« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

アメリカ在住だと英語は堪能?

今日は、知人(まだ友人と言うほどではない)のFrancescaに謝った。というのも、ある日本人の知人から聞いた情報をFrancescaに話したら、実際には誤情報だったから。私は、その日本女性が英語の苦手な人だとは知っていたけれど、彼女が英語の説明を聞いてよく理解していなかったのに私に話したとは全く思わなかった。あ~ぁ、やっちゃった。どうして信じちゃったんだろう。(^_^;)
アメリカ人たちとの付き合いでも、信用、信頼が一番。誤情報を流したとなると、語学力
(私と話せば、すぐにアメリカ生まれではないとわかるので)、人間性、どちらが問題と思われても困ってしまう。早めに素直にあやまらなくてはと思った。
謝ったおかげで、今日は Francescaとの話がはずみ、さらに仲良くなることができた。怪我の功名かも。

私は慎重な方なので、きちんと理解できていないのではと不安に思えば、誰にもその情報を伝えたりしないけれど、日本人には「他の人に、自分がわかっていないように思われたくない」という人がいて、よくわからないのにわかったフリをしてしまうことが、よくある。日本人の父兄を持つ学校の先生が、「
あの日本人、私の話を聞くと、いつもYes, Yesって答えてくれるんだけど、どうもわかってないみたいなのよ。だって、Yesって答えるような質問してないんだもの。心配で。」と言ったのを聞くと、思わず「Yes, Yesは日本人のクセで。。。」と説明したい気分になってしまう。

アメリカに住んでいると、英語ができるだろう」などと思われがちだけれど、実際には、そんなことはない。日本人社会の中だけに友人関係を持ち、生活している人たちもいる。「僕、アメリカに住んでいるけれど、本当は英語できないんです。アメリカ人の友達いないんです」なんていう、こちらの語学学校の勧誘キャッチコピーを見たことがある。なかなか、うまい!と感心してしまった。会社の命令で、無理やりアメリカに数年滞在している男性やその家族に、駐在している間は普通にアメリカ社会に溶け込めといっても、それは無理な話。ただ、シリコンバレーには、アメリカ人と関わりあうのを拒否しているように見える人が多いのは、少し悲しい。恥をかいて付き合っていくしか上達の道はないのだから、話しかけられると「私、英語よくわからないので」と言わずに、恥をかいても溶け込めるようにがんばってほしいなぁと同じ日本人として思ってしまう。とは言う私も、そうふっきれるまでに時間がかかったのだけど。
とりあえず、私としては、駐在日本人の情報には、もっと気をつけなくては。

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

サン・マイクロシステムズCEO交代

長年サン・マイクロシステムズのトップを務めてきたスコット・マクニーリ会長兼最高経営責任者(CEO)がCEOを退任し、会長職には留まるとか。かねてから噂があったので、そろそろとは思っていたけれど。。。

スコット・マクニーリ氏には、3人の息子さんがいる。その息子さんの一人は、娘の仲のよい友人Cibelのクラスメート。同じくサンに勤めているCibelのパパは、Cibelがクラスメートになる前からの顔見知りだそう。そして、CibelをPreschoolに送りに行くと、息子さんを送りに来ているスコット・マクニーリ氏に会う。彼ほどの人になると、ベビーシッターをつけて、送迎もすべて任せてしまうことが多いというのに、なかなか子煩悩だなぁと感心してしまった。それも、「いやぁ。今日は、妻の身体の調子が悪くて。。。」と言い訳(?)するのに、その後も、ちょくちょく送りに来ている姿が見られている。いつも奥さんの体調が悪くて子供を送迎しているとも思えないのだけど、「子煩悩でいい人」を振舞わずに言い訳するところが、なかなか素朴でかわいくて好感が持てる。

来月は、Cibelのお誕生パーティがある。スコット・マクニーリ氏の息子さんも招待されているので、そのパーティに招待されている私も、ひょっとしたらスコット・マクニーリ氏に会えるかもしれない。Cibelは、その息子さんに「パパに連れてきてもらって」と頼むらしいけれど、4~5才の子供たちのやり取りが、どこまでご両親の行動に影響するかはわからない。。。
私としても、ぜひ、一緒にパーティに参加して、写真を一緒に撮らせてもらいたいものだけれど、彼はパーティに参加してくれるのかなぁ。

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

アメリカっ子の苦手なピザは。。。

Zenaの家に集まると、今日は子供たちにピザを焼いてきた人がいた。作ってきたのは、Zenaが長女の通っているKindergartenで知り合ったママで、最近、Zenaの家に出入りするようになった、私以外の日本人、広子。

広子「
ちょっとチャレンジングな具を入れてきちゃったのよね~ 食べられるかしら
私「
なに?
広子「
これ。コーン
私「
う~ん。。。うちのミリーは大丈夫だと思うけど。。。

日本では、ピザにコーンが入っていることは、全然珍しくないけれど、アメリカでは通常、コーンの入ったピザは見ない。コーンは、子供が好きな食べ物なのに、何故かピザの具には使われないのだ。

さて、子供たちに食べさせようとすると。。。

子供たち「え~、何これ!?

やっぱり反応はよくないみたい。

Zena「
食べてみて食べられないならいいけれど、食べないのにイヤだから食べないって言うのはダメよ!

厳しく言われて、しぶしぶ子供たちは口に運んだものの。。。

だっ、だめ~!
おいしくな~い!!

どうも、食べられないよう。子供によっては、口から吐き出して、一口も食べてくれない。

私「
日本では、ピザにコーンが入ってることは珍しくないけど。昔は特に、スパゲティにも入ってたのよ
Margaret「
スパゲティにも!? まぁ、ピザよりはいいかも。だって、スパゲティを食べたときに、コーンも食べたりするからね。もちろん、一緒になってるって言うのは、ちょっと。。。だけどね

日本でコーンといえば、ピザに入っていても、ラーメンにも入っていても、スパゲティに入っていても、みんな特に変だとは思わない。
アメリカでは、みんな、ピザが好きでコーンが好きなのに、どうしてコーンの乗ってるピザは食べられないの!? とても不思議。。。

| | コメント (0)

2006年4月19日 (水)

高くて買えない家に住む方法

アメリカの家というと、緑が多く広々として。。。というイメージがあるが、前に触れたとおり、シリコンバレーでそんな家を買える人は、そうそういない。特に この辺りは高く、私が今、借りている家も、買おうとすると一億円は超えてしまう。「まぁ、このくらい小奇麗なら住める」と思う家で、とはいえ「これでベッドと机が置けるのかなぁ」というような小さなベッドルーム2部屋とマスターベッドルームがついた家、つまり日本の小さな3LKDの家が、安くて8500万円。小さなベッドルーム1部屋とマスターベッドルームの家、つまり日本の小さな2LKDの家でも7000万円。人気のLos Altosを考えたら、小さな3LKDが1億5000万円。こんなところ、やっぱり、ずっと住むのは無理、と思ってしまう。

ところが、収入が普通の人と変わらないと思われる知り合いの人で、1億5000万円を超える家を買って住んでいる人たちがいる。いったいどうして?
実は、生涯、その家に住むつもりではなく、5~6年で家を売ってしまおうと考えている人たちなのだ。アメリカでは、家を買った場合、毎月、ローンの利息だけを支払って家の代金を払わない、という方法が選択できる。ただし、その期間は7年と決められていて、それ以降は、利子だけでなく家の代金も支払わなくてはならない。そのため、家を購入後、7年経つと、月々の支払額が、ぐっと高くなってしまう。それで、始めから、5~6年で売る、という計画で家を購入する人たちが多くいる。いい家に住めるだけでなく、うまくいけば地価の高騰で大儲けしよう、という心も片隅にある。気をつけなくてはいけないのが、家を購入後、2年以上は住まないと、税金上、とても不利になってしまうので、とにかく、数年は利息だけでも払える経済力が必要になる。

ただ、一つ、気になるのが、「
じゃあ、家の価値が下がったら? 買ったとき以上の金額で売れずに、多額の借金を背負うことにはならないの?」ということ。
アメリカ人に、そんな質問をぶつけたら、きっと「そんなことまで考えてたら、何もできない。今まで、地価は上がっているんだから、これからも上がるでしょう」という応えが返ってくる。それが、多くのアメリカ人の考え方なのだから。
とても、そんな勇気がない私は、やはり日本人なのね。。。

注意)上記解説中の期間は人から聞いたもので、私が調べたわけではありません。そのため、ぴったり、その年かどうかは不明です。7年、2年などの期間は、だいたいそのくらいと考えて、実行する前に正しい情報か調べてください。また、州によっても法律が違うので気をつけてください。

| | コメント (0)

2006年4月18日 (火)

ベビーラッシュ

理沙が7月末に出産、と思っていたら、Janiaが11月始め、Zenaが12月末に出産予定だということが判明した。なんと、Janiaは、3人目の子供、Zenaは、4人目の子供! まぁ、彼女たちのような裕福層にとっては、何人子供がいても問題ないものね。仕事部屋まで作りながら、たくさんの子供にそれぞれ部屋をあげられるなんて、すごい。。。

今年後半は、ベビーラッシュになりそう。
アメリカでは、妊娠中に妊婦の女友達が集まって、妊婦さんにプレゼントをあげる妊娠祝いパーティ「ベビーシャワー」を開く。やはり初産の場合は派手なパーティになり、今回のように、もうたくさんの子供がいる場合には、わりと地味になる傾向があるので、ZenaやJaniaの場合は、それほど華やかなパーティにはならないと思うけれど。その分、妊娠中にお祝いパーティを開く習慣のない日本人の私としては、つい「お大事に。。。」みたいに心配してしまうような感覚はなく、「大丈夫! 無事に育って生れてくるでしょう♪」という安心感があるのでいいかも。

パーティはいつになるかな。かわいい赤ちゃんグッズの入ったプレゼントを、ワイワイ言いながら開けるのは楽しそう。
他人事ながら、今日は、いいニュースに明るい気分♪

| | コメント (0)

2006年4月15日 (土)

エッグハント

4月16日のイースター(復活祭)は、もうすぐ。イースターは、キリスト教最古の儀式と言われている、イエスの復活を祝うお祭り。

イースターが近くなると、学校ではゆで卵に色を塗って工作を楽しんだり、ウサギやヒヨコの絵を描いたり。。。でも、一番子供が楽しみにしているのは、やはりエッグハント!
大人が卵を隠して、子供があちこち探しまわるという遊びで、とても人気がある。

Easter ちょうど、Zenaの家でプレイデートがあったので、私は子供たちをよろこばせようとエッグハント用の卵をたくさん作っていった。この時期にクラフトショップへ行くと、プラスチックでできたエッグハント用のカラフルな卵の殻や、その中に入れる小さなおもちゃが手に入るので、用意は簡単♪
小さな卵、ヒヨコ、にんじん、ウサギ、シール、鈴、指輪のおもちゃ、カメラのおもちゃ、1セント硬貨など、いろいろな小物を卵に入れた。

子供たちは、2才から6才までいるので不公平がないように、「一人4個まで卵を取っていい」とルールを決めてエッグハントを始めた。子供たちは、かわいいヒヨコやウサギが描かれたエッグハント用の袋を受け取って、見つけた卵を入れていく。目の色を変えて卵を探し回り、「みつけた~~っ!!」とあちこちで歓声があがって大盛り上がり。こんな姿を見ると、用意していってよかった!と思える。

終わると、「どうもありがとう!」と一人ひとり寄ってきて、私を抱きしめてくれた。
楽しいエッグハント。私も子供の頃に体験してみたかったなぁ。

| | コメント (0)

2006年4月12日 (水)

無理やりなお稽古事?

シリコンバレーのお稽古事熱はすごい。ベイエリア雑誌に「How much is too much?」などと、どれだけの量のお稽古事が子供にとって多すぎるのか、などと特集になるほどに、子供たちは、毎日、お稽古事に動き回っている。

友人の5才になる女の子は、バレエ、ドイツ語、ジムナスティック、テニス、ピアノを習っている。別の友人の4才の女の子は、ピアノ、ポンポン(ポンポンを持ってチアリーダーみたいなことをする)、ジムナスティック、絵本の読み聞かせ。他に、サッカー(女の子でも)、スペイン語、中国語、タップダンス、ジャズダンス、チアリーティング、お絵描き、工作、バイオリンなども人気がある。お稽古代は、月に何百ドルにも上る。

週に3~4つの習い事をしていることが珍しくないので、子供たちは、毎日、とても大変。子供が大変なだけでなく、親も送りに行き、幼少の場合は待合相室で終わるまで待ち、ほとんど子供につきっきりになってしまう。ベビーシッターに送迎させる親もいるが、自分自身で送迎する人が多く、その送迎スケジュールは、もういっぱいになっている。それに加え、子供の数も多いので、すごい情熱だなぁと感心せざるを得ない。

ふと、子供たちは、そんなにたくさんお稽古事をしたいのだろうか、と気になってしまう。親たちと話をすると、必ず「子供がやりたがるものをやらせてあげてるだけ」と言うが、本当なのだろうか。

娘の唯一のお稽古事として通っているダンススクールは、教室がガラス張りで、待合室から子供の様子が見られるようになっている。子供たちを見ると。。。嫌がって輪に入りたがらない子、途中で出てこようとする子、集中力を欠いて遊びだして注意されている子が、とても多い。どう見ても、楽しんでいるようには見えない子が何人もいる。
通常のお稽古事では、習っている様子は見ることができないので、親が習い事をするように誘導して、その後は楽しんでいるものと錯覚しているのでは、と思わずにはいられなくなる。

一方、日本人駐在員家庭の子供たちはと言うと、それほどお稽古事を多くしていない子供が多い。ただ、2才になった頃には短時間教育を希望していても、3才近くになる頃から、長時間のプリスクールやデイケアに入れて、自分自身の時間を作りたがる傾向が強い。そして、限られた海外生活期間を思いっきり過ごしたいと、日本人ママ同士の付き合い、食べ歩き、シャドーボックス、トールペイント、キルティング、ガラス細工、料理教室などママ自身の生活を楽しむ。

子供の教育一色の教育ママたち、自分自身の時間を楽しむ優雅生活ママたち。
どちらにも属さない私は、アメリカに住んでいても、ごく普通の日本人的な生活だなぁと考えてしまう。

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

アメリカ人から見たバンザイ

先日、日本のある会社で、開発したシステムを初めて立ち上げました。長い開発期間を終えて無事に立ち上がったので、フロア中で歓声が響き渡り、最後には みんなでバンザイをして大盛り上がり。その立ち上げの様子をすべて録画したビデオが、その日系のシリコンバレー支社に届いて、みんなで眺めたそうです。

さて、そのビデオの一部をプレゼン資料の一つとして使おうと編集していると。。。ビデオを鑑賞したらしい人が寄ってきて、「バンザイシーンは使わないほうがいい」との忠告を受けたらしいのです。なんでも、日本人がバンザイしているシーンは、第二次世界大戦を思い起こさせるとか。

シリコンバレーのエンジニアは、アジア系が多数を占めるので、言い出したのがアジア系アメリカ人なのか、それとも白人のアメリカ人なのかはわかりませんが。。。
2006年の今になっても、他国の国民感情には気をつけないといけないですね。
アジア系アメリカ人の友人曰く、「元の私の国では、小さいうちから日本人の残虐行為の話を聞かされて、いろいろな映像を見せられて、日本に対する印象がもう固まってるの」と言っていたので、アメリカ人の中でも特に、彼らから見たバンザイ映像は、かなり不快感の強いものかも。彼女は最後に気を使ったのか、「あ、もちろん、日本にいる軍人さんだけね。あなたは違うわ」とは言っていましたが。

バンザイ映像の入ったビデオを編集していたエンジニアは、「バンザイじゃなくて、三本締めをやっていてくれれば使えたのに」と残念がっていたとか。
そういえば、私も「三本締め」は、よくやったな。。。懐かしい!

| | コメント (0)

2006年4月 8日 (土)

Baby Claraの洗礼祝いへの招待状

Claraから手紙が届いた。彼女の次女Baby Claraが洗礼式を行うので、そのお祝いパーティに招待したいというものだった。
洗礼式のパーティ? さすがに、こんな招待状は初めて。


何を着ていくの?
プレゼントは?
添付するカードの内容は?


わからないことだらけ。
友人たちに聞いてみると、肌を露出しなければ、それほどフォーマルな服装でなくていいらしい。
プレゼントは、あちこちサーチしてみると、洗礼式用プレゼントなどというものがあって、ノアの箱舟の絵がついた可愛いフォトフレームや、
洗礼式らしい真っ白のドレスを着た赤ちゃんのお人形など、いろいろな商品が出ていた。数ドルからあるので、親類でもない私は、お誕生会よりは安価なプレゼントでいいのかな。安価な商品だと送料もかかるから、どこかのショッピングセンターで可愛いものを見つけられたらいいのだけど。

今週末は、洗礼式のプレゼントを探しに行ってこなくちゃ♪

| | コメント (0)

2006年4月 5日 (水)

本場メキシコのアボカドディップ

Claraのご先祖はフランス人。そのご先祖がメキシコに移住して、その後、アメリカに移住したそう。彼女自身はメキシコ生まれのため、メキシコ料理には、とても詳しい。
そんなClaraが、パーティで出してくれたアボカドディップを、私はとても気に入ってしまった。作り方を聞いて、私もトライ!
とっても簡単なので、Claraが作ったものと同じようなアボカドディップが出来上がって感激♪

独特な風味のあるシラントロ(コリアンダー)が入っているので、普通の日本人の口には合わないかも。。。とは思うけれど、いちおうレシピ。
Avocado_dip
Avocado_dip アボカド........大きめ1個
トマト..............半分
玉ねぎ..........トマトの量の1/4くらい
シラントロ......4~5本くらい
ライム...........小さいの1個

1. 玉ねぎ、トマトを細かく切る。(3mm×3mmくらい)
2. アボカドは、さらに細かく切る。フードプロセッサを使うと便利。固いアボカドの場合は、クリームに近い状態までにするとおいしくなる。
3. シラントロを細かく切る。(7mm×7mmから1cm×1cmくらい)
4. ライムを搾る。
5. 1~4を混ぜて出来上がり。

これを、トルティーラチップにつけて食べると、とってもおいしい♪
「こんな臭いのは食べられない!」って言う日本人は多いだろうなぁ。。。

| | コメント (0)

2006年4月 4日 (火)

友人の突然の帰国命令

ほとんど駐在員との付き合いの無い私の友人関係の中で、唯一の駐在員家庭の今日子さんから、メールが来た。なんと、来月の中頃に帰国することになったという。まだ、渡米してから2年も経ってないと言うのに。

彼女のご主人は商社勤務。前に仲のよい友人だった商社の家庭も、たった一ヶ月前の告知でばたばたと帰国してしまったっけ。商社は、急な帰国命令が多いようだ。たった一ヶ月で、こちらの生活をたたむための手続き、引越しの荷造り、ムービングセール、日本での生活立ち上げ準備、学校の手続きなど、しなくてはならないことは山積み。
まして、去年の夏の終わりにお引越ししたばかりの今日子さん。一戸建ては通常、2年契約なので、そのペナルティも払わなくてはならないんだなぁなどと考えてしまった。

今日子さんたち商社の人たちは、シリコンバレーで暮らす日本人たちの中でも、経済状態の恵まれ方はトップクラス。洋服も、家具も、旅行も、食事も、私とは違うなぁと生活格差を感じていた。とはいえ、こんなふうに、いつ突然の帰国命令が出てどうなるかわからない生活は、精神的に落ち着かないだろう。2ヵ月後に、どこに暮らしているかもわからないなんて。困惑した彼女のメールを読んで、私もつらくなり、何かしてあげたい気持ちに駆られてしまった。

今日子さんが帰国してしまうと、私には、もう日本人家庭の友人はいなくなる。ますます日本人社会から遠のいてしまうなぁ。。。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »