« サイエンス フェア参加計画 | トップページ | 中国産 キャンディ リコール »

2008年2月15日 (金)

子供たちのバレンタイン


Valentine20081 毎年恒例のバレンタイン行事。
キンダーでは、数人の親たちがフルーツやクッキーを提供し、子供たちがパーティを楽しんできました。

そして子供が一番楽しみなのは、やはりカード交換。

キンダーの子供たちは、そろそろ自分で文を書ける子供がいるかなぁと思っていましたが、実際に「Dear my friend」「Happy Valentine's Day」などと、いろいろな文字を書いた子供は20人中一人だけ。

ちなみにカードは、強制的ではないので3人の子供(全員男の子)が用意をしてきませんでした。

数が多いこともあり、まだまだ、名前を書くだけで大変な作業という感じです。
ものすごーく大変そうに一生懸命書いた字 (想像力を働かせれば、解読可能) も、たくさんありました。(^_^)

「え、ほんと? 5、6歳で?」と思われる方も多いかもしれませんが、日本人は小さい子供の頃から、書いたり作ったり、根気よく作業するのに ものすごく向いている民族なので、比べてはいけないのです。

逆に、英語のカードなんて うちの子供は書けない、と思っている方は、安心して自分の名前を書くだけで十分です。(^_^)

今年もらった お手製のカードは たった二枚。
一枚は、娘が作ったものですが。。。

Valentine20082 もう一つのカードは、娘の友人のママが作った この作品です。
茶色の紙で植木鉢をかたどったカードなのです。
その植木鉢には、「Let our friendship grow」のママ代筆メッセージ。
上からは、かわいい緑の双葉が顔を出していました。
植木鉢カードの中を見ると、ヒマワリの種3つ!
なかなかのアイディアですね♪

| |

« サイエンス フェア参加計画 | トップページ | 中国産 キャンディ リコール »

kinder」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンス フェア参加計画 | トップページ | 中国産 キャンディ リコール »