« 蟻の死に場所 | トップページ | アメリカの会社にはサンタが来る!? »

2008年12月12日 (金)

巨大渋柿22個を食べよう!


Persimmon 今年も、ご近所のお庭に たくさんの渋柿ができました!

年末の忙しさで、いただきにいく時間が遅くなってしまったため、夕空の下、柿採りを楽しんできました。
そして、22個の大きな渋柿が取れました。

去年もたくさんいただいて、渋柿ゼリーを作ったりしたなぁ。。。


さて、今年は、また新たな食べ方を教わりました。

いただいた渋柿は とても大きな柿なので、乾燥に長い時間がかかってしまうのです。
乾燥に長い時間がかかるということは、カビが生える危険性も大きくなるわけです。

Persimmon_slices そこで、今年はいただいた柿をスライスして早く乾燥させる方法を教わりました。
まず、写真のように、柿を横にスライスします。
厚さは 1cm~1.5cmくらい。
あとは
(できれば)日の当たる風通しのよい窓際で乾燥させるだけ 

なるべく早く乾燥するように、私はお菓子作りの鉄板の上に昔使っていた菜ばし(何でもとっておく私。
)を並べて、その上に柿を置きました。
これなら、上からも下からも乾燥!

 
は、乾燥を進ませるために冷蔵庫に入れておきます
私は作った量が多くて そのまま冷蔵庫には入れられなかったので、アルミホイルの上にスライスした柿、その上にアルミホイル、その上に また柿、とラザニア状にしています。

一週間ほど置くと、渋が抜けて甘くなります
一つ、柿採りついでに試食させていただきましたが、出来かけのドライフルーツっぽい感じ。(柿を乾燥してるのだから当たり前ですが。)
もう少し長く乾燥させると、もっと甘くなるのかも。

Persimmon_dry 残りは、去年と同じように干し柿にしています。
これは一ヶ月はかかるかな。
おいしくなりますように。

おかあにゃん、今年も無駄にしませんでしたよ

|

« 蟻の死に場所 | トップページ | アメリカの会社にはサンタが来る!? »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蟻の死に場所 | トップページ | アメリカの会社にはサンタが来る!? »