« 送料の安い郵便局はどこ? | トップページ | 牛乳や小麦粉を使わないホワイトシチュー »

2007年4月24日 (火)

パン焼き機購入&比較

2年間だけ愛用していたパン焼き機 Breadman TR888 が壊れてしまったので、新しいパン焼き機を購入しました。他のメーカーも考えましたが、アメリカでは Breadmanのシェアが高いため一番いろいろな機種が出ているということで、結局、Breadmanにしました。今回は、Breadman TR875です。

TR888もTR875も、現在、80ドル台くらいで手に入る、というところでしょうか。
ここのサイトは「Breadman」で検索していらっしゃる方も多いので、使用してみた比較を報告します。

Breadman Breadman TR888は、縦長の内釜。真ん中に回転する羽がついているので、内釜のハネが少ないというメリットがあります。2年間使用していて一度も、強力粉が固まってつく、という経験がありませんでした。内釜は厚くて重くしっかりしています。たぶん、それは縦長の構造のため、下からの熱で焼いたときに焼きむらができないよう、内釜は伝導率のよい素材である必要があったのかもしれません。

Newbreadman Breadman TR875は、内釜が横広です。一つの羽で材料を混ぜるので、出来あがりの形、ハネに少し不安がありましたが、実際には何もしなくてもきれいな形に仕上がります。6回使用して、一度だけ、隅に少し粉が残ったことがありました。内釜は、とても軽いです。悪く言うと、TR888の厚い内釜に比べて安物の気がしてしまいますが、横長の長方形のために全体に熱を通しやすいので厚い内釜は必要なかったのかもしれません。また、この横長の設計のため、TR888に比べパンが30分近く早く仕上がります。また、TR888にはない、パンの大きさによって焼き時間を変えることができます。

は、多少、TR888の方が大きい気がします。
個人的には、どちらも愛着があるのですが。。。今回は、前回のような壊れ方をしませんように。。。

|

« 送料の安い郵便局はどこ? | トップページ | 牛乳や小麦粉を使わないホワイトシチュー »

パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 送料の安い郵便局はどこ? | トップページ | 牛乳や小麦粉を使わないホワイトシチュー »