« アメリカ人は よく寝る? | トップページ | アメリカの兄弟は平等? »

2008年2月21日 (木)

絵の並べ替え問題


キンダーで工作を教えた後、先生が用意したプリントを生徒に渡しました。
上の8枚の絵を、「順番に並べ替えて紙にはりましょう。」というものです。

すると、何人かの生徒が、
わからないの。どうしたらいいの?
と聞いてきました。

今回は、わからない生徒が多いなぁ、と思って 8枚の絵を見ると、案外 難しい!!

Tillie

 
Tillie
ちなみに、このお話はTillie and the Wall という Leo Lionni の作品の内容です。

あらすじは、

ネズミのティリーは、住み家の近くにある壁が気になってしかたがありません。
仲間のネズミたちはその壁の存在に対して、全く気に留めることはありませんでしたが、ただ1匹だけ、ティリーだけはその壁の向こうが気になるのです。

そのため、ティリーは壁を登ろうとしたり、釘で穴を開けようとしますが、なかなかうまく行きません。しかし、あきらめることが出来ないティリーは、穴を掘って壁の向こうに行ってみようとしました。

がんばったティリーは、ついに、壁の向こうの世界に行くことができます。
そして、壁の向こうには、ティリーやティリーの仲間のようなネズミたちがいたのです。
そのネズミたちは、ティリーを歓迎してくれます。
ティリーは壁の向こうに新しいネズミたちを連れ、また壁の下の穴を通って自分の仲間の元に戻り、全員がお友達になれたので、ティリーは幸せな気持ちになりました。


というような、子供たちに 諦めずに努力すれば必ず道が開けることを教える お話です。

さて、8枚の絵を並べ替えられましたか?

私は何となく話の内容を知ってはいるものの、うろ覚えでは並べ替えられませんでした。
他のグループを教えていた もう一人の人に相談してみると。。。彼女もわからず、結局回答をチェック!(^o^;)


回答は、左の上から右へ、左の下から右へ、という順でした。

まず、

  1. ティリーが壁を見上げています。
  2. 夜になっても、ティリーは壁が気になります。
  3. 仲間を呼んで、壁によじ登ろうとしましたが、できません。
  4. 壁に穴を開けようとしましたができません。
  5. 仕方がないので、ティリーは一人で穴をほってみました。
  6. 壁の向こうに出られました。
  7. みんなが歓迎してくれました。小石の上に乗っているティリー。
  8. 仲間の元に戻って、よろこぶティリー。

う~ん。。。なかなか難しい!
ちゃんと、内容を絵と一緒に見ていないとわからない問題ですね。
どれがティリーだか、よくわからないんだもの。

キンダーの問題とはいえ、予習がしたい私でした。。。(^_^;)

|

« アメリカ人は よく寝る? | トップページ | アメリカの兄弟は平等? »

英語の絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ人は よく寝る? | トップページ | アメリカの兄弟は平等? »