« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

Leapster にはまる


Leapsterg クリスマスシーズンで、(親にとって?)人気の教育ゲームが売り切れになっていました。
今年とても人気があったのは、Leapster
ゲームをしているような感覚で
単語力読解力計算力問題解決力など、いろいろな能力を養うものです。

携帯ゲームのような容姿なので、私はあまり興味がなかったのですが、アメリカ人の教育ママな友人が子供に用意していて、

誕生会でも、プレゼントに携帯ゲームが来てしまう時代よ。Leapster があれば「あなたはゲーム、もう持っているでしょう。いくつもあると目に悪いわよ」って渡さないですむじゃない。どうせ、引き離せない携帯ゲームなら、教育的じゃないと。

なるほどね。

さて、この Leapster、通常トイザラス、ターゲット、ウォールマートなどで 59.99ドルで売られているのですが、クリスマスシーズンには どこも売り切れ
amazon.comで調べると、やはり Target.comなどからの商品は売り切れなのに、いくつかの業者から 99.99から149.99ドルで販売されてました。

それって、かなり暴利!(-_-#)

Leapster
の上位機種 Leapster L-MAX通常価格71.99ドルより高~い!(とはいえ、クリスマス前のL-MAXは、138.95ドルから299.99ドル!)

Lmax Leapster L-MAXは、Leapsterカートリッジの他にLeapster L-MAX用のカートリッジも使用できます。これを使うと、TVとつなげて、操作の幅が広がるのです。
(実際には、テレビ映像で先生が教えてくれ、手元のL-MAXで答えを入力するなどの操作ができたりします)

クリスマスが終わり Sunnyvaleのターゲットに行くと、運よく Leapster L-MAX通常価格で手に入れられたので、年末の娘の誕生日にと買ってみました。(当日、Cupertino のターゲットやトイザラスでは売り切れのまま)

Getpuzzled それで、気に入ったカートリッジが、Scholastic Get Puzzled!
カートリッジに6種類のゲームが入っています。

ゲームの一つでは、
塔を建てていくのに、いろいろなサイズのブロックがあります。
塔が傾かないように、左右二ヶ所、または三ヶ所の柱を同じ高さにブロックを積まないといけないのです。

つまり、長さが3、5、6、7、8、9、107つの長さのブロックがあって、三箇所の柱を建てるとすると、柱は

  • 3、5、8の長さのブロック
  • の長さのブロック
  • 10の長さのブロック

の3本建てればいい、ということになります。

別のゲームでは、いろいろな
アクセサリを いろいろなキャラクタの望みどおりに分配して、キャラクタ全員を幸せな気分にする、というものもあります。

☆「
私は、○と同じ色の帽子で、△と同じネクタイに、誰とも違う髪形がいい
○「
私は、□と違う帽子に、赤いヘッドホンをつけて、□と同じ髪形がいいわ
△「
私は、月の模様の帽子に、□と違うネクタイ、誰より短い髪形がいい
□「
私は、△よりも高さがある帽子に、赤いネクタイ、長い髪形がいいわ

と、それぞれの意見を聞いて覚え、うまく合うように分けてあげるのです。

どれも、小学校低学年の子供にとっては頭を使っておもしろい!
レベルを3段階達成すると、もう一段上のレベルが選択できるようになり、実際には4レベル。(3ユーザ登録できます)

つい私がはまってしまい、いろいろなゲームを試すためにLeapsterにかじりついてしまいました。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

簡単ピザ作り


この忙しい年末の時期ですが、子供に楽しい体験をさせてあげられるのも
この時期。
子供でもできる簡単なピザ作りのレシピを紹介します。

Joan Holub: The Pizza That We Made (Viking Easy-to-Read) 左のアメリカで売られている子供用絵本の中で、子供たちが楽しそうに作っているピザを基本にしていますが、そのままでは かなり慣れないと失敗すると思うので、わかりやすい説明を付加しました。



温めた水.....................2/3カップ
ドライイースト.............小さじ1
砂糖............................小さじ1/2
塩................................小さじ1/2
オリーブオイル..........大さじ1
小麦粉........................1と2/3

ピザソース....................3/4カップ
モッツアレラチーズ.....1カップ
お好きな具...................適当に

  1. ドライイーストと水をボールに入れて混ぜる。
  2. 砂糖、塩、オリーブオイルを加えて混ぜる。
  3. 小麦粉をゆっくりと入れて混ぜる。
  4. こねてドウを作る。
  5. ボール状にまとめて、固く絞った濡れ布巾をかけて暖かいところに45分くらい発酵させる。
    (寒い時期は、オーブンを一度低い温度に暖めた後、しばらくドアを開けて「夏の気温」くらいに冷まし、ぬるま湯の入った容器と一緒にオーブンに入れておくと簡単に発酵させられます。)
  6. 12インチのピザ用天板、または普通の天板に小麦粉(分量外)を薄く敷き、ボールからドウをすくって天板に置きます。大きなスプーンを使って置くと簡単です。
  7. ドウの上に軽く小麦粉(分量外)をかけ、指で好きな形に伸ばします。
    こんなふうに宙になげてピザのドウを広げられるのはプロだけなので。。。)
  8. ピザソースを伸ばします。
  9. 細かくしたモッツアレラチーズを上にかけ、具を載せます。
  10. あらかじめ400度(204℃)に暖めたオーブンに入れて20分くらい焼きます。

Pizzaknead Pizzaspread Pizzabbake





 
ハート型ピザの出来上がり!
Pizzabafter

 

 

*計量カップはアメリカのカップ(1カップ=240cc)を利用した場合のレシピです。

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

クリスマスのアート


昨晩のクリスマスは、恒例のクリスマス デコレーション見学に行きました。
今年も、Flton St.は大賑わい。
クリスマスは どこもお休みなので、「
デコレーションでも見に行きましょう!」ということになるのかも。

Fltonsled 

 

 

 

 

 

 


サンタさんが、おうちの中でプレゼントを配っている間、外で待っているトナカイさん。
そりは二名まで実際に乗ることができます。
このお宅、写真のデコレーションだけではないのですが、クリスマスデコレーションだけで車二台分のガレージが全部埋まってしまう量。
この時期以外は、このデコレーションをどうしてるのでしょうね。
ストレージに預けているのかな。


Fltonjoyたくさんの子供たちが一列に踊っているデコレーション。
一番左だけ、本物の子供です。
Flton のデコレーションは大きいものが多いです。

Fltonnutcracker 

 

 

 

 

 


大きな「くるみ割り人形」のデコレーション。
一番左が、本物の子供です。

Fltonnativity


最後に、キリスト生誕のお話です。
三人の賢者が「
あ、あの星は! あの星の下に、何か特別なことが起きているに違いない」とベツレヘムに向かう部分の再現ですね。
あの星の下を目指していくと、キリストが誕生してい るのです。

この三人の賢者も、実際の人間のサイズです。
この時期、キリストが誕生した場面の飾り物は多く売られていますが、ここの Flton St.でもその場面のデコレーションがあります。

よいクリスマス休暇を。。。!

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

くるみ割り人形


Flintcenter モスクワバレエくるみ割り人形を見に行きました。
場所は、Cupertino の Flint Center for the Performing Arts。
Flint Center の駐車場は、入り口は混むものの十分な駐車スペースがあって安心。(ただし、駐車料金5ドルがかかります。)

座席は、バルコニー席の二階でした。
つまり、かなり高い場所。
予想外だったのは、すごーく暑いことでした。
外が とても寒いので、コートの下にセーターを着ていた私は つらかった~!
たぶん、裸でも暖かかったと思うので、Flint Center のバルコニー席に予約を入れた場合には、薄着になれる格好で出かけることをお勧めします。

モスクワバレエの くるみ割り人形は、とても上手で楽しかったです。
(プロなのだから、当たり前ですが。(^_^;))

一般人でも7歳以上の一定身長以上ある子供は、オーディションを受けて出演することが可能でした。
かなり技術的に上手な子供しか受からないのだろうと思っていたら、そうでもないよう。。。
観客の目は上手なバレリーナの方に目が行くので、子供は参加することに意義があるという感じでしょうか。
体系も、バレエを踊るとは思えないような、かなりぽっちゃりな女の子でもOKのようです。
オーディション時期から考えると、練習期間は一ヵ月半ちょっと。
まぁ、仕上がりはあのくらいかな。

バレエを眺めて、忙しい年末を少し忘れられる ひと時でした。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

パジャマで学校へ


Pj 学校から、「冬休み前の最終日は、ポーラー・エクスプレス パジャマ・デーです」という通知がありました。
当日は、子供たちが全員、パジャマを着てぬいぐるみブランケットを持って通学するのです。

クラスでは、パジャマを着て ぬいぐるみを抱っこしたり、ブランケットをかけながら、ポーラー・エクスプレスのお話を読んでもらい、ポーラー・エクスプレスの映画を見て、お菓子を食べたそうです。

子供にとっては、とても楽しい行事ですね。
今回の行事は、親たちの参加は不可。
ちょっと残念。。。
学校帰りには、子供たちがパジャマ姿で帰る姿が見られました。
(もちろん、先生もパジャマ!)

イベント好きなアメリカ人。
おもしろい日を作るものですね。

Present これから学校はお休み。
私のボランティアも お休みです。
先生から「
授業のボランティア、どうもありがとう!」のクリスマスプレゼントをもらいました。
きれいにラッピングされたプレゼントは、手作りのチョコレートクッキーでした。(^_^)

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

できる子に個別対応!アメリカ教育


学校が始まってすぐに、新入生全員が先生と二人きりで面接をし、他にもバイリンガル児たちには先生と二人で英語能力をテストする面接がありました。

その後、親と先生で面接を行い、生徒が受けた面接の結果を聞きました。
ここで、学力や行動などに何かしら問題がある場合は、今後の対策を考えるわけです。

Cupertino学区などの場合は、こういう面接で
英語力に問題がある場合は、English Language Development (ELD)を勧められ、そういう子供を集めて英語力を養うための授業を受けることができます。
だいたい、Cupertino学区では通常のクラスよりも、もう少し先生の比率が高いようです。(生徒15人に先生1人など。ま、東海岸の学校に比べたら、すご~く先生の数が少ないですが。)

Sunnyvaleの場合は。。。ELDのクラスはないと思いますが、詳細は よくわかりません。
ただ、
語学力が高い場合は、先生との面接で、もうバイリンガル児扱いはない、次回からはバイリンガル児の面接を受ける必要はないと知らされることは間違いありません。

ここまでは、学力に少し問題があった生徒の対処として、そんなに驚くことではないですよね。

驚いたのは、アメリカには他の生徒に比べて学力が高い子供にも特別にサポートがあるということです。

実は、最初の生徒と先生の面接で、学年で期待される能力以上にリーディング力が高い場合、先の親と先生の面接で、生徒を特別なカリキュラムに進ませていいか確認を取られます。

親が了承すると、子供は先生から受け取ったリーディング用の本を持ち帰り、家で読書をするのです。
だいたい、1ページ2~3行の簡単な本です。
そして、学校では、きちんと本が読めるか、また読解ができるか、コンピュータでテストします。

とはいえ、キンダーの子供向けなので、内容は いたって簡単。
ディスプレイに、女の子が運動をしている映像が表示されて、


「この後、この女の子はどうなる?」


などの質問が表示されるので、生徒が、


「身体が熱くなる」


という文章を選んでクリックするという感じです。
このような簡単な問題が 次々と表示されるので、答えていきます。
特に誰か指導者がついてくれるわけでもなく、生徒が一人で黙々とコンピュータに向かうわけです。

現在、このカリキュラムに進める子供は、クラスの中でもほんの一握り
日本だったら、両親から、

息子が、○○ちゃんは特別に本を持って帰って、学校では一人でコンピュータで遊んでるって言うのだけど、何ですか?

○○ちゃんのママが、娘さんがリーディングの特別指導をしてもらってるとか? うちの子はどうしてできないんですか。不公平です!

などと不満が出てきそう。。。

そもそも、日本の小学校というのは、底上げに一生懸命で、できる子供への対処がないような。。。それどころか、小学校一年で六年生の漢字まで覚えてクラス内で披露した子供の親に、「
漢字字典をおもちゃにさせないで」と先生が注意したという話も聞くくらい、足並みをそろえるのがいいとされるのに。

アメリカでは市立小学校でさえ、できる子供には「もっと楽しみなさい!」と新しい学習を授業中にさせてくれる、という姿勢が新鮮で好感が持てるのでした。
子供は、みんな違っていて当たり前なんだものね。

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

巨大な渋柿29個!をおいしく♪


Persimmon1 隣の道路に、先輩ママの一人が住んでいます。
先日、渋柿をもらいに行きました。

とっても立派な大きな柿♪
縦の大きさは、大きいものだと9cm!
うちの柿の木とは、大きさも量も、まったく違います。

Persimmon2 さて、これをどう食べましょう。。。
25個は、干し柿にしてみました。
うちのお庭にできた柿で、去年干し柿2個。
今年も2個作っているのですが、こんなに大きな干し柿作りは初めて。
出来上がるのが楽しみです。

残りの4個は、柿ゼリーを作ることに。
調べてみると、柿ゼリーを作るのに渋は抜かなくていいとか。

まず、
柿をむいて細かく切り、お鍋に入れて お砂糖と水少々を入れて煮てみました

渋は抜かなくて大丈夫って話だけれど、本当に大丈夫?
とちょっと味見。

渋~~~~~っ!(;_;)

ダメじゃない!
ちょっと後悔。
やっぱり お料理用の日本酒を使って渋抜きすればよかったかな。
(お酒に弱い私は、一般に渋抜きに使う焼酎なんてないので)
もう遅いけれど。

さらにインターネットで調べてみると、農家の方の「
渋柿は、たとえ渋抜きしても 熱すると渋が戻る」などの発言が。
その後、いろいろな人の失敗談ばかりが検索されてしまいました。(^_^;)

もうダメでも仕方がないと、
白ワインを入れて、もう一度熱してアルコールを飛ばして冷やしてみることに。

そして、冷ましてみたら、かなり渋が少なくなっていました。
不思議!
もしかしたら食べられるようになるかも!?

できあがった柿をミキサーにかけてピューレ状にしました。
その後、
ゼラチンを水でふやかしたものを加えて、ちょっと味見。
あれ? 今度は、渋が消えた!!

Persimmon3
型に入れて固めて、無事、柿ゼリーが出来上がりました。
結構、上品なお味に♪

柿によって、お砂糖や水の量、またお鍋によっても水の量がかなり変わると思うので、今回はレシピを載せません。
適当に味をみながら(渋を体験しながら!?)、試してみてください。

おかあにゃん、ぜ~んぶ、無駄にしませんでしたよ!!

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

サンノゼ Christmas In The Park


サンノゼダウンタウンの Plaza De Cesar Chavez で行われる Christmas in the Park に行ってきました。
この時期はクリスマスの雰囲気一色。
移動式の簡易遊園地も開かれていて、家族連れでにぎわっています。

ここでは、さまざまなイベントが行われます。
Christmasinthepark20070 ステージの周りは、
オーケストラ合唱、そしてダンスなどのステージを観賞するために、人だかりができています。
今年も、娘のダンススクールがダンスを披露しました。

Christmasinthepark20072 夜になると かなり冷え込み、さらに雰囲気はクリスマス。
あちこちにあるクリスマスの飾りに電気が灯り、華やかになります。

 

 


公園内には、いろいろな人形が展示されているのですが、その中に、サンノゼの姉妹都市の人形がありました。
ふと見ると、日の丸
着物を着た女の子のお人形が。
Christmasinthepark20071 隣の矢印の札には、
OKAYAMA, JAPAN,
Since 1957, 5492 miles

と書かれていました。
サンノゼと岡山市は、姉妹都市なんですね。

Christmasinthepark20073 ところで、目がぱっちりしてかわいい他の国のお人形と違って、この日本のお人形は つり目でちょっと怖いんです。。。テレビアニメに出てくるアジア系の女の子も細くて つっているのですが。
アメリカ人から見たアジア人は、目が細くて つってるというイメージなんですよね。(;_;)

クリスマスまで一週間ちょっとになりました。

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

Giving Tree - 援助の木


この時期になると、スーパー、コーヒーショップ、モール、学校など、あちこちに Giving Tree が飾られます。
これは、少し小さめのクリスマスツリー(といっても、人間くらいの背丈)で、手作りのオーナメントが付いているものが主流です。

貧富の差の大きいアメリカでは、家庭が貧しくてクリスマスプレゼントが もらえない子供もたくさんいます。
Givingtree そのため、そういう
貧しい家庭の子供の性別年齢ほしいものが書かれたオーナメントをクリスマスツリーにつけて飾り、余裕のある家庭の人がオーナメントを取り、両親の代わりにプレゼントを買って、オーナメントとともにプレゼントを Giving Tree の主催者に渡すのです。

オーナメントを見てみると、
トイザラスやターゲットのギフトカード携帯ゲーム人形、クラフト用品スポーツ用品など、いろいろな品が書かれています。

ギフトカード携帯ゲームという希望を見ると、あまり「送りたい!」という気持ちが大きくならないものの(^_^;)、バスケットボールフットボールなど、普通はほしいと願わなくても手に入るようなものが書いてあると、相手が見えないとはいえ「プレゼントしたい!」という気がしてしまいます。

今まで Giving Tree のオーナメントは持ち帰ったことがなかったのですが、娘の学校に飾られたので一つ持ち帰りました。
どこかに住んでいる8才の女の子、私がプレゼントしたクラフト用品を気に入ってくれるといいな。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

ひゃっきん商品で日本を紹介


Cumberlandは、アジア人の多いシリコンバレーの中でも多民族が集まる地区の小学校なので、娘の通うキンダーのクラスにも、いろいろな出身国の親を持つ子供たちがいます。
日本中国インドフランスイタリアドイツ、イスラエル、メキシコなど、本当にさまざま。

そんなことから、先週と今週は、親たちがそれぞれの出身国の文化を紹介する時間を設けるので、できれば来てほしいと先生から頼ました。
テーマは年末年始休暇なので、私は日本のお正月を紹介することに。

相手は、5~6才の子供なので、私は まじめなプレゼンテーションというよりも、楽しいパフォーマンス風にいきたいなぁと、今まで参加してきたお誕生会の司会者たちを思い出していたのでした。

Cultureshare1 さて、ここで便利なのが、Mountain Viewに開店したダイソー
日本のひゃっきん(100円均一ショップ)は、日本グッズの宝庫です♪
こんなに日本グッズを買い集めてしまいました。(クリックすると拡大画像が見られます)
Daly City に行ったときの記事に「賽銭箱(誰が買うの!?)」と書いていましたが、まさか自分が買うことになるとは。。。(^_^;)

私のプレゼンテーションの内容としては、まず、世界地図や日本地図、いろいろな国旗などを使い、日本についての簡単な知識を持ってもらいました。

この辺りは、生徒たちに質問しながら行う予定だったので、「
まったく反応しなかったらどうしよう」と心配していたのですが。。。

アメリカの子供たちは、想像以上に積極的!!
何の質問をしても、たくさんの子供たちがサッと手を挙げて発言しようとします。

あまりに私の話を真剣に聞いて答えようとしてくれるので感激!
(ただし、どの質問の回答も、当たることはなかったのですが。。。ま、やる気が一番!)

次に、「もし、あなたが日本に住んでいたら、どんな新年を過ごすのかな?」ということで、朝起きてから時系列に一日を疑似体験するような感じで進めていきました。

私は、自分が子供になって一日を体験する演技と、ナレーションで入れる説明の同時進行。


朝起きてから
お雑煮とおせち料理を食べ、
お年玉をもらい、
親戚が家に訪問して楽しい時間を過ごします。

獅子舞を見たり、
神社にお参りして、お守りを買ったり。

家に帰ってからは、新年の遊び。
和凧の凧揚げ、木ゴマ、羽根突き、福笑いといろいろ体験。
生徒たちも、実際に遊んで楽しみます。

夜になって寝る仕度。
縁起のいい七福神などの絵を枕の下に入れて寝ると、いい夢が見られて、いい一年が迎えられる!?


Cultureshare2 と一日が終わったところで私のお話もおしまい。
ついでに、先輩ママから借りた右写真の
日本の昔のおもちゃ飾り羽子板も紹介しました。
右から二番目のカタカタが人気!
私自身は、中学時代の修学旅行で行ったお土産屋さんでカタカタしたのを懐かしく思い出しました。。。

Cultureshare3 ところで、「
お雑煮&おせち料理の写真」「お年玉袋」「お守り」は家にあったものの、「福笑い」は、ひゃっきんにもなかったので、前日に自作してしまいました。(左写真)
レターサイズ4枚分の大きさです。

私のパフォーマンス。。。じゃなくてプレゼンは、予定の30分ぴったりで終了。
その後の質疑応答を終えて帰ってきました。

ずっと私の話に夢中になってくれていた生徒たち。
見学に来ていた友人が「
みんな、目がきらきらしていて、すごく集中していたね」と驚いていました。

アメリカの子は、反応が多くてとても話しやすい!!
話す前は緊張していたけれど、思った以上に楽しめたイベントでした。
日本人は、「話下手だから」とか「英語が うまくないから」などと まじめに考えすぎて、なかなかこういう場に立たないものですが、実際には案外どうにかなるもの。。。
機会があったら、ぜひ、楽しんでみてください♪

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

オープンハウス体験4


Openhouse4 ごく近所に興味を惹く物件が出たので、久しぶりに、オープンハウスに行ってきました。

今回の物件は、居住部分が1793sft
この辺りの1ミリオンを超えない物権としては、わりと広い家です。
そして、4ベッドルームに 2バスルーム。
それも、通常ガレージにある洗濯機置き場が屋内にあるなんて、すごくいい!!

キッチンも室内もリモデルされているようで とてもきれい♪
これで、899,999ドル(約一億円)!?
この学区で、この家でこの価格って、とっても安い!!

そんなうまい話は。。。と、よ~く詳細の情報を見てみると。。。

ガレージがない!!

なるほど。そういうことだったのね~
上の写真を見ると、確かに左側にガレージの存在が確かめられるのだけど、実際には、リモデルしたときにガレージをマスターベッドルームに変えてしまっているのでした。
つまり、ガレージに見えても、ドアは開きません。

Bedroom マスターベッドルームからガレージのドア側を見ると、左の写真のように 一面のクローゼットです。
収納がいっぱいあっていいですね。

でも ガレージもほしいなぁ。。。カリフォルニアの夏の日ざしは強いから。
まぁ、ガレージがあったところで、買える物件じゃないんですけどね。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

生徒の宗教に対応! 工作授業

工作の授業で、今回はカレンダーを作りをしました。

大きな紙下半分に今月のカレンダーを貼り付けます。
そして、日付を書き込んだり、予定のある日を色づけしたりします。

そして上半分はというと。。。
大半の子供はトナカイを紙で作って貼り付けました。

トナカイは、茶色の紙を楕円形に切ってにします。
そして、手を型にして黒い紙を切り抜いて作ったを左右につけ、
黒い紙を丸く切ってに、動く目のパーツをの位置にを貼り付けるという工作です。

トナカイは、特にサンタ帽子をかぶっているわけでもなく、ただ普通のトナカイ。
まぁ、冬だから、寒い地方で働くトナカイを題材に工作、と考えられなくもないですが、どうしても


トナカイ=サンタクロース、そしてサンタクロース=キリスト教、と考えてしまう人が多いんですよね。
それで、キリスト教の生徒や、宗教にこだわらない生徒には、トナカイを作らせるのです。

そして、ユダヤ教の生徒など、クリスマスを祝わない生徒は、紙を切り抜いて雪の結晶を作ります。

大変なのは、教える方。
トナカイを教えつつ、まだ雪の結晶を一人で切ることのできない生徒に手をとって教え。。。
教えていると、「
ここ、どうやるの~?」「目がどっか行っちゃった~」とまたトナカイの生徒が話しかけてくる。。。(^_^;)
ものすご~く、ばたばたした一時間でした。

普通のトナカイなのにいけないの~!?と思いつつ。。。「
雪の結晶の間に空間があるのは嫌なの。埋めるために、もっと小さいの作って~!」というイスラエル人の親を持つ生徒に 小さな雪の結晶まで作っていた私でした。

日本では、こんなことは問題にならないのでしょうけれど、アメリカでは授業も宗教によって変えなくてはならない。。。きめ細やかな対応のアメリカの公立学校でした。

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

COSTCOプライベートショッピング


CostcoCOSTCOのプライベートショッピングの誘いを受けて、朝から お買い物に出かけてきました。

COSTCOは、「
安いものも安くないものもあるけれど、食べ物、日用雑貨、洋服、家電、おもちゃ、本と品揃えが幅広く、一度に大量に購入できて便利」ということで人気があり、会員になっている友人も多くいます。
とはいえ、うちにはそれほど収納スペースがあるわけでもなく、Safewayの安売りで買ったほうが安いものも多いので会員にはなっていません。

今回のプライベートショッピングでは、会員でなくてもお買い物ができるということで、ちょっと様子を見に出かけてきました。
朝 8時から 9時半の間に入場し、くじ引きもあります。
そして、朝食も用意されているのです。

クロワッサンのサンドイッチ(ハム&チーズ、ローストビーフ&チーズ)ベーグル各種クロワッサン菓子パン各種カップケーキフルーツ(丸ごとフルーツが多い)チーズクッキー各種など、思ったよりたくさんの食べ物がテーブルに並んでいました。

問題は、特にお客さん用のテーブルやイスがないこと。
つまり、
たくさんの人で混み合って雑然としている中で、みんな お皿を手に持ったり、カートの上に置いて、レジ前の通路で お食事するのです。
ひどい人は、稼動していない会計台の上にお皿やコップを並べて食事していました。(^_^;)
コーヒーをこぼしたり、お皿を落としたりなどのトラブルが よく起きないなぁ、という状態で、人目を気にする日本ではあり得ない食事風景でした。

お買い物は。。。これは絶対に安い!というものだけ購入。
わりと早めに引き上げてきました。

この日は、ミツワの20%オフ日でもあったので、一日の買い物だけで納戸がいっぱいに埋まってしまいました。(^_^;)
ちなみに、ミツワのセールでは、日曜日の午後、会計するのに2時間待ちだったそうです。怖い。。。(^o^;)

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

健康によいシャワーヘッド購入


Showerhead 前に記事にしていた湿疹のお話ですが、実は未だ全快とはならずに、時々薬を使用していました。
ところが、先日、Disney Land Hotel に泊まったら、たった二日のホテル滞在だったのに、どんどん改善し、まったく薬も必要なくなってしまいました。
そして、三日して自宅に戻ると、また悪化。。。

これって何が原因なの!?

Disney Land Hotel と自宅との違いって?
旅行先の方がずっと疲れるはずなのに?

よ~く考えてたどり着いたのが、
水が違う!!
ということでした。

確かに、ここの家は古くて、旅行から帰ってくるとさらに水質の悪さが気になっていました。
だって、出てくるお湯が茶色になっているんだもの。
もちろん、臭いもする。。。
そういえば、前に水道から変なものが出てきたことも。

ということで、ちょっともったいないけれど、
顔は Jupiterの還元水で洗うようにしました。
すると、顔の湿疹は改善

やっぱり!!

でも、大家さんは水道管を変えるなんてことはしてくれないでしょう。
ということで、フィルターつきのシャワーヘッドを購入しました。

Sprite という、アメリカのフィルターつきシャワーヘッドとしては、わりとメジャーな会社の製品です。
75%以上の
遊離塩素を除去してくれるし、結合塩素や硫化水素も除去してくれます。
フィルターの寿命は3ヶ月間。

インターネット購入の代理店はたくさんあるものの、二つ買うと割引きになるという、Air and Water で購入しました。

全体からシャワワ~との出方に調節できる(この出方が、シャワーヘッドによってかなり違う)このシャワー、なかなか使い心地がいいです。(^_^)

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »