« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

ついにサイエンス フェア!!


サイエンス フェア参加計画から約一ヶ月半。
ついに、サイエンス フェアが行われました。

キンダーから小学3年生までと、小学4年生と5年生の二日に分けて行われます。
娘のキンダーのクラスで参加したのは、20人中6人だけでした。

その日は、各自が選んだテーマについて書いたボードが、広い会場に展示されます。
夕方6時から8時まで、家族たちが自由に来て、見ることができるのです。

娘が、いろいろ悩んだ末に決めたテーマは、「
どのフルーツが水に浮くのか。また、半分に切ったフルーツ、皮をむいたフルーツ、凍らせたフルーツでは浮き方に違いがあるか」というものでした。

結果としては、水の比重と比較して、フルーツの比重がどうか、という問題なのですが、さすがに比重という言葉は出てきません。
こんな簡単な実験では、わからないし。。。(^_^;)

実験した後は、一生懸命、娘が時間をかけて大きなボードに字や絵や表を描いて仕上げていました。

できあがったボードは、こんな感じ。

Sciencefaire

さて、サイエンスフェアを終えてみると。。。


またしても、日本人な私たち親子は、まじめに考えすぎていた~という感じでした。(^o^;)

学校からの説明では、
各自、自分のテーマについてプレゼンテーションをするので、話せるように準備をしてくるように、と書いてあったので、

  • 大きな声で
  • はっきりと
  • 聞き手がボードを見られるような立ち位置で
  • なるべく聞き手の方を向いて

と何度も発表練習したのに、キンダーではプレゼンテーションは行われず。。。

また、「
なるべく自分で書くように。まだ文が書けない子でも、親が文を手伝えば自分で書けますよ。」などと、くどくど説明があったのですが、自分で書いてない子が多い!

なるほど~。
小学3年になっても、親が書いたり、親がコンピュータで打ち出したりしてる子達が多いので、生徒主体に作業してほしい先生方は、わざわざ説明をつけたのね。

真に受けた娘は、きれいに描こうと黙々と何時間もボードに向かっていたのに。(^o^;)
(よく考えれば、そんな忍耐力&集中力を発揮するのが好きなのは、アジア人だけ!?)

でもまぁ、自分の調査結果のまとめ方やプレゼンテーションの方法など、娘にとってはいい勉強になりました。
まだ小さいから、来年には忘れてるかもしれないけど。(^_^;)

さて、他の子たちのテーマでおもしろかったものは。。。

Sciencefairtongue 舌をくるっと丸められるかの統計を取るというもの。
娘のクラスメートのものなのですが、よくこんなテーマを思いつくなぁと大笑い!
クラス中に、できるかどうかのアンケートを取ったそうです。
できる子が6人に、できない子が13人。
写真の赤ちゃんは、上手にできてますね~
 

Sciencefairdiaper おもしろくて ためになる?のが、このオ
ムツ比較。上級生の出展です。
Haggies supreme が一番吸収してくれたそうで。。。
ちなみに、この結果では 2番が Target、3番が Luvs だったそうです。 

Sciencefaireryk あと、私が選んだ パパがんばりました賞は これ!
黒板みたいな画像に実験内容をそれぞれ書き、一緒に息子さんや実験の様子の写真、結果の表などを載せて、きれいに仕上げています。
当の本人の息子さんは、いたずら書きだけの登場というところが かわいい!
娘の、クラスメートの作品なんですけどね。


 

出展は、たくさんあって、見切れないくらいでした。
(写真をクリックすると拡大表示になります)

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

America the beautiful(うるわしのアメリカ)


Amelicathebeautiful ロバート・サブダが作ったポップアップブック(飛び出す絵本)。
この絵本は、一年と少し前、娘の5才の お誕生日にもらったものです。

きれいな細工の本!
なが~く楽しめそうだから、普通の絵本とは別にしまって、壊されないようにしよう
と思い、オフィスの本棚に入れて、時々 娘と見ていました。

アメリカの
ゴールデン・ゲート・ブリッジグレートプレーンズラシュモア山国立記念公園メサ・ヴェルデミシシッピ川国会議事堂自由の女神が、細かくきれいに作られたポップアップブックなのです。

本を丁寧に扱う女の子ならいいけれど、小さい子にはちょっともったいないかも。
子供だけでなく、大人にも いい本という感じです。

先日、娘が「
歌いたいから、あの本また出して!
というので、「
??」と思いつつ出してあげたら、本をめくりながら愛国歌「America the beautiful(うるわしのアメリカ)」を歌いだしました。

実は、各ページに歌詞が一言ずつ書いてあったんですね。
気づかなかった!(^o^;)

そして、そのポップアップブックを見ながら、いろいろ説明してくれました。

これは、ラシュモアでね。一番左の人がジョージ・ワシントン。一番右がリンカーンよ。

この Lincoln Memorial の中にリンカーンの像が入ってるの。
とっても大きくてね、座ってる像なの。
ほら、中にちゃんとリンカーンが作ってあるでしょ。見える?
Lincoln Memorial の前に Pool があるのよ。

(ほんとだ! リンカーンの像まで ちゃんと作られてる!)

これが、Liberty Bell(自由の鐘)。
でも、ここが割れて直してるから、今は鳴らせないの。
鳴らすと壊れちゃうかもしれないから。


と長時間の講義。(^_^;)

キンダーの授業では、こういった話も教わるらしいのです。
実は、先生も この本を持っていて、アメリカについて授業をするときに使用するのだとか。
意外なところで、授業の内容を知ることができました。

私って「patriotic」なの、という娘。
もちろん、そうあるのがいいこと、として習っているからなのでしょう。
う~ん。。。複雑。
あなたは、日本人でもあるのよ。(^_^;)

(それで、アメリカでもインターナショナルスクールが必要なのね~)

 

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

クレイジー・ヘアー・デー

 
Crazyhair1イベント続きですが、今度はクレイジー・ヘアー・デーがありました。
みんなが変な髪形をして通学する日です。

あんまりクレイジーなのは嫌」という娘ですが、いちおう、あちこち みつあみして、カラフルにもして、こんな感じで出かけました。
(普段から、こんな髪型をしている黒人の女の子もいますが。。。)

女の子は、変な場所を結ったり、カラースプレーで色を一部変えたりするのが主流でした。
 
Crazyhair2 男の子は、カラースプレーで色を変えたり、髪の毛があちこち跳ねるように固めたり。
こんなモヒカンの男の子も多くいました。

なかには、本物のモヒカンにしている男の子も!
明日からは、坊主頭なんだろうなぁ。

実はひそかに、先生はどんな髪型にするだろうと期待していたのですが、「
忘れちゃったのよ~」と普通の髪型だったのでした。。。残念!
 

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

イースターのエッグハント


Easteregg イースター(復活祭)の時期になりました。
イースターは、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する、キリスト教にとって重要な日です。

この時期には、子供たちに人気の遊びエッグハントがあります。
小さなおもちゃや 1セント硬貨が入っているプラスティック製の卵型の容器が、あちこちに隠してあって、それを探し当てるのです。

かなり宗教的な行事ではあるのですが、うちの学校ではエッグハントの行事がありました。
あらかじめ、各家庭から 10個の卵を持って先生に提出します。

提出しない家庭もあるだろうから、8個くらい持って帰ってくるかなぁと思っていたら、ちゃんと10個のお持ち帰りがありました。(^_^)

卵は、毎年同じものばかり手にしていたけれど、今年は、
大きいの小さいの柄付き尖り気味なもの丸っこいもの。。。こんなにバラエティに富んでいたのは始めてです。

中身を見てみると。。。
シールに、ガムキャンディ、そして小さなおもちゃ
お店には、結構かわいい小物などが売っているのですが ちょっと割高になってしまいます。(友人同士の行事だと、そういうものを購入して使用しますが。)
公立の学校だけあって、卵の中身は手元にある ほんのちょっとしたもの、という感じでした。

さて、子供たちに人気の卵の中身は。。。やはり、硬貨でした。
(通常、1セントなのですが、10セント入っている卵もあったようで。(^o^;))

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

妖精が残していった宝物

Treasure
昨日は、St. Patrick's Day(聖パトリックの祝日)でした。

先生から「
の服を着てきてね!」とメッセージをもらったので、の服を着てきた子供たちがたくさん。
一般の大人たちも、昨日は
の服を着ていた人たちが多くいました。

さて、子供たちが教室に入っていくと、椅子が机の上に乗っていたり
クレヨンがばら撒かれていたり
Leprechaun(レプラコーン)がいたずら
をして、教室は めちゃめちゃ。

なんと、Leprechaun からは、手紙が来ていたそうです。

男の子、女の子たちへ
 私たちは危うく、君たちが作った罠にかかってしまうところだったよ。
 みなさんに私たちの宝物を置いていきます。Leprechaun より


先生の字とは違って、汚い読み難い字だったそうです。
たぶん、小さい身体に合わない大きなマーカーで書いたからなのでしょうね。(^_^)

そして、教室内には、あちこちに宝物が残されていました。
先生から St. Patrick's Day 用の袋をもらって、生徒みんなで拾い集めたそうです。

なぜか「Made in CHINA」と書かれた おもちゃのコインがたくさん!(^o^;)
Leprechaun は、
Leprechaun の姿をした人形も置いていったようです。

ただし、家で子供たちが一生懸命作ってきた罠には、何もありませんでした。

罠は、ほとんどの子供たちが持ってきましたが、まだ すべてを自分で作れる年ではないので、両親ともに働いている子供の中には、どうしても罠を持ってこられない子供たちも出てくるのです。
そのため、罠のない生徒にも平等に宝物がもらえるようなシステムを考えてくれたようです。

家に帰ってから、娘は Leprechaun がくれた鉛筆を眺めながら、

小さな身体で、よく大きな鉛筆が持ってこられたよね。

と真剣に感心していました。
本当に信じているところが すごい。。。
 

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

妖精を捕まえる罠を作ろう!


明日、月曜日は、St. Patrick's Day(聖パトリックの祝日)です。
アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で、カトリックにおける祭日であり、アイルランドの祝祭日です。

アイルランド系がアメリカに多いということで、アメリカでも
St. Patrick's Day を お祝いする学校が多くあります。

  
とはいえ、周りには、あまりアイルランド系がいない。。。
  少なくとも、うちのクラスには一人もいません。(^_^;)



そして、アイルランドには、Leprechaun(レプラコーン)という伝承に登場する妖精がいるのです。
靴職人でもある この妖精は、宝物のことを知っていて、うまく捕まえることができると宝をくれるらしいのです。

もともとは、St. Patrick's DayLeprechaun は無関係でしたが、アイルランドつながりで、今となっては St. Patrick's DayLeprechaun は切り離せません。

ということで、娘の先生から、Leprechaun を捕まえる罠を作ってくるように言われました。
Leprechaun は、10cmに満たない小さな妖精なので、罠も小さいものを作らなくてはいけないそうです。

こうなると、まじめ~な日本人の私と娘は、真剣に仕様を考えてしまいます。
構成仕様の段階までくると、うまく作動するかの試作品まで作ってしまいました。(^o^;)

Trap さて、そして出来上がったのが、この罠です。
(写真をクリックすると拡大表示になります。)

夜中、そばを歩いた Leprechaun が、St. Patrick's Day の色であるの箱に気づき、緑の梯子(ハシゴ)を上っていきます。

梯子を上ったところで、Leprechaun の好きな きらきらした飾りのついたアーチに目を奪われて近づいていくと、罠に落ちてしまうという設定なのです。

罠の上部は中心部に大きな穴が空いていて、伸縮性の布でカバーされているだけなので、乗れば簡単に開きます。

上部には、さらに木や草で飾りをつけ、横には アイルランドを象徴する Shamrock(クローバー)の飾りもつけました。


さて、この罠を持って学校に行ってみると。。。
適当なものを持ってきてる親子も多い。。。

ちゃんと稼動しなくてもよかったみたい。
カップに紐がつながっていて、ずっと紐を持って Leprechaun を待ち、来たら手を離して、カップが閉じる罠などもあります。
Leprechaun を待って、一晩中、起きてなくちゃいけない。)

う~ん。。。
罠がきちんと機能するか、箱の上に
チョロQを走らせて罠にかかるのを確認した私たちって。。。(^o^;)

もっと簡単に考えればよかったのね。
でも、楽しい罠作りができてよかった♪

この罠は、週末前にクラスにしかけて、明日の St. Patrick's DayLeprechaun が捕まったか確認するそうです。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

びっくりなインド人


日本では、誰にでもあるファーストネーム。
生まれてから、一番初めにきちんと決めなくてはいけないのがファーストネームだものね。

知人の弟さんには、
このファーストネームがなかったそう。
(知人にはあります)

その知人はインド人。
インドでは、宗教、地域、カースト制などによってファーストネームの場所が変わったり、夫のファーストネームが妻のファミリーネームになったり、いろいろ難しいルールがあるのですが、「ファーストネームがない」というのは聞いたことがありませんでした。

兄弟の中でも、ファーストネームがあったり、なかったり、ということがありうるようです。
普段、どう呼ぶかは謎ですが。
(「おーい! 三番目!」みたいな感じなのかな。(^_^;))

聞くところによると、インドからイギリスに渡ったクリケットの選手にもファーストネームがなかったそうで、それではイギリスで生活しにくいということで新たに名づけたそうです。
便宜上、後からつけるということも可能なものなんですね。

インドは奥が深い!!

国土は広いし、人口は増え続け、数年前には11億を超えていて、20年後には世界一の人口になると言われているのだから、いろいろな人たちがいて当たり前といえば当たり前なのですが。
シリコンバレーも、Cupertino近辺はインド人が ぞろ~り。

さて、インド人に、

今、インドの人口は、どのくらいになっているの?

と聞くと、

え? いつの人口が知りたいの?
 1時間前の? 10分前の? それとも5分前の?


おもしろい!(^o^)
まじめ~なイメージのインド人だけど、こんなことも言ってくれるんですよね。
このブログには書けないような、風習について話すことも。

これからも、彼らから いろいろな お話が聞きたいものです。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

陶器を作るバースディパーティ

The Art Beatに決まった今年のバースディ パーティ。
無事に、陶器を作るパーティを開きました。
happy01

Artthebeat1
まず最初に、インストラクターが作り方を教えてくれます。

Artthebeat2
次に、子供たちが陶器作りに挑戦。
型にする紙皿の大きさに粘土を切って
(一番右の女の子)、紙皿の上に粘土を敷きます。(真ん中の女の子)
そして、粘土を紙皿に押さえつけて、粘土をお皿の形に定着させます。
(一番左の女の子)

Artthebeat3
そして、色の違う粘土をクッキーカッターで切って お皿に飾ったり、フォークや棒で粘土を引っかいて模様をつけたりします。

違う粘土を お皿の粘土にくっつける場合は、接合部分をひっかいて水で塗らして ぴったりくっつけます。

Artthebeat4
無事にお皿を完了させると、別テーブルでパーティ
cake

Artthebeat5
最後に、バースディガール(お誕生日を迎えた女の子)に、「Happy Birthday!」のバナー(垂れ幕)を作ります。

これで、終了!
約2時間。

だいたいの進行は The Art Beatがしてくれるので、わりと楽に終えられます。

ただ、パーティ開始時刻に遅れると手順がわからなくなるので時間厳守!
clockであることを招待状に記述することをお勧めします。

Artthebeat6
さて、焼き上がって できたお皿は、こんな感じです。
お天気が
sunでないと陶器をお釜で焼けないということで、予想以上に時間がかかってしまいました。

# MISAさん、
会場まで忘れものを届けてくれて、ありがとう!wink

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

日本人の郵便配達屋さん


郵便局の不在配達通知を握り締めて、家の前にいた郵便配達屋さんに声をかけました。

(英語で)午前中に、この不在通知を受け取ったのだけど。
私への小包、持っていません?


郵便屋さん「
(英語で)不在通知のここに、サインをお願いします。

(英語で)え? 私の小包は持ってきているんですよね?

最近、とても疑い深くなっている(^_^;)私。

郵便屋さん「
(英語で)えぇ、ありますよ。

そして、ごそごそと大きな袋の中から小包を取り出して、

郵便屋さん「
はい!

と、私に手渡しました。

え??
今の、「
はい!」は?? 
このタイミングでの「
はい!」って日本語!?

アジア人風の人の胸元を見てみると、名札に日本語の名前が!

(英語で)ひょっとして、日本人の方ですか?

郵便屋さん「
(日本語で)そうなんですよ。

ひゃ~~っ! びっくり!!(@_@)

この地域、サラリーマンな日本人は たくさんいるものの、普通の地元密着のお仕事(っていうのも おかしいけれど。)の郵便配達屋さんに日本人もいるのね~

日系人ならともかく、あの「
はい!」のタイミングからして、日本育ちなことは確か。

なんだか、親近感を感じて、少しの間、立ち話をしてしまったのでした。
(EMSは、午前中に届ける規則だということです。
心当たりの時期は、午前中、なるべく家にいないと!)

近所に日本人消防官や、日本人警察官はいないのかしら。
警察官は、強そうなムキムキでないといけないから、無理かな。。。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

5+7は、7になる?


最近、クラスでは1セント硬貨を使うゲームを始めたようです。

早く自分の作業を終えた生徒は、その1セントゲームで遊んでもいい時間があります。

娘とZoeyが、1セントゲームをしていました。
カードには、数字と絵が書いてあります。

娘「
5セントのと、7セントのだから、12セントちょうだい!

Zoey「
違う! 5と7を合わせて7セントでしょ!

娘は、先生の邪魔はできないので、他のグループを教えていた私のところに飛んできて、

娘「
Zoeyが5+7は、7だって言うよ。12だよね?

他の生徒を教えるのに忙しい私は、

12に決まってるでしょ。何でそんなこと聞くの(忙しいのに)

娘は、Zoeyのところに戻っていきました。

その後。。。

娘「
やっぱり、ママも5と7を足したら12って言ったよ。

Zoey「
あなたのママって、算数ができないのね~!

   
5と7を足したら7よ!!

しかたがなく、娘とZoeyは、5+7=7でゲームを進めたそうです。(^_^;)

家に帰ってから、娘が私に聞きました。

いったい、誰だったら簡単な足し算ができるの?
 次は、できる子とやりたいんだけど。


う~ん。クラスに日本人はいないから確実にっていうのは。。。

あ、中国人の女の子Emmyがいるじゃない!
中国人の小学校にも通ってるし。Emmyなら、きっと!

って、そういう問題?

そもそも、できない子がいるのに、監督なしで そういうゲームをさせること自体が問題じゃないの?
もちろん、できない相手だから仕方がないと、そのままにしておく娘にも問題があるけれど。

結局、今後は生徒たちのため、算数の時間にも リーディングの時間と同じように、能力が高い上位の4~5人だけ分けて考えて共同作業をするようになるそうですが。。。

そういう能力分け教育を簡単に実行してしまう学校というのも、アメリカらしいと感心してしまうのですが。。。
でも、だから問題ないという話でもない気が。

子供の世界って、力関係によって間違いも正しいことになってしまうのよね。

でも。。。
よ~く考えてみたら、大人の世界だって同じ??

5+7=7と言えてしまう大人も、国もあるかも。。。?
そして、それに対して きちんとした対処ができない大人も、国も。。。?

なぜか、はぁ~っとため息が漏れてしまいました。

 

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

ジョージ・ワシントンは、どんな人?


先週は、キンダーで ジョージ・ワシントン初代アメリカ合衆国大統領について学ぶ週でした。

その前の週の金曜日 2月22日が ジョージ・ワシントンの本当のお誕生日ですが、学校が一週間のお休みなので、先週がジョージ・ワシントンについて学ぶ週になったわけです。

そして、ジョージ・ワシントンについての授業に参加してきました。
工作で、顔を切り抜いたり、あの白いフワフワの髪の毛を綿ボールで作ったり、ブラウスのひらひらをレースのナプキンで作ったり。
なかなかおもしろい♪

作ったジョージ・ワシントンの姿には、メモ書きをつけることになりました。
ジョージ・ワシントンについて先生から学んだことを、生徒たちがメモ書きしたものです。

さて、子供たちの印象に残った「ジョージ・ワシントン」とは。。。

ワシントンは、桜の木を切ってしまった。

どうも、子供のときに桜の木を切ってしまい、そのことを父親に正直に話したら、かえって誉められたという挿話が心に残ったようです。

ワシントンは、歯を無くしてしまった。

ワシントンは20代前半から歯槽膿漏に悩まされて歯を失っていった、という話が印象的だったようです。(^_^;)

ワシントンの歯は、本物ではない。

晩年には自分の歯が一本しか残っておらず、作ってもらった木製の入れ歯を使っていた、という話からのようです。

なんと、80%の子供が、ワシントンの歯についての記述でした。

ワシントンは、アメリカの大統領でした。」と書いた子供は、ほんの一握り。

子供にとっては、元大統領である話よりも、歯が無くしてしまう話の方が、ずっと重要なようで。。。子供たちの工作作業を手伝いながら、ひとり心の中で大爆笑でした。
ワシントン元大統領も、天国で苦笑いしていることでしょう。
(^o^;)

 

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

不思議な小包・消えた小包


家に帰ると、ある国際宅配便からの不在配達がありました。

だいたい、小包って私がいないときに限って届くのよね~(;_;)

そして、翌日も。。。ちょっと家を出た隙に来てしまったようで、また不在通知。

どうして、こうタイミングが悪いんだろう。(-_-#)

配達は2回だけのはずなので、宅配会社に電話をしてみると。。。
出ない。

不在通知とネットの郵送状況を見ると、どうも隣の市 Santa Claraの住所宛なのに、うちの住所に転送されて届いたものらしい。

でも、国際宅配の小包を受け取る予定はないし。とても不思議。
なぜ、転送先が、うち??

また、宅配会社に電話をしても。。。
出ない!

数日、そんなことが続き、しまいには忘れてしまっていました。

もう一ヶ月くらい経つけれど、結局、連絡はありません。

あの荷物、誰かに届いたのかな~
それとも、依頼元に戻ったのかな。


宅配便は、だいたい、配達員が荷物を置いて呼び鈴を鳴らしたら、一瞬のうちに車に戻ってしまうというピンポンダッシュがほとんどです。

プライオリティの高い、署名つきで送れば大丈夫なはずだけど、今回のように宅配会社と連絡がつかない場合もあるのね~

郵便局では、日本発のEMSなどプライオリティの高い小包は、手渡しして署名するのが規則なものの、郵便屋さんと顔見知りになると「きっとすぐに帰ってくるだろう」と勝手に判断して玄関に置いて行ってしまうことも。
(誰かが、持っていってしまった場合の補償はどうなっているのか不明ですが。)

絶対安全!というものは、ないのかも。。。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »