« アメリカ式しゃっくりの止め方 | トップページ | 思わぬプレゼント »

2007年3月 2日 (金)

ビリビリの郵便物

車で近所を走っていたら、例の「私の生活をよく知る郵便屋さん」が郵便車に乗って配達をしていました。私に気づくと、手を振って「ちょっと止まって!」の合図。対向車線の私が車を路肩に止めて窓を開けると、大声で「郵便物があるんだよ。ちょっと待って。今取るから。」と言って車の荷台に入っていって郵便物を探してくれました。

そして「
郵送中に袋が破けちゃったみたいなんだよ。でも、中身は大丈夫だから」と言われて小包を渡されました。
その小包は、なんとビリビリ!
中身が半分はみ出ていました。う~ん。。。すごい。
いちおう、中身は大丈夫そうではあったのだけど。。。

ばったり会った路上で小包を受け取るのも、梱包が
ビリビリになった小包をもらうのも、日本では考えられないなぁ、と助手席に置いた破れた小包を しばらく眺めてしまったのでした。

| |

« アメリカ式しゃっくりの止め方 | トップページ | 思わぬプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ式しゃっくりの止め方 | トップページ | 思わぬプレゼント »