« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

ダイソー in Mountain View

Daisomv
新しくできた Mountain View のダイソーに行ってきました。
前に近所を通って外観を見たところ、あまり広くなさそうな雰囲気ではあったのですが、それでも いつでも日本の小物が手に入るようになるという、とてもありがたいことには変わりありません。(^_^)

入ってみると、やはり Daly City のダイソーに比べるとかなり狭い!
(San Mateo の壱番館 Ichiban Kan よりは広い)
とはいえ、品物数はかなりあるので、ほしいものは
だいたい見つかりそう。
また、店舗内がある程度見渡せるので、どこに何があるのか一目瞭然でわかりやすいという利点もあります。

ただ、ここの欠点は立地
San Antonio Shopping Center の Trader Joe's と Wal-mart のそば。
ということは、駐車場が混むのです。
私が行ったのは平日の昼間だったのにもかかわらず、ダイソーの近くには駐車場所が見つからず。。。周りにも、駐車できずにウロウロしている車があちこちに。
結局、ちょっと離れたところに駐車しました。

ということは、店舗も駐車場も Daly City 店には劣るわけですが、それでも近所に来てくれただけで うれしい!

Daly City 店に行ったときには、50ドルものお買い物をしてしまった私ですが、今回の出費は、17ドル
いつでも来られる!」と思うと、正常な判断力が働くようです。(^_^;)
ほんとに、近くに開店してよかった♪

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

インドの民族衣装

Indiacloth 友人の家に遊びに行くと、娘さんたちがインド人の知人からプレゼントされたインドの民族衣装を着て見せてくれました。

この衣装は、インドで特別な催しがあるときに着る服だそうです。
フォーマルドレスみたいなもの、ということかな。
インドは国土が広大で いろいろな文化があるので、きっとある民族にとっての特別なドレスなのでしょう。

模様を染色した生地で作ったドレスに見えますが、実は、単色の布を組み合わせて模様を作ったもので、かなり手の込んだ手作りです。

こういう心のこもった貴重なプレゼント、とても すてきですね。

| | コメント (0)

2007年11月26日 (月)

キャラクターに会えるレストラン


この時期恒例の、ディズニーランド カリフォルニアに行ってきました。
今回は、ディズニーのキャラクタが楽しめる、ディズニーキャラクターダイニングを二ヶ所試してみました。前に一ヶ所経験しているので、三ヶ所分のレビューです。

どのレストランも、キャラクタが席に回ってきて、一緒に写真を撮ったりサインをもらえるという形式は同じです。

★ Goofy's Kitchen

2007_1117_090129 今回泊まった Disneyland Hotel 内にあります。Disneyland Hotel に泊まり、朝起きて まずココで食事、というのが お勧め。やはりディズニーランド近辺のホテルに泊まるのとは気分が違います。ホテル内も、すべてディズニーなので、旅行中、現実に戻る時間がないのです。

食事は、他のレストランに比べて、バイキングの量がすごく多い!
子供用のバイキングが用意されているテーブルまであります。
キャラクタは、グーフィー、プルート、チップ、ベア、アラジン、ジャスミンに会いました。
そして、(キャラクタの手が空かない場合を除き)キャラクタが出迎えて、手をつないで席に案内してくれます。簡単なダンスの時間もあります。サービス度という点で、一番でした。

★ Minnie and Friends Character Breakfast

2007_1118_102120 ディズニーランド内の Plaza Inn にあります。
キャラクタが一度回った席にもまた回ってきてくれるし、席の周りでパフォーマンスをしてくれる時間も長いので、その点はサービスがいいです。
会ったキャラクタは、ミニー、フック船長、チップ、デール、プー、ティガー、イーヨー、魔法使いのおばあさん(?)でした。

ただ、テーブル数がものすごく多いため、バイキングがいつも混んでしまい、グループの一人は並び役になり、ゆっくり食べられない&キャラクタに会えない可能性が大きくなってしまいます。
また、バイキングの品数も Goofy's Kitchen に比べるとかなり劣ります。

★ Ariel's Grotto

1119_211510aa ディズニーランド アドベンチャー内にあります。アリエル、白雪姫、シンデレラ、ベルなど、いろいろなプリンセスがテーブルに回ってきてお相手をしてくれます。
プリンセスが好きな女の子にはとてもいい反面、男の子にはいまいちかも。

声を出さない通常のディズニーキャラクタに比べ、プリンセスの場合は会話がメインになるので、人見知りをする子供や英語圏外から来た子供には、楽しみきれない部分があるかもしれません。
ここには、朝食はありません。

| | コメント (0)

2007年11月24日 (土)

Thanksgiving Day(サンクスギビングデー)

Thanksgiving

11月 第4木曜日の Thanksgiving Day、感謝祭の日。
去年は、伝統的なローストターキーを作りレシピを紹介しましたが、今年はちょっと変わったドレッシング(詰め物)のローストターキーを作ってみました。
Turkeyもち米を使用したドレッシングです。
レシピを  ご紹介します。前回レシピの【マッシュルーム・セージ・ドレッシング
を作るの部分の別バージョンになります。
また、ローストターキーにつけるクランベリーソースも、今回は ご紹介します。

マッシュルーム・セージ・ドレッシング(詰め物)

バター........................................1/2カップ
もち米........................................1カップ
人参............................................1/3カップ
セロリ(葉も一緒に)................1 1/2カップ
パセリ........................................大さじ3
セージ(生or乾燥)..................大さじ1/2
チキンスープ.............................小さじ4
塩、こしょう................................少々
マッシュルーム(あれば茶)...1インチくらいの6個

  1. もち米を洗った後、水につけておきます。
  2. フライパンにバターを入れて火にかけ、バターが溶けたらもち米、マッシュルーム、セロリ、人参、パセリ、セージを加えて炒めます。
  3. チキンスープを加えて水分が流れないようになるまで煮ます。
  4. 塩、こしょうをして味を調えます。
  5. 前回ご紹介した【ローストターキーを作る】のドレッシングとして使用します。


クランベリーソース

Cranberrysauce 水................................................1/3カップ
砂糖...........................................1/3カップ
クランベリー..............................冷凍の10オンス一袋
りんご........................................1個
シナモン(好みで)..................小さじ1
ナツメグ(好みで)...................小さじ1/2


  1. お鍋に水とお砂糖を入れ、火にかけてお砂糖を溶かします。
  2. みじん切りにした りんごとクランベリーを加え、軟らかくなるまで煮ます。
  3. シナモンとナツメグを好みで入れます。


*計量カップはアメリカのカップ(1カップ=240cc)を利用した場合のレシピです。

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

親と先生の面接と成績表

キンダーで、親と先生の面接がありました。
面接が行われる期間の一週間は半日スケジュールになります。
面接では成績表も渡され、子供の理解力、行動についてなど、いろいろな説明を受けます。

日本では、小学校の成績表は簡単なものになっているという話ですが、アメリカの成績表はキンダーといえど細かい項目に分かれています。

算数
30まで物を数えられる
30までの数字を認識できる
30までの数を数える
図形を識別できる
データを簡単なグラフに表せられる
簡単なパターンを識別したり表したりできる


などに分かれて、全部で 7項目もあります。

他にリーディングライティングでも、12項目。

おもしろいのが、生涯学習スキルという項目で、

指示に従える
自主的に行動できる
他人の話を注意深く聞く
他人と協力し合うことができる
他人に対する思いやりがある
クラスの決まりに従える
学校の決まりに従える


など、生活の常識についての項目が14項目もあります。

今回は、まだ最初ということで、全体の項目数は少ないですが、キンダー終了時には項目がさらに増えます。

でも、先生は「
現在は、他の項目は まだ評価する時期ではないので、評価していません」とおっしゃっていましたが、実際にはキンダーの学力評価面接で、キンダー終了時に評価予定の項目もこっそりテストされているんですよね。(^_^;)

この成績表は学区で決められたものなので、他の学区では異なった成績表が渡されます。でも、どの学区の成績表を見ても、だいたいこのような細かさです。

さらに、クラスが始まった頃と現在の認識度の違いなども話してくれるので、先生はきちんと子供を見ていてくれているなぁ、がんばっているなぁという感じでした。

面接時間は30分の予定ですが、実際には20分ちょっと。
先生はアメリカ人なので(当たり前ですが(^o^;))口がうまく、面接は ず~っとほめられ続け、今後も同じように、と言われるだけで終わりました。
まぁ、細かい成績表が渡されるとはいえ、まだまだ小さいキンダーの子に対してだものね。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

来年はどこの学校!?

先日、友人の Margaret と久しぶりにゆっくり話ができました。
そして、お嬢さんのキンダーの話もしてくれました。

子供がキンダーに行く前年になると、この辺りでは誰に会っても「
キンダー、どこに行くのか決まった!?」と話すのが口癖のようになっています。
というのも、シリコンバレーでは近くの公立小学校に行くのが当たり前ではないのです。

私立の小学校に行くという選択の他にも、苦労して他の学区の公立小学校や、同じ学区の違う公立小学校に行く選択もあります。

なぜ、親が そんなに真剣にどこの小学校に入れるかを考えるのかというと、小学校によって人種構成が全く違い、また学校の平均的な学力、子供たちの平均的な気質など、いろいろと細かく変わってきてしまうからです。

Margaret は、Mountain View のダウンタウン近くのとても便のいいところに住んでいます。ただ、ダウンタウン近くにはかなり昔から家を買って住んでいる人たちが多く、そのためにヒスパニックが多い地域でもあります。
彼女曰く、学区の学校は学力の平均が低く、言葉にスペイン語訛りを持つ子も多いので、子供を行かせたくないというのです。

そして、選んだのが隣の市、Los Altos の小学校でした。ここでは、白人が過半数を超え、学力の平均も高い学校が多くあります。他にも、学力平均の高い学校を持つ市もありますが、「学力平均が高い=アジア人ばかり」というのを避けたいという人も多く、結果として、白人が多く学力も高い Los Altos の小学校に子供を入れたい親が多くいます。

もちろん、こういった話は、大きな声では言えないので、親密になった友人にだけ話す、という傾向にあります。

さて、Los Altos の小学校としては、簡単にあちこちの子供を受け入れるわけにはいきません。Margaret は、最初は断られ、何度か電話をするうちに、
「キンダー当日まで待ってほしい、空き次第連絡する」と言われるまでになったそうです。

ずっと学校からの連絡はなく、仕方がなく Mountain View の学区のキンダー初日に娘さんを登校させ、お昼近くになったとき、突然、Los Altos の小学校から電話が来て、翌日のキンダー初日(学区によって初日が違います)に娘さんを登校させる許可が得られたそうです。

Margaret の家族は、全員で大喜び!!
すぐに、Mountain View の小学校はキャンセルして、翌日から Los Altos の小学校に通わせることにしたそうです。

とはいっても、ずっと Los Altos の小学校に通えるという保障はありません。
毎年、毎年、くじ引きをして、小学校に入れるかが決まるのです。
前年度に通学していた生徒は、新しく入りたい生徒よりも優先されるそうですが来年はどうなることかと不安そうでした。

いつも「
来年はどこの小学校だろう」と気をもみながら過ごすのも大変ですね。
私の周りには、学区でない小学校に通う子供がたくさんいますが、私には なかなかそこまではできないなぁと考えてしまいました。

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

免疫暴走のためTBテスト断念


アメリカで学校の先生やボランティアをするためには、TBテスト(ツベルクリン検査)をしないと働けません。

それを知ってはいたものの、例の皮膚科で「免疫システムが暴走している」と言われていたので、免疫検査であるTBテストは怖くて受けられず。。。実は、TBテスト結果を小学校に提出していませんでした。

どのみち、健康診断は受けたばかりなので、レントゲンも撮ってあり、結果的に働けるのはわかっていて形式的なもの、ということもありました。

提出しなくても、
学校からは何も言われていなかったのですが、とうとう、「事務の方から5日以内にTBテスト結果を提出しないと来週からはボランティアとして働けないという通達が来ました」というメールを担任の先生から受け取りました。
(なんと5人も未提出!)

それも週末を含めた5日間の猶予。
TBテストは、注射を打ってから結果が出るまで2~3日かかるのでギリギリ。
といっても、祝日も入るので絶対に無理!

まぁ、仕方がないなー
最短でも一週間は働けないけれど、とにかく早くお医者さんに行ってTBテストを受けてこようと思い、内科へ行きました。

すると、内科では、
皮膚科で免疫システムが暴走していると言われたなら、治りかけの今 TBテストを受けたら、それがトリガーになって免疫システムが再暴走するかもしれませんよ。
と言われてしまいました。

どうしよう~と思ったところで、
TBテストは止めましょう。でも、レントゲン検査をしたばかりなので、事情を付記してレントゲン検査結果とともに、TBテストの書類を作りましょう。

数分で、書類ができあがりました。
二回来院して数日かかるところを、一回の来院ですぐに書類ゲット♪
ラッキー!
(身体に問題があって
TBテストが受けられないのだから、本当にラッキーなわけではないけれど。(^_^;)

小学校でも、その書類は無事受け付けてもらえ、結局、休むことなくボランティア続行が可能になりました。(^_^)

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

アメリカのカイロプラクティク体験


ここのところ、少し痛めてしまったところがあって、近くにあるカイロプラクティクを探していました。

カイロプラクティクは、日本よりもアメリカの方が医療としての認識が高く、保険も利くことが多いので、アメリカ人でも経験している友人が何人もいます。

そのため、Sunnyvale近辺にも、たくさんのカイロプラクティクがあるのですが、やはりココは日本人がしているカイロの方が安心、ということで、日系を探していました。
でも、日系だけでもいくつもある。。。

結局、HPを出していて情報が得やすかった Dr.Ken Fujinaka に行ってきました。
写真を見ると若そうだけど、きっと実際はおじいさんに近いおじさんだろうなぁ、と思いつつ。(^_^;)

ところが行ってみてびっくり!
写真ほどではないものの、思っていたより かなり若い。。。
40ちょっと前くらいかな。

最初は、普通のお医者さんのように問診
アレルギー、家族の病歴は普通として、身体の各部位について、どんな弱い部分があるか。アレルギーを含めて、こまか~い記述項目がありました。

そして、生活習慣についても。
通常、三度の食事は何を食べてるか。何時頃か。一定しているか。
おやつお菓子飲み物タバコなどの嗜好品について。
また、運動の習慣があるか、どのくらいあるか。
今まで試したことがある代替医療なども。
(私は、ホメオパシーやハーブに○!)

全部で7枚くらいの書類を記入したりサインしたりしました。ふぅ!

さて、実際に身体をチェックしたり、治療に入りました。
ジーンズを履いていたので、特に着替える必要もなく、そのまま診察台に。
下着姿にされて、すごい格好をさせられたりして。。。と密かに変な心配をしていた私(^_^;)ですが、な~んだ! このままでよかったのね!

背骨の周りを順に押していってチェック。
悪い部分を押したり、何か器具を使っても治療。
カイロプラクティクの治療は、かなり痛みを伴うのではないかと思っていましたが、それほど過激ではありませんでした。
ただ一つ、首を曲げて「ポキポキ!」と音を出させたのが かなり怖い!(;_;)

初回は、問診が長くなるため、二時間くらいかけて診てくれました。
こんなにしてもらって、これって、いったいいくらかかるんだろう。。。とちょっと心配。(^_^;)

治療直後はそれほど実感がなかったものの、数時間経ったらとても楽になりました。
あ~、変な心配しないで、早く行っておけばよかったぁ!

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

インコの芸を見るパーティ(3/3)


インコとオウムの芸の最終回です。

オウムは、キスも上手。
女の子の頬にも、ちゅっ!とキス♪


インコお得意の歌も披露してくれました。
オーマイダーリンを歌って、みんなの人気者♪


| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

インコの芸を見るパーティ(2/3)

前回に続いて、インコの芸を動画でお届けします。

まずは、インコのマジックショー
3つの銀色カップの中に、一つだけ緑色のおもちゃが入っているものがあります。
バースデーガールが「ストップ!」と声をかけるまで、銀色カップを動かします。
さて、インコは当てられるでしょうか?
もちろん、私が目で追って見ている分には、どのカップに入っているのかわかるのですが。。。
インコも目で追っているのか、何かトリックがあるのか よくわかりませんでした。(^_^;)

 
 


インコの大回転ブランコ乗りです。
こんなに大回転しても、インコは目が回らないのでしょうか。
私だったら、気持ちが悪くなりそう。。。(^o^;)

 

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

インコの芸を見るパーティ(1/3)


オウムとインコの芸をパーティに行ってきました。
今回は、一部を動画でお届けします。

まずは、インコのスケートボード乗り



次は、オウムの自転車に乗りを見せてくれました。
他のインコは普通に自転車に乗っていたのですが、このオウムは なぜか逆さに乗って見せてくれました。



最後に、インコがローラースケートに乗って、バースディガールから餌をもらいます
ちょっとしたハプニングのときの女の子の態度がかわいい!

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

庭で見つけた「秋の収穫」


Harvestry2007 もう秋も終わりになってきましたが、うちは収穫の秋まっさかりという感じです。
ザクロ、ミニトマト、柿、オレンジ。
今年一番収穫が多かったのはザクロかな。
柿は、渋柿なので、これから干し柿にしようと思っています。(^_^)

| | コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

びっくり&大笑い発言

先日のポトラックパーティで一人の日系人に会いました。両親が東京の出身で、何十年も前に L.A.に渡り、アメリカで生まれたそうです。そのため、血は 100% 日本人。ご主人も、両親が京都と奈良の出身なので日本の血の、ハワイ生まれ&育ち。

ところが、その女性は、ほとんど日本語が話せませんでした。数字でさえも危ういのです。小さい頃は、日本語補習校に通ったこともあるそうですが、家では親が日本語で質問してきても英語で答えるようになり、大人になる頃には日本語ができなくなったとか。

ご主人は、日本の両親を持ちながら、まったく日本語はできないそうです。
100%日本の血でも、簡単に日本語はできなくなってしまうのね~

5才の娘も、どんどん行数の多い英語の絵本を一人で読むようになってきて、日本語の教育には不安も。。。

ということで、毎日、日本語の本を読み聞かせています。
ある日、本の話を聞いている娘が質問してきました。

肝試しって何?

どれだけ勇気があるか試すことよ。よく、お墓で肝試ししたりするの。

お墓。。。?

そう。grave(お墓)のこと。亡くなった人が眠ってる場所ね。人は誰で最後には亡くなるから。人は亡くなると、お墓に入るの。

と、説明すると、

私、知ってるよ。そのこと英語で何ていうか。学校でその話したことあるもの。

ん? bury(埋葬する)? remains(遺骨)?
娘は何のこと言ってるのかな?

学校で、何て習ったの?

mummy!(ミイラ)

思わず、大笑いしてしまったのでした。

それで、夜、お墓から出てきたりするんだよね。コスチュームで着る子もいるよね。
なるほど。学校でハロウィンの話をしたときに出てきたわけなのね。
ハロウィンの時期だったものね~

何をどこまでわかっているのかわからない年齢の娘なのでした。

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

ハロウィンの夜

Halloween20071 昨日は、ハロウィンでした。
ご近所の家々は、それぞれにハロウィンの飾り付けをして、子供たちを待っていてくれていました。
おしゃれな「Happy Halloween」の看板を掲げる家、ハロウィングッズでいっぱいにしている家、一見お菓子を用意しているとは見えない暗い庭にカボチャを置いてあるだけの家。
個性が現れています。(^_^)

Halloween20072 外出して不在の家庭も数件。
でも、こうやって玄関先にお菓子を用意してお出かけしている家も多くあります。
この辺りの子供たちは、わりとマナーがいいので、ちゃんと一つだけお菓子をもらって帰ってきます。
気を使っていただいて、ありがとうございます!と置き手紙をして帰りたい気分です。
 
 
 
Halloween20073 去年、この表示を見た瞬間、怖がって私の後ろに隠れてしまった娘も、今年はちゃんと 「Trick or Treat!」できました。
こういう内容の表示は おもしろいけれど、子供によっては近寄れなくなってしまうんですよね。(^_^;)

Halloween20074 我が家にも、たくさんの子供たちがお菓子をもらいに来ました。
近所から来たと思われる付き添いの親が、玄関先にいた娘を見て、「
娘さん、Cumberlandの小学校に行ってるの? 学年は? うちの娘は二年生なのよ。」などと世間話をしてきて、「じゃあ、学校で会いましょう!」と挨拶して帰って行きました。
こういうとき、やはり学区の小学校に行かせていてよかったなぁと思います。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »