« 先生の いい評判、悪い評判 | トップページ | 時間・時刻に関する文章問題 »

2008年9月10日 (水)

久しぶりに受けた人種差別


ショッピング中の出来事。

このお店は、お洋服を試着するときに、試着コーナー入り口で試着する洋服の数が書かれた札をもらいます。
そして、試着室から出てきたときに、札に書かれた数字と試着した洋服の数合っているかをチェックするのです。

つまり、試着室内での
万引き犯罪を防止しているのです。
確かに、試着室内の盗みは、簡単でわかりにくい万引きの方法ですよね。

さて、私が試着する洋服4着を持って試着室に行ったときのこと。

入り口で、店員さんに言われました。

このハンガーに、すべての洋服をかけてください。
持ち物のお帽子は、こちらで預かりますから。

あら、厳しい。。。
しっかり、私の全身を眺めて、小さなバッグしかないのを見ると、と書かれた札を渡してくれました。

そして、試着室から出て、番号札を返すときにも、私にすべての服をハンガーにかけさせてチェック。

はい。いいですよ。

ところが、それと同時に入ってきた白人女性たちに対しては、本人たちに

「洋服、5点です。」
「6点です。」

と申告されるままに、店員さんは試着する洋服をチェックすることもなく、さっと番号札を渡しているのです。

え??
私だけ厳しいチェック!?


でも、その後に入ってきた中国人は、私と同じ厳しいチェックを受け、さらに、大きな紙袋を持っていたので、それも預けさせられていました。

う~ん。アジア人と白人の対応が違う!!

たぶん、万引きの多い国民は要注意、ということなのでしょうね。
私が日本人か中国人か、それとも他のアジア人かなんて店員さんにはわからないので、アジア人はすべてチェックを厳しくしていたのでしょう。

あからさまに白人と扱いを変えられるとは。。。
他人の国だから仕方がないかな。
でも、アジア系アメリカ人は、きっと かなり気分を害するでしょうね。

白人でないヒスパニックや黒人に対しても厳しいかな?と、ちょっと興味はあったのですが、さすがに このお店では数少ない彼らを待っているほど暇ではないので、調査するのはあきらめて帰ってきました。
coldsweats01
 

|

« 先生の いい評判、悪い評判 | トップページ | 時間・時刻に関する文章問題 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先生の いい評判、悪い評判 | トップページ | 時間・時刻に関する文章問題 »