« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ハロウィン・パーティ

Hwparty Cibel 家族がハロウィーンパーティを企画し、たくさんの友人たちを招待してくれました。
プリンセス、妖精、婦人警官、女の子のスパイダーマン、チアリーダー、人魚、牛、プーさん、タイガー、バットマン、いろいろなヒーロー(名前がわからない。。。(^_^;))がたくさん。
Ariel
人魚のアリエルは、ウィッグまでつけて気合が入ってる♪
こんなのつけて走り回れるなんてすごい!

Piglet 大人のコスチューム。ピグレットを着ると、子供に人気が出ますね。

遊具やパラシュートを使ったり、シャボン玉キャッチをしたりなど、いろいろな遊びをして楽しみました。

| | コメント (0)

2006年10月30日 (月)

サマータイム終了!

昨日の深夜にサマータイムが終わりました。
朝になって、またいくつかの時計の時間修正。すべての時計に時刻修正機能がついているとよかったのだけど。

ところで、昔はサマータイムが始まるとき、終わるときに、どっちに変わるの? 時間は進めるの? 遅らせるの? と悩んでいました。そのときに、歯医者さんと雑談していて教えてもらった覚え方が、「Spring forward, fall back. 」という言葉でした。
飛び出して(spring forward)、後ずさる(fall back)。
当時は、まだ何も知らない頃だったので、「よくできてる!」と、ものすごく感激したのを覚えています。
今になってみると、この言葉って、とても有名だということに気づくのですが。

| | コメント (2)

2006年10月28日 (土)

ハロウィン・クッキー

Coockie この季節に、Dainaの家で食べられてきたハロウィンのクッキー。今年はレシピを習って自分で作ってみました。

ここに書かれている小麦粉、というのは、日本でよく使われる薄力粉ではありません。アメリカでは、お菓子を作るときに「all-purpose flour」という中力粉を使うことが多いのです。日本から来たばかりの人が、よく「お菓子が日本の頃のように上手に焼けない」などと言いますが、話を聞いてみると、この小麦粉を使っていたりします。日本で使われているような薄力粉を使いたい場合には、「cake flour」というものを利用します。


[クッキー生地]
バター(常温)....................1スティック(1/2カップ)
お砂糖................................1カップ
卵........................................1個
ハーフ&ハーフ...
..............大さじ1
レモンエッセンス..............小さじ1
小麦粉.................................2と1/4カップ
ベーキングパウダー.........小さじ3
塩........................................小さじ1/2

[フロスティング(飾りをつけるための糊の役目)]
粉砂糖...........................1カップ
バニラエッセンス.........小さじ1/4
ハーフ&ハーフ.............大さじ1

[飾り]
カラフルなスプリンクルなど好みに応じて
(私は、甘いものが苦手なのでココアなどを使いました、)

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

韓国人と日本人と中国人の違い

韓国人と日本人と中国人って似てるわよね? あなたは日本人だけど、自分たちで見分けはつくの?
と時々アメリカ人に聞かれる。
う~ん。。。典型的な人はわかるけど。。。見た目じゃわからない人もいるわ。

韓国人と日本人と中国人の違いについて、こんな話を聞いたことがある。

ルックスがよく美しいのは、韓国人

確かに、美男美女が多い気がする。驚くような美女は韓国人が多いもの。

お金持ちなのは、日本人

う~ん。国民の平均で見たらそうかもしれないけれど。シリコンバレーに永住している人たちの平均を見ると、日本人は中国人の財産を遥かに下回ってるような。。。

頭がいいのは、中国人!

ちなみに、この3国民の違いを話していたのは中国人たち。
中国人が一番いいところを持って行っている。(^_^;)

これを聞いていた日本人たちは、

結構、あってるかも。でも、日本人のお金持ちたちって、アメリカ人のお金持ちたちと比べるとたいしたことない
え、それじゃあ、日本人のいいところって?

と悩んでいた。

謙虚なところ、勤勉なところ、まじめなところ。。。かな??

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

バレエ教室のハロウィン

Ballet_hw ハロウィン一週間前なので、あちこちでハロウィン行事が行われています。
バレエ教室でも、コスチュームを着て集まる授業が行われました。
プリンセス、妖精、バレリーナ、(ディズニーの)ムーランと色とりどり。
コスチュームでバレエというのも変だけど、まぁ、アメリカらしいということで。
帰りには、先生がキャンディーをくれました。

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

パンプキンパッチ

この季節になると、あちこちにできるパンプキンパッチ。
こういうところで大きなカボチャを買って、自宅でハロウィーンのカボチャのちょうちんjack-o'-lanternを作ってハロウィンを迎えるのです。といっても、Safewayなど普通のお店でもたくさんjack-o'-lantern用のカボチャは売っているのだけど。

パンプキンパッチは、子供の遊び場もできていて、半分娯楽施設のようになっているところがたくさんあります。
バウンスハウスやビニールでできた大きな滑り台、そして小さな乗り物などを一時間10ドルで遊ばせてくれたりする、カボチャ売り以外の商売に結び付けているところも。

Pumpkinpatch2 今回行ったパンプキンパッチは、Mountain Viewにある とても有名なところ。無料で動物を見たり、小さな機関車に乗ったりすることができます。動物は、ポニー、ヤギ、あひる、ニワトリなどの小さい動物がたくさん。
なんと夜7時まで営業しているので、とても便利。

Pumpkinpatch カボチャは、ミニカボチャで一個1ドルとちょっと高め。
でも、50セント以上の購入者には、子供にカボチャの形をしてお砂糖をまぶしたクッキーをくれるというサービスもあり、帰りには皆、カボチャを買って帰ります。
普通の住宅街にあるので、ちょこっと寄るにはとっても便利なパンプキンパッチでした。

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

ピアノ発表会

しばらくココログの不調で書き込みができませんでした。
フリーで使わせてもらっているのだから仕方がないけれど。

ところで先日、Zenaの娘さんたちのピアノ発表会に出かけてきました。

Pianorecital アメリカでのピアノ発表会というのは、どんなものかなぁと思っていたら、日本とほとんど同じ!
ドレスアップした子供たちがお辞儀(お辞儀が、ちょっと日本と違うけれど)をして、演奏していきます。
アジア人コミュニティと言われているCupertino市にあるピアノ教室が主催なので、アジア人の子供が多くいました。その上、日本のピアノ発表会と似ているので、よけいに日本にいるのではないかと錯覚してしまうほど。

演奏者が子供のため、音楽で癒されるというのはないけれど、緊張してピアノを通り越してしまう子供を見て笑ったり、一生懸命な子供の様子を見て癒されて帰ってきました。

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

帝王切開 Japan vs U.S.

日本に住む友人 あきえと しばらくぶりに話をしました。数年前に帝王切開をして息子さんを産み、今はヨチヨチ歩いているとか。

あきえ「
でも、こんなになるとは思ってなかったのよね。おなか、ひどくなってない?

私「
え? 何? 太ったの?

あきえ「
違う違う。帝王切開の手術跡。誰にも見せられなくなってるでしょ?

私「
え? 私も逆子で帝王切開だったけど、手術跡なんてほとんど無くなってるよ。もともと産後数ヶ月でメキシコでビキニ着て歩いてたもん。考えてみれば、その頃が人生最高にプロポーションのいい頃だったなぁ。授乳中だからウエストだけ細くて。もう、ずっとそのままだって都合のいいカン違いしてたけど、結局、昔の身体に戻っちゃったのよね

あきえ「
なにそれ!! 戻るならいいじゃない。私と全然違うよ。もうおなかは見せられないもん。アメリカの手術ってどうなってるの?

私「
下の方の見えないところに横に5~6cm位の傷がうす~くあるよ。そういえば、友達がお医者さんにアメリカの手術跡を見せたら、誰も帝王切開の跡だと思わずに、何かの病気で手術をしたと思われたって。日本のはどうなってるの?

あきえ「
どうもこうも、おなかに縦に長い跡があって、その左右に肉がぼよーんって出ちゃうの。子供は「おっぱい!おっぱい!」って触って遊んでるよ。もともと胸がないからおなかを胸に持っていったほうがいいくらい

私「
ほんとに? それって、お医者さんの腕がすごく悪くて、失敗しちゃったんじゃない? お医者さんに訴えてみるとか。

あきえ「
だめだめ。だって、友達も同じだって言ってたもの。お互い開き直って生きていこうって言ってるよ。お医者さんによっては、横に切って、もうちょっと見栄えがいいらしいとは言うけれど。

私「
そっかー。整形外科に行けば直してもらえるのかな

あきえ「
そんなこと、してられないよ。直すなら、もっと直してもらいたいところあるし。

私「
そうだよね。おなかなんて誰にも見せるものじゃないから。よく考えればたいした問題じゃないよ

あきえ「
そうだよねー 元に戻ってる話し聞くとうらやましいけど。でも、どうでもいいことなんだよね

アメリカ生れの理沙に聞くと、アメリカも30年前の帝王切開手術では、縦に切った傷跡の左右がぼよよ~ん状態だったらしい(いつ、技術が向上したのかは不明)。現在のシリコンバレーの帝王切開率は3人に1人。手術跡に違和感を感じたこともないし、技術はかなり進んだよう。
たかが手術跡。。。されど手術跡。。。誰でも、どこでも同じ技術で手術が受けられたらよかったのだけど。。。

| | コメント (0)

2006年10月14日 (土)

歯医者さんでチェック

歯医者さんに行ってきた。
といっても、虫歯の治療ではなく、半年に一回のクリーニングとチェック。

私の健康状態、アレルギー、使用している薬、レントゲン写真、前回の歯と歯茎の状態など、すべてのデータがコンピュータに登録されていて、毎回歯医者さんに見せてもらいながら、説明を聞いたり、一緒に変更点を修正したりする。なかなかよいシステムで、5年前はなかった。こういうソフトも、どんどん改良されているみたい。

毎回、歯の間の歯茎をすべて押して、どのくらい健康な硬さを維持しているのかチェックしてくれる。
そして、クリーニング。

今回は、あまり成績がよくなかったので、こってりと指導を受けてきた。
改善するために、フロッサースティミュレイター、マウスウォッシュ、歯ブラシと、歯医者さんお勧めの いろいろな歯のケア用品を渡された。
Tooth う~ん。こんなにもらったのは初めて。
そんなによくなかったってことなのね。気をつけなくては。

帰りには、他に歯の形の小物入れも お土産としてもらって帰ってきた。
おもしろ~い♪
。。。なんて、笑ってはいられないな。次までには、いい歯茎を作っていかなくちゃ。

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

公園でのバースデーパーティ

Trevor 築 50年の 3ベッドルームの家が 1億5千万円もするLos Altos にある公園でのバースディパーティ。パーティ場所を借りて行う高価なパーティと違い、公園のバーベキューエリアは無料なので、手料理でもてなしたい親たちには人気があります。とはいえ、今回の誕生会は、ごくシンプルなもので、テーブルに大きなボールが置いてあって、スナックが入っているだけ。招待客をよろこばせようと、食べきれないほど たくさんのお料理を用意するアジア人主催パーティとの感覚の違いに驚いてしまいました。(もちろん、アジア人以外でも多くの人がおもてなし料理には頭を悩ませるものだけど)
通常、会場に入ると招待した親子で「今日は来てくれてありがとう」などと会話をするのだけど、ずっと招待者が誰なのかもわかりませんでした。さすがに、ここまで何もしないパーティは初めて。途中、友人を1人見つけて、誰がお誕生日を迎えたのか教えてもらいました。子供が50人も招待されて、公園の遊具でほとんどの時間を遊ばせ、親たちは外で見ているだけのパーティ。少しだけ、親(招待者?)が子供をゲームで遊ばせましたが(写真)、人数が多すぎたのもあり、子供は飽きてしまってつまらなそう。やっぱり、プロでないと難しい人数だったかも。

Trevor2 「Los Altosの人に変なプレゼントはできない」という心情からか、プレゼントはとっても派手でした。大きなバーベキューテーブルとベンチいっぱいにも乗り切らないほどのプレゼント。5才になる子供のプレゼントだけで 10万円は動いてしまった感じの誕生会。これだけ一度にもらった子供は、どうするのかな。ギフトレシートのついたプレゼントは換金できるけれど、お誕生日のプレゼントって子供は自分のものとして一度は開封して遊ばないと気がすまないというし。。。

こういうパーティの仕方もあるのね、と またアメリカ人の誕生会の経験値を積んで帰ってきました。

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

Los Altos Fall Festival

Losaltos_fallfesLos AltosのFall Festivalに行ってきました。Mountain Viewのお祭りに比べると規模は小さいけれど、シリコンバレーには珍しく白人の多い地価の高い住宅地(見た目は、高級住宅ではなかったりする。。。(^_^;))で開かれる お祭りだけあって多くの緑に囲まれ、大小たくさんの犬が来ていて のどかな雰囲気。今回は秋のお祭りなので、紅葉もきれい♪
食事のできる場所が少ないのがLos Altos Festivalのよくないところ。でも、さすがに日向の席は少し待てば空きが見つかる様子でした。10月でも昼間の日差しはきついです。

Chefchuお店は、有名どころも出店。さすが Los Altos!
真ん中のChef Chuは、クリントン元大統領やブッシュ元大統領など著名人が利用した有名な中華レストランです。私も、日本から友人が遊びに来たときには、時々利用させてもらっています。(^_^)

少し歩いていたら、暑がり寒がりな私としては日差しが耐えられなくなってきたので、軽く食事をして退散。やっぱり、歩くときには曇り空がいいな~と思ってしまうシリコンバレーの秋でした。

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

日本は遅れている?

ペンシルベニア州アーミッシュ学校襲撃のニュースが話題になっていた。襲撃事件は衝撃的だったけれど、アメリカ人は合理化が好きだと思っていたのに、現代文明を拒否しているコミュニティもあるのね、と私にはアーミッシュの人々の生活もまた衝撃的だった。

アーミッシュの人たちは、洗濯物を見てもわかるという話。決まった色の服しか着られないのはともかく、普通のアメリカ人は洗濯物を干すという作業をしなので、洗濯ものを干している庭を見れば、確かに目立つかもしれない。
日本では、洗濯物を干すのは当たり前だけど、その日本人の洗濯物干しもアメリカ人には不思議に映るらしい。

Margaret「
日本に行ったときには、びっくりしたわよ~ 日本人は洗濯ものを干してるのよ。

Daina「
え、庭にずらっと? こっちでも、たま~に移民の人が多い地域に行くと干してたりするわよね。

Margaret「
それが、私がびっくりしたのは日本のアパートよ。高層マンションのベランダにずらっと洗濯物が並んでるの。ひらひらってあちこちの窓から揺れてるのが電車から見えちゃうんだから。布団もよ! もうびっくりしたわー

Daina「
あぁ! 乾燥機をまだ持っていないからなのね~

私「
えぇ!? 乾燥機がないとか買えないとかじゃなくて。。。日本ではね、乾燥機で乾燥できない洋服がいっぱいあるのよ

Margaret「
え? そうなの? 乾燥機で乾燥できないなんてあるの? 普通何でも乾燥機だけど。

私「
ほんとにクリーニング屋さんに出すもの以外、みんな乾燥機で乾かしちゃうの? 下着でも? ブラとかも??

Margaret「
そぉよ! もちろん!

私「
えー、すごいわ。日本じゃ、ブラなんて絶対に手干しよ。何でかな。う~ん。たぶん、日本のブラはアメリカのよりももっと複雑にできてるのよ。寄せて上げてとかで、プラスティックの金具がついてたり、小さなスポンジが入っていたり。。。まぁ、アメリカ人みたいに何もしなくてもセクシーな身体ではないから

一同、大笑い!

Zena「
アメリカにも、いちおう、上げるようなブラはあるわよー

洗濯物の話から、何だかくだらない話になってしまった。
それにしても、日本の電化製品は優れた印象があるのに、なぜ、乾燥機は持てないと思われてしまうのか。何かの話のときに、ときどき日本は遅れていると思われてるな~と感じることがあるのでした。。。

| | コメント (4)

2006年10月 4日 (水)

ジムでのお誕生会

この一ヶ月というもの、毎週末パーティ。さすがに疲れてきた。
とはいえ、友人づきあいはおろそかにできないものね。。。今回は Jania の娘さんのお誕生パーティ&その後のディナーパーティに出かけてきた。

Goldstargym ジムでのお誕生パーティは三週間ぶり。
この辺りは、ジムがとても多い。それもかなり大きいジムが多いのだから、よほど多くの子供たちがジムに通っているのだろう。
写真は、ごく一角。このようにパラシュートで遊んだり、床運動ができる。
他の場所では、段違い平行棒や平均台など、いろいろな器械体操ができるようになっている。
こんなところで遊べる子供たちは恵まれているなぁと思う。
子供時代に一度、遊びに来てみたかったな。

お誕生パーティが終わると、今度は大人たちも楽しめるようにディナーパーティ。
Jania はタウンハウスに住んでいるので、そのコミュニティが所有しているクラブハウスを借りてのパーティーだった。
こういうとき、アパートやタウンハウスに住んでいると便利。
家でパーティを開いたら汚れるけれど、こういうクラブハウスなら場所が限られていて安心だものね。

5時間以上のパーティが終わる頃には、やはりぐったり疲れてしまった。
あ、でも一週間後にはまた。。。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »