« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

授業中、先生代わりをする一年生


娘の通うアメリカ カリフォルニア州の小学校では、一年生になったばかりの今、キンダーまでに得た英語力をチェックするために、先生が生徒と二人きりでテストを行います。

たとえば
「wh」は、どのような発音をするか、などとチェックするのです。
ただ、これは授業中に行われています。

そのため、教室の隅で 先生が一人の子にテストをしている間、残りの生徒たちの面倒を見る人がいなくなってしまうのです。
生徒たちは、書き物をしているように指示されるのですが、なにぶん、まだアルファベットさえ まともに書けない子もいる中で、その課題は難しすぎます。

そこで、クラスの中から先生が英語力の高い子を指名して、書けない単語を書きたい場合には、その指名された先生役の子に聞くことになっています。

その先生役の生徒は、毎回一人か二人、決まった子が指名されるのですが、その二人のうちの一人が うちの娘なのです。
これには、かなり びっくり!!

というのも、うちは日本語を母国語として徹底して育てています。
家の中でも、もちろん100%正しい日本語。
そんな環境で育った娘は、同じ年の日本の子供と日本語能力は変わらないのですが(ただ、スラングなど砕けた言葉には弱いですが)、その分、英語は。。。

つまり、クラスで相対的にできても、威張れるような英語力では到底あり得ないのです。
coldsweats01

いろいろな単語をクラスメートが質問に来るそうですが、言葉は知っていても見たことがない単語のことも。
ただ、Phonicsに基づいて単語を考え、書き方を教えるそうです。

ということで、細かい部分はスペルミスがポロポロ。。。
でも、それは先生が後で読んで、何を書きたかったのかわかるので問題ないらしいのです。

いちおう、Phonics的には合っているとしても、細部まで合ってはいない単語を教わって書く。。。(それを覚えてしまうかもしれない!)
う~ん。これって、子供のためになっているのかしら。

ちなみに、先生役ではない他の子に聞いてしまった場合は、私語とみなされ、教室の隅にいる先生に怒られるそうです。

日本人は、いくら一年生とはいえ、適当なことを教わるのには抵抗がありますよね。
あまりにアバウトな教育に とまどってしまった私でした。

 

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

思わず、ひっかかってしまいそう


アメリカでブログを書いていると、日々、たくさんの方々が訪れてくださり、それもほとんどが面識のない方なので、下のようなメールを時々受け取ります。


はじめまして。
この度は突然のメール申し訳ありません。
HPで拝見してメールさせていただきました。

最近、お引越ししてきたばかりなので友人ができず、さみしい思いをしています。
ご近所にお住まいのようでしたので、ぜひ仲良くさせていただきたいと思い、
メールさせていただきました。

最近人気のミクシィなどやってみようかと思ったのですが、
あれって招待してくれる方がいないと始められないですし
携帯でしか普段インターネットは見てないので向いてないかなと思って。。。
仕方がないので他に似たようなサイトもいくつかやってみたんですが、
主婦だからか、なかなかお友達が増えなかったんです。
それで、貴方に思い切ってメールしてみたんです。



特に、異国の地で生活していると、誰も日本人を知らないって不安ですよね。
誰か友人がほしくなるのは当たり前。

こうやってご近所の方からメールを受け取って、いろいろ情報交換をする友人になった方もいます。

。。。ところが。。。

今回のメール、続きがありまして、


自己紹介もしたほうがいいんだろうなって思って、
http://www.xxxxx.net/xxxxx/
ここに私のプロフィールを掲載してあります。
ログインして地域別検索のところから見てもらえれば一之瀬で分かると思います。



普通、自己紹介はメールの中に書くでしょう。
coldsweats01

なぜリンク!?

これは、怪しいサイトへの誘いですね。
そもそも、この土地で、インターネットを携帯でしか使わない人ってあまりいないし。

日本に住んでいれば一目瞭然で怪しいメールなのだけど、異国に住んでいると うっかりひっかかってしまいそうな手口なのでした。

 

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

アメリカっ子の嫌いな匂い


日本人にとっては、おいしそうないい匂いなのに、アメリカ人にとっては嫌な臭いって、どうしてもありますよね。

日本食レストランの多いシリコンバレーでは、日本食の香りに慣れて「この臭いはダメ!」というのが あまり無くなるものなのですが。

娘の担任は、
piscesの臭いがダメだそうで。。。
魚介類がまったく食べられずに大人になった人は、さすがに嫌いな臭いが多いようです。
そういう人は、何故か ふくよかなアメリカ人に多いようですね。
お肉ばかりたくさん食べてしまうせいでしょうか。
彼女も、とても立派な体格をしています。


さて、子供たちは、やはり
魚介類の臭いの苦手な子が多いようです。

お魚だけじゃなくて、
えびなども。
日本人にとっては、おいしい
えびのお煎餅なんかも「weird!」なんて言われてしまうのです。
(もちろん、アジア系の子は よろこんで食べてくれるのだけど。)

先日、娘が お弁当をたくさん残してきました。
いったいどうしてかと思ったら、「お弁当の臭いが嫌!」と言われて、一口食べるたびに お弁当のふたを閉めながら食べたので時間が無くなったらしいのです。

いったい何の臭いかと思ったら、
ゆかり!!
そう、
シソの香りなのです。

私にとっては、いい香りなのに。
この匂いがダメな子供たちがいたとは。

友人のお子さんは、日本人にとってのママの味「
のり弁」を持たせたら「臭い!」と言われて、蓋を開けられなかったそうです。

のりでさえも、要注意ですね。
幸い、うちの娘は、のりの臭い嫌いの子と出会ったことはないようですが。

やっぱり お弁当は、サンドイッチが一番安全なようで。。。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

三育フェスティバル と 不思議ポスター


Saniku1 シリコンバレーの日本語補習校、三育学院サンタクララ校の「三育フェスティバル」に出かけてきました。

日曜日の朝10時から。
なぜ、休日の朝からわざわざ三育フェスティバルに出かけるかというと。。。


古本市があるから!!

そして、私の目的は「てのひら文庫」を手に入れることなのです。

「てのひら文庫」は、小学校で共同購入する国語の副読本で、書店での店頭販売や直接個人への販売をしていないのです。
一回一冊読むのにちょうどいい小冊子が たくさん入っています。
学年に合った漢字の表記や、難しい言葉の注釈が魅力的です。

一冊130円で12冊入ったものが一学年。
それが、三育フェスティバルの古本市だと50セントで手に入ります♪

ほんと、ありがたいです。
三育の方々、ありがとうございます!
happy01

ただ、この古本市は、ものすごく人気で10時に行かないといい本を入手するのは不可能
10時5分に着いた私は、通勤電車のような混雑の中、動くこともままならず。。。でも、何とか「てのひら文庫」を手に入れたのでした。

その他の本は、小学生用ではマンガが目立ちました。
いい本は、小さい子用が多かった気がします。
小学生中学年以上のいい本は、5分の出遅れが響いたのか、ほとんど見つかりませんでした。
(それでも、20年前くらい前に購入したらしいグリム童話や昔話を2冊ゲット。)

お会計の後、店員ボランティアの三育ママさんに、やさしい笑顔で

ありがとうございます!」と言われ、お礼を言いたいのはこちらです、と恐縮してしまったのでした。

さて、外には、たくさんの露天があります。


たくさんのゲームクラフトショップ焼きそばおだんご、カレー、ワタアメジュースカキ氷、と華やかです。

クローバーベーカリーSATURAの出店もありました。

個人的には、おだんごが一番のヒット!
goodでした。

一つ気になったことが。

Saniku2 この「焼きそば」のポスター。
最近の日本の子たちには、「そ」を逆に書くのがおしゃれなのかな

それとも、在米日本人の子供たちのトレンドかな
知らなかった。。。

 

| | コメント (2)

2008年9月20日 (土)

アメリカでペットを飼いたい&予備知識


今日、Zanaと話していたらね、びっくりしちゃったの。」
 うちと同じ! 家を買ってなくて、借りてるんだって。


賃貸だっていうのが、何か!?
coldsweats01

でもね、鳥を飼ってるんだって言うのよ。
 家を借りてても鳥を飼えるんだ~って思ったの。


それって、つまりは「
私もペットが飼いたい!」って言いたいのね。coldsweats01

ペットを飼って、一番困るのが旅行のとき。
アメリカに住んでいれば、一時帰国で長期間 家を留守にすることもあるので、そんなときにペットは悩みの種になるのです

友人に頼もうにも、「もし嫌でも、なかなか断れないかも」などと考えると頼めないし。

ということで、旅行をするときにペットを預かってもらう場所を調べてみました。

もちろん、
dogcatなら簡単。
PetSmart PetsHotel など、あちこちに「ペット用ホテル」があるのです。

そして、大型犬など、家に置いておいた方がいいようなペットの場合には、ペットシッターというシステムもあって、そこに頼むと、シッターさんが家に来て お散歩させたり餌を与えたりしてくれます。
(留守中に、他人を敷地に入れるのは ちょっと心配だけど。)

さて、飼うのに簡単な小動物の場合。。。やはり、同じように預かってくれる場所があります。
ただし、犬や猫よりも数が多くないので、「ちょっと ごく近所に」というのは難しいかもしれません。

まず、
chickの専用として San Joseに、Julie Holt Birds & Boarding というお店があります。
ここは、鳥の知識も豊富で、鳥を始めて飼いたい人には
飼い方を親切に教えてくれるそうです。
鳥の販売もしているので、買うのも、飼う方法も、預かってもらうのもいいところのようです。

そして、小動物全般を引き受けてくれる場所もあります。

Lil' Chick Pet Sittersでは、
ハムスターモルモットウサギなど、いろいろな動物の面倒を見てくれます。
こういう小動物は、家で使っているカゴなどに入れたまま お店に持っていくと、そのままの状態で お世話をしてくれるそうです。

どれだけ手がかかるかで料金は変わるそうですが、だいたい小動物は一泊15ドル以下での世話が可能のようです。

ペットは飼いたいけれど、旅行時の受け入れ先を確保するのも面倒だし、それ以上に別れがつらいので、なかなか踏み切れないんですよね。
despair

 

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

女の子が話した秘密の悩み


小学一年の娘が、

ママにも絶対に言っちゃダメって言われたことって、ママに言っちゃいけないのかな。どうしよう。

え?? それって、どういう意味!?
いじめ??

ママに言わないでって言われても、ママは特別なのよ。
例えば、嫌なことされて、ママには絶対に言うなって言われても、それは言わなくちゃいけないのよ。


どうして?

だって、ママが知れば、あなたにとって一番いい方法を考えられるかもしれないでしょ。
ママの方が長く生きているんだから。


と諭しました。

すると、娘が重い口を開きました。

実は、お友だちに悩みがあるらしいのです。

その悩みとは、「家族に嫌いな人がいること。

嫌いな人が家族だと、毎日毎日一緒にいなくてはならないので苦痛らしいのです。

その嫌いな人というのは、彼女の兄弟でした。

娘が習い事ついでに一緒に遊んだときにも、彼女の兄弟は何度も意地悪していたとか。
手を挙げることもあるらしいのですが、親は子供が3人いるので目が届かず、いざこざには気づかないそうで。

いじめじゃなかったのね。ほっ。
子供は、狭い世界に住んでいるので、悩みは、案外 身近な家族なのかもしれません。

といっても、大人になっても、
悩みは家族」って多いですよね。
付き合わなくてはならないから、どの年代にとっても、アメリカ人にとっても、悩みになる存在なんですね。

でも、私は聞かなかったことになっているので、お友だちの悩みは何の解決もせず。。。
娘は、お友だちが いじめられたときに守ってくれる お守りを作っていました。


それにしても、アメリカ人の女の子たち、6歳児というのに よく もう親に言わない秘密を持ちたがります。
娘は今はこうやって何でも話してくれるけれど、あと少ししたら、私には話さない秘密を持つようになるのでしょうね。。。複雑。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

アメリカ高校生たちが日本で買った物


日本に住みたい高校生」の記事で ご紹介したように、シリコンバレーには案外たくさん日本好きなアメリカ人高校生たちがいます。

先日、そんな高校生たちが集まって、日本旅行に行ってきました。

たった一週間の旅行です。
とはいえ、
広島(宮島など)、愛媛大阪京都(金閣寺など)と、あちこち回ってきたそうです。
若いから、多忙な日程でもOKなのね~

Nealくんが、いろいろな思い出話をしてくれました。
やはり、日本は思った通り、楽しくていい国だったそうです。

ほんとに、日本は安全だよね。
 愛媛で電車にお財布を落としたけれど、戻ってきたよ。
 アメリカだったら、絶対に戻ってこないよね。


それは、運がよかっただけでは。。。日本も普通は戻ってこないもの。
coldsweats01

日本で一番うれしかった出来事は、金閣寺で写生をしていたときに ガイジンが寄ってきて、彼の絵を気に入って買ってくれたそうです。
売り上げ2000円happy01

もともと絵がとても上手な子なのですが、認められるって 特に うれしい年頃ですよね。

さて、そんな彼が自分へのお土産にと日本で買ってきたものは。。。

アニメのフィギュア5000円のものと、6000円のもの!!

な、何のアニメのフィギュア?

キミハ、キット、シラナイヨ。

確かにアニメの名前を聞いたけれど、ちんぷんかんぷん。(ゲームキャラ?)

お友だちはというと、
ガンダムのフィギュアに人気があったそうです。

そして、
日本刀(のおもちゃ)を買った友人は、箱に「これは、おもちゃです」と書いてもらったものの、アメリカへの帰国途中に武器の持ち出しとして質問されるのを恐れて郵送したとか。

最終的に、高校生たち全員が、6~10万円は お土産を購入したそう。
みんな、お金持ち!!

まぁ、平均して一億の家に住んでいる子達なので、アメリカの高校生たちの中では生活レベルが かなり高く、お土産も高額なのでしょうね。

それにしても、自分たちへの思い出の品は、アニメ系がほとんど。
日本旅行した子供たちは、高校の授業で、日本語のビデオを作るというクラスの
シリコンバレーの子供たちがメインだからか。。。みんな、ちょっとオタクっぽい??coldsweats01

 

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

時間・時刻に関する文章問題


小学三年生の算数。
四則演算はおろか、それらの応用的な文章問題でも難なくこなすのに、なぜか時間・時刻に関する文章問題ではミスした!
なんていう子が結構いますね。
急に60進の考え方が出てきて、おまけに12時での切り替わりが入るので戸惑うのかもしれません。

ということで、時間・時刻に関する文章問題です。

いちおう小学三年生の問題ですが、時間がわかり、足し算引き算ができるお子さんでしたら何才でも解ける(可能性のある)問題です。

「3rd-grd-math-time.pdf (8.41KB)」をダウンロード

大人の方には難しくないとは思いますが(最近の日本のクイズ番組を見ると、かなり危ない?
coldsweats01)いちおう解答です。

  1. 4時間25分
  2. 4時間42分
  3. 午後4時5分
  4. 午前10時53分


その他の教材は、教育カテゴリでどうぞ。

 

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

久しぶりに受けた人種差別


ショッピング中の出来事。

このお店は、お洋服を試着するときに、試着コーナー入り口で試着する洋服の数が書かれた札をもらいます。
そして、試着室から出てきたときに、札に書かれた数字と試着した洋服の数合っているかをチェックするのです。

つまり、試着室内での
万引き犯罪を防止しているのです。
確かに、試着室内の盗みは、簡単でわかりにくい万引きの方法ですよね。

さて、私が試着する洋服4着を持って試着室に行ったときのこと。

入り口で、店員さんに言われました。

このハンガーに、すべての洋服をかけてください。
持ち物のお帽子は、こちらで預かりますから。

あら、厳しい。。。
しっかり、私の全身を眺めて、小さなバッグしかないのを見ると、と書かれた札を渡してくれました。

そして、試着室から出て、番号札を返すときにも、私にすべての服をハンガーにかけさせてチェック。

はい。いいですよ。

ところが、それと同時に入ってきた白人女性たちに対しては、本人たちに

「洋服、5点です。」
「6点です。」

と申告されるままに、店員さんは試着する洋服をチェックすることもなく、さっと番号札を渡しているのです。

え??
私だけ厳しいチェック!?


でも、その後に入ってきた中国人は、私と同じ厳しいチェックを受け、さらに、大きな紙袋を持っていたので、それも預けさせられていました。

う~ん。アジア人と白人の対応が違う!!

たぶん、万引きの多い国民は要注意、ということなのでしょうね。
私が日本人か中国人か、それとも他のアジア人かなんて店員さんにはわからないので、アジア人はすべてチェックを厳しくしていたのでしょう。

あからさまに白人と扱いを変えられるとは。。。
他人の国だから仕方がないかな。
でも、アジア系アメリカ人は、きっと かなり気分を害するでしょうね。

白人でないヒスパニックや黒人に対しても厳しいかな?と、ちょっと興味はあったのですが、さすがに このお店では数少ない彼らを待っているほど暇ではないので、調査するのはあきらめて帰ってきました。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

先生の いい評判、悪い評判


アメリカの友人たちと誰かの話が出てくると、だいたい、

あの人、いい人よね!

と話すのが一般的。

日本人社会だと、その場にいない人はネタっぽくされて、悪口言われることも多いって言うけれど。
coldsweats01

でも、アメリカでの私の友人関係では、ほんとにさっぱりしてて、一緒にいても楽だし、それでいて助け合えるし、とても感謝しているのです。
(これは、人種を問わずですが。)

もちろん、今のところ、陰口も聞いたこともありません。
キンダーの頃の先生の評判にしても、同じでした。

本当に熱心で。
いい先生よね。
誰にでも真剣に対応してくれる先生よ。

と、いいことばかり。

まぁ、アメリカ人は口がうまいからね~

と思いつつ始まった
キンダーの一年間
だけど、
評判だけじゃなくて、本当にいい先生でした。
 

さて、最近、新しい学年になり、娘がダンスを続けながら、新しいバレエ学校にも通うようになって人脈も広がりました。

新しい友人に先生の名前を聞かれ、先生の ご近所の住人だと聞いたので、ついでに

どんな方? いい先生?

と聞いてみると、

。。。。。

その場にいた別の人に「
あなた、質問に答えてないじゃないよー!
とつっこまれるも、ただ笑っていて答えてくれないのです。


??
回答を避けるということは、何かある
??

その後、ばったり古くからの友人に会ったので、再度、同じ質問に挑戦。

どんな先生? いい先生?

う~ん。。。とってもいい人なのよ。人格的には。
子供を好きで、それが一番ではあるんだけど。

だけどね、すごーく、だらしがないのよ。
子供全員を置いて、教室から消えちゃったこともあるの。
先生がしっかりしてない分、親たちは協力し合ってね、
ちょっと問題が起きると自己防衛に走っちゃうから。。。

と、次から次へと出てきました。

基本的には いい人なんだけど、いろいろ問題もあって、新しい友人は私の質問に答えてくれなかったよう。

いいことを言うのが好きだと思っていたアメリカ人だけど、ちゃんとこういう時は言いにくいことでも話してくれるのね。
こういう事柄は、先に聞いていた方が対処できてありがたいもの

私なんて言葉にハンデがある分、な~んにも気づかないことも多いし。

ほんとに、感謝です。
さあ、この一年も がんばろう!
happy01

それにしても、結構、みんな正直だったのね。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

アメリカっ子のスパゲティ


日本で、子供が食べるスパゲティといえば、ミートソースナポリタン
「ママの味」という感じがしますね。
好き嫌いのない私は、どんなスパゲティでも大好きです♪

ところで、アメリカの子供が食べているスパゲティはというと。。。
スパゲティと聞いて日本人が考えるようなアルデンテではなくて、たくさん茹でた(茹ですぎた)軟らかいスパゲティ

でも、親たちも、そういうスパゲティが好きなようです。
ちなみに、イタリア人家庭に育った Zenaのご主人も、その軟らかスパゲティを喜んで食べているので、
本場イタリアでも軟らかいスパゲティを食べるのね~と驚いてしまいました。

アメリカの子供は、そのスパゲティを どうやって食べているかと言うと。。。
なぜかチーズだけをかけて食べる(食べさせられてる?)という子が多いのです。
特に小さい子は、既成のトマトソースの酸味が強くて苦手、というのもあると思うのですが。

そして、別の友人宅では、スパゲティに固形のバターを入れて、かき混ぜて溶かして食べる、という食べ方をしていました。

でもまぁ、チーズを混ぜたり、バターを混ぜたりしても、やはり「すごくおいしい!」と感じるものではないようで。

親に付き合ってスパゲティを食べなくちゃ。
 でも、やっぱりマカロニ&チーズがいいな。


というのが本音でしょうね。

さて、プレイデートついでに友人宅で食べたスパゲティ。
10人以上いる子供たちは、それぞれチーズやバターを混ぜて食べていましたが、なかなか食が進まないのです。

すると、Margaretが、

子供が一番食べやすいのは、これよ!!

と冷蔵庫からケチャップを出して、子供たちのスパゲティにかけ出しました。

ケチャップスパゲティに変わったスパゲティを、子供たちは よく食べる!!

驚いたZenaが、

どうして?? 単なるケチャップじゃない?

チーズやバターだって、単なる。。。だとは思いますが。
coldsweats01

子供は、ケチャップの味が好きなものなのよ!

と得意そうに笑った Margaretでした。


日本の感覚で言うと、ケチャップスパゲティがあるなら、「マヨネーズスパゲティ」もアリじゃない? と思った私でした。happy01

もちろん、大人のスパゲティには、チーズでも、バターでも、
ケチャップでもなく、市販のトマトソースです。

でも、アメリカ在住の日本人家庭で食べさせてもらうと、その市販トマトソースにいろいろな お野菜を入れて一工夫してあるんですよね。
やっぱり、日本女性ってマメですね。

 

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

教育的な英語の絵本

学校で使用した絵本、友人から聞いて気に入った絵本などを紹介します。
 

  • Japanese Celebrations: Cherry Blossoms, Lanterns And Stars!

    Japanese Celebrations: Cherry Blossoms, Lanterns And Stars!
    Betty Reynolds著。
    日本の季節行事について説明した本です。
    お正月、ひなまつり、こどもの日、七夕、お盆、など一通りの行事について説明されています。
    (私が、よく知らない行事も一つありました。)
    食べ物、着るもの、何をするのか、簡単な折り紙など、イラストと一緒に説明されています。
    アメリカに住む日系の子供に お勧めな絵本です。


  • Can You Count to a Googol?

    Can You Count to a Googol?
    Robert E. Wells著。
    大きな数は、子供が感覚的につかみ難いものですが、わかりやすく説明している絵本です。
    1、10、100、1000、10000、100000、百万・・・10の100乗など、それらの数がどのように使われるか、どのような大きさなのか、絵で視覚的に説明しています。


  • How Do You Know What Time It Is?

    How Do You Know What Time It Is?
    Robert E. Wells著。
    時間の感覚を教える本です。
    昔の人々は、時計もないのに、どのように時間を捉えていたのか、太陽の動きを見たり、棒を差して影を見たり、水をポタポタ落として時間を計ったり、試行錯誤しながら文明が発達してきた過程を教えてくれます。
    月の満ち欠け、地球の自転、公転、時差などの説明もあり、盛りだくさんな内容です。


  • Inside Your Outside!

    Inside Your Outside!
    Tish Rabe著。
    人体についての本です。
    五感はもちろん、眼球の構造、耳の構造、舌の働き、骨、臓器、血液などが説明されています。
    本の後ろに難しい単語の語彙解説や索引がついているので、使いやすいです。
            

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »