« COSTCOプライベートショッピング | トップページ | オープンハウス体験4 »

2007年12月 8日 (土)

生徒の宗教に対応! 工作授業

工作の授業で、今回はカレンダーを作りをしました。

大きな紙下半分に今月のカレンダーを貼り付けます。
そして、日付を書き込んだり、予定のある日を色づけしたりします。

そして上半分はというと。。。
大半の子供はトナカイを紙で作って貼り付けました。

トナカイは、茶色の紙を楕円形に切ってにします。
そして、手を型にして黒い紙を切り抜いて作ったを左右につけ、
黒い紙を丸く切ってに、動く目のパーツをの位置にを貼り付けるという工作です。

トナカイは、特にサンタ帽子をかぶっているわけでもなく、ただ普通のトナカイ。
まぁ、冬だから、寒い地方で働くトナカイを題材に工作、と考えられなくもないですが、どうしても


トナカイ=サンタクロース、そしてサンタクロース=キリスト教、と考えてしまう人が多いんですよね。
それで、キリスト教の生徒や、宗教にこだわらない生徒には、トナカイを作らせるのです。

そして、ユダヤ教の生徒など、クリスマスを祝わない生徒は、紙を切り抜いて雪の結晶を作ります。

大変なのは、教える方。
トナカイを教えつつ、まだ雪の結晶を一人で切ることのできない生徒に手をとって教え。。。
教えていると、「
ここ、どうやるの~?」「目がどっか行っちゃった~」とまたトナカイの生徒が話しかけてくる。。。(^_^;)
ものすご~く、ばたばたした一時間でした。

普通のトナカイなのにいけないの~!?と思いつつ。。。「
雪の結晶の間に空間があるのは嫌なの。埋めるために、もっと小さいの作って~!」というイスラエル人の親を持つ生徒に 小さな雪の結晶まで作っていた私でした。

日本では、こんなことは問題にならないのでしょうけれど、アメリカでは授業も宗教によって変えなくてはならない。。。きめ細やかな対応のアメリカの公立学校でした。

| |

« COSTCOプライベートショッピング | トップページ | オープンハウス体験4 »

kinder」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COSTCOプライベートショッピング | トップページ | オープンハウス体験4 »