« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

宗教勧誘、無言で撃退法


チャイムが鳴ったので玄関に出てみると、キリスト教の勧誘らしき男性の二人組みが立っていました。

あー、また勧誘なのね。
日本の宗教勧誘と違って、こっちの勧誘は もっとあっさり。
10分くらいで断れるはず。。。
とはいえ、短時間話すのでさえ面倒な時もあるのよねー

面倒だなーと思いつつ 応対しようとすると、二人の男性は私を見て、
何故か驚いた顔。

教会から来たのですが。。。

私、興味がないんですけど。

すると、即座に、

そうですか。わかりました。では。

と言うが早いか、すぐに帰ってしまいました。

あれ??
いくらなんでも、普通、もうちょっと話すでしょう??

どうしちゃったの???

不思議に思いながら、部屋に戻り、ちらっと鏡に目をやると。。。


あぁ!! そうだ!!

ちょうど、髪を洗おうと思ったところだったことを思い出しました。

今日使おうと思った ちょっと面倒なトリートメント。
髪につけた後、しばらく大きなタオルを巻いて蒸らすんだった!!

つまり 私は、
ターバン頭
はずかし~い!!

今頃、彼らは、「
あのターバンの巻き方は、あの宗教じゃないし。。。どこだろう?」といろいろ考えているのかも。

それにしても、頭にターバンを巻くだけで、こんなにあっさり勧誘が帰ってくれるとは。
勇気のある方は、ぜひ試してみてください。
bleah

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

子グモが ぞろぞろ。。。


春になって、ずいぶん暖かくなりました。
この季節、クモが生まれる時期のようで。。。
家の中、あちこち出てくるのです。

それも太陽が上がる前の早朝は、とくにすごい!
私は5時過ぎには起きるので、毎朝、子グモを10匹近く見つけて、追い出してます。

Spider 体長5mmから10mm。
とても小さい子グモたちです。
最初は、紙や紙コップに入れて外に出していたものの、これがかなりな手間。
結局、そんなことしていられなくなってしまいました。
despair
(ごめんなさい、クモさん)

クモは益虫(虫じゃないけど)とはいえ、家の中にぞろぞろは止めてほしい。。。
しばらく、子クモとの格闘が続きそうです。
bearing

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

キャラクターに会えるレストラン2


ディズニーランドには、キャラクターダイニング(ディズニーキャラクターが遊びに来てくれるレストラン)が5件あります。

前回のレビューで3件ご紹介しましたが、今回は残りの2件のキャラクターダイニングも体験してきました。


★ Storytellers Cafe


Storytellers Storytellers Cafe は、Disney's Grand Californian Hotel 内にあります。
席数が多いので、人の多い時間(午前8時過ぎ)には、お料理の場所に列ができてしまいます。
そのため、お料理の列に並んでいる人は、キャラクタに会い損ねる可能性もあります。

チップ&デールの他に、California Adventhre Park の "Redwood Creek Callenge Trail"にもいる Brother Bear、ラクーンのミーコ、ゴリラのターク(後ろ二人の名前は、この記事のコメントから判明
coldsweats01)など、それほどメジャーどころでないキャラクターに会えました。

また、キャラクターダイニングでもらえるバッジは、ここのレストランのみ席で渡してくれるものではありません。
ダンスタイムに一緒に踊った後、バスケットに入ったバッジをもらうか、出口近くの片隅に置いてあるバスケットからもらう必要があります。


★ Lilo & Stitch Aloha Breakfast at Disney's PCH Grill

Lilostich Lilo & Stitch Aloha Breakfast は、Disney's Paradise Pier Hotel 内にあります。
Plaza Inn や Storytellers Cafe よりもこじんまりしているので、キャラクターもゆっくり遊んでくれるし、写真もたくさん撮れます。
キャラクタが、かなり いろいろちょっかいを出してきてくれました。
リロ、スティッチのほかに、プルート、グーフィー、マックスなどもいました。



5件回った結果として、キャラクタの量としては Plaza Inn の Minnie and Friends Character Breakfast が一番。
バイキングの量は、 Goofy's Kitchen が一番な気がします。

キャラクターのサービス精神としては、Lilo & Stitch Aloha Breakfast at Disney's PCH Grill が一番でした。ただ、キャラクターに関しては、時間や担当者(?)によるので、一概には言えないかもしれません。

メジャーでないキャラクタにも会いたい人は、Storytellers Cafe がいいかも。
そして、プリンセス好きな人には、Ariel's Grotto ということになりますね。
happy01

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

San Luis Reservoir

Pachecopass

10何年ぶりに、rvcarでディズニーランドに行ってきました。

US-101からCA-152Pacheco Pass Hwy、そして I-5で アナハイムへ。

L.A. Coに入ってからの渋滞で、結局8時間もかかってしまいました。

アメリカの渋滞は、日本ほど ずっと一箇所に止まったまま、ということはないのだけれど、距離が長い分、だらだらと動いていても まったく進みません。。。weep

写真は、ギルロイとI-5の間にある Pacheco Pass Hwy の San Luis Reservoir (San Luis 貯水池)です。

貯水池と行っても、巨大な湖のごとく、とても立派です。
ここでは釣りもできて、かなり大きな魚が釣れるそうです。
相変わらず、外は寒くても車の中はとても暑い。。。coldsweats02

 

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

歯が抜けた時 もらえるプレゼント


Tooths イベント好きなアメリカの人々にとっては、「子供の乳歯が抜ける!」ということでさえ一つの事件
ということで、先生は生徒全員の抜けた乳歯を把握し、壁に貼った「抜けた乳歯の表」に記入しています。

そして、家で歯が抜けた子供は、学校に来て先生に報告して その表に記入してもらい、左写真のようなシールがもらえるのです。
先生に胸に張ってもらいます。


さて先日、娘の歯が抜けてしまったのは
授業中

下に落ちたものを拾おうとした瞬間、ぐらぐらしていた歯が抜けて床に落ちてしまったのです。
コロコロ コロコロ転がって、教室の どこかに行ってしまいました。

先生、私の歯が抜けました!
 でも、どこかに転がっちゃいました~!


すると、先生が大きな声で言いました。

みんなで歯を探しましょう!!

授業は中断
クラス中が席を立って、あちこち抜けた歯探しが始まりました。

しばらくして、一人の女の子が、

あったぁ~~!

Toothn すると、先生が左の
歯型のヘッドがついたネックレスを出してきて、上の部分をパカッと開け、中に抜けた歯を入れて娘の首にかけてくれました。

こんなネックレスが学校に置いてあってプレゼントしてくれるとは、さすがアメリカ!

娘は、一日中、歯の入った歯型のネックレスを首から提げて、楽しそうにしていました。
(ちょっと原始人!?
coldsweats01

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

小学校2年生 漢字 総復習テスト

 
小学校2年生で習う漢字のテストです。

5つのテストを合わせると、2年生の一年間で習う漢字がすべて出てくるようにできています。
(2年生の漢字だけでなく、1年生の漢字も部分的に入っています。)

文章中の漢字が正しく使えるかの確認を行う 一年間の総復習テストとして利用してください。
(解答は最終ページにあります。)

「2nd-grd-kanjitest1.pdf (9.56KB)」をダウンロード

「2nd-grd-kanjitest2.pdf (9.16KB)」をダウンロード

「2nd-grd-kanjitest3.pdf (13.2KB)」をダウンロード

「2nd-grd-kanjitest4.pdf (12.2KB)」をダウンロード

「2nd-grd-kanjitest5.pdf (7.18KB)」をダウンロード 

 

その他の教材は、教育カテゴリでどうぞ。

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

クラスの郵便局


Mailbox 学校でのリーディング力強化の試みについては前に触れましたが、子供たちに書くことを推奨するため、キンダーではクラスに大きな郵便ポストを置いています。
柄は違いますが、左写真と同じような形の大きなポストです。

授業中に書き物をする場所が用意されていて、グループごとに作業をするときに生徒たちが利用できるようになっています。
そこで手紙を書き、手紙を送りたいクラスメートの名前を書いてポストに入れると、先生が郵便屋さんになって、相手の生徒のお持ち帰り袋に入れてくれるのです。

こういう制度があると、ライティングの勉強だけでなく、子供の友だち関係などを知ることができるので、親にとっての安心材料にもなります。

さて、最近、娘の話では出てきたこともない男の子からの手紙がよく届きます。

この男の子とお友だちになったの?

ううん。全然、お友だちじゃないよ。

友だちじゃないのに お手紙?
 お返しの手紙を書いてる?


うん。お手紙くれるから、お返しを書いてるよ。

一緒に お話したりするの?」

全然しゃべったことない。

ふ~ん。。。
子供の世界には、よくわからない文通友達っていうのもあるのね。

その男の子からのお手紙の内容は。。。決まって、いつも こんな感じ。

Letter
笑っていて、かわいい!

楽しくやってる?
僕、フレンドリーだよ。お友達になろうよ。

って感じでしょうか。(勝手に推測)

まだ、なかなか先生の思ったとおりにはライティングの勉強にはならないキンダーの子供たちですが、何だか楽しい気分になる手紙はうれしいものです。
happy01

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

愛国心


アメリカの学校では、義務教育が始まるキンダーの頃から愛国心が育つような教育をしています。
よく考えたら、どこの国でも その国の人の心を育てる教育を学校でするのは当たり前ですね。

国旗を作ったり、アメリカを象徴するものについて、いろいろ習ってきます。
授業では「
アメリカの象徴の中で、私は○○が好きです。」などという文章を書いてきます。

私が初めてボランティアで教室を訪れたとき、先生や生徒たちが起立してアメリカ国旗に対して忠誠を誓うシーンを目撃して、びっくりしたのを覚えています。

いっしょに教室にいた もう一人のボランティアの男性も、左胸に手を当てて、大きな声で一緒に忠誠を誓っていて、さらに びっくり!

忠誠を誓わずに、ぼーっと立ってたのは私だけ!!
(私は忠誠を誓う言葉なんて知らなかったし、そもそもアメリカ人じゃないし。。。
coldsweats02

学校では、毎日、このアメリカ国旗に対して忠誠を誓うという行為をしているそうです。

娘は、家でもときどき 自作のアメリカ国旗を立て、おもちゃのスタンド式マイクの前に立ち、

Please stand up.
Put your right hand over your heart.

と始めています。(^_^;)

I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands: one Nation under God, indivisible, with Liberty and Justice for all.

Please be seated.

こうやって、アメリカ人の心を持つアメリカ人は育っていくのね。


さて、日本人としての愛国心を育てようとしても、日本人の愛国心というのは、ちょっと他の国と違っていて難しい。。。

国旗も、もちろん日の丸なのは知っているけれど、長さの比や、実はちょっと丸が旗竿側に寄っているものがずっと使われてきたことなど、知らない日本人は多いでしょう。

日本への愛国心を育てようと、アメリカの学校をマネして日の丸を作るのもちょっと違う気がするし。(^_^;)

実際に、愛国心のある日本人って少ないですね。
日本の学校では、他の国々と違って愛国心を育てるという観点での教育の意識が薄い気がします。
だから、「愛国心??」という大人がほとんど。

私としても、この10年、アメリカとの付き合いが密になり、日本と離れてからやっと、日本や日本人に対して、そして日本語に対しての愛着を感じるようになった気がします。

日本人の愛国心は、長く住んだ後、離れてみて初めて感じるものなのかもしれません。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

職業の日か、コスプレ大会か


しばらく、学校で「Community Worker:地域社会で働く人々」について習いました。

そして、金曜日職業の日として、みんな、なりたい Community Workerの格好をして学校に来ることになりました。

何になろうかな~

先生、大統領も Community Workerとして考えていいですか?

ええ、いいわよ!

よかった。大統領になろう!

僕は、消防士がいいなー

クラス中で大盛り上がり。

そこへ、

先生、私はプリンセスになりたい

え。。。? いいわよ。プリンセスでも

え。。。
プリンセスって地域で働く人々!??

結局のところ、
職業の日って、コスプレ大会と変わらないのでは。。。

さて、当日、先生は救急車の運転手さんになって現れました。

生徒たちは、いろいろな格好に仮装。

Careerday1 左の大統領になりたい男の子は、スーツ。
かなり だぶだぶしているので、パパから借りてきたのかな。
休み時間に校庭で遊びまわることを考えると、パパは寛容な方なのでしょう。

消防署に行ったばかりだからか、真ん中の男の子たちは消防士になりたいよう。

右の女の子たちは、チアリーダかな。

Careerday2

やはり男の子は、サッカー選手soccer、野球選手baseball、バスケットボール選手basketball など、スポーツ選手が一番人気のようです。
洋服を揃えるのも楽だものね。

右のセーラー服の子は何になりたいのかな?
セーラームーン??(アメリカでも放映されたので)

そして、プリンセスになりたかった女の子は、本当にひらひらしたドレスを着てプリンセスに。crown

結局、何だかよくわからないけれど、楽しい一日のようでしたnote
 

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

サニベールの消防署を見学!

 
Firestation1 サニーベールの消防署社会科見学してきました!
私は、初めてドライバーのボランティアとして参加。
ちょっとドキドキでした。
happy01
 

Firestation2 5~6人の消防士に迎えられて、まずは署内を見学
案外、廊下は狭いです。
左側には、洗濯機乾燥機、右側や突き当りには、消防士のお部屋が並んでいました。
消防士って、何人もの共同部屋かと思ったら、全部個室
ドアには名前が書いてありました。
ちゃんと自分の部屋があるとは、さすがアメリカですね!

お部屋の中はベッドと椅子と。。。わりとビジネスホテルっぽい感じです。
さすがに写真は撮れませんでしたが。
coldsweats01
 

Firestation3 奥には、リビングルームっぽいお部屋がありました。
ソファに囲まれて、壁にはホワイトボードも。
ここで、いろいろな打ち合わせをするようです。

生徒の一人が「
壁の道具は、火事のときに持っていくんですか?
いやいや。ただの飾りだよ。
そりゃ、そうですよね。これじゃ、取りにくい。。。

 

Firefighter 消防車のガレージでは、消防服の着方を見せてくれました。
まずは、防火のスウェットを着て、マスクゴーグルをつけます。
次に、防火のスウェットの帽子をすっぽりかぶった後、大きなヘルメットをかぶります。
酸素ボンベをつけたら、出来上がり!
総重量25ポンド(11キロちょっと)あるそうです。
これで消火作業&救助作業するなんて、大変そう。
 

Firestation4 外に移動すると、消防車から、遠くのものを消火する訓練を見せてくれました。
白いタンクがターゲットです。
 

Firestation5 そして、生徒たち全員が、消火作業を体験
消防車から出ているホースを持って、赤い目印を目指して放水しました。
みんな、直立で消火してましたが、この男の子はなかなか様になっています。

 

 

Firestation6 記念に、消防車の前で撮影させてもらいました。
消防車は、どれもピカピカ!
出動のたびに磨かなくてはいけないとか。

Firestation7 最後に、説明してくれた消防士さんたちにお礼を渡しました。
みんなの寄せ書きと、先生の手作りクッキーを生徒から消防士さんたちにプレゼント。
うちの先生は、若くて元気で かわいらしいので、こんなクッキーをあげてしまったら、若い消防士さんに見初められてしまったりして。。。なんて考えてしまいました。
lovely

なかなか見ることのできない消防署。

貴重な体験でした。
消防士さん、ありがとうございました
note
 

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

日本人郵便屋さん、さようなら

 
チャイムが鳴ったので玄関に出ると、昔なじみの郵便屋さんが日本からのEMSを持って立っていました。

僕のこと覚えているかい?

もちろんよ。いなくなっちゃったから、どうしてるのかと思ってたわ。

また、戻ってきたんだ、この地区に。

ほんと? よかったわ。
 あなたがいない間に、日本人の郵便屋さんを見たわよ。


あー、カツね。
 彼は、一時的に雇われて配達をしていただけなんだよ。


な~んだ!
これから、当分の間はいてくれると思ったのに、一時的な配達員だったとは。
ほんの短いお付き合いでした。残念。

とはいえ、この
昔なじみの郵便屋さん、さらにサービス精神がアップしたようです。

郵便屋さんの配達中に私が車で帰ってきたら、ガラガラとゴミ箱を運んできてガレージの横まで持ってきてくれました。

ちょうど ごみの日で、道路に出してあったゴミ箱が もう空になっていたのを見て、運んでくれたようです。

なかなか、
ゴミ箱の片づけまでしてくれる親切な郵便屋さんはいないですよね。
戻って来てくれて、よかったのかも。
 

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

学校のリーディング力 強化プログラム


少し前になりますが、キンダーの2学期の成績表が、小学校から送られてきました。
前回の成績表よりも、ずいぶん項目数が増えています。

そして、前回レポートした「できる子に個別対応!アメリカ教育」内に記述した特別なカリキュラムを受けている子供には、もう一枚、成績表が送られるそうです。

このリーディング力アップの特別カリキュラムは、
北米だけで 73,000もの学校が導入している Accelerated Reader というアメリカでは有名なソフトを使いま

Accelerated Readerでは、まず本を家に持ち帰って読み、一週間後、本を返すときにコンピュータでテストをして、どれだけその本を理解したかをチェックするのです。

正答率60%以上なら合格
そして、少しずつ難しい内容の本に移行していきます。

現在、このカリキュラムを受けているキンダーの生徒は、Chapter Book(章に分かれた字の多い本)も がんばれば読める程度のリーディング力の子供たち数人だけです。

現時点で渡される本は一ページに40ワードくらいなものなので、子供は一人で楽に読むことができ、テストはとても簡単に感じられるだろうと思います。

そして、テスト結果はコンピュータに蓄積され、成績表を送るときに一緒に Student Record として自宅に送られてくるのです。

この Accelerated Readerは、キンダーの子供用というわけではなく、12年生までの通常はもっと大きな子供たちに使用されます。

公立小学校では、1年生までは選ばれた子供のみ、2年生は希望者、3年生からは全員が受ける学校などもあるようです。
一人ひとりの能力に合わせて、それも先生の手を煩わせることなく学力アップを狙えるというのは魅力ですね。

日本の公立校では、学力が高い生徒に対しては教師が対応する余裕がないといいます。
そのため、ある程度の能力がある子供たちは、通常の学区の小学校ではなく、もっといい中学に行かなければいい教育が受けられないと ものすごい受験熱。

学校現場では指導しきれない上位層の子供たちを「落ちこぼれ」とは逆の意味で、「浮きこぼれ」「吹きこぼれ」と呼ぶ言葉があるそうですが、このようなカリキュラムがあれば、一つの救いになるかもしれませんね。
 

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

夜、パジャマで学校へ


Storynight 小学校で、Story Night(夜の本読み聞かせ会)
book がありました。

今行われているブックフェア(本の販売会)の時期に合わせて、午後6時から8時まで、いろいろなボランティアが本を読んでくれるというものです。

担任の先生が「
Story Nightがあるからいらっしゃい」と言うので、早く寝なくてはならないキンダーの子たちも行きたがるわけで。。。

それも、先生は

家に帰ってからすぐ寝られるように、Story Nightはパジャマで来ていいのよ。
 パジャマ
t-shirtでいらっしゃい!

な~んて言うものだから、困ったもの。
Story Nightでは、靴で歩いている床の上に座るのは目に見えてるのに。

想像通り、娘も「先生が言ったからパジャマで行く~!」というので、仕方がなくパジャマデーに着た外出用のパジャマ(!?)を着せて、参加してきました。

小学校の生徒全員が対象なので、一番広いお部屋でマイクでも使って本を読むのかと思っていたら、とても小さい部屋でびっくり。
生徒みんなが参加するわけではないのね。

なぜか、私が見る限り男の読み手が多かった Story Night

そして、子供たちのうち半分くらいはパジャマを着ていました。
きっと、本当にこのままベッドに潜り込んで眠るのでしょうね。
日本人には、ちょっとマネできない。。。

Storynight2 最後の読み手は、なんと
警察官!
腰にピストルを下げながら、子供日本を読む姿は なかなか見られません。
この警官、ものすごく子供好きで、安全について話をする機会があるときには、よく学校に来てくれるのです。
ブックフェアの会場でも、生徒たちに声をかけていました。

Storynight3 そして、Story Nightが終わったときには、残っていた子ども10人くらいに立派な名刺を配ってくれました。
名刺の裏には経歴まで書いてある!
San Joseの警察官として11年。
その後、1986年から Sunnyvaleの治安維持の警官として働いているそうです。

普段は、怖そうなイメージのある警察官ですが、こんな自然な姿が見られ、また暖かい人柄にも触れられて、来た甲斐がありました。
happy01
 

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

故意のバグ(プログラム障害)?

最近、閉店したり規模縮小したりする お店が多いビデオ屋さん。

インターネットのビデオ屋さんサイトが一般的になり、インターネット上で見たいビデオを指定して郵送してもらい、観賞した後に返すと次の見たいビデオを送ってくれる、というシステムを利用する人が多くなって、直接お店に行く お客さんが減ったのでしょう。(通常、月払いです)

とはいえ、そのインターネットのビデオ屋さんも、いろいろな業者が参入して、プランの多さや、安さ競争で大変そう。

私も、ビデオ屋さんサイトは、よく利用しています。
だけど、ちょっとしばらくお休みしようと思い、契約解除処理を試みました。

ところが。。。

 
「契約解除」クリック

 
「契約解除する理由を教えてください」 契約解除理由を入力

 
「契約解除をする前に、一時停止ができることをご存知ですか?
 もしよろしければ、一ヶ月または三ヶ月の一時停止期間を指定してください。
 その間、会費はかからずに、一ヶ月または三ヶ月の後にまた会員に
 戻ることができます。」

 
でも、契約解除をクリック

 
「契約解除する理由を教えてください」

ひぇ~~~~っ!!
また、契約解除理由を入力しても、一時停止を促されて、また契約解除の理由を聞かれて。。。契約解除できないように
無限ループになってる~!

仕方がないので、カスタマーサービスにメール連絡。

貴社のサイトにバグがあります!
契約解除しようとすると無限ループしますよ。
とにかく契約解除させてください!


数時間すると、返信がありました。

あなたが契約解除すると聞いて、とても残念です。
 あなたの契約解除処理をしましたが、もしよろしければ、今からでも契約解除ではなく、一ヶ月または三ヶ月の一時停止にしてください。


私が訴えている「無限ループ」については何の説明もなし。

これって、顧客を逃さないための
故意に仕組まれたバグだったの!?

私は次の会費引き落とし日に数日の余裕を持って契約解除処理をしたから、のんきにカスタマーサービスに連絡することができたけれど、もし、直前にしようとしていたら、仕方がなく一時停止をしていたでしょう。
もし、他社に乗り換えようとしていたら、あきらめる。。。?

いくら最近は顧客争奪戦が激しいとはいえ、このやり方?
う~ん
despair

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »