« 動物・植物の英語の絵本 | トップページ | 子供たちのバレンタイン♪ »

2007年2月15日 (木)

枇杷(びわ)

どんよりした昨日までのお天気とうって変わって、今日は、からっと晴れました。そしてブロントヤードにある「びわ」にオレンジの実がつき始めているのに気づきました。桃栗三年、柿八年、枇杷は九年で なりかねる、とか 枇杷十三年 と言われるほど、枇杷は実をつけにくいもので、去年はほとんど実が見られなかったのに、今年は あちこちたくさん♪

アメリカでは、枇杷は有名ではありません。ただ、枇杷の葉には、咳をしずめたり嘔吐を止めたりするのに有効な成分を含むハーブの一種、そして中国から来た漢方薬の一種として、ごく一部の人から認知されているようです。
なぜ、そんなマイナーな植物が、うちのフロントヤードにあるのかというと。。。たぶん、オーナーが台湾人だからなのでしょう。(^_^;)

Eriobotryae 枇杷が実をつけるのは初夏ということなので、まだ実はまばらです。これから、たくさんのオレンジの実が見られるのかな。
さて、今朝 撮ったこの写真、実は真ん中辺りにリスが どっしりと枝に横たわって枇杷の実を食べています。身体の ほとんどが葉の影に隠れていますが、写真上のほうに大きな目のある顔と枇杷を握った手、写真 真ん中 右下よりにフサフサのしっぽが見えているのがわかりますか?(^_^) (写真はクリックすると拡大表示になります)

|

« 動物・植物の英語の絵本 | トップページ | 子供たちのバレンタイン♪ »

「植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動物・植物の英語の絵本 | トップページ | 子供たちのバレンタイン♪ »