« アメリカの学校で英語を教える | トップページ | お庭で、さつまいもの収穫!? »

2008年10月12日 (日)

「くるみ割り人形」オーディション


Mountain Viewにあるバレエ学校 Pacific Ballet Academy の定期公演「Nutcracker(くるみ割り人形)」が11月末の週末にあります。
そのオーディションに行ってきました。

レベルによって、オーディションの参加費が違います。
年齢の高い、レベルの高い子供は120ドル
小さい子供は80ドル
6才の うちの娘は、100ドルでした。
他のバレエ学校からの参加は、200ドル

やっぱり、ダンス教室に比べると、バレエ教室って料金が高い。。。
coldsweats01

オーディションは、年齢別に行われます。
娘が参加する6才から8才のオーディションでは、Mother Ginger Children、Mice(ネズミ)、Soldier(兵隊)の役をもらうことになります。

オーディションを受ける子供だけ、胸に番号札をつけてオーディション会場に連れて行かれました。
親たちは、オーディションを見ることができません。

。。。とはいえ、実はオーディション会場を出て建物をまわっていくと、高いところに窓があり、こっそり外からオーディション風景を見ている人だかりがありました。
でも、私の背(160cm)では、一生懸命背伸びをして やっと見える、というところ。

がんばって覗くと、6~8才の150人くらいの子供たちがジャンプしながら踊り、オーディションの様子をビデオ撮影しているのが見えました。
先生が採点もしています。
(ビデオは、配役を決めるときに、チェックするため?)

窓の外からも、背の高い男性が、こっそり(?)ビデオカメラでオーディションの様子を撮影していました。
きっと子煩悩パパなのでしょうね。
coldsweats01

オーディションといっても、実は、全員が何らかの役をもらえるようです。
特に小さい子供は大した役ではないので、形式的なものなのかなぁ、という気がします。


後日、配役の発表がありました。
娘は、第一志望だった Mother Ginger Childに決まって大よろこび。
これから、毎週土曜日、Nutcrackerに向けた練習に参加することになりました。

 

|

« アメリカの学校で英語を教える | トップページ | お庭で、さつまいもの収穫!? »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカの学校で英語を教える | トップページ | お庭で、さつまいもの収穫!? »