« お医者さんが安くなった! | トップページ | Googleの景色撮影車 発見!! »

2008年1月13日 (日)

恐竜さんの三泊滞在


Frank 学校の先生方は、本当にいろいろなアイディアがあるようで。。。
今度は、恐竜さんのぬいぐるみを使って、「友情」を教える試みをしています。

生徒一人ひとりが順番に大きなリュックサックを持って帰ります。
中には、
大きな恐竜のぬいぐるみ絵本と、大きな分厚いバインダー恐竜のついた鉛筆が入っているのです。

この恐竜の名前は、Frank。
彼は、生徒の家に滞在中、生徒の行動を見ているし、友情について学ぼうと思っています。
そして、生徒と行動を共にするのです。

Frank 親は、リュックサックに入っていた左の絵本を子供に読んであげ(早い子供は、自分で読めるレベルの絵本です)、子供が Frankに教えてあげた「友情」について紙に書き、分厚いバインダーに入れて、学校に持ち帰らせます。

「友情」関する文章は、親が書いてもいいし、自分で書いてもかまいません。
子供とFrankの写真を貼ってもいいし、子供が絵を描いてもいいのです。
半分くらいの子供が何とか自分で文を書こうとがんばるようです。

クラスでは、Frankを持ってきた子供が、Frankに何を教えたかスピーチします。
順番に持ち帰る Frankは、子供の人気者になり、自分の番を心待ちにしているそうです。
そして、不思議と「Frankが見ているから」などと、人に優しい行動を取るのです。
不思議なものですね。(まだ単純な年なんですね。(^_^;))

さて、子供が書いた Frankに教えた友情についての内容を紹介します。
(大文字、小文字、字や文法の間違い、すべて原文のまま)

Frankjournal 男の子1

T taught FRANK to USE KIND WORDS.
We went to see christmas LiGhts to (以降解読不能)


女の子1

This is a PictuRe of a tent I Ysee FOR a hoteL FOR FRANK

女の子2

We ReaD FraNK some friendship stories.

女の子3

We took frank to visit someone sad.

女の子4

I Taut Frank how to shar with my sistr
I had a grat time withe FRANK


女の子5

I taught Frank do not throw my toys, and do not hide my toys.
Sharing your toys make good friendship.

1 2 3


|

« お医者さんが安くなった! | トップページ | Googleの景色撮影車 発見!! »

kinder」カテゴリの記事

英語の絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お医者さんが安くなった! | トップページ | Googleの景色撮影車 発見!! »