« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

残暑厳しい中の蟻との格闘


この数日、異常な暑さに襲われています。
午前中はまだしも、午後になると汗がじわっ。
おかげで、避暑に来た(!?)蟻が家の中に大量発生しています。

前回の大量発生時には、なぜか冷凍庫の中でたくさんの蟻が凍死していました。どこか(冷凍庫の裏?)に小さな入り口があって、その先に極寒の地があるとは知らない蟻たちが大量に入り込んで一斉に凍死したようです。

Ants その後、「毒物を蟻の巣に持ち帰らせて蟻の巣を元から無くす」という宣伝文句の蟻の巣退治箱を置いていますが。。。実際に蟻がいなくなるというような目に見えた効果は見られず。写真のように、入っていく蟻はたくさんいるというのに。。。

昔は蟻の行列に怯えていた私ですが、最近は慣れたもの。
こういうときは、雑巾やキッチン布巾で、さーっと蟻の列全体を拭き取ってしまうのが一番!
ただ、布の間に入った大量の蟻を洗い流すのが大変。
そこで洗い流す手間を省くために、いらない布は蟻拭き用として取っておくようにしています。(^_^;)

早く涼しくなってほしい。。。蟻のいない生活がしたいな~

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

シリコンバレーの皆既月食

今日28日の早朝は皆既月食でした。
世界の中でもアメリカ西海岸は、皆既月食が よく見える地域の一つということで、私も早起きを計画♪
とはいえ、午前3時37分が皆既月食の中心時間ということで、3時半に起きなくちゃいけない。。。(^_^;)

Lunareclipse 目覚ましをかけて予定通り3時半に起き、眠い目をこすりながら庭に出て夜空を見上げると、ぼうっと赤いお月様!
とても神秘的。。。

しばらく時が経つのも忘れて、赤い月と満天の星空を見上げていたのでした。

次にシリコンバレーから月食が見られるのは、来年の2月21日だそうです。

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

小学生作文 200字詰め原稿用紙


以前の「小学生教材 絵日記・作文 フォーマット」に引き続き、もう少し長い文章を書くようになった子供向けの作文用紙を作りました。1ページ200字詰めです。

ご自由にダウンロード&プリントアウトしてお使いください。
(アメリカのレターサイズ用に作成していますが、日本のA4サイズでも使用できます。)

200ManuscriptPaper.pdf」をダウンロード

その他の教材は、教育カテゴリでどうぞ。


| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

キンダー初日


Kinder0823 いよいよキンダー初日。
キンダーの子供たちも、校舎の裏、小学生たちの列の横に勢ぞろい。ビデオやカメラを構えた親たちを前に、子供たちは すぐに教室に連れて行かれ、親とはさよなら。クラスの始まりとなりました。
日本なら入学式があって、感慨深い一日のはずですが、アメリカは とてもあっけない。。。(^_^;)

親と別れた後は、いろいろな説明があり、「
発言したいときには手を挙げる」「お手洗いに行きたいときには、人差し指と中指を交差させて手を挙げる」「静かにしてほしいときには、Vサインで手を挙げる」などと習います。

お手洗いは、一人では行くことが許されず、先生が「
お手洗いの場所がわかる人、誰か一緒に行ってあげて」と声をかけると、何人かが手を挙げ、指名された人が一緒に行ってあげたそうです。
キンダーともなると、初日なのにそんなにしっかりしているものなのねー
感心、感心。

そして お昼前に、親たちは子供をクラス前に迎えに行きました。
受け取った大きな封筒には、たくさんの書類。一晩のうちに目を通して、6枚の書類を翌朝に提出します。
学校初日の晩は、このたくさんの書類書きが恒例とか。中学になっても続くそうです。
何人もの子供を持つ人たちは大変!
まじめな私は、緊急時連絡先に書く友人たちに依頼のメールをしたりしていて、すっかり寝不足になってしまいました。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

キンダー前日のクラス発表


Classlist キンダーが始まる前日にクラスの発表があり、掲示板にクラス分けが張り出されました。

いちおう、キンダーが始まるのは「その翌日」ということなので、気楽に出かけていったのですが、入る予定の教室に入ることができ、各自ちょっとしたお絵描きが待っていたり、親は先生からの質問表を記述したりという作業があるので、実際には出席が必要な日という感じでした。

先生にご挨拶したり、質問もできます。ここで、子供についての心配事、たとえばアレルギーについてなど先生に話しておくことができます。

それだけでなく、キンダー初日に必要な情報が書かれた書類ももらいます。
とういと、やはり来なくては。。。という日ですね。

聞いていたとおり、日本人は満遍なく散らばってクラス配置されてました。そのため、日本人はだいたいクラスに一人です。
娘のクラスは、偶然、他に日系の子が一人いるよう。(名前から、日本人というよりは日系かな。)

さて、いよいよキンダーです♪

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

キンダーの備品準備


シリコンバレーに戻ってきて、ずっと午前1時から午前5時まで眠れず、睡眠が分断されていたけれど、今日やっと朝まで続けて眠ることができました。

と思ったら、あっという間にキンダーが始まる時期になってしまいました。
アメリカでは、キンダーから義務教育で、小学校の片隅に併設されています。

そして公立なら授業は無料だとはいえ、どうもアメリカの学校というものは貧乏なようなのです。週などからの補助金だけでは学校は成り立たず。。。親のボランティアの他に、足りない備品も親たちが提供しなくてはいけません。

キンダーに入ると同時に提供しなくてはいけない備品のリストが学校のHPで公開されています。
その内容は。。。

  • Crayola® 色鉛筆12本入り
  • スティックのり(大)10個
  • Kleenex® ティッシュ 1箱
  • ペーパータオル 2ロール
  • LYSOL® または Clorox® ウェットティッシュを2つ
  • 手の除菌用ローション 1ボトル


細かくメーカーまで指定されているものも。(^_^;)
また、今後も必要になり次第、「こういうものがほしい」リストが発表されるようです。

まぁ、Preschoolや私立のキンダーに比べれば、ず~っと安上がりですけどね。
さて、リストの備品を揃えに行かなくては。

| | コメント (0)

2007年8月20日 (月)

一時帰国の思い出


暑い日本から、アメリカに戻ってきました。私が日本を後にしてから、急に涼しくなったとか。確か去年も。。。うまくいかないものです。

日本では、やはり移動が大変!でした。
電車内は、優先席も ぐっすり眠った若い人たちが座っていて相変わらず。(^_^;)

おかしかったのは、席に座りながら熟睡してる若い人たち。時々、パッと起きるんですね。そして、携帯を開いて忙しそうにメールを打ち込んで、また一瞬のうちに熟睡してしまいます。そんな光景があちこちで繰り返されて。。。(^o^;)

私が小さい子供を連れているので、よけいに前に座っている若い人たちの眠気を誘うのかもしれませんが。なんにしろ、いつも日本人は疲れていて大変だなぁという印象でした。

ところで今回、一番おもしろかったのは、回転すし屋さんでした♪
横須賀の大津交差点近くにある「無添くら寿司」です。
テーブルの隣をお寿司がクルクルと回っているのはもちろんですが、個々
テーブルに小さなディスプレイがついていて、簡単な操作で 食べたいけれど回ってこないネタを注文できるし、お会計のために店員を呼ぶこともできます。

Kura また、食べ終わった お皿を入れる口がテーブルについていて、そこにお皿を5枚入れると、ディスプレイがクジ引きのゲーム画面に変わり、当たると個別テーブルのカウンターの上についたガチャポンのような機械からおもちゃが出てくるという仕組みになっていました。(写真をクリックすると拡大表示できます)

なかなかおもしろいサービスのお店!
娘が気に入って2回も行ってしまいました。
もちろん、
添加物が入っていない食品を出してくれる、というのもうれしいですね。(^_^)

蒸し暑くて過ごしにくい日本の夏。
とはいえ、おいしい食べ物を食べ、懐かしい幼なじみたちと会い、楽しい日々を過ごすことができました。(^_^)

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

日本へ一時帰国


さて、今日から日本に一時帰国してきます。
娘と二人きりの飛行機の旅。
ちょっと不安ですが。
日本の暑さにも耐えられるか不安ですが。。。

では、行ってきま~す!(^_^)/~~

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

セレブ風アメリカの健康診断

 
日本の会社員や家族は、毎年、健康診断がありますね。海外駐在員と家族も、健康診断を受けることができます。日本への一時帰国時に会社付属の病院一般病院で受けたり、または駐在先の国の病院で受けることもできます。

私は、いつもは日本で受けていました。
でも、日本で受けるのも子供がいて大変だし、それなら今度はアメリカで受けてみようと、今回初めて Mountain Viewにある小林クリニックで健康診断を受けてきました。

これが、びっくり!

プライバシーに配慮し、きめ細かなサービスのある、いい検診だったのです。

検査中に娘を一緒に連れて診察室に行くか、待合室で一人待たせておくか、いろいろ悩みながら受付を済ませると、

「お子さんも一緒にこちらへどうぞ」

と通されたのは、待合室ではなく、ドアを入って診察室などのある診療区画の、応接室のような個室。ソファや椅子、雑誌、オーディオセットなどがありました。そして、親が検診を受けている間、先生が「トム&ジェリー」のDVDをつけてくださり、娘はずっとビデオ鑑賞。

私は、その向かいの診察室で、血液検査、心電図、問診、聴診器を使った検査、脚などのチェックを行いました。血液検査のとき、小林先生が採血しようとしたので、


え、お医者さんが採血!? 大丈夫!?

と青ざめたのもつかの間、かなり上手。まったく痛くありませんでした。
それも、


「今まで、採血で気分が悪くなったことはありませんか?」

と聞いてくださったので、

「よくあります。」

と答えると、ベッドに寝たままの採血。そして、そのまま脚などのチェックをして、心電図まで取れるので、採血の精神的ショック (^_^;) の後に移動することもなく快適!

尿検査は、とても広い清潔なトイレでできるし、視力検査、聴力検査、身長、体重は別の一つの検査室で看護婦さんと二人きりなので、人の目も気になりません。それも、会話をする余裕もあるので、聴力の年齢ごとの平均などを教えてもらえました。

まるでセレブにでもなった気分。
アメリカで受けてよかったぁ!
娘も、きれいなお部屋でビデオ鑑賞しながら時間を過ごしたので、ご機嫌でした。

ちなみに、レントゲンのみ、小林クリニックで健康診断を行う前に、近くにあるEl Camino Hospital Groupの試験室で検査しました。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

友人との再会と例のビジネス


Rupool 一年前にテキサスにお引越しした Clara、一年半前にオレゴンにお引越しした Daina、そして、週末に L.A.にお引越し予定の Jania、その他たくさんの友人が Zena の家に集まって、しばらくぶりの再会を楽しみました。

一年も経っていれば、小さい子供はすごく変わってしまいます。一年前の洗礼式に付き合った赤ちゃんは、すっかり子供に変わっていました。

お庭のプールで遊び、軽食を食べて、近況を話し合って。。。あっという間に時間が過ぎ、私は次の予定が入っていたので、早々に帰らなくてはならなくなってしまいました。

そのとき、Claraに呼ばれて、テキサスのお土産をもらいました。(人数分ないらしく、こっそり。。。)そして、気になっていた例の新ビジネスの話を聞くと、パンフレットをくれました。

そこへ通りかかった Clara のご主人。私がパンフレットを受け取ったのを見ると、「
買わされるぞ、気をつけろ!」と注意するのでした。
え? 日本のマルチまがい商法だったら、普通、家族が一丸となっていて、夫婦揃って「これはいいぞ~!」と宣伝するものでは、とちょっと違和感。
Clara は、「
そんなんじゃないわよ!」とムッとしてました。(^_^;)


Ruparty 実は、私が帰った後、その新ビジネスの簡単なパーティがあったとか。後から送られてきた再会時の写真を見て知りました。残念!
私、参加し損ねてしまったのね。

他の参加した友人から聞くと、ただ、わいわいとアクセサリーを見るだけで、まったく強制的な感じではなかったということでした。まぁ、昼間に子供たちがざわざわしていて、ちょっと見るだけでは、普通のジュエリーパーティも開けなかったでしょうけれど。

ということで、アメリカ人のマルチまがい商法への反応&対応も見られずじまい。次の機会があれば、ですね。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

ミッキーの手さげ袋


Emilybag
3台めのミシンを使って、まず手提げ袋を作ってみました。
出かけるときに持って行きたい本やお絵かき帳のサイズから型紙を作って、適当な大きさに。だいたい、B4が入るくらいのサイズに仕上げました。

やはり前に持っていたハンドミシンと違って、送り足が柔らかく動いてくれるので、生地の厚いところも薄いところも、簡単にシャカシャカ縫えました。

 
材料は、すべて Joann
生地、持ち手のベルト、ウェーブの飾りリボン、すべて1ヤードでできます。

表側の袋の中に、ひとまわり小さく内側の袋を作って入れ、縫い代は全て外側の袋と内側の袋の間になるようにして縫い合わせました。そのため、外から見ても、中から見てもきれいです。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »