« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

電子ピアノ購入

前々から欲しかったのですが、なかなか買う勇気のなかった電子ピアノ。ついに買ってしまいました。YAMAHAのピアノですが、こちらでもYAMAHAはちょっと高い。。。

それも、日本で買うよりも高いのです。
私が買ったピアノは日本にはない型番のようですが、同じYDPシリーズの日本でもアメリカでも売られている型 YDP-223は、日本では11.5万円前後なのに、アメリカでは1630ドル前後。う~ん。かなり高い!

まぁ、プロでもないし、ちょっと楽しみに弾くくらいなので、それほどのこだわりもなく、適当なものを購入しました。

送料は、日本のように無料のところがあります。その代わり、梱包などは自分で解かなくてはいけないし、アパートやコンドミニアムの場合は駐車場までの配達です。(家に運んだり、箱を開けたりするのは別料金だそう)

EGLという、今まで聞いたことのない運送屋さんから電話があり、配達のスケジュールを決めました。配達予定時間は 12時から4時まで。それも、インターネットでチェックしてみると、配達時間が何故か6時24分になってる。。。結局、半日、ずっと待っていなくてはいけないみたい。アメリカだから、何時になるかわからないなぁと思ったら、運よく4時には来てくれました。時間通りに来てもらえたなんて運がいい!

さて、ピアノは。。。今まで、普通のピアノしか持ったことがなかったので、電子ピアノはとっても小さい印象。軽くて、弾いていて動かないのかと心配になりましたが、案外、しっかりしているよう。
これから、少しずつ、指を戻さなくては。。。

| | コメント (0)

2007年2月25日 (日)

言葉を教える英語の絵本


文字や言葉について書かれている英語の絵本を紹介します。 

  • Nora Gaydos: Animal Antics: Level One Short-Vowel Sounds (Now I'm Reading)
    Nora Gaydos: Animal Antics: Level One Short-Vowel Sounds (Now I'm Reading)
    プリスクールからキンダー、小学校に入り始めの頃向け。薄い10冊の本が透明ポケットに入ってハードカバーの本に収まっています。一行の文字が少なく、phonicsを理解して文字を読めるようになってきた子供にはぴったり。子供自身が楽しく読める本です。


  • Sarah Willson: What Do People Do?: A Learn-About Book (Fisher-Price Carryalong Playbooks)

    Sarah Willson: What Do People Do?: A Learn-About Book (Fisher-Price Carryalong Playbooks)
    プリスクールの子供向け。警察官、郵便配達、お医者さん、シェフ、工事現場作業員、消防士など、いろいろな職業の人について説明してくれる本です。バッグのように持ち運べて便利。プリスクールでも よく使われている本です。


  • Audrey Wood: Alphabet Mystery

    Audrey Wood: Alphabet Mystery
    プリスクールから、自分で読むなら小学生低学年の子供向け。アルファベットに興味を持つ子供に合った お話です。特に多くの小さい子供が不得意とする小文字が多く使われているので、小文字に慣れるのにもいいと思います。ママに対する愛情を感じて ジーンとできる結末に仕上がっています。


  • Richard Scarry: Richard Scarry's Best First Book Ever (Richard Scarry's Best Books Ever!)

    Richard Scarry: Richard Scarry's Best First Book Ever (Richard Scarry's Best Books Ever!)
    プリスクールからキンダーの子供向け。物の名前、動作、色、数字、形、大きさ、アルファベット、マナー、季節、月など簡単な単語を幅広く知ることができます。700単語以上が網羅されています。大きい本ですが、子供の興味を引く本なので、小さいうちから よいしょよいしょと運んで毎日読んでいました。


  • Richard Scarry: Richard Scarry's Best Little Word Book Ever! (Little Golden Book)

    Richard Scarry: Richard Scarry's Best Little Word Book Ever! (Little Golden Book)
    プリスクールの子供向け。Best First Book Everを簡単にしたような本です。生活していて一般に出てくる単語をおなじみのビジータウンのキャラクタで表現しています。2~3才くらいから、この手の本にはとても興味を持つようです。ただ、日本の絵本に比べて、紙の品質が気になりました。


  • : My First ABC Book (My First Board Books)

    My First ABC Book (My First Board Books)
    1才からプリスクール向け。頑丈なボードブックで小さめサイズなので、小さな子供でも扱いが楽。1歳くらいから、この手の本が何故か大好きになるものです。一時期は、毎日何度も読んでいました。


  • Angela Wilkes: My First Word Board Book (My First Word Books)

    Angela Wilkes: My First Word Board Book (My First Word Books)
    1才からプリスクール向け。これも、My First ABC Bookのシリーズの一冊。いろいろな単語がカテゴリー分けされてわかりやすく載っています。


  • : My First Number Board Book (My First Books (Board Books Dorling Kindersley))

    My First Number Board Book (My First Books (Board Books Dorling Kindersley))
    1才からプリスクール向け。これも、My First ABC Bookのシリーズの一冊。数字から、簡単な足し算の概念まで入っています。大きな数は飛び飛びで100まで記述されています。


  • Lucy Cousins: Maisy's ABC (Maisy)

    Lucy Cousins: Maisy's ABC (Maisy)
    1才からプリスクール向け。仕掛け絵本。楽しいので、まだ単語がわからなくても夢中になります。ただ、しかけは紙でできているので、あまり小さい子だと切ってしまう恐れがあります。


| | コメント (0)

2007年2月24日 (土)

日本の新情報・トレシー

 

: トレシー 洗顔クロス Mサイズ ミント (2入り) 日本では、東レが開発したトレシーが流行っているそうです。トレシーは、高分子技術を生かして商品化された高性能クリーニングクロスで、この布で拭くと何でもきれいになるとか。メガネ、アクセサリー、OA機器、楽器などを拭くための商品だけでなく、その布を使ったストラップ、クッションまで販売されているそうです。

その他に、美容用のトレシーというものがあります。その布で顔や身体を洗うと毛穴がきれいになり、古い角質も落ちて肌がきれいになるらしく、これもまたたくさんのトレシー美容関連商品が売られているのです。普通の四角い布の商品から、洗い易いようにネットとくっついる商品やミトン型をしている商品、ボディ用のタオル型と、いろいろな工夫を凝らした商品があるようです。

そこで、私も手に入れたトレシーの洗顔クロス。さっそく試してみました。
確かに、石鹸をトレシーにつけてやさしく顔を洗うだけなのに、洗い上がりはつるつるになった感じ。これならいいかな。ただ、いちいちクロスをきれいに洗って伸ばして干しておくことや、干す場所を作るのが面倒。

あと、もう一つ、海外暮らしには致命的な欠点が!
なんと、3ヶ月くらいで新しいものに買い換えないといけないそう。
な~んだ。それじゃあ、こちらで使い続けられるものじゃないのね。

とはいえ、日本では次から次へと新しい商品が開発されていて、新商品を見るだけでも楽しめるのでした。

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

夏時間の変更

アメリカでは、2005年エネルギー政策法の成立により、今年 2007年からサマータイム (Daylight Saving Time :DST) が変更になります。
去年(
2006年)まで開始日が4月 第1日曜日、終了日が10月 最終日曜日だったサマータイムが、今年から開始日が3月 第2日曜日、終了日が11月 第1日曜日になるのです。

あちこちのコンピュータ会社でも、その対応に追われているようで、対処方法のメールが送られてくるようになりました。
あと半月くらいで、もう夏時間なんですね。
まだ、明け方に暖房をつける日もあるというのに。
とはいえ、初めて ちょっと花粉症らしき症状が出て、身体は春を感じているようなのでした。。。
 

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

おかしな日本語

アメリカでは「うちは完全にバイリンガルよ」と威張っている人の子供も、おしゃべりを聞いてみると、やはりちょっと変なことが多いものです。。。日本語をしゃべっているように見えても、単語は英単語がいっぱいなのです。日本語の単語はさっとは出てこないものなのでしょう。(英語の発音で)英単語を入れて話す日本語を「ちょっと格好いい」と思う親もいて 容認しているというのも一因だとは思いますが。

私は、日本でも恥ずかしくない日本語を、と思うので、家では完全に日本語を使っています。娘が英単語を入れて話そうものなら、その場で私が日本語に言い換えるのです。
娘も、それを知っているので、なるべく日本語は日本語だけで話そうと努力しているよう。とはいえ。。。

ママ、ばぁばの最後の名前はなぁに?
え、戒名!? 今の時代は、亡くならないともらえないものだから。。。え、どうしてそんなことを聞くの??

娘は、どうも Last Name=苗字を聞きたかったのでした。

ピエロお魚が、私の好きなお魚なの
ピエロお魚?? え?? あっ!! Clownfish のことね? それはクマノミって言うのよ

と、無理に日本語を使っておかしなことにも。
わからないことは素直に聞いてほしいと願う私でした。

。。。などと言っている私も、最近はボケてきたのか「
ほら、あのお店の名前がいっぱい書いてある広告の塔、新しくなったのね!」「それって看板でしょ。」と指摘されることもあるのでした。(「あ! 警察車」と言っている友人もいましたが。。。それは、パトカーでしょ!(^_^;))
言葉は、新しく覚えるのも、能力を保ち続けるのも難しいですね。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

私の生活を一番知る人

配達に来た郵便局のおじさんに「さっきまでいなかったね。出かけていた?」と聞かれました。「ううん。ちょっとお昼寝してただけよ」と答えると、「な~んだ。そうだったんだ。いつもいるのにと思ったから、また来てみたんだよ
日本だと、ちょっと恐いけれど、今、私の生活を一番知っているのは、郵便局の「配達のおじさん」かもしれません。ここでは、いつも同じ郵便局員が配達に来るのです。

そんななので、
土曜日はどうしてたの? 旅行にでも行ってた?」「こんな時期に行かないわよ。一日友達のところに行ってたの

しばらく」「やっぱり? 他の人が配達に来ていたから、どうしたのかと思ってたのよ

この発泡スチロールの箱、しばらくここに置いてるけどいらないの? いらないならほしいんだけど。」「これ、私のじゃないのよ。魚の配達やさんが一時的に置いていったの。

などという世間話が日常茶飯事。
そして、家から家から数ブロック離れた場所を車で走っていたときには、郵便車を運転していたおじさんが遠くから私を見つけて手を振ってくれて。。。もう近所に住む親戚のおじさん状態になってしまいました。

よく、「
ガーデナーが庭仕事に来て生活リズムを知ってしまい、それを人に話して空き巣に入られる」などという話を聞きます。そのため、本当は 人に生活を知られるのは危ないことなのだけど。。。
郵便局のおじさんは、裏のない いい人でありますように、と祈っている私でした。

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

頭を柔らかくする算数のクイズ1


三角を使って作った図形を、元の三角形に分ける算数の問題です。

こういった問題は、幼稚園の年中さんでも一瞬のうちに全て答えてしまう子供もいれば、小学校3年生でも答えられない子供たちもいます。そのため、対象年齢を示すのは難しいのですが、いちおう、
7才くらいをターゲットに考えて作りました。若い脳を保ちたい70歳以上の方にもどうぞ!

「算数のテスト」と堅苦しく考えずに、遊びの一つとして楽しんで考えられるといいですね。(解答はつけていませんが、万一、必要な方がいらっしゃいましたら、コメントをください。)

「triangle.pdf (11KB) 」をダウンロード

その他の教材は「教育」カテゴリで公開しています。
 

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

Chinese New Year

今日は、中国のお正月です。
数日前から、私を日本人と知っている人たちから『Happy New Year!』と声をかけられています。中国の文化と日本の文化は違うっていうのに~(^_^;)
とはいえ、いろいろな人に「おめでとう!」と言われるうちに、何だか自分でも おめでたい気分になっていくのでした。

Chinesenewyear 写真は、娘がPreschoolで作ってきた竜のパペットと お祝いのコインチョコレートです。Prescholでは、この竜のパペットを手につけて、パレードをしたとか。クラスには中国系の子供はいないのですが、シリコンバレーにはたくさんの中国系アメリカ人がいるので、いろいろな文化を教えるということなのでしょうね。今までは、中国のお正月も、ユダヤの祝日も祝わなかったのですが、ここのところ どうも国際化したようです。

| | コメント (0)

2007年2月17日 (土)

ブラック チョコレート ブラウニー

Choco バレンタインは過ぎましたが、よくアメリカの家庭で作られているブラウニーを紹介します。友人宅に遊びに行くと、たくさん出してくれたりするのですが、私はいつも一個しか食べられません。(なぜ、さらに甘いクッキーと一緒に出てくるのかな)

下のレシピは、普通のアメリカンなブラック チョコレート ブラウニーです。私が自宅で作るときには、アメリカ人への おもてなしでない限り、1/3にまで お砂糖を減らして作ります。。。(^_^;)


カカオ70%チョコレート....6オンス(約170グラム)
卵........................................3個
無塩バター........................1/2カップ(1スティック)
砂糖....................................1と1/2カップ
塩.......................................小さじ1/4
all-purpose flour.............1カップ(または強力粉1/2カップ+薄力粉1/2カップ)
バニラエッセンス.............小さじ2

  1. チョコレートを細かく切ります。
  2. 375度(約190℃)にオーブンを余熱します。
  3. 二重鍋でチョコレートを溶かしてバターを入れ、滑らかになるまでかき混ぜます。
  4. 上の二重鍋にバニラエッセンスを加え、少し冷まします。
  5. 大きなボールに卵を入れてかき混ぜ、砂糖を入れます。そして砂糖が溶けて全体が どろどろしてクリーミーになるまでかき混ぜます。(ミキサーの場合、中~高のスピードで約10分)
  6. 溶かしたチョコレートを入れて、そっとかき混ぜます。
  7. all-purpose flourの中に塩を入れ、チョコレートの中に静かに入れて畳み込むように混ぜます。混ぜすぎないように気をつけてください。
  8. バターを塗った9インチ(約23cm)角の鉄板に入れて広げます。
  9. 約20分焼きます。その後、アルミホイルをかけて、さらに8~12分焼きます。爪楊枝を刺してみて、生地がつかなかったら焼き上がりです。
  10. 出来あがったブラウニーをオーブンから取り出し、切る前に少し冷ましてください。
  11. 9個(3×3)の正方形に切り分けてください。後で召し上がる場合には、固まるまで冷蔵庫で冷やしてください。(私が作るときには、一回分を少し小さくするために 16個(4×4)に切り分けています。)

*計量カップはアメリカのカップ(1カップ=240cc)を利用した場合のレシピです。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

子供たちのバレンタイン♪

昨日はバレンタインでした。Preschoolに通う、5才になりたての子ばかりのクラスにいる娘も お友達からたくさんのプレゼントをもらって帰ってきました。

Valentine 去年は28人ものクラスだったので、既成のカードものが多かったのですが、今年は
小さい12人のPre-kinderクラスなので、ママたちの工夫のあとが見られました。(うちも今年は手作りカード!)
シャボン玉、ラムネ、ジェリービーンズ、キャンディ、シール、手作りクッキー。右下は、シールを貼り付けて着せ替えができるカードです。バラエティが豊富で楽しい♪

まだまだ慣れない手つきで自分の名前や「I Love You」などのメッセージを書いてくる子供も増えました。こういうスキルは、日本人の子供たちの方が早いかな。

さて、バレンタインの次は。。。日本の行事として、そろそろお雛様を飾らなくては。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

枇杷(びわ)

どんよりした昨日までのお天気とうって変わって、今日は、からっと晴れました。そしてブロントヤードにある「びわ」にオレンジの実がつき始めているのに気づきました。桃栗三年、柿八年、枇杷は九年で なりかねる、とか 枇杷十三年 と言われるほど、枇杷は実をつけにくいもので、去年はほとんど実が見られなかったのに、今年は あちこちたくさん♪

アメリカでは、枇杷は有名ではありません。ただ、枇杷の葉には、咳をしずめたり嘔吐を止めたりするのに有効な成分を含むハーブの一種、そして中国から来た漢方薬の一種として、ごく一部の人から認知されているようです。
なぜ、そんなマイナーな植物が、うちのフロントヤードにあるのかというと。。。たぶん、オーナーが台湾人だからなのでしょう。(^_^;)

Eriobotryae 枇杷が実をつけるのは初夏ということなので、まだ実はまばらです。これから、たくさんのオレンジの実が見られるのかな。
さて、今朝 撮ったこの写真、実は真ん中辺りにリスが どっしりと枝に横たわって枇杷の実を食べています。身体の ほとんどが葉の影に隠れていますが、写真上のほうに大きな目のある顔と枇杷を握った手、写真 真ん中 右下よりにフサフサのしっぽが見えているのがわかりますか?(^_^) (写真はクリックすると拡大表示になります)

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

動物・植物の英語の絵本

 
動物や植物について描かれている英語の絵本を紹介します。


  • Nancy Elizabeth Wallace: Seeds!  Seeds!  Seeds

    Nancy Elizabeth Wallace: Seeds!  Seeds!  Seeds
    プリスクールから小学生向け。小熊におじいちゃんから送られたプレゼントは5つの袋。毎日一袋ずつ開けて工作や種の成長過程などを学び、とうもろこし、グリンピース、カボチャ、リンゴ、スイカ、ひまわり、イチゴ、大根、メロン、マメの種を集めていきます。植物の勉強にも 工作のアイディアにもなる楽しいお話しです。


  • Nancy Elizabeth Wallace: Leaves! Leaves! Leaves

    Nancy Elizabeth Wallace: Leaves! Leaves! Leaves
    プリスクールから小学生向け。春、夏、秋、冬。季節ごとに小熊がママと一緒に葉っぱを見つけるための お散歩に行きます。葉の色や形の違いだけでなく、木の各所の名前(幹、枝、葉身、茎など)、木の成長や栄養の取り入れ方、光合成など、木のいろいろな仕組みまで教えてくれる本です。ちょっとしたアートアイディアも入っています。


  • Lois Ehlert: Waiting for Wings

    Lois Ehlert: Waiting for Wings
    プリスクールの子供向け。蝶の成長が描かれています。サイズの違うページが多く入っていて(しかけというほどのものではないけれど)、楽しく読める絵本です。後ろには、いろいろな蝶、さなぎ、青虫や花のイラストが百科事典の雰囲気に載っています。


  • Eric Carle: Mister Seahorse

    Eric Carle: Mister Seahorse
    プリスクールから小学校低学年の子供向け。タツノオトシゴのお父さんが海を泳ぎまわり、いろいろな海の生き物のお父さんたちに遭遇します。赤ちゃんをどのように守って育てるのか、生物の勉強にもなります。透明シートの仕掛けがついて凝った本です。


| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

日本の子供の遊び歌

子供の頃に楽しんでいた遊び歌「お寺の和尚さん」。
甥や姪が歌っている「お寺の和尚さん」は、もっと長い歌だそうです。

お寺の和尚さんが かぼちゃの種を まきました♪
芽が出てふくらんで♪
花が咲いて♪
(ここまでは同じ)
枯れちゃって♪(両手を下に向けて、しおれた花の格好をする)
忍法使って♪(両手の人差し指を付けて差し出して術を使う格好をする)
空飛んで♪(両手でぱたぱた飛ぶマネをする)
東京タワーに♪(両手を合わせて東京タワーの格好)
ぶつかって♪(合わせた両手をお互いにぶつける)
ぐるりと回ってジャンケンポン♪(ここは同じ)

時代とともに変わってしまってるんですね。彼らが住んでいるのは、お受験で有名な文京区ですが、東京の子だけでなく地方の子も歌っているというのです。ということは、私がアメリカにいる間に変わったのではなくて、もうだいぶ前から変化していた歌なのでしょうね。最近、日本の情報に疎くなったなぁと思ったけれど、世代が違う情報には、もともと疎かったということなのね。。。

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

Preschoolの個人面談

Preschool で個人面談がありました。その日は、通常のクラスはお休みになりますが、延長保育のクラスだけは運営されていて、子供を預けて親たちが面接を受けられるようになっています。そのため、金曜日の昼間に開かれるのに、たくさんの人が両親揃って面接を受けるというのが、アメリカらしいなぁと思いました。

個人面談の前には、事前に子供たちがテストをされていて、その結果について報告をしてくれます。テストの内容は、クラスによって変わります。

Montecito School は Preschool ですが、普通の2歳児、3歳児、そして4歳児のクラスの他に、Pre-kinder クラスという、8月生まれから2月生まれの子しか入れないクラスがあります。といっても、だいたいは、9月末から12月末くらいの子供が集まってくるという、とても年齢差の少ないクラスです。「Kinder に入ってもおかしくない子供たち」が集まるクラスということで、授業の内容も他のクラスより少し上級になります。(この辺りを説明すると、アメリカの教育システムについても詳しく話さないといけなくなるので、今回は省きますが)

今回、この Pre-kinder クラスで行われたテストの内容は、

  • 1から30までの数字を数えられるか。
  • 大きさや量の区別をしたり説明したりできるか。
  • 正三角形、直角三角形など、いろいろな形の三角形が「三角形」として認識できるか。
  • 長方形や正方形の区別ができるか。
  • 2色のパターンが作れるか。
  • 10枚の絵から、同じ絵同士を選んで線で結べるか。
  • 10枚の同じパターンの絵を選べるか。
  • 言われた乱数を記憶して反復できるか。
  • 指示通りの作業ができるか(言われた数&色のピンを取り出す、違う種類で色だけ同じ物の法則を見つける、等)
  • カーブ、ジグザグ、いろいろな図形(三角、正方形、長方形、円)をハサミで上手に切れるか。
  • ジグザグ、螺旋などの線が描けるか。
  • 指示通りの絵が描けるか。
  • 4コマの絵を、話の順番に並び替えられるか。
  • すべてのアルファベットの大文字小文字を正しく言い分けられるか、また書けるか。
  • 先生が口頭で言った文を記憶して正しく繰り返して言えるか。
  • 一分間に動物の名前がいくつ言えるか。
  • 自分が描いた絵の説明が上手にできるか。
  • 苗字、名前、年齢、誕生日が正確に言えるか。
  • 細かい発音が正しくできるか。
  • 運動能力のチェック(ジャンプ、けんけん、片足ジャンプ、後ろ歩きなど)

などでした。
Kinderに入って困らない能力があるかのテストということですが、完璧にできている必要はありません。というのも、実際に今秋、Kinderに入るときには、4歳児クラスの(Pre-kinderクラスから見て)まだ幼い子供たちも同じ学年になるのですから。
ただ、現時点での発育状態をチェックし、苦手な部分の能力を引き上げるためのテスト、ということのようでした。

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

洗車

久しぶりに、私の愛車がきれいになりました。
日本にいた頃、人々は洗車好きで、しょっちゅうコイン洗車場で車を洗っている姿を目にしていた記憶がありますが、私はこの点に関しては日本人らしくなく、かなり面倒くさがりやです。。。(^_^;)

Carwash さて、カリフォルニアで洗車というと、自宅で洗って太陽の下でサッと乾かしてしまうイメージがありますが、案外、このシリコンバレーでは洗車場を使用する人が多いのです。私がいつも利用させてもらっているのは Lozano Car Wash。近辺では一番大きくて あちこちにあるのですが、それぞれクーポン券を発行していて、だいたいの人はクーポン券を使用します。

通常価格 27.99ドルのところをクーポン券を使用すると 9.99ドル(レディースデー、メンズデーのみ)、11.99ドル(平日のみ)、または 12.99ドル(いつでも)で洗車してもらえます。このクーポン券は、郵便受けに他の広告と一緒に入っているのですが、それ以外に Safewayなどのスーパーでもらうレシートの裏にもついています。つまり、通常価格はあってないようなものなのです。

この Lozano Car Wash では、常時何十人ものヒスパニックの人々が働いていて、流れ作業で洗車をしてくれます。洗車自体は大きな機械が流れ作業しているのですが、その後の細かい(簡単な?)磨き作業や、車内のクリーニングは、たくさんの作業員が集まって勢いよく短時間でしてくれます。

そして洗車をしてもらっている間、お客さんたちはベンチなどに座って、無料で用意されているレモネードやポップコーンを口にして のんびりくつろいでいられるのです。(^_^)

作業が終わると、作業員の一人が車の隣で、タオル(雑巾かな?)を上に掲げて ぐるぐる回して合図をしてくれます。
車のそばに戻って、チップを払っておしまい。

あんまり楽なので、一度、ここで洗ってもらってしまうと、よけいに自分でするのがイヤになってしまうのですよね。(それでも、行くのすら面倒な私だけど。。。)

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

二つの虹(視力検査?)

Rainbow 雨の後に US-101から見えた二重の虹です。濃い色の虹の外側に、もう一つの虹。。。見えますか?(写真をクリックすると、拡大表示になります)
ちょうど街灯の上辺りです。すぐに FinePix Z3 を取り出したのに、どんどん薄くなってしまいました。残念!
でも、ちらっと見えただけでも、いいことが起きそうな。。。
 

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

小学校 一年生 テスト (算数)

日本では、そろそろ学年末。もう一年生の教材は終えた お子さんも多いのではないでしょうか。そこで、二年生になる前には完璧にしておきたい、繰り上がり繰り下がり文章問題数字の穴埋めなど一年間の総復習の算数テストを作りました。後半になると、二年生でも少し難しい問題が含まれています。でも、ほんの少し頭を柔らかくすれば解ける問題です。

特にバイリンガル児に難しい、「もらう」、「あげる」、「くれる」などの表現も入っています。
正確に意味を取れるかどうかの国語力のチェックもしてみてください。

「にん」、「わ」、「ひき」などの単位を忘れないように、テスト開始前に注意を促してください。

「math1-1.pdf(PDF: 9KB)」をダウンロード
「math1-2.pdf(PDF: 9KB)」をダウンロード
「math1-3.pdf(PDF: 9KB)」をダウンロード
「math1-4.pdf(PDF: 9KB)」をダウンロード
「math1-5.pdf(PDF: 9KB)」をダウンロード

その他の教材は「教育」カテゴリで公開しています。

 


| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

ハト対策 in the U.S.

日本では、高病原性鳥インフルエンザを媒介しかねないということで、ハトが問題になっているそうですね。

シリコンバレーでも、ハトは かなり前から増えだし、いろいろな病気を媒介する原因になりかねないということで、悩みの種になっています。市の配布物には「
鳩に餌をあげないように」などと書かれていますが、公園のゴミ箱にはいくらでも食べ物が捨ててあるので ハトは食べ物には困りません。それに、よくホームレスがパンをハトにあげているのも見かけます。

Owl 私も、アパートに住んでいるときにはハトに悩まされました。そして、いろいろ調べた結果、購入したのが この
プラスティックでできたフクロウさん。OSH など園芸用品を売っているお店で手に入ります。確か20ドル台だったと思います。頭に丸いネジがついていて、ヒモで吊るせるようになっています。
屋外のモールで上を見上げてみると、あちこち、このフクロウさんを見かけるので、かなり有名な「ハト避け」グッズのようです。

Tape このフクロウさんと一緒に購入したのが、太陽の光を浴びると
ぴかぴか光るリボン。これを、バルコニーの日よけや手すりに ひらひらと舞うように着けておくと、ハトが恐がるという商品です。

これらの対策の結果。。。何とか、ハトを追い払うことに成功しました。ただ、100%ではありません。ときどき監視して、ハトが再び家のバルコニーに興味を持ったら脅して「
このフクロウのいる家には住めないぞ」と教えなくてはいけません。根気の要る戦いでした。

他にも、業者に頼むと、バルコニー全体にネットを張ったりBIRD SPIKE(硬い上向きの針)をハトが止まる場所につけてくれます。(道具を購入して自分で取り付けることも可能ですが、通常、場所が高いところだけに、慣れていない日本人には難しいでしょう。。。)

Owleye そして、ビニールのボールでできているフクロウの目(60ドルくらいで手に入ります)、ネズミ捕りのようなハトの罠(捕まえた後の処理をしたくな~い!!)なども商品として出ています。

さて、話を戻して、日本で話題になっている「ハト避け」グッズが、福岡県のアドバン・テックで開発した「ごめんねハトくん」だそうですね。価格は9800円で高いけれど、いろいろな工夫を見ると、アメリカのフクロウさんよりは効き目がありそう。試しているところのビデオがありましたので、まだ見ていない方はどうぞ。

こんな商品が数年前に出ていたら、わざわざアメリカから取り寄せたかもしれないな。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

超簡単ごま豆乳カップケーキ

Sesamecheese 時間のないときに、あっという間にできてしまう栄養のあるカップケーキです。チーズにゴマに豆乳、という成長期の子供や女性に やさしい材料を入れてみました。アメリカ人の子供にも問題のない材料なので、プレイデートのときには このカップケーキと果物だけで 簡単にお昼ご飯が済んでしまいます。

表示の材料でカップケーキ型10個分。アメリカの大きなカップケーキ型を洗う時間にも困るときには、使い捨ての硬いアルミカップケーキ型を鉄板に載せて焼き、後片付けも楽にしています。

黒ごま...............................大さじ2
白ごま...............................大さじ2
豆乳...................................150cc
チーズ...............................65g(主にサラダに使用される細かく切られたもの)
ホットケーキミックス
........200g
卵.......................................1個


ホットケーキミックス以外の材料を混ぜた後、ホットケーキミックスを入れて混ぜてカップケーキ型に分けます。トッピングとしてチーズ(分量外)を少し上にかけます。
355度(約180℃)に余熱して 15分くらい焼きます。
あっという間に ふっくら出来あがりました。

★ アメリカの子供は、日本の子供よりも大豆アレルギーの子供が多いように感じるので、念のため、アレルギーを聞いてから豆乳を使用した方がいいかもしれません。アレルギーがある場合は、牛乳を使用してください。


| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

読めなかった名前

友人の Deena からきた手紙に張ってある住所シールに印刷された娘さんの名前は Cemile。あまり馴染みのない名前ね、と思うと同時に何て読むのかしら、とちょっと不思議でした。

今日は ちょうど会ったので、何と読むのか聞いてみました。
読み方は「Jamileh」という発音になるそう。「Jam。。。?」と聞き返すと、「そうなのよ。変わっているでしょう? 実は私たちの出身がトルコなの。トルコ系の名前なのよ。思いやりとか親切っていう意味がある名前なの」と教えてくれました。

他にも、トルコでは「Ceyda」は「Jayda」と発音する女の子の名前。「Cemre」は「Jamre」という発音する女の子の名前になるとか。つまり「Ce」を「Je」と発音するのです。

なるほど。それにしても友人の名前が Deena で普通に読める名前だし、きれいなブロンドの髪の毛だったから、トルコ系アメリカ人だったとは知らなかったなぁ。(トルコの人は、もっと茶色がかった髪色をしていると勝手に思っていたので。。。(^_^;))

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

お勧め 日本の絵本

最近、英語の絵本リストをブログの左端に載せていたら、友人から「海外の人は英語の本をわざわざ日本から買わないじゃない。日本語の絵本の情報の方がほしい」と言われました。え、そういう意味じゃなくて、ここに接続する人の半分は日本の人で、それなら英語の絵本を買いたいときの参考にいいかな、というか。。。実際には、絵本はカラフルだから華やかになっていいかも、くらいの軽い気持ちだったんだけど。

でも、確かに、海外在住の人のために日本語の絵本の情報もいいかもしれないと思い、とりあえず、有名なシリーズものから書いてみました。
今後も、ときどき絵本&児童書を紹介していきたいと思います。


  • おおむら ゆりこ: ぐりとぐら

    おおむら ゆりこ: ぐりとぐら
    ぐ りとぐらシリーズの一番有名なお話。大きな卵を見つけた ぐりとぐらは、大きなカステラを作ることにします。たくさんの森の仲間たちと分け合って食べる という心のやさしいお話です。途中に出てくる詩のごろがよく、また分けて食べるシーンもかわいいので、どの子供にも人気のある絵本です。

  • やまわき ゆりこ: ぐりとぐらのうたうた12つき

    やまわき ゆりこ: ぐりとぐらのうたうた12つき
    ひと月ひと月の特色を、軽やかな詩と一緒にぐりとぐらが表現してくれます。月や季節などを知るのに楽しい本です。これほど季節感のない国に住んでいる子供たちには特に、日本の四季を知ることができていい絵本だと思います。

  • なかがわ りえこ: ぐりとぐらのかいすいよく

    なかがわ りえこ: ぐりとぐらのかいすいよく
    海水浴中のぐりとぐらが見つけたびん。中には地図と浮き袋が入っていました。その地図の場所に泳いで行くと、うみぼうずに出会います。そして彼の頼みを聞いた後、お礼にと水泳を習います。ここで出てくる水泳の様子が、とても人気のあるシーンです。その後の水泳も楽しくなるかもしれません。

  • やまわき ゆりこ: ぐりとぐらのえんそく

    やまわき ゆりこ: ぐりとぐらのえんそく
    お弁当を持って遠足に行く ぐりとぐら。途中で毛糸にからまって倒れてしまい、その毛糸の元をたどっていくと、クマさんの家に着きます。クマさんも交えて遠足の続きをする、というお話です。遠足は、子供の好きなテーマなので、よろこびますね。

  • 中川 李枝子: ぐりとぐらのおおそうじ

    中川 李枝子: ぐりとぐらのおおそうじ
    春になって家の大掃除をする単純な お話なのですが、ぼろきれなどを身体に巻きつけて掃除をするところ、すべって床をみがくところ、など何故かとても引きつけられるお話です。きれいになったお部屋でウサギさんたちを招待してクッキーを食べるシーンも子供受けするようです。

  • なかえ よしを: ねずみくんのチョッキ

    なかえ よしを: ねずみくんのチョッキ
    文字が少ないので、小さい子供から楽しめます。次々といろいろな動物が着てしまったねずみくんのチョッキ。小さな動物から、だんだん大きな動物まで着てしまって。。。最後のオチが笑えます。とても楽しい本です。

  • なかえ よしを: ねみちゃんとねずみくん

    なかえ よしを: ねみちゃんとねずみくん
    ねみちゃんが何かを編んでいる姿を見て、自分へのプレゼントだと考えた ねずみくん。ねみちゃんとの将来を次々と思い描きます。はっと我に返って、実際にプレゼントを受け取ってみたらぶかぶかで。。。と、これもオチのある楽しいお話です。

  • なかえ よしを: りんごがたべたいねずみくん

    なかえ よしを: りんごがたべたいねずみくん
    木になっているりんごが食べたいのに、小さなねずみくんには取ることができません。鳥、ゾウ、猿、きりん、カンガルー、サイが、それぞれの特性を生かして次々とりんごを取っていくのを眺めているねずみくん。でも最後にリンゴを手にすることができますが、それはお友達と力を合わせた結果だったという、ちょっと教訓の入ったお話です。

  • なかえ よしを: ねずみくんとブランコ

    なかえ よしを: ねずみくんとブランコ
    ひよこさんがブランコに乗っていると、いろいろな動物が乗せてほしいと寄ってきます。でも、ひよこさんのブランコは小さくて誰も乗れません。小さなねずみくんだけは一緒に乗れました。そこへ意地悪なねこくんがやってきてブランコを取ってしまうのですが。。。意地悪するとよくないことが起こるのよ、というお話です。

  • 加古 里子: だるまちゃんとかみなりちゃん

    加古 里子: だるまちゃんとかみなりちゃん
    小さな子供から楽しめる絵本です。とても想像力豊かなお話。だるまちゃんが、ひょんなことから かみなりちゃんを手助けして、かみなりちゃんのお家に遊びに行きます。ちょっとした表現がおもしろく、子供が引きつけられるようです。

  • 加古 里子: だるまちゃんとてんじんちゃん

    加古 里子: だるまちゃんとてんじんちゃん
    だるまちゃんシリーズの絵本。だるまちゃんがつりをしているときに手伝ってくれたてんじんちゃん三兄弟。お友達になって、だるまちゃんは てんじんちゃんの家にお手伝いにいきます。お弁当を用意して てんじんちゃんのお父さんとお母さんのいる畑に行くのです。お弁当を用意している様子がテンポよく、楽しいです。

  • 五味 太郎: きんぎょが にげた

    五味 太郎: きんぎょが にげた
    2歳くらいの小さな子供でも集中できる本です。逃げ出したきんぎょをカラフルな絵のあちこちから、探し出して遊ぶのが楽しいです。


| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »