« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

バレエ・ダンス教室のハロウィン

今年も恒例のバレエ・ダンス教室のハロウィン家族参観日がやってきました。
子供たちも先生も、コスチュームで踊り、簡単なショーを行います。

アリス、プリンセス、妖精、ダンサー、ピンクレンジャー(?)がバレエ。
後ろで見守るのは、チアガール。
2007hwdance

 

魔女、亀、白雪姫、妖精がタップダンス。
このクラスでも、見守るのはチアガール。
2007hwdance2

| | コメント (0)

2007年10月30日 (火)

ハロウィンの時期の詩

5littlepumpkins 先週に引き続き、またボランティアに出かけてきました。
今回のテーマは、ハロウィン。

ハロウィンの時期によく口ずさまれる詩を子供たちに聞かせました。
「その詩、ぼく知ってるよ~」などと、キンダーの子には、もう馴染みがある有名な詩です。場所によって、少しずつ違ったバージョンがあるようですが。


Five Little Pumpkins

5 little pumpkins sitting on a gate.
The first one said, "Oh my, it's getting late!"
The second one said, "There are witches in the air."
The third one said, "But we don't care."
The fourth one said, "Let's run and run and run."
The fifth one said, "I'm ready for some fun!"
"Whoooo!" went the wind and out went the ligh,
And the five little pumpkins rolled out of sight!


次に、クラフト作業。
詩に合った絵を作ります。
フェンスや草を紙で切り取って青い紙に貼り付け、フェンスの上にパンプキンたち、そして雲、月、鳥などを描いていきます。
切ったり、貼ったりはいいのですが、案外、パンプキンを5つ描く作業で速度にばらつきが。。。どうも、同じようなパンプキンを5つ描くという作業は、子供によっては根気がいるもののようです。
ふざけて遊びだす子供を制御するのに大変でした。
そして、作業に余裕のある子には詩を読ませて終了。

ハロウィンまであとちょっと。
みんな、楽しそうにハロウィンの話をしていました。

| | コメント (0)

2007年10月29日 (月)

ハロウィンのカボチャちょうちん(jack-o'-lantern)作り方

ハロウィンのカボチャちょうちん(jack-o'-lantern)。
作り方っていうほど難しいものではないのですが、書いてみました。

ナイフは普通のナイフでもできますが、この時期にあちこち売られている jack-o'-lantern のナイフがあると楽です。
いろいろなナイフが売られていますが、一番安いナイフでじゅうぶん、簡単に仕上げられました。

Lantern1 1.ナイフで上を切り取ります。

 

 


Lantern2 2.切り取ったところを、ポコッと開けます。
 

 

 

 

Lantern3 3.アイスクリームすくいで、種などの中身を取り出します。 
 この種を取って洗い、煮たあとに、お塩をかけて食べたりする家庭もあります。

  

Lantern4 4.中がきれいになりました。
 

 

5.水性マジックで顔を描きます。Lantern5_2

 


  

6.絵のとおりにナイフで くりぬきます。 
Lantern6
 

 


7.水性マジックを消したら、できあがり!
Lantern7 

 

 

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

ミネラルメーク

一連の皮膚トラブルで、しばらく身体にいい化粧品を使おうと探していたところ、Whole Foods でいい化粧品を見つけました。

ミネラル化粧品というもので、mineral fusion という商品です。
去年の11月ごろに誕生したそうなので、わりと新しい化粧品ですね。

自然のミネラルビタミンからできているので、弱い肌でも使えます。

にきび酒さの肌でも大丈夫だそうです。
万一、商品が身体に合わなければ、すぐに返金してくれるというのもうれしい!

使ってみたところ。。。カバー力は問題はないのですが、一つの弱点が。
水に弱いということです。
つまり、メークを落とすのは とても簡単ですが、たくさん汗をかいたり、遊園地で水のアトラクションに当たったりすると、危ないかも。

一長一短ではありますが、確かに
湿疹の上にメークしても全く悪くならなかったので、安全性は信じられそう。

Mineralmakeup 10月中は、
二種類のファンデーション二種類のブロンザー(顔に影をつけるためのパウダー。適当な日本語があったか思い出せない。。。)、保水スプレーフェイスブラシお試しセットが左のようなパッケージに入って20ドルで売られています。

興味のある方は、試してみてください♪

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

パンプキンパッチへ

ボランティアで、キンダーの遠足に行ってきました。
遠足といっても、学校から歩いていかれる距離にあるパンプキンパッチ。
この季節になると、かぼちゃが売っていて子供が遊べる場所、パンプキンパッチがあちこちにできるので、多くの学校が遠足に利用します。

ボランティアたちが数人ずつ子供を担当して、片道10分くらいの距離を歩きました。
私は、女の子グループ担当。
よく言うことを聞いてくれて、とっても楽♪
手をつないで、おしゃべりしながら楽しく歩いていきました。

平日の真昼間というのにボランティアとして参加しているパパたちもいました。
彼らは、男の子グループ担当。
遊びながらあちこちに行ってしまうので、とっても大変そう。
男の子は、5才児でも大変な子が多いのね~(^_^;)

Pumpkinpatch
着いたパンプキンパッチは、大きな3つの遊具があるところでした。
二つはバウンスハウスで、一つは大きな滑り台。
滑り台は、尾びれのところに登っていって、おなかを滑り降りて口から出てきます。
かなり高いので、泣いてしまう女の子も。。。

Pumpkinpatch2
一時間ちょっと遊んだ後は、かぼちゃ選び。
一人一つずつ選んで持って帰ってきました。

パンプキンパッチというと、太陽の暑さで大変そうですが、ここのパンプキンパッチは写真で見るとおり、日陰が多いのです。
付き添う立場としては、ありがたい場所でした。
ちなみに場所は、Pastoria Ave.(Hollembeck Ave.)W El Camino Real の交差点です。

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

公園でポトラックパーティ

陽気のいい時期なので、公園でポトラックパーティ。
アメリカ、カナダ、韓国、中国、ベトナム、シンガポール、イラクと、幅広い出身国でインターナショナルになるのが おもしろいシリコンバレーのポトラック。
左が餃子、真ん中が韓国の方が用意してきた麺のサラダ、右がイラク人のご飯料理(ジャンバラヤみたいな雰囲気でした)。

Party1020
メンバーは全く違うのに、場所は前に ここで紹介したことのあるサニーベール(Sunnyvale)の Ortega Park でした。
水遊びができなくても
(といっても、水が出ていたので、水遊びをしている子供たちもいましたが)、遊具やロッククライミングで遊び、子供にも楽しいパーティでした。

Party10202
私も、ロッククライミングに挑戦しましたが、一番上までは怖くて行かれず。。。無鉄砲な子供に負けてしまいました。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年10月21日 (日)

授業のボランティア体験

週に一回、キンダーのボランティアで授業のお手伝いをすることになりました。いよいよ初めてキンダーの授業風景を見ることができます。
授業のボランティアは 2人。一人ひとりが一つのグループを任せられます。

工作を教えることになった私がすることは、


1. 今日教える予定の工作に因んだ詩を生徒たちに朗読する。
2. 工作の手順を説明をする。
3. 工作をさせ、わからないところのサポートをする。
4. できあがった工作を前に、生徒たちと一緒に詩を朗読する。


詩を朗読って。。。私の発音でいいの??という疑問は置いておいて。。。(^_^;)
とりあえず、詩を適当に(!)読んであげて、子供の反応を見てみました。
一人の女の子が「
私、その詩、知ってる~っ!」と、普通の温かい反応♪
よかったぁ!\(^o^)/

次に工作をさせますが、
どうしても指示通りにできない子いい加減に皆より早く終わらせる子丁寧すぎて一人遅れてしまう子、子供の個性はそれぞれ。

指示通りにできない子は、何度教えてもできず。。。私の苦戦を見ていた隣の女の子が、「
しかたないわよ。彼はいつもおかしいんだから。」 きつい。。。
紙に書かれた単語は 他の子達と同じように理解できるけれど、用紙を横に使う、家を左に、木を右に、などの指示には従えないみたい。どうも脳に何か軽い障害があるように見られたので、あまり口うるさく言わずに途中からは好きなように仕上げさせることにしました。

あと5分で授業はおしまい、という時間になっても、一人の子はまだ中ほどの進捗。おまけにトイレに行ってしまいました。

全員が一緒に終わって、子どもたちを前に
一緒に詩を朗読なんて無理!
早く終わった子は、「時間が余った子の作業」に進んでしまうので、もう前に終わらせた工作なんて興味はなくなってるし。。。結局、一緒に詩を読むのは断念しました。

一時間の授業お手伝いは、あっという間に終了。
忙しくて、他のボランティアや先生のグループがどのように進んでいたかのチェックもできずに、ばたばたと終わってしまった感じでした。
とはいえ、子どもたちは なついてくれて かわいいし、いろいろな子どもたちと接して とても楽しく過ごすことができました。

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

小学校二年生 漢字テスト(10月)


小学校二年生の10月に習う漢字のテストです。ただし、復習の意味で、一年生の漢字や、二年生の9月までの漢字も一部入っています。(解答は最終ページにあります。)

なお、このテストは、海外在住者統一の教科書「光村図書」を使用している学校で、10月までに習う漢字です。

「10test.pdf (10.7KB)」をダウンロード

その他の教材は、教育カテゴリでどうぞ。

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

蛾入りのお米購入


日系スーパーで買ったオーガニック玄米の袋を開けると、玄米と同じ色をした小さな細長い格好の何かがお米の中からフワッと浮き上がりました。

玄米が跳ねた!?

と思ったら、
蛾!!

玄米とそっくりだけど蛾なのです。
お米に、どうやって蛾が??

そういえば、大学の学生寮に入っていた頃に 友人たちと寮のキッチンで夕食を作っていて、友人の実家で作ったお米を洗ったときに、小さなウジムシみたいなのが浮いてきて びっくりしたことがありました。
田舎を知らない私が「
ムシ~~っ!!!」と泣きそうになって騒ぐのを見て、友人が
お米にムシがいるのは当たり前よ。は、ムシ!
と親父ギャグを言って、私は固まってしまったのを思い出しました。

その後、お米にはノシメマダラメイガの幼虫がつくということを知りました。
そしてアメリカにも、このノシメマダラメイガはいるそうなのです。

アメリカでは、Indian Meal Moth と呼ばれ、お米の他に、小麦粉オートミールとうもろこしの粉ナッツ類チョコレートレーズンなどのドライフルーツなどにもいる可能性があるそうです。そのため、すべて密閉して保存しなくてはいけません。

ノシメマダラメイガは、細長い三角の格好をしています。
確かに目撃した蛾は、そんなだったような。。。

購入したお米の袋は、いちおう真空パックのビニール袋ということですが、ちょっと膨らんでいたりしていて、あまりきちんとした真空パックにはなっていません。
袋の中で蛾になったのかなぁ。
幼虫は見たことがないし、蛾も一匹だけ。
謎の事件でした。

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

大雨決行! 屋外の学校行事


いよいよ、学校行事のウォーカソン当日。
朝から、「
これでもやるの!?」というくらいの雨が降っていました。
こんな日のために、日本人なら「
雨天順延」「荒天順延」「小雨決行」「雨天屋内開催」「雨天時○日」などと言葉を作ったように、細かい計画がなされているものの、カリフォルニア シリコンバレーでは 10月には まとまった雨が降らないということもあり、屋外行事なのに雨天決行!

いちおう、太陽の下に計画されていた売店などは、軒下やパイプテントの下に作ることになり、前日までにレイアウトが変更されました。
さすがに、売り物の食べ物や商品が濡れてしまっては、どうにもならないものね。(^_^;)

雨のため、出発時間が少し遅れたものの、何とかウォーカソンが始まり、レインコートや傘、そしてポンチョでカラフルな子供たちや親が歩き出しました。

Walkathon
大きな子達は、雨の中、走って走って、マラソン状態。
脚を見ると、びっちょりと泥がついていました。
雨の中のウォーカソンは大変!

ますます雨がひどくなり、嵐の中のウォーカソン。
いくらレインコートやポンチョを着ていても、いくら傘を差していても、大雨の中では身体がどんどん濡れていってしまいます。

もう着ている服はぐっしょり濡れて身体にぴったりとくっつき、服を着て歩ける状態ではなくなってしまいました。そして、みんな売店やガレージセールの軒下に集まってきました。
食べ物や飲み物で休憩、と思っても、軒下は狭く、びしょ濡れの服をまとっている身体はどんどん冷えていってしまいます。(;_;)

Walkathon2
結局、小さい子には過酷過ぎ、途中で帰ってきました。
オークションの様子は見ることができずに残念。

こんな雨の日の開催では、資金調達の目標額は達成できなかったのでは、と気にかかっています。。。

今年は雨の時期が早まった気がします。数年、こういうことが続けば、シリコンバレーの習慣も変わり、雨天時の計画も変わってくるのかもしれません。

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

学校行事の豪華オークション


小学校の学校行事 ウォーカソン(長距離競歩)の日には、オークションも行われます。オークションの商品は、学校に通う子供たちの両親や、先生たち、そして企業が寄付した物やサービスで、バラエティに富んでいます。

オークションに出品されている商品の内容はというと。。。

学校に通う子供たちの家族からは、

  • 子供向け、クッキー作りパーティ(子供8人用。クッキー作り、デコレーションなどを教えるパーティ。家族には作ったクッキーの お土産も。)
  • 寿司&酒パーティ(大人8人用。手巻き寿司とお酒を楽しむパーティ。)
  • イングリッシュティーパーティ(大人8人用。お茶のほかに、サンドウィッチ、スコーンなども)
  • ワイン試飲パーティ(大人5組の夫婦用)
  • シンコ・デ・マヨパーティ(大人10組の夫婦用。5/5に行われるアメリカのメキシコ系移民のパーティ。来年の5月に開催予定)
  • フォンデュパーティ(大人4組の夫婦用)
  • スパ・フェイシャルパーティ(大人10人用)
  • 一時間のボイストレーニング
  • タロット占い
  • 一ヶ月間のジャズ体操教室
  • 蟹取り旅行(大人2人用。お土産に、蟹10匹つき)
  • 一週間のバスケットボール教室
  • 一時間マッサージ治療

と、いろいろあります。もちろん、これ以外にもたくさん!
みんな、すごくアイディアが豊富なんですね~♪

先生たちからは、

  • 一日図書館員(子供向け。学校図書館員と一緒に、一日だけ図書館員を体験する。)
  • 一日校長先生(子供向け。校長先生と一緒に、一日だけ校長先生を体験する。)
  • キンダーの先生とピザパーティ(子供8人まで。ピザ屋さんでピザーパーティ。)
  • キンダーの先生と過ごす夕べ(子供2人用。先生とシアターにお出かけ。アイスクリームつき)
  • 先生とピザランチ
  • 五年生の先生と本屋さん&お茶(子供2人まで。放課後、先生と本屋さんに行く。)
  • 三年生の先生とピザと映画(小学生20人まで。夕方 2 時間半のパーティ。)
  • 四年生、五年生の先生とピクニック(子供2人用。)
  • 四年生の先生とアイススケート

など、子供が喜びそうな、先生との楽しい時間がオークションに並びます。

その他、生徒の家族、企業から、いろいろな
食べ物飲み物電化製品スポーツ観戦遊園地入場券スポーツ体験パーティオペラ鑑賞ギフト券など、ここには書ききれない商品が盛りだくさん。

私は、ここのところ体調にトラブル続きのため、ウォーカソン当日に行かれるかどうかという状態で、ウォーカソンへの寄付は考える余裕もありませんでした。
ごめんなさい!>小学校 PTA のみなさま
もし、当日の参加だけでもできれば、
体験報告をアップします。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

資金調達のための学校行事


アメリカの小学校では、たいてい、資金調達のための学校行事があります。公立学校は、日本の公立学校と比べてとても貧乏。そのため、PTA つまり生徒や親、そして先生たちが一緒になって 資金調達のための行事を行うのです。
資金調達のための行事は、今では公立学校だけでなく、私立でも行う学校があるそうです。

うちの小学校が行う資金調達のための学校行事は、ウォーカソン(長距離競歩)。ウォーカソンは、アメリカの学校で行われる資金調達の行事として とても一般的です。
今年の目標金額は 8万ドル(約 938 万円)だそうです。すごい!

まず、ウォーカソンが行われる前に、子供が歩く予定の距離を決めます。そして、スポンサーを見つけて、そのスポンサーに子供が歩いた距離によってお金を寄付してもらう約束をします。(子供の歩いた距離に関係なく、一定金額を寄付することも可能) そしてウォーカソンの行事が行われた後、スポンサーに子供が歩いた距離を報告し、寄付金をもらうのです。

親によっては、子供に
クッキーカップケーキなどを持たせ、ご近所を回って この行事の説明し、スポンサーになってもらうそうです。

とはいえ、小学校に通う子供(キンダーから小学校 5 年生まで)に、近所を回って説明させてスポンサーになってもらうなんてちょっと、と考える親もいるので、結局は、親戚中がスポンサーになることも多いのです。

うちのように、特にアメリカ内に親戚もいなく、友人たちはいても寄付金を要求するのは気が引けるな、と思う親たちは、自分自身スポンサーになって、期待されている寄付金を支払うことになります。

気になる、子供一人当たりが期待されている資金調達(寄付金)の金額はというと。。。なんと 225ドル!(約 26,400円)
う~ん、大きい!!

他にも、両親や先生たちが、いろいろな物やサービスを寄付し、それをウォーカソン当日に売って資金に換える、というオークションガレージセールもあります。
このオークションの商品というのが なかなかおもしろい♪
詳細は、また後ほど。。。(^_^)

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

処方箋で購入した皮膚薬


今週も、肌が治りきらないため、家に籠もってばかりの日々でしたが、一週間ぶりに皮膚科に行ってきました。

前回は、薬代はタダ。というのも、アメリカの皮膚科ではだいたいサンプルの薬をもらえるのです。それも、軽い皮膚のトラブルでお世話になることが多い私は、サンプルの薬でも余ってしまいます

今回も、6 本もらったサンプルの薬のうち、使ったのは たったの 1 本。ほとんど薬を残しての再来院になりました。

まぁ、アメリカという国には、「
多ければいい!」「もったいないって何?」という人が多いのです。
ハンバーガーをドライブスルーで買うときについてくる
ケチャップは、「何人で使うの!?」というような量。
ケチャップと同じようなものなのね。


さて、今回は顔の湿疹もだいぶよくなり、あとは そのアフターケアと、残っている脚の湿疹だけ。薬局で購入するための皮膚薬の処方箋をもらって帰ってきました。

Desofluocino 薬局で購入したのは、顔用の弱いステロイド Desonide と、脚用の強いステロイド Fluocinonide
自己負担金が、それぞれ 15.51 ドルと、20.72 ドル合計 36.23 ドル
それはいいとして。。。開けてびっくり!
両方の薬の量を足すと、100g は超えている!(@_@)
特に Fluocinonide は、歯磨き粉のチューブのよう

アトピーではない、ちょっとしたアレルギー体質の私が、皮膚トラブルに見舞われるのは年に一度あるかどうか。この薬って、一生使いきれないですね。
といっても、消費期限は 2 年間。この量の薬を 2 年以内に使わなくてはならない患者さんって、ものすごく身体に悪いような。。。一度に、この量を渡してしまっていいのかな。

使う量だけの薬を売ってもらえれば、せいぜい 2 ドル!?という気持ちがしなくはないですが。(^_^;)

Neutrogena しばらくは、日焼け止めクリームも肌に負担の来ないものを使うほうがいいそう。
お医者さんお勧めの、肌に負担の少ない日焼け止めは、Neutrogena の Sensitive Skin。SPF 30 なので、通常 SPF 50 を使用している私には物足りない気もしますが、なるべく お日様に当たらないようにして乗り切らなくては。

ちなみに、この日焼け止めは、どこの薬局でも手に入りますが、私には お医者さんがサンプルをくれました。これまた
ケチャップと同じでチューブ 3 本も! 50g 近くもらえたので、きっと完全な肌になっても当分は無くならないでしょう。(^_^)

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

動物を大量に安楽死!?


お隣の市 Mountain View にある Alza corporation が年末までに閉鎖することになりました。この会社が閉鎖するに当たり、800人の従業員がレイオフされるそうです。

さて、この会社では いろいろな動物の試験も行っていたのですが、閉鎖に伴い、動物の行き場を考えなくてはいけなくなりました。すると、それらの情報の一部が外部に伝わり、誰がどう考えたのか。。。


生後16ヶ月のビーグル犬 40匹が行き場を失ってしまうことになりました。
10月15日までに新しい飼い主が見つからなければ、すべてのビーグル犬が
安楽死させられるそうです。
このかわいそうな犬の新しい飼い主になってくださる方は、○○さん(メールアドレスは
@hotmail.com)までメールください。
期限は 10月15日に迫っています。
ぜひ、助けてあげてください!


という緊迫した内容のメールがアメリカ中を駆け巡り、あちこちの掲示板にも載るようになりました。そのうち、動物たちのシェルター作りの活動を77年間も行っている非営利団体(実在する組織)が、安楽死を避けるために 40 匹のビーグル犬を引き取って、新しい飼い主を探している、などという新たな噂も。。。

あまりにも噂が大きくなり、結局は、Alza corporation が「
会社を閉鎖する年末には、すべての動物たちが新しい施設に移動することに決まっています。」と安楽死の噂を完全否定してアナウンスし、現在は騒ぎが収まりつつあります。

インターネットが普及する現在、この噂が出始めてから、驚いた会社側がアナウンスを出すまでわずか 3 日間。便利な世の中は、ある意味、怖いですね。

それにしても、犬の安楽死事件は、噂に終わって よかったですね。(^_^)
(連絡先の○○さんって実在するのかしら。アドレスが hotmail.com っていうのが、ちょっと怪しい気もしますが。。。(^_^;))

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

Student of the Month の表彰


Studentofthemonth Student of the Month に選ばれて表彰されるというので、小学校に行ってきました。日本では、全校生徒が集まるといえば だいたい校庭ですが、ここでは広い多目的ルームで行います。多目的ルームは日本の体育館よりも狭いので、人でびっちり埋まってしまいますが、暑い日や寒い日に外で並ぶことを考えたり、太陽アレルギーがある娘のことを思うと屋内というのはありがたいです。(^_^)

今月表彰されるのは、Respect の行動を示せた子供ということで、Respect の行動というのはどういうものか、上級生の何人かが自筆のエッセイを読み上げました。

その後、学年ごとに表彰される子供の名前が呼ばれて、前に並んで拍手を受けます。
意外なことに日本人はほとんど表彰されず。。。残念。
がっかりしてしまったところをみると、私は愛国心が強いのかも!?(^_^;)

他にも、いろいろなイベントの話や報告をしたり、小学校名の入った歌を全校生徒で歌ったり。。。それも、日本と違って先生や生徒全体で すごく盛り上がるので、
若いっていいなぁ!と感動してしまいました。(若いというより、若すぎるけれど。。。でも、もう一度子供からやり直してみたい!)

そして、大盛りあがりしても、先生が次の話を始めるときには、生徒たちがシーンとなって話を聞くという けじめには びっくり。日本では、最近、学級崩壊している学校もあるというのに。いったいどういう教育の違いがあるのだろうと不思議になってしまいました。


娘は、クラスに帰った後、再びクラス内で拍手してもらい、カラフルな表彰状Student of the Month 鉛筆をもらって帰ってきました。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »