« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

Dental Health Exam

カリフォルニア州の教育規約が変更になり、今年からキンダーガーテンと小学校一年生の子供は Dental Health Exam(歯科検診)を 5月31日までに受けなければいけないことになりました。そこで、娘にとっては生れて初めての歯医者さんに行ってきました。

歯医者さんも小児科医と同じように、簡単に予約が取れるものと思いながら、Sunnyvaleにある歯医者さんに電話をかけたら、一件目は5月まで予約がいっぱい。二件目の Aqua Dental Clinic(アクア・デンタル・クリニック)で理由を話し、やっと予約を取ることができました。

Aqua Dental Clinicは、日本歯科医師会のHPでも紹介されている女性の歯医者さん(高橋紫:発音は、Yukari Takahashiです)で、日本語放送のCMでも知られています。日本語放送のCMと言えば、10年以上も変わらずに放送しているものもあるくらいなので、
きっとCMに出演していた女性とはわからない歯医者さんなのだろうなぁ、と思っていたら、CMの通りの ぽっちゃりしたかわいらしい雰囲気の女性でした。(^o^)

ところで、肝心のDental Health Examについてですが、通常、歯医者さんに通っている人は特に何かをするわけではなく、「Oral Health Assessment/Waiver Request Form」に歯医者さんのサインをしてもらって学校に提出するだけです。そのため、ほとんどの歯医者さんでは予約も取らずに、ただ、サインをもらいに受け付けにいけばいいのです。(郵送でもOKの歯医者さんもあります)
Oral Health Assessment/Waiver Request Form」は、歯医者さんではなく学校からもらえます。(私は、事前に先輩ママから MS Wordでもらえました♪)

面倒なのは、今まで歯医者さんに通っていなかった子供です。(うちのように(^_^;))混んでいる歯医者さんの予約を取り、歯のレントゲン写真を取って、歯の検診、クリーニング、そしてフッ素を塗ってもらって、やっと「Oral Health Assessment/Waiver Request Form」にサインを記入してもらえました。

やはり直前になってばたばたするのではなく、普段から定期的に歯医者さんに通い、きちんと備えておくのが一番ですね。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

教材で使用した英語の絵本2

プリスクールの教材で使用した絵本を紹介します。
 

  • Keiko Kasza: My Lucky Day

    Keiko Kasza: My Lucky Day
    90%以上の子供が、今回紹介する5冊の中で一番おもしろかったと評価した絵本です。おなかを空かせたキツネの家に、子豚が「ウサギさんいる?」とたずねて来ます。キツネは、「いいところに食べ物が来た!」と子豚を焼こうとするのですが、子豚は食べられないように、あれやこれやと案を出していきます。最終的に、ラッキーな思いをしたのは子豚さんだった、というお話です。わかりやすく、子供受けするのがわかる楽しい本です。


  • Linda Bailey: Stanley's Party

    Linda Bailey: Stanley's Party
    Stanleyを飼っている家族が留守中に、家の中のものを自由に使って楽しむ生活を知ってしまったStanley。しばらくして、何かが足りないと感じ、それがお友達だと考え付きます。お友達を呼んで好き勝手なパーティを開いて、最後に、飼い主家族にばれてしまいますが。。。これも、明るい楽しい絵本です。


  • David Larochelle: The Best Pet of All

    David Larochelle: The Best Pet of All
    犬がほしくて仕方がない男の子。でも、ママは頑としてダメだと譲りません。そこで、男の子がドラゴンを飼ってみたいと言ってみると、ママは見つけてこられるなら買ってもいいという返事。そして、町中探し回った男の子は薬屋さんでドラゴンを見つけます。家に連れて帰ると、犬の比較ではなく大変なドラゴンで。。。最終的に、犬の方がいい、と男の子は犬を買うことを許され、大よろこび。


  • Judy Sierra: Wild About Books

    Judy Sierra: Wild About Books
    Mollyが移動図書館で動物園に運んできた本を動物たちが気に入ってしまいました。あちこちで本を読む動物でいっぱい。本を書き出す動物まで出てきます。日本人にはあまり知られていない動物名 lemur, lynx, skink, llama, bandicoot, python, millipede, gazelleなどが出てきて、語彙を増やすためにもいい絵本です。


  • Eileen Spinelli: Three Pebbles and a Song

    Eileen Spinelli: Three Pebbles and a Song
    冬支度に追われる野ネズミ一家ですが、 Mosesは相変わらずマイペース。パパやママやお姉さんにせかされても、歌ったり踊ったり。一家は無事に冬を迎えますが、何か物足りなくて。そこで、Mosesの歌や踊りが家族を明るくしてくれます。


| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

アメリカ女性の美点

私がアメリカ女性たちを一番、すごいなぁと思ってしまうところ ―― それは日本人のような陰湿さがなく、くったくのない明るさを持った人、積極的な人が多いことかもしれません。

昨日は、娘のダンススクール。6月のショーについての情報が開示され、ショーの
一つの開催時刻が夜の7時からと知ったときのこと。少し離れたところにいた女性たちが話し出しました。

えー、これ、終わる時間にはベッドタイムじゃない
ヘルパーがクラスに二人ほしい? じゃあ、私やるわよ
ちょっと、夕食はどうするの?
クラスみんなの分、誰かが用意してきてステージ裏で食べるっていうのはどう?
それはいいわね。簡単にピザでもね。
準備するための連絡がつくように、全員のメールアドレス聞きましょう!

そして、案を出した女性は、全員のメールアドレスを聞いて回り、その場にいない女性の分は、わざわざ子供をピックアップするときを待って、全員のメールアドレスを集めていたのでした。

日本では何かとグループ化してしまって他の人のことなんて考えたりしない、それどころか、グループ内外に いじめまであり、普段から いじめに合わないように気を使っていなくてはいけないというのに。

私は、昨日のようにロビーで他の女性たちと待っている間、忙しいときにはノートPCを持ち込み、一人殻に篭っているという日本ではタブーなことを平気でしていますが、女性間の摩擦の問題は まったく起きません。(^_^;)
アメリカ人たちと付き合う上での、一番いいところですね。

そういえば、公園でのできごと。
子供たちが遊具で遊んでいるのをぼーっと眺めていると、一人の子供が遊具に近づいていきました。すると、そばにいた一人の母親が近寄り大きな声で、

あら、あなたも一緒に遊ぶ?
うん。
名前は?
レベッカ
みんなー! 新しいお友達が来たわよ。レベッカって言うんですって。追いかけっこはレベッカも一緒に楽しめるわよ。さぁ!

初めて見る子に 少し たじろいだ子供たちも、促されてすぐに打ち解けて遊びだしました。
う~ん。すごい!!

アメリカのこういう人たちを(テレビドラマではなく)現実に見られる環境に育った子供たちは、それは陰湿ないじめをしたりはしないし、やはり明るい性格の大人に育てるのでしょうね。

ところで、ダンススクールで一人の女性が私のメールアドレスを聞き、私のアドレスを見ながら、
えっと。。。あなたの名前は? エンジェルさん?
思わず、笑ってしまいました。(^o^;)
 

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

Kindergartenの準備

カリフォルニア(というか、アメリカのほとんど)では、小学校からではなくキンダーから義務教育が始まります。そして公立は小学校にキンダーが併設されているので、キンダーから小学校5年生までの6年間、小学校の敷地に通うことになります。(6年生は、中学校なのです。)

そのため、日本では幼稚園の年中さんにあたる学年になると、周りは小学校の話で持ちきり。そして、その年齢でキンダーへの登録をして、小学校が決まるのです。

ということで、今、Preschoolの娘も、今年の秋に入るKinderの登録の時期になりました。公立の場合、居住区によって市のどの小学校に入るかが決まります。ただし、一つの小学校の入学希望登録をした人数が少なく、市の他の居住区からの入学希望があれば、その子供たちの入学も認めることになっているのです。

そのため、Sunnyvaleでは学力が高く人気のあるCherry Chase ElementaryとCumberland Elementaryに居住区がある場合は、登録開始になったらすぐに登録して自分のスペースを確保しないと、居住区の学校には入れずに、市の別の学校に送られてしまう可能性があります。

日本での小学校入学は、そんな面倒はなかったような気がするのですが、こちらでは、うかうかしていられないのです。小学校から登録についての情報があると、すぐに、その小学校に通う子供のママたちから「
情報が出たわよ!」というメールがあちこちから届きました。それも、「手続きが難しいから、付き添ってあげるわよ」というメッセージ付き。ラッキー! こういうとき、アメリカ人はとても親切♪

ということで、4月2日の登録開始日に向けて、準備が必要になります。
登録には、
運転免許証(居住区の住所になっていないからDMVに行かなくては)住宅ローンの明細書または賃貸契約書PG&Eの明細書や1040所得税フォームなど決められた書類の一つ出生証明書予防接種証明書歯科健康診断書など、たくさんの書類が必要なのです。
登録まで10日足らず。今週は大忙しです。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

amazon.co.jp送料改定

amazon.co.jp の送料が見直されて、海外発送の料金が改定になりました。この改定によって、今まで安く本を購入できた国際エコノミー便が2007年3月7日に廃止されました。amazon.co.jp 側の見解としては「早く確実に送るため」だそうですが、いつも国際エコノミー便を利用していた私にとっては、残念な改定です。

今後は、2~5営業日で配送可能な国際エクスプレス便を使用することになります。本をアメリカに送る場合、
発送1件当たりの配送料に2,700円、それに一冊あたり300円の手数料がかかります。

さて、この国際エクスプレス便を利用して amazon.co.jpで本を入手する場合、サンノゼの紀伊国屋で購入する場合、日本で購入してSAL(エコノミー航空小包)で送ってもらう場合、日本で購入して船便(配達に一ヶ月もかかります)で送ってもらう場合の料金を比較してみます。

一冊 1200円、500gの単行本を購入する場合、そして海外の紀伊国屋での平均的な本の価格として日本の1.6倍の金額で購入するとして計算すると、

2冊購入した場合、
日本では、2400円。
紀伊国屋サンノゼでは、
3840円
amazon.co.jpでは、6840円。
日本+SALでは、6250円。
日本+船便では、4750円。

5冊購入した場合、
日本では、6000円。
紀伊国屋
サンノゼでは、9600円
amazon.co.jpでは、10200円。
日本+SALでは、11000円。
日本+船便では、
8900円

10冊購入した場合、
日本では、12000円。
紀伊国屋
サンノゼでは、19200円。
amazon.co.jpでは、
17700円
日本+SALでは、19300円。
日本+船便では、
16000円

になります。
課金の方法として、SALや船便では重さが
大きく関係するのに対し、amazon.co.jp では重さには関係しないのが特徴です。

少量の本や軽い本、安い本を購入したい方は、紀伊国屋サンノゼ店で。
大量購入や重い本を多く購入したい方は、 amazon.co.jpで。
時間がかかっても少しでも安く購入したい方は、購入したい本が5冊くらい溜まってから日本の知人を介して船便で送ってもらいましょう。

何にしても、アメリカで日本の本を入手するのは高い!
そして、日本から海外への送料は高い!!ということですね。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

鉄砲・ニンジン・ウサギ

Linaが会合に出るということで、小学校一年生の娘さんの送迎を頼まれました。車の中で何の話をしようかなぁ、子供のおしゃべりって私には聞き取りにくかったりするのよねぇ。。。と心配していたのですが、娘さんはご機嫌におしゃべりしてくれて、ほっ。

そんな車の中で、子供の遊びを教わりました。日本のジャンケンみたいな お遊びで、鉄砲ニンジンウサギのジャンケンなのです。

ウサギニンジンを食べてしまうので、ウサギニンジンに強く、鉄砲ウサギを撃つことができるので、鉄砲ウサギに強いのです。さて、ニンジン鉄砲は??と思ったら、鉄砲の銃口をニンジンでふさげるので、ニンジン鉄砲に強いそうです。なるほど!

そして、手の格好は、
ウサギは、ちょき
ニンジンは、人差し指を差し出す
鉄砲は、親指と人差し指を差し出す
という形になります。

ところで、日本人が遊ぶジャンケンは、日本人だけに知られているものではありません。前に大学でグループごとに発表をするときに、偶然、グループに もう一人日本人がいたので二人でジャンケンをしたら、中国系や韓国系の生徒たちは「それ、知っている」と笑っていました。シリコンバレーの学校ではアジア系が多いので、今の小学生たちには「石、ハサミ、紙」のジャンケンも知られているそうです。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

ネズミの顔 Japan vs U.S.

 
Mousejp 折り紙で私が作っていた「ネズミ」を Margaretが見て、「
これ、何を作ったの?」と聞いてきた。

ネズミに見えない?」と聞くと、「あぁ。言われてみると、そうも見えるわね

う~ん。。。私としては、「
どう見てもネズミでしょう」という気持ちだったのですが。
ひょっとして、日本人とアメリカ人との感覚の違い??と思ったのが、家に帰ってからも気にかかっていました。

このネズミは、折り紙サイトに載っていた作品。私がなかなか気に入っているサイトで、折り紙の折り方をだけでなく、アニメーションでも見られるというのがなかなか便利。そして何よりも、日本語バージョンの他に英語バージョンがあって、アメリカ人に紹介すると とても好評なのです。学校の先生も大喜びでした。

そこで、ひょっとしたらと、この折り紙サイトの英語ページで「ねずみ」を見てみると。。。

あ、やっぱり違う!!

Mouseus 通常、英語のページは、日本語ページを翻訳しただけのものなのに、「ネズミ」の顔は日本語ページとは違う、「前向き」の顔に置き換えられていました。なるほど!
このサイトを作った人たちも、アメリカ人などから指摘を受けていたのかもしれません。

確かに、日本でネズミの顔と言えば「横顔」で、鼻の辺りがとがったのが特徴。でも、アメリカのイラストなどで見るネズミの顔は、「横顔」も確かに存在するけれど決まっているわけではなく、「前向き」の顔も多いのです。そして、この英語ページのねずみも、アメリカのイラストでよく見る雰囲気の「前向き」ねずみでした。

ネズミの顔で、こんな感覚の違いが出るとは。。。
次回、Margaretに会うときには、ぜひ、この「前向き」ねずみを見せなくては。

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

頭を柔らかくする算数のクイズ2

一つの形の中から指定された形をいくつ見つけられるかの算数の問題です。

この問題も、対象年齢を示すのは難しい種類の問題です。私が試したところ、幼稚園の年中さんでもすらすら全て答えてしまう子、小学校高学年でも一部しかわからない子、それぞれでした。いちおう、
7才くらいをターゲットに作ったつもりです。

柔軟性のある頭を育てるのは大切ですが、途中で集中できなくなったら無理せず中断し、一緒に答えを見つけてあげるようにしてください。無理強いは、算数嫌いを助長してしまいますので。。。

「shapes.pdf(11KB) 」をダウンロード


ちなみに、最終的な答えは、①3こ、②4こ、③5こ、④8こ、⑤9こ になります。

その他の教材は「教育」カテゴリで公開しています。

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

電子ピアノと洗濯ばさみ

YAMAHAの電子ピアノを購入してから 三週間以上が経ちました。毎日、しばらくぶりに音楽のある生活を楽しんでいます。
ところで、この電子ピアノを使っていて、とても不便な欠点を感じるところがでてきました。というのは、厚い楽譜の本を置くと譜面台にうまく収まらずにページがめくれていってしまうのです。。。(;_;)
アップライトのピアノを使っていた子供の頃には何の不自由もなかったのに。電子ピアノってこういうもの? それとも、ヤマハのYDPシリーズだけ??

Piano 対処方法をいろいろ考えました。
結果として。。。考えついた一番使いやすい方法が、この洗濯ばさみで本の端を留めること。もちろん、これでは譜面をめくるときに面倒なのだけど。(^_^;)
それに、いつも電子ピアノに洗濯ばさみが一個乗っているというのも、ちょっとインテリア的にみっともないような。。。(^o^;)

何かいい方法はないものなのかしら。。。

| | コメント (2)

2007年3月15日 (木)

計量カップの違い

日本に帰国した友人の今日子から、しばらくぶりに連絡がありました。
またお菓子作りをしていて、アメリカにいたときには上手にできなかったお菓子が、日本に戻ったらまた上手にできるようになった話などが書いてありました。

ん? そういえば、前に彼女、「
アメリカに来たら、オーブンが悪いのか上手にできないの」と言っていたような。。。でも、「アメリカのオーブンの方が、日本の通常のオーブンレンジよりも大きくて均一に熱が周る分、上手にできそうだけどね~」なんて話したことを思い出しました。
そして、今回のメールを受け取った今になって、ふとその原因を思いついたのでした。

それは
計量カップ!
日本の計量カップの1カップは 200ccですが、アメリカの計量カップの1カップは 240cc。大きさが違うので、日本のレシピでアメリカの計量カップを使ってしまうと、他の材料との配分が狂って上手にできなかったりします。

そのため、
ご飯が硬くなってしまった!(アメリカの計量カップを使ってお米を計り、日本の炊飯器の内釜についているメモリで水を入れた場合)
たこ焼きが丸く固まらない!(日本のたこ焼きレシピで、粉がグラム計算、水がカップ計算だった場合)

などと言うことが起こってしまいます。

友人にとっては、今さら。。。だけど。。。
う~ん。どうして当時、思いつかなかったのだろう。
(^_^;)

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

不思議な電波時計

サマータイムが始まって数日が経ちました。家の中には一年位前に買った電波時計が3つ。1つが日本で購入したワールド対応のセイコー電波時計。あと2つはアメリカで購入した日系S社の電波時計。ところが、正確な時間を表示しているのはセイコーの電波時計1つだけ。2つは、何度、電波を強制受信しても、カチカチ一生懸命動いて時刻あわせをしたあと、一時間遅れで止まるのです。(;_;)

アメリカの電波時計は、コロラドのフォートコリンズにあるWWVBから60kHzの電波を受信しています。2000年までの工事で送信出力が13kWから50kWに変わり、東西の海岸でも受信できるようになりました。

電波のデータには、年、月、日、時、分、秒のフィールド、そして Day Light Saving Time Bit、Leap Year Bitなどが入っています。
これらのデータを受信して、セイコーの電波時計は、年月日、時分秒、夏時間表示(今は夏時間なのよ を表す太陽マーク)まで正常にしてくれているのです。ところが、S社の電波時計はどちらも一時間遅れ。どうしたら、このようになるの??

やっぱり、時計は日本で買うのが一番かな。
正常に動かない2つの時計も、いちおう親会社は日本の会社なんだけど。目のつけどころが違うんじゃなかったのかなぁ。。。(ひょっとして、古い?(^_^;))

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

教材で使用した英語の絵本

 

プリスクールの教材で使用した絵本を紹介します。

  • John Burningham: The Magic Bed

    John Burningham: The Magic Bed
    プリスクールから小学生の子供向け。中古屋さんで買った古いベッド。秘密の言葉を唱えると、そのベッドが飛んでジャングルに行ったり、いるかに会えたりと不思議なことが起こります。秘密の言葉を考えるのも楽しいですし、今夜はどこに行かれるのだろうという夢のあるお話です。


  • Mo Willems: Don't Let the Pigeon Drive the Bus

    Mo Willems: Don't Let the Pigeon Drive the Bus
    プリスクールの子供向け。読者がバスの運転手さんから「ハトにバスを運転させないで」と頼まれてバスの番をします。ハトは何とかバスを運転させてほしいと頼んできますが読者は断り続 け。。。そのハトの様子がとてもかわいいです。小さい子供には何故か受けるようです。


  • Jim Aylesworth: Goldilocks and the Three Bears

    Jim Aylesworth: Goldilocks and the Three Bears
    プリスクールから、自分で読むなら小学生中学年の子供向け。森に行ってはいけないというママの言いつけを忘れて森に行ってしまった女の子。森で留守中のクマ家族の家に入ってしまいます。アメリカでは昔から とても有名なお話です。


  • Jerry Pallotta: The Skull Alphabet Book

    Jerry Pallotta: The Skull Alphabet Book
    プリスクールの教材で使用し、実際にプリスクールの子供は興味を持ちますが、内容的に難しいので小学生用という感じです。頭蓋骨のイラストと一緒にクイズのような説明があり、AからZで始まる動物の名前を当てます。ものによっては簡単ですが、難しい動物や単語がたくさん出てきます。(incisor, canine, bicuspid or premolar, carnivore, omnivore, cranium, narwhal, mandible, maxilla, zygomatic, xenarthra, shrewなど、普段は馴染みの薄い単語もボロボロ出てきます。)
    回答はVの後のイラストのページに散りばめられ隠されています。難しいですが楽しい、お勧めの本です。



| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

夏時間になりました

今年から早くなったサマータイム。今日からサマータイムが始まり一時間早い時間に起きて、家中にちらばっている時計&時計表示機能の修正に走り回りました。

PC 3台や新しいDVDレコーダーは、自動的に無事にサマータイム。心配していた電波時計は、やはり一時間遅れのまま。でも送られてくる電波自体は新しいサマータイムに対応しているようで、一台は強制電波受信でサマータイムに合わせることができました。もう一台は、うまく受信できず、通常の電波受信時刻の午後4時まで、一時間遅れで動くことになりそう。。。と思っていたら、4時になっても時刻が治らない。。。どうなっているのかな。

そして、サマータイム対応をしている古い電化製品もやはり問題が。今回は時間が変わらなかったので、手動で時刻変更しましたが、4月になったら もう一時間進んでしまうのかな、これからは年に何度も時刻変更が必要になるのかな~などと不安があるのでした。

(もし、日本で全国的にサマータイムが導入されるとしたら、すべてが きっちり動くことを期待されそうですね。)

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

カーペット敷きの道路?

車で家を出て、家の前の道路を走り出すと、数件先の道路にカーペットが敷かれていました。

えっ? 道路にカーペット!?

片側一車線すべてカーペット。そして道路の20m以上がカーペット敷きになっていました。

驚きながらも瞬時に、
赤いカーペットなら上を通ってもいいけれど、薄い色のカーペットの上は走ってはいけない??と妙な判断をして、車のなかった逆車線を 速度を落として通り過ぎました。

バックミラー越しに見えたのは、男の人が一人、大きなハサミを持ってカーペットを切り出すところでした。
きっと、家の中のカーペットを張り替えているのでしょう。

それにしても、道路であんな大きなカーペットの裁断をするとは大胆!
確かに、道路は平らで広い場所ではあるのだけど。
業者が張替えをするのだったら、きっと道路で裁断するようなことはないのでしょうね。

一時間して戻ってきたときには、もう道路にカーペットはありませんでした。
うちの前の道路は交通量が少ないので、トラブルにもならず、早く作業が済んだのかもしれません。
それにしても、いろいろな人がいるものですね。。。

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

リンゴパン

Apple_bread 「今回の リンゴはあんまりよくなかったなぁ」「あまっちゃったな」などというときに便利なリンゴのパン。りんごを嫌いな人はあまりいないので、プレゼントやポトラックなどにも便利です。
 


《パン生地》
強力粉.......2+2/3カップ
牛乳...........150cc
三温糖.......大2
塩...............小1/2
卵................1個
バター.........30g
イースト......小1

《りんごの甘煮》
リンゴ...........2個
砂糖.............50g
レモン汁......大1
バター..........大1
シナモン......小1/2

  1. まず、《りんごの甘煮》を作る。りんごを8等分して、厚さ8mmくらいの短冊切りにする。
  2. りんご、レモン汁、バター、砂糖をお鍋に入れて透明がかってくるまで煮る。
  3. 火から下ろし、好みでシナモンを加えて混ぜる。リンゴの甘煮はできあがり。
  4. 《パン生地》の材料をこねてドウを作る。ドウを3対2くらいの2つに分割してベンチタイム20分置いたら、1つずつドウをのし棒で長方形に伸ばす。
  5. 分量外の室温に戻したバターを少しだけドウの上に伸ばす。
  6. 3でできた《りんごの甘煮》を上に載せて、おすしのように巻く。
  7. 2つの巻いたドウは、両方とも太巻きを切るように7つに切る。ただし、両端を少し長めに切ったほうが型に入れたときに切り口や大きさが均等に見えるようになります。
  8. 大きいドウから切り分けたものは20cmの丸型に、小さいドウから切り分けたものは15cmの丸型にならべ、最終発酵させる。好みでアーモンドなどをかけて。
  9. ちょうどよい発酵具合になったら焼く。焼き時間は、355度(約180℃)で20分。

*計量カップはアメリカのカップ(1カップ=240cc)を利用した場合のレシピです。


| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

しまじろうから:日本の常識

今月も、ベネッセの「こどもちゃれんじ」を楽しんでいます。ベネッセの教材は海外からでも取り寄せられますが、かなり割高。それなら、教材は日本の実家に送ってもらって、他のものと一緒に郵送してもらう方がいいかな、と思い、両親から送ってもらっています。

しまじろう(こどもちゃれんじのキャラクタ)の教材は、日本独自の物の名前や季節の行事を教えるための大切な情報源です。また、私が日本で育っているために当たり前と思っていて教えることを思いつかない常識や、私が日本を離れてからできた新しい常識を教えるのにも役立つのです。

例えば、

  • かみパックを洗って切って分けて出す。シリコンバレーでは紙パックのリサイクルはないです。。。
  • シャンプーやリンスは詰め替えて使う。日本では見たことがなかった巨大なボトルで購入して、容器は捨てるのが普通。でも、ボトルをリサイクルゴミで捨てることは可能です。
  • 食べ物を残さない。アメリカだったら肥満になりそう!
  • コンビニでお箸をつけてもらわない。(森林を守るため)「お箸の受け取りを断る」というのは、新しいですね。アメリカでは使い捨ての食器を使用することが多いですが。。。
  • 誰もいない部屋の電気は消す。特にお店や会社では防犯のために電気を点灯させておくことが多いです。始めは煌々と電気のついている人気のないビルに驚きました。
  • 苦手なものも食べる。ある程度の栄養バランスが保たれれば、通常許されます。文化的に食べたくない味もあったりするので。


たった一ヶ月の教材でも、これだけ日本の常識を教えることができるのです。

使わなくなった教材は、海外在住者の掲示板で売却できます。数年前の一年分の教材を30ドルで出しても、たくさんの購入希望者からメールが届きます。それだけ言葉も含めて日本の情報が大切にされているということですね。

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

どこの国の人に見える?

日本から出張で来ていた3人と一緒に、Canton Delights Seafoodへ飲茶を食べに行ってきました。「あそこのお店の人たち、みんな中国語で話しかけてくるの。ふふふ。でも、おいしいよ」などと話をしながらレストランへ。

テーブルに着くと、次々とワゴンで飲茶が運ばれてきました。そして、お店の人が通るたび、
おかゆ!
おいしぃ
えびぃ!
と たどたどしい日本語で話しかけてきました。

え!? こんなの初めて。
今まで、中国語でしか話しかけられなかったのに。日本人と一緒だと日本語だとは。。。といっても、今までも日本人グループ(在米者たち)としか来たことがないのだけど、いつでも中国語だったので、日本人の識別ができないのかと思っていたのに。そういうわけじゃなかったのね。

ふと、アメリカに来たばかりのとき、大学の他に通っていた翻訳学校で会合があり、歴代の卒業生たちが集まった教室に入ったとき、日本人に見えない人が多くて驚いたことを思い出しました。どうも、長くアメリカに住んでいると、日本人の雰囲気が薄くなっていくよう。

そういえばこの前、日系スーパーのニジヤで買い物をしていたときには、アメリカ人家族が「
これ、何かしら」「日系スーパーだから、日本人らしき人に聞いてみればわかるよ」と話していて、てっきり近くにいる私に聞くのかと思ったら、私を通り過ぎて、別の女性に聞きに行ってショックを受けたことが。。。その女性は、確かに、ものすご~く日本人らしい、在米期間の短い駐在夫人のようでした。

日本人なのだから、日本人に見えたいけれど、私も雰囲気が変わってきたのかなぁ。
家に帰ってから、日本のファッション雑誌を開いて眺めてしまった私でした。
3年前のファッション誌ですが。。。これも問題!?(^_^;))

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

差別用語禁止

数日前、ニューヨーク市議会が、黒人に対して最も差別的とされる言葉「ニガー」の使用を禁じる決議案を全会一致で採択したそうですね。拘束力はないそうですが。

カレッジにいた頃、授業で奴隷制度についてのエッセイを読んだので先生が黒人の生徒に差別用語について聞いたことがありました。彼女曰く、やはり「ニガー」と言われるのはイヤだとか。「
ニグロは、ニガーと呼ばれるよりはいいけれど、あんまりうれしくはないな。でも、ブラックと呼ばれるのは気にならない。一番いいのはアフリカンアメリカンだけどね」と話してくれました。

とはいえ、呼ばれ方だけの問題ではないのでしょうけれど。とある日本人女性の知人(ご主人は白人)が話してくれたことですが、友人夫婦(日本人女性と黒人男性カップル)が遊びに来たときに差別の話になって、どれだけ黒人であることがつらいか二人で泣きながら話したとか。詳しい内容はわかりませんが、今も黒人ということで差別を感じている人々はいるのですね。

人種差別を感じる人たちは、アフリカンアメリカンに限ったことではありません。
友人のMaria(ペルー系アメリカ人)は、「
インディアンって呼ばれるのは、差別的な気がしてイヤ。だって、本当のインディアンはインドの人なんだもの。」「ネイティブアメリカンならいい?」と聞かれると、「う~ん。そうねぇ。まぁいいけれど。でも、一番気分がいいのは、インカって呼ばれることね。」だそうです。なるほど。

さて、日本人の私は。。。特に「黄色い猿」と呼ばれた経験もなく。。。アジア人嫌いの人は住めないほどアジア人の多いシリコンバレーでは、のほほ~んと暮らしていかれるのでした。

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

思わぬプレゼント

Class Preschoolに娘のお迎えをしに行ったとき、大きなラミネート加工のプレートをもらいました。何かと思ったら、先生方と子供たち全員の写真をスクラップしたもの。クラスの母親の一人が記念に作って全員に配布してくれたそう。45cm×30cm以上もの大きなもので、ファミリールームなどの壁に飾れるようにできたものでした。

う~ん。すごい!!
とっても感心してしまい、すぐにお礼のメールをしました。
この写真、いったいいつ撮っていたのかしら。。。アメリカ人ママっていうのは、たくさんのアイディアがあって想像外のことをしてくれるのよね。
なかなか見習えない行動に、ただただ感激したのでした。

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

ビリビリの郵便物

車で近所を走っていたら、例の「私の生活をよく知る郵便屋さん」が郵便車に乗って配達をしていました。私に気づくと、手を振って「ちょっと止まって!」の合図。対向車線の私が車を路肩に止めて窓を開けると、大声で「郵便物があるんだよ。ちょっと待って。今取るから。」と言って車の荷台に入っていって郵便物を探してくれました。

そして「
郵送中に袋が破けちゃったみたいなんだよ。でも、中身は大丈夫だから」と言われて小包を渡されました。
その小包は、なんとビリビリ!
中身が半分はみ出ていました。う~ん。。。すごい。
いちおう、中身は大丈夫そうではあったのだけど。。。

ばったり会った路上で小包を受け取るのも、梱包が
ビリビリになった小包をもらうのも、日本では考えられないなぁ、と助手席に置いた破れた小包を しばらく眺めてしまったのでした。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

アメリカ式しゃっくりの止め方

 
Sleletonプリスクールで人気の絵本、Skeleton Hiccups。しゃっくりの止まらないガイコツさんが、どうやってしゃっくりを止められるかのお話です。ハロウィンのときに よく読まれる絵本ですが、一年中、子供たちにはウケるお話です。

お友達のオバケさんに言われたとおり、息を止めたり、お砂糖を食べたり、目玉を指で押してみたり、逆さになって水を飲んだり。オバケさんに脅かされたりもしましたが。しゃっくりは止まりません。結局、鏡で自分の姿を見たときに、びっくりして止まったというお話でした。

さて、この絵本の話をMargaretたちとしていて、アメリカで信じられている「しゃっくりの止め方」をまとめてみると。。。

1. 30秒間、息を止める。息を止めるというのは日本と同じですね!
2. 息をせずに、10回ゆっくりと水を飲む。日本でも水は飲みますね!
3. 紙袋に5回続けて息を吹き込む。れは初耳。過呼吸症の人はいいと聞いたことがありましたが。
4. グラニュー糖を小さじ二杯飲み込む。日本では聞かないけれど、絵本とは同じ。やはりお砂糖も効果があると信じられているようです。
5. 氷のように冷たい水に、30秒間顔をつける。これも初めて知りました。確かに効果はありそうだけど、やりたくないなぁ。

医学的には、もし薬を飲んだ後にしゃくりが止まらなくなったら、お医者さんに相談する方がいいそうです。また、24時間(子供の場合は3時間)しゃっくりが止まらず、特に痛みを伴う場合には、お医者さんに相談するべきとか。

たかが「しゃっくり」なのですが、話してみると おもしろいですね。

 

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »