« 今どきの歯科治療で散財!? | トップページ | 巨大渋柿22個を食べよう! »

2008年12月10日 (水)

蟻の死に場所

Antfarm家で飼う、世界一手のかからない生き物ということで、8月の上旬から飼い始めたアリ。

観賞期間は2~3ヶ月。
1ヶ月経った頃から、数匹ずつ寿命を終えていく、という説明書きだったのですが、実際には暖かい季節で時期がよかったからか、予想以上にアリは元気に過ごしてくれました。

あれから4ヶ月近く経ちました。
寒い季節になったこともあり、アリには元気がなくなってきました。

一匹一匹と巣の奥深くで眠っていき、最後の数匹だけは地上で動いていたものの、先日、すべてのアリが眠ってしまいました。

どうも、アリというのは死に場所があるようで、永眠するときには巣の奥にこもってしまうのです。
最終的に、地上で眠ったアリは一匹もいませんでした。

よく、庭で仲間の死骸を運んでいるアリを見かけますが、これは、仲間を巣の死に場所に連れて行こうとしていたのかもしれません。
これも、観察していた上での発見ですね。

さて、この飼育キットを発売している Ant Farmの資料によると、

このキットは、全部のアリが活動しなくなった後も、緑色のジェルが残っている限り使用できます。
その場合は、また新しいアリを入れてください。
ただし、前に飼育したアリの死骸は、すべて出してから新しいアリを入れてください。


すべてのアリが巣の奥深くで眠ってしまうという習性を考えると、いったいどうやってアリを出せというのでしょうか。


何を飼うにしろ、生き物は亡くなった後が嫌ですね。。。

  

|

« 今どきの歯科治療で散財!? | トップページ | 巨大渋柿22個を食べよう! »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今どきの歯科治療で散財!? | トップページ | 巨大渋柿22個を食べよう! »