« 巨大渋柿22個を食べよう! | トップページ | アメリカの能力別教育:AR始まる »

2008年12月14日 (日)

アメリカの会社にはサンタが来る!?


アメリカの会社には、ユニークな行事があったりします。
昨日は、社員の家族を招いてのクリスマス会がありました。

Fchoir2008 会場に入っていくと、まず、社員たちがコーラスをしていました。
仕事場から「ひょい!」と
社員が抜け出してきたような服装(いちおう、クリスマスカラーのを入れた服の人が多いですが)で、キーボードも自前なんだろうなぁという、ほほえましい合唱隊でした。

Fsanta2008 メイン行事は、サンタさんとの撮影会です。
ここのサンタは、毎年、本物らしい(!?)サンタなのです。
つまり、白人のちょっと恰幅のよいお年寄りのサンタさんです。
(街では、たまに黒人のサンタさんも見かけます。
北極から来たのに、どうして黒人なのか。。。とも思いますが。


Fclown2008 そして、子供たちにはピエロさんたちが風船で何かを作ってくれます。

あとは、クッキーを食べたり、お絵描きをしたり、映画を見たり。

あまり経費のかからないクリスマス会なのですが、子供たちには人気のようです。
パパやママの職場を見せられる、いい機会でもあるんですよね。
郵便屋さん
やお医者さんなら、どんなお仕事ぶりかわかっても、会社員ってわかりづらいですから。
 

|

« 巨大渋柿22個を食べよう! | トップページ | アメリカの能力別教育:AR始まる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巨大渋柿22個を食べよう! | トップページ | アメリカの能力別教育:AR始まる »