« 楽しい英語の絵本 | トップページ | ウィルス性の咽頭炎 »

2007年4月27日 (金)

有害なハエの調査

昼間、家のチャイムを鳴らす音がするので出てみると、白い髭をはやした初老の男性が立っていました。手には怪しい三角柱の白い物体。。。何かの売り込み!?
怪訝そうな表情の私に、丁寧に挨拶してくれました。


カリフォルニア農業食糧省から来ました。今、このエリアでハエ取りを仕掛けているんです。フロントヤード(前庭)にハエ取りを仕掛けさせてください。

まさか、それで、日本みたいに
高額なお金を要求する気では。。。
すると、私の不安を感じ取ったようで、

これは、カリフォルニアが無料で行っているものなのです。Oriental Fruit Fly(ミカンコミバエ)や Mediterranean Fruit Fly(チチュウカイミバエ)は、リンゴアボカドレモンキュウリトマトなどいろいろな果物や野菜の中、そしてナッツに卵を産んだりして有害なんですよ。普通はカリフォルニアには見つからないのですが、このエリアにいるかどうかチェックするのです。4週間くらいしたら回収に来ますから。

なぁんだ。よかった! それなら問題はないのね。

Orientalfruitfly Mediterraneanfruitfly この調査や有害なハエについての知識を私が持っていないのに気づいて、その男性はトラックからいろいろな資料を持ってきて見せてくれました。左の写真がOriental Fruit Fly(ミカンコミバエ)、右が Mediterranean Fruit Fly(チチュウカイミバエ)です。


Flytrap 男性は、しばらく話をして、フロントヤードにある枇杷の木の高いところに罠をしかけて帰っていきました。
春のたくさんの花の香りにつられて辺りはハエではなくて、ハチがブンブン。ハチがかかって少しは減ってくれるといいなぁ。

|

« 楽しい英語の絵本 | トップページ | ウィルス性の咽頭炎 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しい英語の絵本 | トップページ | ウィルス性の咽頭炎 »