。

さて、乗り心地は。。。

乗り込んだときに、先生が

私は車酔いしやすいから、一番前に座って、ずっと外を見るようにしているの。
でも、スピードは あまり出さないし、きっと みんなは大丈夫だと思うわ。
いちおう、万一のために、大人は一人一枚ビニール袋を持っていてね。


とジプロックを渡してくれたので、ちょっと怪しいと思ったのですが。

やはり、乗り心地は悪い!!
ものすご~く、揺れる のです。
日本の路線バスの方が、ずっと揺れません。
このバスで長距離走って酔わないのだったら、車酔いは心配しなくて大丈夫かも。

一時間以上乗って、私はかなりぐったりしました。。。coldsweats02

ただ、走行中は、踏切では一旦停止してドアを開け、線路を見て確認してくれます。
電車が近くに走ってきていると、線路が揺れるらしく、それをチェックする規則があるのです。

乗り心地はいまいちですが、安全はしっかり!
安心なスクールバスでした。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

手作り iPod touchケース


不況だ、不況だ、と言われていますが、iPod touchのケースを買いに出かけたら、iPod touch用アクセサリの大きな棚はあって 棚には商品名のラベルがたくさんついているのに、ほとんど売り切れ!
このクリスマス休暇の間に、たくさんの人がiPod touchを買って、こんなに大きな棚のケースが ほとんど売れてしまった!?

実は、冬の連休は、不況のため会社がシャットダウンしていて、お給料が出ずに たくさんのお休みをもらった人たちがシリコンバレーには、たくさんいるのです。
人によっては、一ヶ月半も、つまり一月いっぱいは お休みという会社も。

今まで忙しくて、欲しくても なかなか出かけてこなかった人が、買いに来たのかもしれません。
(本体が そこまで大量に売れたという意味ではなくて、ケースが欲しかった人ね。)

しかたがないので、ケースはネット注文しました。

Ipodcase届くまでの間に、iPod touchのポーチを自作してみました
バッグの中で傷だらけになると嫌なので。。。
coldsweats02

しばらくぶりに、かぎ針編み。
長編みがメインで、上部は細編み&ピコットです。
娘の壊れた髪留めを流用して、ピンクのゴムを通し、巾着型に留めるようにしてみました。
iPod touchが入っているようには見えない。。。

え? 暇なのかって?
もちろん、忙しいんですよ~
ただ、
しなくちゃいけないことを横に置いて、こういう時間だけは、なぜか捻出できる私でした。
テスト前の子供の気持ちがよくわかる。。。coldsweats01
 

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

経済不況により、ダウンタウンが。。。


カリフォルニア シリコンバレーにあるSunnyvale 市。
現在、タウンセンター再開発プロジェクトがダウンタウンの大工事をしています。
(といっても、2001年くらいには、もうあちこち工事をしていて、いったいいつ終わるの??状態だったのですが。)

1,000,000sfの商業用スペース300,000sfのオフィススペース292戸の住居が予定されています。

Sunnyvale 市が出しているTown Center Plansを見ると、とても立派。
こんなに高い建物になるのね~
(市には低層の建物が多いので。)
映画館も、フードコートも!
市民がのんびりくつろげる広場も、余裕があっていいなぁ。

今年(2009年7月頃に完成する、という お話でした。
夏からは、忙しい合間の ちょっとした時間に行かれる場所ができるのね~
happy01 と楽しみにしていました。

そして、工事は計画通りに進んでいたのですが。。。

計画通りでないもの。。。それが経済状態だったのです。
現在、経済状態が悪化して、不況がアメリカ全土に広がり、この再開発プロジェクトにも悪影響を及ぼすようになってしまいました。
つまり、商業用スペースに入るはずの お店が、決まりそうにない状態になっているのです。

そこで、今まで順調に進んでいた工事に、もっと時間をかけることになったようです。
2009年の12月までに 110,000sf の商業用スペースを完了予定に、
2010年に 40.000sf を追加して。。。と計画を変更してはどうかと。

実際には、もっともっと遅れる可能性がありますね。
2009年は、もっと経済状態が悪くなるぞ~大変な年になるぞ~と予想している人も多いもの。
そんな中で、新しく出店しようと契約する人が 多く出てくるかどうか。

ただ、とにかく、いろいろなお店が出店を渋っている以上、時期を延ばして様子をみたい、ということだそうです。
そうするしかない!despair ということでしょう。

とっても立派なダウンタウンになるはずだったのに~
絵に描いた餅になるかも。。。!?
 

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

新年カウントダウンパーティ


明けましておめでとうございます!
happy01

いよいよ新年ですね。
今年もよろしくお願いいたします。

昨日の大晦日は、毎年の事ながら大変でした。
早起きして、出汁とり。

手作りの伊達巻や栗きんとんを含む、14種類おせち料理を仕上げました。

夜7時からは、恒例の友人宅でのカウントダウンパーティ
ポトラックなので何にしよう、と悩むものの、もう おせち料理を作った後で気力はなく。。。
アメリカ人が好むかどうかはわからないけれど、おせち料理の中から持って行くことにしました。

Newyear20093 カマボコに いくらを挟んで、ちょっと豪華に、そしてアメリカ人好みに。(超手抜き)
もう一品は、伊達巻を。
手作り伊達巻は、一般的な市販の(甘いだけの)物と違って、アメリカ人好みとは遠いいかなぁという心配はありましたが。

さて、アメリカ人の反応はと言うと。。。
最初に売れ行きがいいのは、やはり「いくら」。
シリコンバレーのアメリカ人だと、
いくらはかなり人気がある食品なのです。

そして、「
これは何だ!?」と伊達巻にトライする人々の姿が。
日本食の好きな白人夫婦が、ものすごく伊達巻を気に入って、作り方を聞いてきました。

よく、こんなにきれいに巻けるものねぇ!」と、おそば作りまでしてしまうという彼女が大絶賛。
賛否両論の品だろうけれど、話題として持って行ってよかったみたい。
coldsweats01


9時になると、NY時間では 12時ということでパレードが始まりました。
Newyear20091 家中を子供たちが練り歩きます。
頭には、Happy New Yearの羽をつけ、ラッパを吹き鳴らしました。

そして足元は、この通り。
Newyear20092 この状態は一箇所ではなく、キッチンもダイニングもリビングもファミリールームも、廊下も。。。すべてゴミとガラクタ
100人以上が集まるパーティだものね。

私は、自分の家をこの状態にはできないわぁ」と友人が話しかけてきました。
確かに。
この家中の片付けは、明日になってからするそう。
友人には、感謝、感謝です。
coldsweats02
 

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »